« 08年12月第3週のアニメ1.0 | Main | 喰霊-零-,「祈焦-いのりのこがれ-」(最終回) »

08年12月第3週のアニメ2.0

ヒャッコ
「第11話」
 犬のしっぽ?担任は何を聞こうとしているんだ?で、隣の先生が至福の表情。その先生が急遽休みになったものだから、教室は騒がしい。自習。担任が次が体育だから着替えて運動でもしてこいという呼びかけに喜んで反応したのは虎子だけ。確かに分る。
「虎口を逃れる」
 結局着替えて体育館に来たのか。であのバカ三人組も体育館に。虎子は何をするのかという事で。しない人も四人。さて、チーム分けは表裏か、グーパーとか。話が脱線しているな。

 結局、パンとごはんチームになったのか。虎子は勝手にチームの色んな人にニックネームをつけるわけだ。ドッジボール。虎子のタマが能乃村さんの顔面にモロ当たった。鼻血出した。次は知恵が顔面セーフで退場。雀のタマが当たって今度は伊井塚さんが顔面セーフ。祈さんは貧血で倒れた。という事で残飯チーム(虎子と大場さんと独楽)と残パンチーム(雀と杏藤さんと潮)のデスマッチになりそうだ。大将戦という事で。雀と担任だとさ。で、戦国に白羽の矢が立ったわけだ。と、思ったら担任が受けるそうだ。狐と鬼百合の関係って微妙。担任ひどい目にあった。

まかでみWAっしょい!
 タナロットだけじゃなくて、妹もファルチェも倒れている。主人公激怒。怒りのパワーで寝た子が起きたらしい。
「なんか可能性の問題なんですけど」
 主人公が通うリアルの学校。リアルの生活は一人暮らしなわけだな。おばさんの家のスキヤキに誘われた。リアルの鈴穂は病弱で外に出られないのか。二重人格はリアルでもあるんだな。で、もうすぐ死ぬそうだ。冥土の土産にエッチしようかと誘う。表も裏もしてほしいのだと。したのだろうか。数日後死んだのか。あ、佐久間先輩とかは生きているのか。教授は主人公が魔法使いじゃなければという世界を作ったわけね。

 で、佐久間先輩が戦ったりする。えらいのか?この人。さて、タナロット達が乗り込んだが、ラプラスの中で魔法量子レベルまで分解されているのね。で、タナロットがそのラプラスの中に入っていったんだが。主人公は子供と会うが、その子は欲望を形にせよと。タナロット誕生。それは彼が選んだから。あ、そうか、別の世界ではその欲望を形にして科学者として主人公が呼び出したのだな。二人が出会うことはそれが必然という事だ。ラプラスから解放されてめでたし、めでたし。

かんなぎとロザリオとバンパイアは録画失敗してしまった。かんなぎは別の局で録画できるけどロザパンは…

|

« 08年12月第3週のアニメ1.0 | Main | 喰霊-零-,「祈焦-いのりのこがれ-」(最終回) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/43530252

Listed below are links to weblogs that reference 08年12月第3週のアニメ2.0:

« 08年12月第3週のアニメ1.0 | Main | 喰霊-零-,「祈焦-いのりのこがれ-」(最終回) »