« 08年6月第5週のアニメ1.0+7月第一週 | Main | 08年7月第3週のアニメ1.0 »

08年7月第2週のアニメ1.0

我が家のお稲荷さま。
 くうが携帯と電話に驚いている。だが、よく買っていないのか。ああ、耳は上じゃなくて下か。
「お稲荷様。電話をかける」
 さて、くうなんですが、薬を調合しているのか?猫の宅配便が来た。くうは事情が飲み込めていない。あ、猫だ。透へのお届け物だそうだ。段ボール箱の中にはぐるぐる巻きの女の子。シロちゃんというのね。呪符でぐるぐる巻きなんだそうです。昇は常識で考える。某宅配便を想像している。さて、お父さんは通販かと思っている。くうは無闇に呪符を解かない方がいいと警告。あ、父がシロと命名したのか。透の横に人間じゃないものがいる。月読というのね。さて、その子は多分シロ、全身に刺青をした少女を見たかと聞いているが、透は知らないと答えたわけだ。さて、コウと昇がクリーニング屋から戻ってくるとダウジングするすごい胸の女性。彼女も昇に全身に刺青をした少女をの事を聞く。こうは家の中に侵入者をあぶりだすためにかんなぎ粉を巻いておいたそうだ。あ、それが昨晩調合していたものか。粉の跡を追っていくとシロちゃんの部屋。いないと思っていたら動いていた。目を覚ました。

 さて、昇とくうでシロと会話を試みるが失敗。で、透が来たら笑ったし、いなくなったら涙ぐむ。で、くうは携帯電話をいじっている。さて、槐がシロを自分のところに送ったのか。透の所に送るように仕向けたのね。へえ、あの正体は白鬼というのか。案外簡単に正体が分った。佐倉さん妄想タイム。佐倉さんは一人になったところで昇へ一緒に帰ろうと。おや、帰りには宮部さんからお誘いだ。少しだけならとか言ってでかけたよ。さて、その宮部さんはあの僧ですか。あ、袋に入れられて連れて行かれた。鬼の一団は当主だと思いこんでいるわけだね。昇は帰らないというメールを寄越した。晩飯はなしだという事になりそうになると父と透が自分が作ると。さて、伝言の拠り代は昇を人質にして、くうに奪ったものを返せと。

 昇が先に帰った(?)ので佐倉さんプリプリ怒ってる。ちょっと可哀想ですね。最後は佐倉さんにしては冷静になったりして。一層可哀想ですね。

スケアクロウマン
「ミスターベスト」
 ED曲は感激的に素敵だ。こういう話も嫌いじゃない。でもキャラデだけみてプチホラーだと思ってた(^^;

セキレイ
「セキレイ」
 思ったより血みどろの出だしだった。
 主人公は二浪目だ。その浪人生の上に巫女姿のお嬢さんが落ちてきた。そして、引っ張られていった。横にそのお姉さんがパンツと何と言うかのカッコウでいる。で、寝巻きを思い切りぬいじゃうし。乳アニメですね。
 さて、彼を引きずっていって河原で倒れた。空腹だったのね。ま、彼女は色々話をしている。で、大家が女を連れ込んでいたらすぐに出て行ってもらうとさ。このお嬢ちゃんは二言目にはお腹減ったか。おや、あの昨日襲った二人組みはファミレスのチラシ配りのバイトをしていたのか。いきなり攻撃。

 主人公は結かばう。逃げたところで彼女は体が熱くなってくると。二人組みに見つかったが、キスをして羽化してしまった。二人組は逃げた。自分達はセキレイだと。さて、テレビから人が話しかけてきた。博士で社長なんだとさ。そして、このゲームへの参加者という事になった。だが、大家に見つかって追い出された。部屋は見つからず、公園で過ごす。それにしても結が何か言っても思うにこの状況ではかなり説得力がないのだが。そして、雲を突き抜けて空へ。主人公は何が起きているのか全く分っていないのだろうなあ。

 巻き込まれキャラなのか…

一騎当千Great Gardians
「兵は国の大事なり」
 呂蒙は意外に照れ屋か。そして、ドジッ子。バイトはすぐ首になるのか。関羽は一方的に玄徳に百合感情を持っているわけね。おまけも二人ついてきた。小龍包を食べに行く事になりました。

 孫策達は中華街でバイトしていて、そこへ関羽達が飯を食いにいくという事になった。でも高校生にしちゃ豪勢だよなあ…。そして、玄徳とのラブラブを邪魔されて関羽激怒。いや、それにしてもモヤばかりだ。孫権登場。いいな。パンツ見せないキャラなのかな?あ、孫策の妹という事か。

ストライク・ウィッチーズ
 おお、ストライクウィッチーズが救援に行くのか。
「私にできること」
 芳佳は戦闘音に怯えている。インカムを渡された。非常時に使えと。さて、実戦だ。救援部隊は20分後到着。心配になって芳佳が出てきた。坂本少佐は部屋に戻れと。坂本少佐の日本刀の一閃。芳佳は救護をしたいと。何かしたいと訴える。包帯を持ってこいと。芳佳のいたところに直撃弾。父の声がしてその力を使えと。目の前には新しい機体ですねえ。

 とにかくストライカーを穿いて飛んだわけだ。初陣です。敵のコアを攻撃する任務が出ました。だが、コアは露出させたが通り過ぎた。でも、態勢を立て直した。随分遠距離狙撃したなあ。イタリア娘が狙撃したのかなあ。フランス娘は坂本少佐にぞっこんなのね。初陣でここまでやれたことに価値があるようだ。そして、父のいた研究所の跡地に連れて来た。そして、墓標の前で泣く。入隊を決意した。坂本少佐は驚いたがとても喜んでいる。それにしてもな笑いだ。



|

« 08年6月第5週のアニメ1.0+7月第一週 | Main | 08年7月第3週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/41880295

Listed below are links to weblogs that reference 08年7月第2週のアニメ1.0:

« 08年6月第5週のアニメ1.0+7月第一週 | Main | 08年7月第3週のアニメ1.0 »