« 09年9月第1週のアニメ1.0 | Main

09年9月第2週のアニメ1.0

化物語
 するがが腕を組んでいる。で、ある通り過ぎた女の子に気付いた。
「なでこスネイク其の壱」
 忍野からの仕事の依頼で山の上の神社に札を貼るために登っているのだそうだ。一応、ひたぎの駿河を通した警告付き。神社は何か崩壊している。駿河は気分が悪いそうだ。さて、札は貼ったが駿河は行方不明。さて、見つかったのだが、注連縄の張っている木に引きちぎられた白蛇が張りつけられている。

 さて、学校。その帰りに羽川さんと本屋。例の神社の話。あの後も蛇の死体がやたらとあったのか。さて、羽川さんは駿河が大変だったと。腕を組むのが問題ではないかと。羽川さんは唇を近づけて試してみる。羽川さんはひたぎの心情を考えてみる。へえ、羽川さんは進学しないで2年くらい旅か。さて、羽川さんも頭痛。駿河さんと同じだな。で、なでこがいる。さて、駿河を呼び出した。なでこは下の妹の知り合いか。声をかけて欲しいというのが依頼。やっぱり蛇を引き裂いているのはなでこ。主人公が止めろと声をかける。家に連れてきた。駿河も一緒か。なでこが駿河と主人公の会話を聞いて笑っている。さて、後ろを向いて欲しいと。その後。胸は隠しているが、上半身裸でブルマ。さて、主人公が肌の跡を分析するが、駿河は少しはエッチな気持ちになると答えたほうがいいと。それでまあ、そういうと、彼女はこんな体はいやだと。

懺 さよなら絶望先生
「クラックな卵」
 家とひきこもりはどっちが先か。先だと言われているものにも疑問。

「君よ知るや隣の国」
 工作員の話ね。イライラさせる人間は工作員か。ま、これもそこそこな原作でした。

「ジャレミーとドラコンの卵パート2」
 さて、ジヤンプを霧ちゃんが買いに行く話。そして、寄せ、アプローチの話ね。そして、先生へのアプローチの話。前田さん、フランスまで女物の下着で行ったのか。

 これが新ED…ですか?だって絵描き歌もあれだよ。でも「お義母さんといっしょ」なのか。で、例のご意見(批評)のコーナーまである。

シャングリ・ラ
 ミクニは鳴瀬と一緒に行くのだが、クニコは止めようとする。さて、草薙がそれを止めるのだが、銃を撃ってすまないと。確かに分らない。
「崩壊序曲」
 モモコが二人を止める。なるほど、草薙は母を人質に取られ、小夜子はモモコが助けたのか。やるねえ。おかまさん。クニコはそうすれば母を守れるのかと。鳴瀬とミクニは水蛭子のいた部屋へ。それにしても水蛭子がいた部屋は悪趣味だね。で、剣をそれぞれの鞘へ収めろと。おや、例の3人組は止めろと。さて、レオンはシオンをやめようとするが、シオンはレオンを撃つ。ほお、シオンは自分を見てくれるのは鳴瀬だけだと。で、鳴瀬はシオンを撃とうとしてレオンを撃つ訳だ。さて、小夜子が鳴瀬のところへ。草薙は九土と合流。ミクニと鳴瀬は導きの森へ。鳴瀬はミクニに従う気はないと。鳴瀬は小夜子をなじる。小夜子の娘とミクニの病気が治る特効薬はあったそうだ。そこまで聞かされた後下へ。小夜子は今回は本当に死んだな。

 第0層。謎の神殿があったわけだ。ヒミコのミイラがあったのか。へえ、すごいなあ。ヒミコのDNAからゼウスを作ったのか。で、ばあちゃん達も色々考えているわけだ。鳴瀬は生体エネルギーの摂取装置ね。でもばあちゃん達はかなり投げやり。で、シオンが来た。クニコは第0層へ行くわけだ。ばあちゃん達はまだ自分達にも役に立つ事があると。そして、カリン達も何かしている。へえ、あのじいちゃんとカリンは知り合いか。メデューサを止めるのだそうだ。カリンの所へパパとママ。あ、ハッキングされた彼女への妄想で、メデューサは通信途絶したのか。ぬいぐるみのクマさんがパパとママは死んだのだと。おいおい、このクマのぬいぐるみで笑いながら絶望を導く真実を話すのって面白いな。演出として。で、驚愕のカリンの最終形態だな。前に立つのは鳴瀬。パパとママへメールを打つ。絶望のカリン。さすがに可哀想だな。おいおい、ミクニは後継者にはならないと。あんら鳴瀬はここで死んでもらおうと。へえ、あの3つの御徴を揃えるのは第0層への道を開くだけのことなのか。そこへクニコ乱入しました。


戦場のヴァルキュリア
 アリシアが帝国軍の前で戦っている。
「愛のかたち」
 マクシミリアンにイェーガーが忠告。さて、マクシミリアンは帝国の人間ではないと。おいしそうじゃない二つの目玉焼きだ。いや、もっと焦げ目があった方が庶民としてはありがたい。アリシアにはウェルキン達も会わせてもらえない。ファルディオはヴァルキュリアを研究していたのだが、ためらいであり、苦悩だと中隊長。第七小隊の皆さんはこれでよかったのかなと言いながらもとても後悔している。ラルゴはみなをなだめる。ロージーは会いに行くぞと。眼鏡も行くと。で、正規軍の士官がアリシアの事を化け物扱い。さて、大騒動をして軍法会議ものだと。ファルディオはこういうところはちゃんとしている。だが、さすがにアリシアの事を怪物と言った士官は殴ったわけだ。さて、ファルディオの所へ姫。姫はファルディオは自由と。姫は話を聞いて欲しいと。前回のOP前とつながるのか?

 セルベリアが花園へ。薔薇を手折ろうとしている。そこへイェーガー。輝いていていないと困ると。イェーガーの故国は帝国に滅ぼされたのか。マクシミリアンにもセルベリアにも見せてやりたいと。セルベリアも思うところがあったのか。姫はその秘密について語る。そこへウェルキンが運ばれた。アリシアを守れなかったと。元気なダノン将軍だ。アリシアやる気なし。哀しそうだ。姫の前で悲しげな話。姫もとても悲しそうな顔をしている。あ、イサラがシチューとアリシアが作ったパンを持ってきた。ファルディオのベッドの所に第7小隊の皆が来た。誰が運んだのかはよく分らない。さて、姫がアリシアの所へ。何かしてあげたいと。第7小隊とファルディオが危険な目に会わないようにというのがかなえて欲しい願い。アリシア出陣。姫が伝説の槍と盾を渡す。アリシアを名代とする事に。姫の心中は如何に。第7小隊は姫の警護の命令が下った。アリシアをウェルキンは止めようとするが、もう止まらない。やっとこうなったか。セルベリアがマクシミリアンに出陣の挨拶。

|

« 09年9月第1週のアニメ1.0 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/46185963

Listed below are links to weblogs that reference 09年9月第2週のアニメ1.0:

« 09年9月第1週のアニメ1.0 | Main