« March 2009 | Main | May 2009 »

09年4月第4週のアニメ

日曜深夜の番組をアップしないまま原稿を上書きしたか…

宇宙をかける少女
 学校の話。救助は来ないのに毎日ヤキソバパンが来るのか。あ、先生がハコになっている。
「わだかまる宇宙」
 生徒会の皆さんも学校から脱出を図る。だが、逮捕命令が出ている。簡単に脱出できたじゃない。ハコがパーソナル生命維持装置でもあるのか。メルバルは人か。人の形をしているだけか。カークウッドは新政府樹立だそうだ。ナミは最初は攻撃的にメルバルに接する。高嶺はいまやメルバルのボディガード。ナミの加虐性向がかなり強化されてきた感じ。秋葉勢力は皆無事。とりあえず木星にいる。

 さて、ナミがアレイダと一緒にいた。その件について秋葉達3人で言い争い。ほのかは神楽を擁護。いつきはほのかに何でも話をすべきだと。いつきキレる。つつじ乱入。木星見てまた引きこもった。とりあえずレオパルドをコロニーに戻す。いつきは自分を責める。ほのかはアレイダは神楽だったと。コロニーでは何が起きているのやら。

鋼殻のレギオス
 女王激怒。
 17小隊は対抗試合に備えた合宿をするそうだ。
「届かない気持ち」
 生徒会長は廃貴族を入れたことで都市に悪影響が出ているのではないかと。農業地域で合宿をするんだね。例の一般人3人娘もいる。そして、主人公とメイシェンは一緒に料理を作っている。フェリはむっとしている。えーと、ニーナも。シャーニッドが炊きつける。レイフォン対残りというのが練習。何か練習にしちゃえらい本気じゃない。へえ、雑誌の取材はレイフォンがグレンダンを追い出された理由を探り出す事か。

 女王にリーリンの秘密を報告。あ、冒頭の首絞めがこれにつながるのか。メイシェンの料理はうまいが、どこかで食べた事があるとニーナ。ああ、レイフォンが持ってくる弁当か。ナルキは記事を書くことを止めた方がいいと。確かに合宿は風呂か。あ、英語パートだ。さて、男部屋に手紙。さて、レイフォンが夜中に出て行く。メイシェンが呼び出したのか。メイシェンがもっとレイフォンの事を知りたいと。武芸者や念威繰者は人間ではなく化け物だと。さて、二人がいた高速道路が崩壊する。おいおい、メイシェンを助けてレイフォンが倒れたよ。

Phantom(ファントム)
 ショッピングモールにて。ツヴァイが暇そうにしている。アインが水着を買うのか。気のない返事をしたらすねた。アインらしくない。
「暗殺」
 アインらしくないなあ。女の子みたいじゃないか。ぬいぐるみを買った。さて、うっかりぶつかった人にアイスを弁償することに。モールの構造を把握するためか。むいぐるみも中に何か仕込んでいたのか。いやあ、アインのあれはとんでもない演技だな。さて、モールでの暗殺。飲んだりプールにいたりして暗殺の計画を練る。ツヴァイは正解を得たらしい。目の色が変わるのな。アインはなかなかな水着だ。

 アインがつけられている?で、待ち合わせに遅れたという事にした。なんとかやり過ごした様だ。さて、本当の配置へ。車を出したところで襲撃。襲撃がアインでバックアップがツヴァイ。アインはなんとか仕事を終えた。マスターが迎えに来た。彼も仮面をつけるのかよ。アインにも思うところがあるようだ。マッキェネンも迎えに来た。結局あのばらしたぬいぐるみは持って帰ったのか。アインはツヴァイが自分が辿ってきた道を3ヶ月でやってきたと。彼の中に自分自身を見るのが怖いと。

真・マジンガー衝撃!Z編
「激突!機械獣VSマジンガー!」
 すっげえでけえ。爺さんはまだ真相をしゃべりたくないらしいな。ドクターヘルはあしゅら男爵にマジンガーとの決闘を命じる。しかし、カブトシローは大変な目に遭っているな。爺さんはあしゅら男爵を近くに呼び寄せて手榴弾を爆発させた。

 ロケットパンチが一発なくなっても、よく分らんがとにかく操縦が出来た。機械獣が血を流している。甲児はあれを見てショックを受けている。海底で監視をしていた援軍が来た。いや、機械獣の血ではなく、闘いの中で死んだ人たちの血か…参ったなあ。爺さんはマジンガーを遠隔操作で戦わせるつもりだ。あしゅら男爵は斬られるし、おじいちゃんがロケットパンチに乗ってやがる。すごいなあ。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
 学園長はツゲさんに名簿を見せる代わりに頼みごとがあるようだ。
「暗躍:rubato」
 主人公はまた速い目覚め。で、コーティカルテが朝ごはんの催促で乗っかってきた。ユギリ姉妹が二人の仲は前より良くなったと。おいおい、ユギリ妹が靴投げようとしているよ。今日はコーティカルテは神曲公社の視察があるからおとなしくしていないといけないと。それにユギリ姉がお昼を誘ったが聞いていない。さて、ツゲさんが視察官の相手をする事に。それが、頼まれ事ね。今日は学園長は視察官とは会わないほうがいいという判断なわけか。さて、視察官が何者なのだろうということでツゲさんが疑っている。で、コーティカルテと主人公がお昼を食べている。それをユギリ姉妹が見ている。さて、サイキはおしゃれをしてみたらというアドバイス。ラングイスはまだ怒っている。さて、視察官はよそよそしく話をするのはやめようと。それにしてもこのライカ視察官ってまっすぐだなあ(笑)。いや、やっぱり怪しい人物だ。あれもツゲさんを騙すための演技だったか。誰かと連絡を取っている。

 ユギリ姉妹の服って…演劇部から借りたのか。さて、視察官はユギリに学園の不思議について聞く。開かずの扉の事を聞く。なるほど、その中に何かあるのだろうと考えているわけだな。精霊が暴走した時の訓練というのもあるわけだな。さて、主人公とコーティカルテ。視察官も見ている。あ、コーティカルテがムッとしている。主人公の神曲は気が抜けていると。視察官はコーティカルテという名前で反応。でも、コーティカルテは色々気が散って、やられた。主人公はコーティカルテを戦わせたくないからだと。コーティカルテは涙ぐんだりしている。気にするなと。コーティカルテは歌を聞かせて欲しいと。
 怪しい精霊が忍び込んだようだ。忍び込んだのは例の開かずの扉。視察官だったわけだ。ツゲさん激しくバカにされた。結構、ライカは色っぽい格好で忍び込んだのね。コーティカルテは時に暴力が人や精霊を救うこともあるのだと。ライカはコーティカルテ発見について報告。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

09年4月第3週のアニメ

アスラクライン
 ベッドで黒崎先輩に添い寝されていた。幽霊の水無神もなんというかな表情。
「未来に滅びるということ」
 黒崎先輩は色っぽいね。それにしても部屋が大変な状況。先輩はこの世界は一度滅びたと。クラスメイトが来たけど。その状況を見られた。兄が奨学金をもらっていた組織はロイヤル・ダークソサエティという事か。嵩月さんはそっけない。でも主人公がこけたのをみてくすくす笑う。大家さんのところへ挨拶。大家のじいさんは螺旋が好きらしい。じいさんは選択をする事になると。帰り道は二股。さて、嵩月さんが道を上がって行った。追いかけていたらこけた。で、彼女に介抱された。改めて胸はでかい。で、巫女服を見られた。彼女はコスプレだと。

 さて、彼女は射影体は擬態を解かないと見れないのか。色々と知っている。さて、彼女は悪魔だから色々知っているのだと。そりゃ主人公には状況が飲み込めないな。遠慮なく寿司をどうぞと。下の者が奏さんの状況を説明。彼女に父からの入学祝いを渡して欲しいと。主人公が生徒会に呼び出された。生徒会へ入れとのこと。生徒会長にも射影体。奏さんの友人は生徒会長の妹。奏さんに主人公から離れた方がいいと。悪魔と契約することを阻止する事で世界の平衡を守ると。で、奏さんが主人公を救いにくる。だが、生徒会長は機巧魔神を出す。奏さんは戦う。さて、冒頭に黒崎先輩が2年後に世界が滅びたと言ったんだな。

シャングリ・ラ
「池袋呪海」
 町も大変な事へ。呪海へ調査。あの偉い奴はなかなか怖い人みたいだ。クニコも池袋へ潜入する事に。で、香凛はメデューサを操って市場を操作しているんだな。

 さて、池袋の発射地点では軍と鉢合わせ。さて、クニコと国仁が対峙。目的については話をしないそうだ。アトラスのクジ。あら、ミーコが当選者。

戦場のヴァルキュリア
 この戦車はエーデルワイス号という自作戦車。いや、なかなかイサラとアリシアは確かにさっき会ったばかりとは思えないな。あーあ、走りながら撃っちゃった。
「コナユキソウの祈り」
 戦車で村まで戻ってきた。アリシアがギュンター達を紹介。アリシアに状況を説明してほしいと。義勇軍にも戦車があるんだな。ボロいけど。ウェルキンは撤退のタイミングを確認するが、いきりたった隊長には無視される。さて、敵が来た。戦車6両。町のシンボルの風車が砲撃で炎上。義勇兵じゃだめだな。もうイサラのアドバイスを無視して自警団の団長が出撃。イサラはアリシアにあの戦車では出るのを止めてと。

 一台撃破したが、エンスト。そして撃破された。薬も包帯もない状態。町は包囲されている。町民は避難完了。あとは逃げるだけだ。エーデルワイス号で30分稼ぐつもりだそうだ。さて、ガリアの正規軍が来て、帝国軍は一時退却。アリシアはこうなった事が信じられないと。アリシアは義勇軍へ入る事を決意。え?スージーも義勇軍へ入隊したのか。いきなり軍曹になっている。そして、ウェルキンもいる。

宇宙をかける少女
 パイドパイパーの出撃地点予想。あら、つつじが心を入れ替えて奴隷としてお仕えすると。生き残りたい一心だな。
 OP変わった。
「魔女の騎行」
 つつじが猫なで声。分りやすいな。キューティーローズの苗を持たせてサイコウェーブを防御できる。ほのかはまだやる事が残っていると。で、つつじ達を閉じ込めた。つつじが泣いている。さて、パイドパイパーが来た。扉が閉まる寸前でパイドパイパーへ塀離婚だ。さて、間抜け捜査官。重傷者の救出をしたわけだ。

 さて、ブレインコロニーにナミが乗っている。さて、ハコがナミの8人の戦乙女なんだそうだ。そこへ秋葉。ナミは一緒に帰ろうという秋葉に向かって大笑い。絶対帰らないと。ほのかはアレイダの中の人がカグラという事で動揺。サクラはコロニーを切断する事で事態の打開を図る。何はともあれ戦闘は終結。レオパルド追撃でナミにイグジスタンスの力を試してみようと。レオパルドに精神攻撃(?)をしかけたか。

鋼殻のレギオス
「廃貴族現る」
 シャーニッドは俺に任せて欲しいと。隊長はまだ提案を呑んでいないというか、実際それしか手がないと。前の10小隊の隊長の話。彼曰く、彼女の卒業の時には3人の関係はヒビが入っていたと。さて、戦闘開始。シャーニッドはこの腐れ縁をぶち壊すつもりだったのだな。英語パートは相変わらずあるのね。さて、実は女王様がリーリンに飲みに行こうと。

 ディーとレイフォンの闘い。簡単に終わった。や、違う。ディーに廃貴族がついている。ハイアはそこで捕獲するつもりなのか。へえ、宿主を捕まえれば廃貴族も簡単に捕まるのか。隊長はディーを放せと。結局ハイアとレイフォンが戦うわけだ。廃貴族は意志の強さを基準にして取り付くのか。もう一度ディーの心を折るしかないと。そして、ハイアとレイフォンが戦う。勝ったのはレイフォンか。そして、マテルナはディーに愛していたと。そしてさよならだと。

Phantom(ファントム)
 マッキェネンが主人公の旅券を見ながら物憂げにしている。
「実践」
 まだアインとの訓練が続いている。さて、部屋で言葉の覚え方。アインが着替えて、ふらふらと外へ出る。マスターが彼女の体のメンテナンスをするのか。それも全裸で。さて、ツヴァイにアインが試験だと。

 実践はやり過ぎてFBIにマークされた男が逃げ切れるかどうかという事。でも追いかける男は軍人か。なるほど。実践としてはいいな。主人公はこの期に及んで出来ないと。でも結果やることに。鬼ごっこ開始。さて、銃を取られて大尉は説得にはしった。あら、大尉にやられた。その前にいたぶる。でもナイフで刺して動きを止め、頭に銃弾を打ち込んだ。ツヴァイはアインに全てを終わらせて欲しいと。でも終わらない。

真・マジンガー衝撃!Z編
「出撃!あしゅら軍団!」
 ゼウスを見た者が、二人。甲児とあしゅら。ゼウス最強!そしてゼウスは慈悲深い。ドッキングしろってさ(笑)。「パイルダーオン!」」叫ぶだけでいいか。なるほどね。うむ。なるほど。「ロケットパ~んチ」…そんな悪いか?

 あしゅら男爵は妙に強い。何だ?何で強いんだ?で、恨みは晴らす事は出来ず、ドクターへルに止められた。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
「盟約:loco」
 主人公はよっぽど疲れていたのか目覚まし時計が鳴るまで寝ていた…いや、そういう問題じゃなくて、コーティカルテがいないのか。ユギリ姉妹はいつものように待っている。さて、質問にもそっけない。そして、ついでにぼんやりもしている。理事長はツゲさんにほおっておきなさいと。ワンマンオーケストラについての講義。ラングイスが自分が手本を見せると。主人公は怒りとともに違和感を感じている。ユギリ妹は耳が腐ると。ダンティストという立場で誰かにあがめてもらいたいだけだと。なるほど、コーティカルテも同じ様な意味の事を違う言い方をしていたのだろうな。さて、ユギリ姉のワンマンオーケストラ。うまくないかもしれないけど楽しい音楽。妖精も来た。何か主人公も感じたようだ。

 コーティカルテは戻ってきたようだな。主人公も必死で作曲(?)。食べ残しがある。いや、そうじゃなくて、玉子焼きサンドを作ろうとして失敗した形跡がある。さて、ユギリ姉妹が迎えに来た。昨日と違う雰囲気に喜んでいる。学園長に告げた答えは「大好きな人のために演奏します」というのが結論だそうだ。さて、サイキとユギリ姉妹が聞きに来た。今度の出来は全然違うようだ。妖精も集まってきた。へえ、かなりランクの高い妖精もやってきたんだな。そして、コーティカルテも。6枚羽ってのは驚きの証拠の一つなのだろうか。学園長は今日が始まりだと。コーティカルテは自分だけのものにしたいと。答えはお帰りだとさ。あの玉子焼きサンドはコーティカルテが作ったのだな。で、腹壊したのか。この件では周りもコーティカルテに茶々を入れる。さて、学園長は12年前の再来の様な惨劇が起きる事を懸念している。彼ならばこの世界を救えるかもしれないという、彼は主人公の事だな。さて、謎の女性がいる。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

09年4月第2週のアニメ

アスラクライン
 飛行機事故の結果病室へ。誰かが語りかける。女の子が浮遊しているのだが。そして、その3年後。
「機巧魔神アスラ・マキーア」
 主人公は一人暮らしになったそうだ。友人は幽霊探し。さて、ここにいるのよとその女の子。さて、カバン。謎の女性がそれはあなたのものだと。例のカバンはほおり投げても傷一つついていない。さて、寝ている所に巫女姿の女性が乱入。彼女は幽霊の女の子を見て、射影体?と言って退く。昨日の眼鏡の女性は2年生か。へえ、例の巫女さん胸でかいな。印象が違うようだ。

 化学準備室へ。さて、例の先輩。化学部はあなたの兄が主人公のために作ったと。下駄箱にはごめんなさいの手紙。さて、戻ると待ち伏せ。イクストラクトを渡せと。先輩乱入。別の一派。先輩はトランクを空けなさいと。開くと黒い液体があふれてきた。ロボットみたいなものが出てきました。

シャングリ・ラ
 牢屋?釈放されたようだ。囚人達の歓喜の声。
「少女帰還」
 オカマの皆さんがお迎えに来た。町へ戻った。シャワーは男かよ。違ったか。女だったか。

 経済炭素とかのその世界の規則。炭素市場に介入している女の子がいる様だな。さて、彼女達がいるところに軍隊が投入された。クニコはブーメラン使いなわけね。おかまのお姉さん。クニコが投げたブーメランを若い公社の彼が守り刀で受け止めると何故か皆が持つ守り刀が共鳴。空から何か降ってきた。

戦場のヴァルキュリア
 過去の神話の話から。
「戦火の出会い」
 市民の避難。友人がスパイがいたと連絡してきた。川へやってきた。手帳にメモをとっている人がいる。自警団が銃を向けた。この男の人はヒカリマスをスケッチしていた。長閑な人だ。さて、緊急招集のサイレンが鳴った。町に知り合いがいるのか。ぼっちゃんと呼ばれている。さて、解放してくれと言われたが、監禁された。

 さて、たてロールの女の子が怖くないのかと。ぼっちゃん脱出が発見された。勝気な事を友人には話をしても実際には撃てない。森の中に入ったが、帝国軍がもう来ている。で、ヒロインが付いていくと。帝国軍の兵隊に見つかった。さて、二人は屋敷の中へ。とにかくアリソンは嘘だということで銃を二人に向ける。ま、屋敷の中で戦うことになるわけだ。妹が何とか人だという事は不問。さて、イサラが使って欲しいものがあると。戦車か。でけえな。

宇宙をかける少女
 ほのかは裏切り者と言っている。男はレオパルドの創造者?
「夜ひらく花」
 確かにこの男とレオパルドは似てるな。男は宇宙に帰る方法などないと。そして話すことなど何もないといって消えた。学園もどうにもならない状態。理事長は大怪我をしている。ナミはまだ迷っているようだ。ただ、部屋へは戻らない。ナミに自分の力で傷ついている人を救う番だと。ウルといつきが男を尋問。

 課長が迎えに行くかと。で、まぬけ二人が乗っていたのね。泣き出すし。ピザハットでとりあえずメシ。今度は宇宙をかける少女に出てきたわけだ。へえ、ピザ食べた事なかったんだ。久しぶりにピザ食べたいな。でも一人だと多すぎるんだよな。で、ピザでも食べさせてやるからあの二人に怪奇課に入るかと。入るそうだ。へえ、コロニーは人間を必要とするのか。さて、警戒警報。またほのかが来た。今度はメガネのところへ。ついでに秋葉も。男が活性化させた。秋葉は久しぶりに例の喫茶店。アレイダはカグラ、住民のためにネルヴァルを倒すのだと。アレイダのところにほのかもいる。秋葉は置いていかれた。喫茶店から出るとコロニー。へえ、喫茶店の名前はえにぐまか。かぐらというのは秋葉の先祖。で、メガネっ子も来た。ベンケイとロボットは仲良くなったみたいだ。さて、ネルヴァルの軌道エレベータで戻る手があったわけだ。

鋼殻のレギオス
 レイフォンが戻るかどうかという事。教導傭兵団の話もしている。
「銃身に秘めた想い」
 女王がおじさんの兄弟子の形見を渡す。さて、ゴルネオとハイアの会話。さて、レイフォンが壊れた武器の変わりにに刀を渡された。で、また英語パート。隊長がレイフォンと話す。そして、オーバーロードの捜査については続行。わざとニーナに聞かせている。さて、ハイア達がフェリと遭遇。生徒会長も来た。

 容疑は第10小隊。ディーにニーナはオーバーロードをやめるようにと。とにかく全力でこの都市を守る。シャーニッドに誓いはお前がいなくても守ると。さて、17小隊の皆さんは生徒会長には内密にしてほしいと。その取引については小隊を維持できない状態にして欲しいと。さて、ハイアは出来ると。サイハーデンの技は刀を使えば出来ると。廃貴族をハイアは回収すると。対抗戦の日。シャーニッドが頼みがあると。

Phantom(ファントム)
「訓練」
 アインはもう襲わないと。そして、自分を殺そうとしたと。そして、もう名前がないと。旅行者の処分の一環として彼をツヴァイにしたわけだ。全部夢だと思うのは構わないが長い夢になると。そして、訓練開始。

 アインへ狙撃任務。ツヴァイは銃の手入れ。マッキェネンが様子を見に来た。彼女に結局奴隷になるわけなんだろうと聞くが、それはそれで自由があると。まずスピードだと。望みと努力を彼に思い出させた。改めてアインに今日の任務について聞く。そして、どうして殺し屋なのかも改めて聞く。

真・マジンガー衝撃!Z編
「始動!マジンガー!」
 ある意味でこれが第一話か。いや、過去の因縁話か。お、カブトシローだ。さて、兜甲児も襲われている。そして、パイルダーへ乗り込み、マジンガーと出会う。まさに始動回だな。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
 朝の雰囲気。
「迷路:piangendo」
 朝の登校は基本的にコーティカルテとユギリ姉妹が出会うわけね。コーティカルテはユギリ姉が主人公にべた付くのが気に食わないわけだな。妹は毎日よく飽きないなと。さて、コーティカルテはもうちょっと短い名前で呼んで欲しいらしい。主人公が下級生を教えたりするわけだな。さて、前に大犬を精霊にしていたツゲさんが訪問してきたのか?彼女は理事長の部屋で紅茶。結局コーティカルテを解放したのは理事長だったのだな。ツゲさんには学園の警備を依頼。

 さて、実技試験当日。コーティカルテは寝ないで練習していた主人公を気遣っている。器楽演奏は全然ダメみたいだな。で、主人公の事を色々言われてコーティカルテが激怒。暴れまくっている。サイキは彼女を「ちびっこ」と呼ぶ事にしたそうだな。へえ、暴れまわるコーティカルテは音楽で鎮めるのか。さて、彼の器楽演奏がダメダメだとしてもコーティカルテを抑える力にはなるんだな。コーティカルテが涙を浮かべている。コーティカルテは下らない音の羅列のために契約をしたのじゃないと、そしてそんなの神曲じゃないと。一応、それで引き下がるのだが、コーティカルテも全く納得していないようだ。主人公はそこまで言われれば落ち込むよなあ…。同級生の陰口の方がまだマシだよな。サイキは主人公の演奏には何かが足りないと。さて、帰宅したがコーティカルテがいない。理事長はきっちり演奏する事が良い演奏でもない、そして何のために演奏するのか問う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09年4月第1週のアニメ

Phantom(ファントム)
 新秩序を作りたい人々。そして、カリブ海風のリゾート地。いきなりボディーガードを殺す。屋敷の中へ侵入。思い切り殺しまくってるな。メイドが銃を向ける。先に侵入していたのか。
 この音楽は…でも違った(笑)
「覚醒」
 部屋のベッドの上で主人公が起きた。そして、インフェルノの組織の中の女性二人。主人公は部屋に閉じ込められ監視されている。部屋から出た。さて、覆面の女性が死にたくなければ本気でかあkってきなさいと、言って銃撃。マッキェネンも様子を見に来た。銃を捨てたら次はナイフ。一本を彼女に渡す。

 アインに簡単にやられたと思ったら組み伏せた。仮面の下の少女の顔を見て次の攻撃を躊躇する。でも振り下ろそうとしたが、顔が全部見えた。やめて倉庫から出てみる。砂漠の真ん中だった。ツヴァイと彼の事を呼んだ。そして、麻酔銃を撃たれた。そして、見ていた三人は実験はうまくいったと。実りある人生を生きて欲しいと。そして、冒頭の邸宅襲撃へ。主人の迎えにメイドとしてのアイン。そして、ボスにアイン・ツヴァイの二人で銃を向ける。

鋼殻のレギオス
 セルニウム鉱山での補給。生徒会長達がそれを見ている。見慣れない放浪バスが来た。見慣れた放浪バスってあるんだろうか。
 そろそろ隊長が都市戦があるだろうと。で、メシおごりの訓練
「ヤサシイウソ」
 で、おごりは隊長。10小隊の隊長が来た。次は第10小隊と対抗試合か。シャーニッドは昔第10小隊にいたんだな。オーバーロードの密取引が見つかったようだ。シャーニッドは金髪の女の子の後をつけている。武芸者もいるようだ。ニーナもオーバーロードを服用?ニーナを止めようとしているのは誰だ。
 さて、英語パート。ホテルに着くのは無理か。で、主人公と対する相手は変な語尾をつけている。共同傭兵団にいたのか。彼はオーバーロードの密輸団を利用して、ここに来るのが目的だった。

 あの剣を持つ彼も同じ系統の武芸者なのか。さて、シャーニッド。シャーニッドは自分のやり方で3人で誓った約束を守ると。追っているうちに例の矢を放ったものに邪魔されて逃げられた。シャンテは食っちゃ寝なのね。で、例の彼がシャンテ達の部屋にいて、眼鏡弓矢少女までいるわけだ。さて、女王の前にやってきた。主人公の妹とその父。さて、女王との会話。本当はよく知っている相手なわけだ。それも分っているのだな。

真・マジンガー衝撃!Z編
「大団円」
 マジンガーZシリーズに造詣が深ければ、あるいは永井豪作品に造詣が深ければこのてんこ盛りの第一話には大興奮だろうな。いや、いきなり第一回からこんなハイテンションありかよと思うくらいの激しさだった。つか、ボスボロットも活躍してたし。マンガ祭りかよ。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
 夜の森の中のチェイスから。仲間はずれになっている女の子がいる。あの子が歌っているのか。その追いかけられていた人がその歌に反応した。あ、男の子だったのか。自分のために歌を歌って欲しいと。彼女は去っていった。
「邂逅:misterioso」
 主人公は自信がない人みたいだな。そこらへんは昔と変わらない様だ。神曲というのがあるんだな。主人公は実技で妖精を呼び出せなかったから進級試験に落ちたのね。追試があるのね。さて、女の子二人が見学途中で食堂に迷い込んだようだ。さて、例の女の子二人組みの片方が財布を落としたらしい。器楽演奏はダメみたいだが、歌は抜群?色んなところで聞いていた皆が驚く。

 学内の奥で封印されていたものが出てきた。さて、神曲ではないんだという説明だが、その途中でその封印されていたものが出てきた。ユギリ先輩の大犬みたいなものがそいつに噛み付いた。いや、抑えられないみたいだな。そして、主人公の前へ。黒い霧のようなものから出てきたのはピンクの髪の女の子。ちなみにすっぽんぽん。会いたかったと。主人公は誰?と。例の夜に会った女性なんだが、全然違うのは縮んだからか。そして、契約の続きを実行して契約成立。で、こき使われているようだな。ふむ。しばらく経ってからのシーンか。コーティカルテとユギリ姉が主人公を取り合っているみたいだな。
 さて、とはいいつつ何かまずい事も起きているみたいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09年3月第5週のアニメ

屍姫 玄
「屍の果て」
 七星の一人が縁が切れても戦えている事に疑問。光言宗の法力ではなく、望んだ事が意思こそ屍姫との関係を作り出している。ま、とにかく七星は全滅(除く北斗)。そして北斗とマキナの闘いは続く。アカシャは北斗は死そのものだと。そこへ壬生さん。何を狙ったかと思えば例の棺の並ぶ場所を開いた。さて、その場所を見せた。というか開放された。おまけに響の棺を壊してしまった。北斗はやはり北斗を打ち捨てて響の棺にすがりつく。さて、棺の中から手が出てきた。

 響とご対面。北斗が激怒してアカシャを殺した。縁が切れたから屍に戻った。まだ一人七星が残っていて北斗を連れ去った。さて、大量屍事件は急速に収束。さて、権大僧正入滅により壬生さんが次の権大僧正に。屍姫を見届ける役だそうだ。ま、一件落着だ。マキナとオーリは光言宗では行方不明という扱いになったらしい。さて、オーリはマキナを戦う必要のない場所へ行こうと。でも、滅びの屍になったら誰が面倒を見るんだよ?さて、例の孤児院へ。あ、オーリは光言宗へ復帰予定だ。マキナはこの場所は穢れた自分が入ってはいけない場所だと思っていたようだ。例の同級生3人がいる。オーリを探していたのか。お胸様についても聞かれる。それ以外にもクラスメイトもいなくなったんだよな。いたたまれなくなってマキナがまた離れる。そうではなくて、生きるために戦うと。そして、北斗にも死と生を思い出させていると。オーリに自分の戦いを見ていて欲しいと。さて、七星の二人が隠れている場所が感じられた。向こうもマキナが近づくのが分ったようだ。で、またド付き合い。生き残りの七星も止めるんだと言っているが、聞いちゃいないね。文字通り殴り合いが延々と続く。終わった。

宇宙をかける少女
 秋葉の呼びかけに誰も答えない。地球へ降りたらしい。レオパルドも宙吊り。
「棄てられた大地」
 秋葉とイモが怒っている。レオパルドに会ったらとっちめてやると。そこへレオパルドが転がってきた。あ、この場所は元は都市だったのか。ビルが崩壊して下へ落ちた。いつきとほのかもここに降りているんだけど、火打ち石で火をおこそうとしている。川を下りてきたレオパルド達と合流。で、ベンケイと眼鏡ちゃんも地球へ降りた。眼鏡ちゃんはさっさと行くよと。さて、川くだりは何故かビキニの水着。いつきは乳でかいな。いつきは秋葉に地球に興味ないんだねと。さて、衛星の上では雪が降り続いている。さて、川下り。視線を感じるそうだ。何かいるよね。

 いつきがあてにしていた施設へ。レオポルドは外で待っている。あ、原住民に捕まった。いつきが生まれた場所だったのか。いつき達も原住民に取り囲まれた。ウルも手出しできない。久しぶりの交通課の皆さん。この二人も逃げているわけだ。さて、秋葉達がつかまってくねくね。悪魔の仲間だとほのかが火あぶりの刑に。いや、地球にも雪が。原住民は悪魔だと。あ、ほのかがいっぱい。秋葉も意志を奪われたようだ。箱を被った。ほのかがQTの力でほのかの仲間から秋葉達を救い出した。さて、救出に来たか。雪を降らせた原因となった物体は消えたようだ。おいおい、眼鏡ちゃんは虎柄のビキニに鞭になったぞ。勝手に頭領になる気だ。さて、偏屈そうなじいさんがいる島へ。海草に止められたのか。さて、島へ連れてこられたのだが、ほのかの知り合いか。ほのかは飛びついて、抱きついたんじゃくて、裏切り者とか言って首を絞めているぞ。

マリア様がみてる
 最終回ですね。例の有名な前ふりを久しぶりに聞いた。
 5分前になりました。祐巳はすました顔をしている。祥子さんの気配に皆気圧されている。祐巳に立ちなさいと。そこへ瞳子。まず謝る。そして、妹にしてくださいと。カードの話はなし。
「あなたを探しに」
 やはり祐巳の尻の下か(笑)。いや、そんなものを尻の下に敷くかとも思ったが。気を利かせて元へ戻ろうと。さて、祥子は瞳子が祐巳を立たせたのだから赤いカードは瞳子のものだと。素直に受け取るわけだ。志摩子のカードは先生の車の下ね。さて、デートの話は何もないの?と志摩子や由乃。さて、デートの行き先は瞳子の行きたいところになる。正式な返事はデートが終わってからだと。

 行き先を言わないミステリーツアーなんだそうだ。まずバス。私鉄の駅というとあの色なら西武線か。雰囲気的には秩父?でも群馬・福島の雰囲気もあるよなあ。瞳子は祖父の病院を継ぐために医者になると。家出の話か。

 札所巡りってどこだろう。さて、送迎バスが来ている。患者さん達と一緒。瞳子の母がリリアンだった頃の写真を見せてもらった。病院の食堂でごはん。瞳子のおじいさんと出会った。祐巳の事を祥子の祖母経由で話には聞いていたそうだ。瞳子は16年前の交通事故の話をする。祐巳はもういいよというが、瞳子は聞いて欲しいと。へえ、瞳子の本当の母は今の母のリリアン時代の同級生だったのか。家出の本当の理由とか。お互い抱き合う。何か祥子さんは気付くところがあったのかな。嫌いだったけど、それは本当は自分が好きだったからだと。何か帰りの電車の中の会話シーンってベッドトークみたいだよな。最終シーンはロザリオの授受でした。いや、これは夢想のシーンでしたか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »