« 09年3月第2週のアニメ | Main | 09年3月第3週のアニメ »

空を見上げる少女の瞳に映る世界,最終回「愛すること」

空を見上げる少女の瞳に映る世界
 映画化されるそうだ。すごいよなあ。見に行くかな。あまりにこの作品がいとおしい。ちなみに周囲では絵が綺麗という理由で意外に評判もよかったりする。
 結局3人は飛べずに落ちているわけだ。
「愛すること」
 救ってもらった。ユメミ大笑い。グンダールがうまくいかんとか言っているが、アクトの娘が三人になっているとびっくり。彼視点で考えてみると自分がやってうまくいかないことを小娘と棒やが若分らない事をしようとしているとも言えるんだよな。グンダールが襲ってきた。イチコとスズメが捕まった。グンダールが自分がこの二人を使って天上を救うと。さて、ムント様は光の柱の中。ユメミはムントにあの二人を残してはいけないと。ムント様は循環を支える光の柱を失う事を恐れているが、ユメミは世界は失われないと。グンダールは結晶となれと。だが、結晶化が止まった。なんかユメミすごいなあ。グンダールは二人を結晶化すると脅すが、ユメミは動じない。絶対的な自信を持っているようだ。かえって吹き飛ばした。グンダールさんの負けです。さ、次は柱だろ。その柱が消えたようなのだが…ムントは空を見上げる。

 世界は崩壊しようとしている。で、自己紹介で「ムント様と呼べ」と。さすがムント様。世界が落ち始めた。ユメミは大丈夫、まだ失われていない、そして、この世界は心で出来ていると。はい?ムント様が「これでは戦えん」と言って、布をかけて、三人にノースリーブでミニスカのセーラー服(あ、セーラムーンの変身後の格好か)を着せたんだが、イチコがこいつの趣味?というのがごもっとも。いや、俺もこういう格好は好きだ。ムント様が妙に真面目な顔をしているのが笑える。四人で上に上っていき、ユメミが上に触った。世界は救われたようだ。ユメミが3年生になった。日常生活に戻った。あ、スズメの彼氏を久しぶりに見た。ん?地上に巨大な岩が落ちてきたって事でよい?つまりユメミが四人で昇って行って手を伸ばしてこの二つの世界を完全につなげたという事で?
 うーん、EDはきれいだな。だが、ムントはどうなった?まだ、小さな時空の歪みが残っていると。グリドリの力か。王宮では地上人との代表と会うことに。肝心のムント様が見つからないらしい。予見師はムント様は備えをしておきたいのだと解釈している。

 映画版やるんだよな…見たいなあ。

|

« 09年3月第2週のアニメ | Main | 09年3月第3週のアニメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/44360750

Listed below are links to weblogs that reference 空を見上げる少女の瞳に映る世界,最終回「愛すること」:

« 09年3月第2週のアニメ | Main | 09年3月第3週のアニメ »