« January 2009 | Main | March 2009 »

09年2月第2週のアニメ

屍姫 玄
「ありふれた望み」
 お胸様を払いのけた。ネコが声をかけてきた。お胸様はヒモで操られている。お胸様の幸せの風船が見える。先輩が春日さんに目を覚ましなさいと。へえ、春日さんが好きなのはオーリなのか。逆もあり。そして僧衣を被って外出。オーリは行方不明。眞姫那に電話をした。眞姫那は高校へ。さて、本山を守るためには眞姫那一人でやらせるしかないという結論。へえ、七星は北斗の敵として屍姫の眞姫那を作ったのか。さて、お胸様と眞姫那が学校の前で遭遇。

 この風船七星はなかなか面白いな。へえ、学校が悪夢の遊園地になった。風船を撃つと中から出てきたものが何やら人を食うものになる。眞姫那の首に絡まる紐が絞まっていく。オーリは春日さんと一緒に遊園地で遊ぶ。春日さんはとても幸せだと。そして、屍姫になりたいと。勺杖で幻影を叩く。はい?また杖で叩こうとすると私死んじゃうって。へえ、死にたくないって。とうとうまっとうになった。幸せに食べられてしまえと、そして子供の頃の眞姫那を前に。幸せは七星を滅ぼした時だと。トレンチコートの中身は小さな子供だったのか。へえ、遊園地で家族心中したのか。で、この、その理由を語る奴は誰だ?七星か。眞姫那を倒した。後片付けをしてくるそうだ。さて、春日さんの幸せが潰れた。春日さんを連れて逃げる。へえ、ネコ曰く、この幸福感がなくなれば一緒に彼女も死ぬのか。オーリが涙を流す。

宇宙をかける少女
 レオパルドのライバル登場。あのアレイダも高嶺を連れて逃げた。メルベルか。レオパルドの裏切りでボディを奪われたと。とりあえず高嶺お姉ちゃんを助けに行くことに。
「神々の闘い」
 月はパニック。で、このおまぬけ二人の捜査官も巻き込まれています。で、その前に例の三人組。メルベルとレオパルドの闘い。メルベルは凍らせるのが得意みたいだ。そして、例のお二人の捜査官がいつきに絡んできた。で、皆さん凍結させられてきた。秋葉・ほのか機も凍らせられた。さて、獅子堂家の方。長女に全統帥権が与えられた。で、捜査官と地上の皆さん。さて、メルベルが秋葉に接触をしてきた。

 ほのかにイグジステンズの生き残りと言った。そしてアレイダはあっちサイドなんだな。あら、高嶺が戻った。高嶺は秋葉にレオパルドへ戻れと。キャノンをそのまま撃てるかというとレオパルドは凍死寸前。というか秋葉も凍ってしまったのだが。そして、桜も何やらやったんだが。長女の方へどうすればいいか連絡をしたのか。太陽エネルギーを集めるそうだ。で、温めて溶かしたわけだ。秋葉も溶けた。レオパルドキャノンが撃てる状態に。メルベルが用意した巨大な氷の塊は高嶺が両断。レオパルドキャノン発射。短絡的なのねと。またコロニーが出ましたよ。メルバルをお迎えにきたそうだ。そのコロニーはごきげんようと笑って去っていった。とりあえず一件落着。まだ生徒会も絡むのか。獅子堂評議会がメルバルと戦うための組織なのね。で、秋葉はレオパルドと一緒に戦う運命なのだそうだ。大変だ。

マリア様がみてる
 礼拝堂にて。祥子に瞳子の事を話すべきかと。
「未来の白地図」
 それぞれのクリスマスパーティーへの思い。可南子と瞳子が来た。由乃と令と由乃の妹候補、どうしてパニックになるのかよくわからない。どうでもいいけど瞳子が写真を撮る時の不自然な立ち位置。で、写真を撮る時に話をしてたら皆に聞こえるでしょうが。席はクジビキです。そして、自己紹介。有馬さんがいるからだ。有馬さんの自己紹介については難なく済ませたわけだ。瞳子の自己紹介なんだが。あっさり終わらせた。と、思えば、ああ、小公女を始めたわけか。

 可南子さんはそっと帰ったそうだ。わ、リリアンの生徒がツイスターなんかやるんだ。さて、志摩子に瞳子が相談。自分じゃダメなのだなと。さて、由乃と令の口論。リリアン女子大に行かない事を知らされていないことが原因。瞳子は帰ると。見送るのだが。未来について思い描く事が実現するものばかりだけではないと。昔の白地図の事を話す。ロザリオを渡そうとする。聖夜の施しならいらないと。小公女ね。祥子からプレゼント。祥子にロザリオを受け取ってもらえなかったと泣きながら報告。祥子は諦めないでと。

空を見上げる少女の瞳に映る世界
 や、例の爆発は一箇所だけじゃないのか。
「信じること」
 イチコとスズメは走っていったユメミをおいかける。例の爆発はあの兵器か。ムントはこの兵器を使ってこの世界を引き剥がすと両方の世界が破壊されると。えらい話だ。どうでもいいけどユメミってエロい服着てるよな。中学生の着る服じゃないよ。横倒しになった観覧車の先の方へ。ムントと出会った。だが、彼は俺様一人で十分だと。今度はユメミは自分なら出きると。イチコは戻ってきてと。戻ったら一緒に買い物をしようと。イチコは自分はそこにはいけないと。ムントは今度は俺様がユメミを信じる番だと。天上界にもムントとユメミの接触が力を及ぼしている。空中要塞の作戦失敗。皆さんで手を振っている。ムントとユメミの川渡りだ。

 天上界へ上がったムント様は攻撃を受けるが屁でもない。地上と天上をつなぐ時空の扉の穴とその光を維持しなければならないと。信じれば叶うと。でも、決して全ての人から歓迎されているわけでもない。グンタールはムントにその娘を失ってはならぬと。後で使うからか?ユメミを追うものは3人衆が食い止めるのだな。一方でライカの局外者の救出も進んでいる。ムントとクリドリの闘い。局外者への攻撃も激しいが、ガスは攻撃の元へ出て行く。


鋼殻のレギオス
 17小隊の負け。ニーナ小隊長が唖然としている。新人に頼りすぎるなってのはそれは屈辱だよな。という事だものな。
 英語パートはどうした?
 レイフォンに手紙が来ているのを例の女の子が見つけた。開けようかどうしようかしていることをお友達に見つかった。
「グレンダンからの手紙」
 で、ボロボロにしちゃったらしい。メイシェンが手紙を届けに着たが、フェリ先輩に声をかけられて逃げた。フェリ先輩が拾った。そして、小隊長が訓練はなしだと。そして、生徒会長が呼んでいるので、フェリ先輩がつきあってくださいと。フェリ先輩が料理をしている。さて、汚染獣については生徒会長のご懸念の通りではないかと。
 ここで英語パートか。

 手紙はフェリ先輩が持ったままか。ナルキが帰宅した主人公に話しかける。都市警の仕事を手伝って欲しいと。で、手紙の話ってどうなったの?。さて、ニーナが何か寄ろうとしていたようだが。メイシェンに手紙について聞かれたフェリ先輩は渡したと。フェリ先輩は手紙を主人公のカバンの下に置いたんだが、気付かなかった。警察の仕事について情報がバレているというのはそのバスの監視。へえ、監視課長は盗まれたデータチップを売るのか。主人公は潔い態度だと思っているらしい。さて、手紙はどこに行ったのやら。ツェルニがみている。ロッカーにあったことにしたわけだ。

まりあほりっく
「誘惑の黒下着」
 名探偵。寮長さん。
 桐がお弁当を作ってきた。さて、お弁当を食べさせているのを見て、かなこ絶好調。稲森さんが面白くなさそうにしている。鞠也が稲森の事を聞く。桃井さんが稲森さんの誘いを断って帰った。まあ、桃井が稲森さんに誕生日のプレゼントを買うという話だろうが。悩みを聞かれた鞠也は稲森さんに語る。偉そうだなあ。偉いのか。でも、桃井さんと桐が一緒にいるのはやっぱり面白くないのだな。練習放棄して出て行っちゃった。

 稲森さんお休み。さて、お見舞いとお誕生日のお祝い。あ、桐さんが稲森さんのプレゼントを選ぶのに悩んでいたのか。かなこさんはプレゼントを用意していませんでしたと、ドヨーン。鞠也もプレゼントを持ってきた。仲間はずれってかなこの事なんだなと。鞠也から痛い一言。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09年2月第1週のアニメ

屍姫 玄
 同級生の女の子と先輩の話。例の乳姫だ。さて、景世が助けに来たと。
「性と未練」
 眞姫那は死なせた方がいいのかなと。でも、そうは考えていないようだ。さて、嵩征の同級生の屍と山神さんの違いは何だと。さて、嵩征の隠している性は山神さんと結ばれる事か。そして、命令に従って山神はかつての嵩征の同級生を倒す。フレッシュがやってきた。眞姫那はまた本山に連れ戻されたのだが、景世の屍の話で混乱。眞姫那は逃げる。景世は自分が相手だと。さすがに眞姫那も簡単に撃てない。お前に会いたいという妄執が理由だと。さすがに動揺しているな。

 壬生さん達がいる。還俗したという事になっているそうだ。オーリに帰れと。で。早季達が壬生さんを止める。オーリが景世を倒す。でも、眞姫那はそれを止める。でも、結局は変化するのだと言っているな。そして、復活して他の光言宗の僧侶の屍と一緒にまだ戦うそうだ。オーリは眞姫那に君の心を隠すと。さて、壬生さん登場。呪いを持った屍姫と契約するのは無理だと。何か妙に眞姫那が穏やかで信頼した表情をして、オーリを見ている。さて、オーリは兄の顔をした屍は自分がやると。つか、皆が景世の顔をしているってわけか。

宇宙をかける少女
 廃墟のような場所を走る一団。追われているものは異形のようだ。いつきみたいな女の子がやられた一人から話を聞く。
「鋼鉄の乙女」
 ほのかがレオポルドの修復率を計算している。秋葉が殴りこんできた。例の裸にされた事を怒っている。獅子堂財閥のお宅。評議会か。いつきみたいな女の子も獅子堂財閥の者か。で、例の追われていたものは桜を狙っていたのだな。さて、秋葉は学校。素っ裸の女の子が現れたそうだ。普通の昼休みかと思ったら、ほのかが無理やり連れて行った。ほのかは運命を信じてだとさ。で、例のおまぬけ二人の報告。そして、いつき逮捕命令。ニーナ課長は何とか切り抜けろだとさ。

 家に帰ってきた。さて、ナミ一人だそうだ。その桜からの連絡。ほのかが秋葉を選んだ理由を聞く。秋葉は枯葉の代わりなのね。さて、例の喫茶店。夢の中か。かと思ったらいつきが銃を突きつけてコロニーへ案内しろと。あの追われた者はアレイアというのか。さて、いつきがレオパルドにこだわるのは行方不明の両親に関わりがあるらしいからなのか。秋葉は自分には何もないと。で、レオパルドの事を聞きたいと。さて、停船命令。あ、例のおまぬけ二人組み。さて、追い詰めたと思ったらブーゲンビリア機がもう一機。鏡か。さて、秋葉にQTアームズをレオパルドが送った。やっつけるそうだ。それにしてもいい尻だね。可哀想な二人組み。追っ払われた。月へ次のパーツを取りに行くミッションを手伝えばレオパルドに会わせるとさ。ウルのアドバイスにしたがって受け入れるわけだ。さて、獅子堂家。長女は黙認か。それ以上に月の高嶺からの連絡が遅い事が問題のようだ。


マリア様がみてる
 平日に祐巳とお姉さまがデートか。
「紅薔薇のためいき」
 結局女性専用車両に乗ったのね。紅薔薇様が試験休みには遊園地に行きましょうと。祐巳と二人か。へえ、で、某キャラクターの園らしきところ。そこには何とか学園の子達も。そして、祐巳の弟もいるぞ。紅薔薇さんの許婚さんですか。何でここにいるのか。で、祐巳と柏木さんでジェットコースターに乗れとさ。で、祐巳は色々考える。結局四人でランチ。その後はまた二人ずつ。さて、キャラクターの大道芸を楽しんでいると紅薔薇様の様子がおかしい。

 そこへ柏木さん。抱きかかえてベンチへ。柏木さんは今日はここまでにして、次回にしようと。結局、柏木さんの車で帰るわけだ。こうなる事が予想できたから来ていたという事なんだな。で、行くのを止めなかったのはとても楽しみにしていたからか。さて、紅薔薇さんちでお茶。紅薔薇様には医者が来た。さて、祐巳と柏木さんが二人きり。婚約解消を言わせた事について問う。好きには色々ある。そして、祥子は好きだが、結婚はしたくないと。柏木さんは自分に嫉妬せずにもっと上のステージを目指せと。で、祐巳は祥子の部屋に呼ばれた。で、柏木さんの車で弟君と一緒に帰宅。へえ、本当は弟君ではなく、瞳子を誘うつもりだったが、断られたのか。へえ。

空を見上げる少女の瞳に映る世界
 ムント様はアクトを天上に呼び戻した。さて、ユメミ。あれから2度目の冬だから。中三か。
「求めること」
 何かが起きた。何が落ちてきたのだろうか。今日からバイト?空から雪のような雪でないものが落ちてきた。さて、イチコとスズメ。また天上界では戦いをしている。悪い奴が機械を使って、いい奴が素手でってのはよくある構図だね。青い髪の奴がムント様の副官みたいなものか。連合軍も足並みが揃っているわけではない。ライカ艦隊の戦い。魔導国を巻き込めばどうにかなるかもしれないと。アクトを制御するにはユメミの力がいるわけだ。グンタールの近くに局外者がいる。ムント様は会話するが、ユメミは必要ないと言う。だが、ムント様は彼女の未来を壊すことを恐れているのか。

 グンタールと局外者の会話。局外者というのは時空の監視者だったのだが、ムントを地上に送った事について語る。勤めを怠ったので呪われているのか。ほぼグンタールの要塞と艦隊を一撃でやっつけた。要塞は残っているか。力を求めていたが、今は力があることで大混乱。魔導国の王宮まで攻め込まれた。ライカがムントの前のものを倒した。ライカは協力し合おうと。ま、そんなことはおいておいて、ムントは敵の大勢力に一人で立ち向かう。局外者がムントを救う。行くべきところへ行けと言って突き落とす。

鋼殻のレギオス
 車内のシーン…また、英語だよ…。追いかけられている。
 フェリが来ていない。さて、シャーニッドが主人公に暇なら親交を深めようと無理やり付き合わせるらしい。
「武装解除!メイド服を着用せよ!」
 メイドカフェに連れて行くわけか。ま、いいです。おや、フェリ先輩も働いているのだな。シャーニッドはそれを見せたかったわけね。大うけ。店長に表情が硬いと指摘された。練習させられている。顔がひきつっているが。念威繰者というのは感情を出すのが難しいのね。店長は、クール系ということで、黒系のメイド服を着せてみた。ピンク系もよかったんだけどな。さて、バレバレな生徒会長の兄。さすがに念威繰者も怒りの表情は出やすいんでしょうか。で、怒って主人公達の所へ来て、カメラと記憶媒体をぶっ壊した。で、初回の3人。なんだか知らないけどフェリ先輩もそのアルバイトをやるとさ。

 例の三人組とフェリ先輩は旧錬金課の研究棟へ、心霊スポット探索の読者企画なんだとさ。フェリ先輩にサンドイッチを差し出したところに、ミィフィの悲鳴。三人が囚われた。そこへ誰か来た。彼の説明によると人工生命計画のなれの果てのようだ。とにかく、自分の力を使って捕まった人たちの居場所を探して、外部へ連絡が必要だと。17小隊へ助けを求める。地価に囚われているそうだ。へえ、例の助けに来た人もやられかけ。地下へ行くのにどうして階段を上るんだろう。あの人は生徒会の人か。生徒会長の指示で裏で監視していたんだな。あ、主人公とフェリの会話。主人公の間の悪い質問にフェリ先輩の口元が緩む。それを見られたことでフェリは主人公を蹴る。はい。

まりあほりっく
 シュールストロミングスのネタ。結局食べてないんだな。
「禁断の匂い」
 かなこが先生に桐にやめて欲しいと頼んだら、自分の頼みなのでだめだって。さて、かなこはクラス委員だってさ。桐が副委員だそうだ。この生徒会長さんもあれですな。無論、鞠也もいる。かなこが鞠也に友達になる方法を聞く。かなり変わった人だと周囲からも言われている。でも、桐と友達になるのは難しい。友達になりたいという言葉を聞いて、桐は感激している。何故か、桃井さんとお友達に。

「乙女の秘密」
 寮長さんの抜き打ちで色んなものが没収された。寮長が喜んだら禁止物の所持OKだそうだ。かなこの場合はあの不思議な動物の入ったカバンが没収。ちゃんと隠さないと厳罰だってさ。小学生の時の卒業作文を読ませられるんだってさ。で、鞠也の隠し方。隠し部屋自体を隠していたのか。ま、かなこは結局例の不思議な生き物の入ったカバンを捨てたわけか。はい。で、何で捨てたはずの不思議な動物の入ったカバンが戻ってるんだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09年1月第4週のアニメ

屍姫 玄
「異月の貌」
 嵩征が山神さんを異形と認識する事になった経緯とその原因となった嵩征の同級生、友人の屍との戦いがオーリの方。で、眞姫那の方には罠。景世の姿をしたものが現れたわけだ。

宇宙をかける少女
 技術見本市。そこにほのかと秋葉がキャンペーンガールとしている…盗みに行ったのか。
「まつろはぬ者達」
 で、ICPにバレました。ご令嬢なんでどうしようかな。と。そして、おまぬけ捜査官二人組を脅している。可愛いね。学園祭ですね。いつきがソルジャーウルから楽しめと。さて、理事室に呼び出された。次は犯行予告が秋葉の携帯から出た事について警察沙汰になるような事はしていないかと。多分、バレバレ。さて、レオパルドに文句を言いに行く。レオパルドはまた盗んで来いと。さて、いつきはボンデージ焼きを焼いて売ってるんだな。反射的に引き受けたのか。悪い格好じゃない。で、おまぬな二人が買いに来た。で、秋葉の事を尋ねられたのだが、知らないと。正体がバレたが間抜けな反応。ふーん、番組内の広告にスポンサーの広告を使うのか。さて、暴れている学生。そこへ生徒会の皆さん達。ついでにほのか。で、秋葉が特区へ。

 いつきのあの赤ボンデージはいいな。あの箱を被った人たちって何かあるのか?さて、秋葉が着いたよ。やっとICPの人だと気付かれた。箱を持ってほのかが涙ぐんでる。あら、獅子堂財閥は学校への支援を削減すると。パーツのありかがその特区ですか。いつきは戦闘服の方がエロいな。さて、箱を持って行こうとするといつきが逮捕した。レオパルドがスーツに介入。いつきのスーツも手錠を介して影響を受けている。それにしてもこのスーツエロいな。で、普通の学内にいつの間にか。二人は着ぐるみを着てみたわけだが。二人で裸で下着でぶらさがった。そこへイモちゃんが二式で助けに来た。被害届けを出してくださいと。

マリア様がみてる
 焦点は瞳子だな。明日は茶話会です。
「未来の妹」
 令と由乃は前日の晩は宅配ピザ食べながらお泊りなのか。それにしてもご立派な邸宅だ。で、茶話会ですな。ご縁のない方々の茶話会。負け組だよなあ。ま、いいんですけど。それにしても拍手にリアリティがないな。効果音みたいだ。由乃は祐巳目当てが多いなとか観察している。さて、山百合会に入りたいという女の子。祐巳が諭している。スール成立は2組。で、一年生が来たんだが、KYですね。で、まあなんというか。お手伝いに来る子はダメだな。それにしても山百合会の子はよく出来た人たちだ。結局、由乃は妹を紹介できないという事で。

 で、剣道の大会。由乃の妹を探すゲームをお姉さま方がしている。由乃はどう言い訳しようかと。さて、令は由乃の応援で勝ったが、リリアンは負けたのね。さて、由乃は逃げようとするのだが。あはは、嘘付いてる。さて、由乃がトイレに逃げようとしたら女の子とぶつかった。瓢箪から駒で、自分の妹だとさ。有馬さん。意外と口裏を合わせるのうまいな。で、この子中等部なんだとさ。で、気付かれていたそうだ。3年になったら由乃に妹がいなければこの子を妹にすると。さて、祐巳は妹作りを真剣に考えるそうだ。

空を見上げる少女の瞳に映る世界
 スズメとカズヤの結婚式。ありかよって感じ。
「立ち向かうこと」
 先生達が発見。おいおい、溺れるぞ。ユメミとイチコが橋についた。ガンバレかよ。そして、ムントの戦い。過去の過ちがムントを追う。償うべき過去と立ち向かうムント様。もう少しで何があるんだろう。ユメミは自分がスズメに支えられていたのだと。ユメミ語る。イチコはまだまともなのかもしれない。ガンバレーとか言いながら。さて、ムント様。スズメが流された。やっぱ、ヨシかよ。皆がガンバレって。何だか意味不明だなあ。残りの一本の柱を守る。さて、局外者が夢を見たことがあるかと。魔導国が落下し始めた。で、向こう岸へ。いや、二人はすがすがしいな。つか、皆向こう岸で待ってやれよ。

 で、怒られてる二人。あの二人は始まった。そして、雲が怪しくなる。落ちてきた。ユメミにしか見えない地面。皆の未来が守れるかなと。皆の未来を守ってくると。いや、誰にでも見えるようになった。スズメはユメミの空だと。イチコは見る事が出来なかったと。そして、見る事ができてうれしいと。イチコはユメミを連れて帰ると。ユメミ語る。さて、ムントの所へ。ムントは溶けかけている。声が俺様に届いたのだ。ユメミにも越えがたい時空の壁。だが、それに抗う。最後までムント様だと。そして、手が触れた。いや、引き離されたのか。で、どうなったのかよく分らない。イチコに抱きかかえられていた。もう、見えなくなったのか。天上では野望は打ち砕かれ、正しい世界が戻る。ムント様も戻った。

 で、めでたしめでたしって訳でもないのね。

鋼殻のレギオス
 書いていた手紙が飛ばされた。運命の出会いらしい。で、いきなり胸を揉んだりとふざける。
 今ひとつニーナ隊長は不機嫌。フェリ先輩もよそよそしい。
「電子精霊ツェルニ」
 さて、生徒会長が天剣の事を知っている。そして、今は持っていない。バイトに来た。そこで何があったかをニーナ隊長に話す。自分は武芸以外で生きていこうと。電子精霊ツェルニが停止した。ツェルニを奪った男達がいる。技を使って周りを消した。いや、転移したみたいだな。

 電子精霊を盗もうとした男がいる。小さい頃にニーナはそれを阻止した事があるんだな。で、取り返したのだが、怒った男に下へ蹴落とされた。だが、その電子精霊の生命と引き換えにニーナは命を取り留めたのか。弱いと守りたいものも守れない。それも強くなりたい理由。さて、入学式の日にあった人たち。フェリ先輩はやっている事がちぐはぐだと。呼び名について先輩が考える。さて、代わりの天剣授受者のこと。女王の身代わりもいるのだな。さて、病室から黒髪の子を連れ出す。何故か英語パート。

まりあほりっく
 まだ、学校へ入ってから3日か。
「悦楽の代償」
 石馬さんがかなこを守りに来ている。鞠也は追い払えと。桐の付き合う宣言はその場を取り繕う発言だったのね。さて、教室まで石馬がボディガードに来ている。やっぱり色んな意味で追い払ったほうがいいみたいだ。

 寮長さんが行ったら出て行ったというか、寮長から許可を取って一緒に部屋に泊まるそうだ。で、石馬さんが飼っていたペットの話をする。桐さんが石馬さんを呼び出した。で、何を吹き込んだんだ?あ、また付き合っているって言う嘘を付いたわけね。まだ海産物攻撃をしかけようとしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »