BCLの神様、山田耕嗣さんお亡くなりになる

会社の昼休みの楽しみのやじうまWatchの記事
「山田耕嗣さん、亡くなる……かつてのBCLブームの立役者

驚きました。

昔、自分もBCLにはまっていた頃があります。無論、山田耕嗣さんの「入門BCLブック」か氏が書かれたムック誌が入門書でした。やっとデジタル表示のBCLラジオが出るかでないかの頃でした。エアチェックでISを録音したりベリカードを集めたり、電気屋に行ってはカタログや実機をながめていました(それからちょっとしだしてからBCL用のものを買うために秋葉原に行っていました…)。これらの本を見ながら親の目を盗んで深夜に国内の遠距離局や短波放送を親のラジオで聞いていました。

理科や社会が好きになったのもBCLの影響があるかもしれません。それに海外へ行く時も短波ラジオを持って行って向こうのラジオを楽しんだりします。

さすがに、もう家にはこの両冊とも多分、ありません。ICF-5900も捨てました。しかし、「DX年鑑1981」が部屋の片隅に転がっています。そして、あの頃集めたベリカードもちゃんと残っていました。

慎んでご冥福をお祈りします。そして、ありがとうございました。

関連記事

ラジオNIKKEIより

BCLの神様・山田耕嗣氏、逝去

山田耕嗣氏の通夜しめやかに

12月17日を「BCLの神様の日」に

その他

まとめサイト

2008-08-21 訃報:山田耕嗣 先生

| | Comments (0) | TrackBack (1)