« June 2008 | Main | August 2008 »

08年7月第5週のアニメ1.0

我が家のお稲荷さま。
 透はシロを学校の外へ連れ出したわけだ。シロは透に服を着せてもらった。シロはとてもうれしそうだ。
「お稲荷様。追いかける」
 同級生に会った。透は何をしているのか聞かれている。で、同級生は手伝ってあげようと。さて、鬼集団は囮に引っかかった訳だ。で、くう達はタクシーでバスを追いかける。月読達は保管係なのだそうだ。白鬼は攻撃力は抜群だが、防御力が弱すぎるのか。しかし、白鬼はいないとバランスが崩れるのか。そして、ベキラは人間をやめた医者か。へえ、白鬼は精気を吸うのか。そして、親が必要になり、透を親となったのか。槐は秘密兵器を使うのか。ただ、試さないのだが。いけすかない男は鬼の血が流れているのだな。復権のためか。コウはお米を研ぐ。出来るか。出来るようだ。え?ちゃんとニンジンが切れる。やりすぎましたが。さて、昇のところに学校から電話。

 昇の分る範囲では見つからない。コウも行くと。透は拝さんのところで泊めてもらうつもりだと。捕まった。あ、ムビョウさんが助けた。ムビョウは会うのが初めてじゃないよな。さて、鬼の一人が護符を燃やす。月読も来た。逆さ円を貸して欲しいと。おや、そこへ佐倉さんが来たぞ。くうは月読の事を覚えていない。あ、自分を封印した奴なわけね。でも恨みは持っていないそうだ。さて、くうはシロの事について推測。月読はくうとは絶縁。佐倉さんの心の中の言葉は面白いな。さて、透の前に槐さんと例の秘密兵器。

セキレイ
 ホストの彼のお迎えはリムジン。
「出雲荘奇談」
 そうか、動物園の木はあのホスト君が枯らしたんだっけ。例のくうちゃんが泣き出した。くうはシイと反対の力があるのでまた同じ事をしてしまうと。さて、瀬尾さんが来たんですが、かなりのダメ人間っぽいな。響と光も大家さんには全く頭が上がらない。夜中にくうがトイレに行くと怪しい気配。

 主人公も何か怪しい気配を感じたそうだ。結はメイドの格好でくうは着ぐるみ。あ、松か。さて、美少年が追われている。主人公の妹が救い出したのだが、何か感じたようだ。さて、結がセキレイの戦いのルールについて説明。松は主人公を狙うことに。松が風呂に入ってきた。そして、妹は美少年を連れ込んでしまった。結は思い切り攻撃されておる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年7月第4週のアニメ1.0

我が家のお稲荷さま。
 月が出ている。ムビョウさん(代理)が帰り道。さて、目の前に誰か降りてきた。誰かと尋ねた。あ、シロちゃん(?)だ。また飛んでいった。
「お稲荷様。辛抱する」
 透はシロちゃんの事を考えてぼんやりしている。鬼の連中が透の監視。お、コウの料理がまともになったのか。というか、夢か。侵入者に気付いたが、洗濯物の籠を壊した。くうはまた散歩だそうだ。佐倉さんは昇の眼鏡姿に萌え萌え。当然、妄想付。さて、部活の後で誘うわけなのだが。友人達が透を励ます。何でかは分ってはいないのだが。で、監視の鬼さんはくうに気付いていない。で、問い詰め。おや、宮部先輩が佐倉さんに声をかける。おいおい、佐倉さんに、昇には彼女がいるのかなって聞いてきた。佐倉さんは負けない宣言(自分に)。さて、現れた。月読達も行動開始。

 槐達みなさん、鬼の連中が倒れている。白鬼がいる。へえ槐は黒の下着か。鬼共の精気を吸い取ったのか。頭のために白鬼を捕まえて見せると。さて、昇は夕飯を作るのを手伝って欲しいと。何故かコウは頬を赤らめる。さて、槐が何やら呼び出した。いい品を用意すると。さて、シロが見えた。そして教室に入ってきた。くうは狐の姿なのだが、月読達が組まないかと誘う。そして、名前については思い出して欲しいと。で、透は槐の所から逃げてきたのだと判断。

 銀狐と例の槐の所に来たいけすかない雰囲気の男は、男の方が僕か。

一騎当千Great Gardians
 中等部の頃の呂蒙だ。
「死者は復た生くべからず」
 その中等部の頃の話の続き。何だ、付き合っていたのか。パンツ見せろ。そもそも呂布は記憶喪失か。ま、マジか、孫権が作ったお弁当をカラスが持って行った。

 呂布がカラスと孫策を見て何となく思い出したようだ。結局、呂布と孫策でお弁当を食べたわけだ。孫権達とカラオケに行く事になった。さて、呂蒙が探している時に易者がいる。無視しようとすると歌を歌っていると。すぐに消えた。結果合流。

BLASSREITER
 へえ、OPが代わった。女性ボーカルか。
「神を讃える千年の騎士」
 アマンダ達は結局拘束された。メイフォンがおとなしく着いて来いと。シドーという男が迎えに来た。ツヴェルフのシミュレーション訓練にいきなり投入されたわけだ。この訓練をぶっ続けでやっているのは意地だな。サーシャはどうして自分を自分を拒まなかったのかと。局長こと管区長は単にジョセフを実験材料としてしかみていない。ジョセフへの改造は彼の意志の強固さに揺らぎを持たせて戦闘能力を強くするという事か。アマンダと局長が話をする。政府よりツヴェルフに融合体掃討の正式要請だそうだ。管区長とアマンダは3機で出撃した機体の戦闘振りを見る。簡単に言えば完全殲滅か。管区長は大雑把に過去の事を話す。アマンダは怒りの感情をむき出しにする。そりゃそうだ。いや、こういう事を知ると融合体がんばれって思ってしまうな。

 一方のザーギンサイドもそれはそれで狂信者。狂信者vs腹黒。ジョセフにサーシャは尻尾を振れと。首輪をつければ能力を高められると。結局、つけたのか。そして、管区長はアマンダへ戦闘に参加して欲しいと。そして、マレクを取引材料としてもちかける。ただ、条件は仲間にはならずXATの制服とエンブレムをつけて戦うと。だが、ジョセフは止めた方がいいと。そのジョセフも違う意味で参加しているわけなのだが。アマンダはエンブレムと仲間の名を書く。それを見ていたシドーはきつい事を言う。姉ってものは同じ事を考えるもんだとか。命を粗末にするなと。シドーは彼女の機体に絆という字を書き、その意味を教える。ウォルフ隊長はまだ生きていたのか。隊長は隊員達の蘇生をさせようとしている。

ストライク・ウィッチーズ
バルクホルン大尉でいいわけですね。夢ですか。裸で寝てるのね。
「ありがとう」
 ビショップと芳佳が仲良くいい感じのときに違う事を。バルクホルンは食事もほとんど手をつけない。クロステマン中尉は納豆や味噌汁はダメみたい。バルクホルンは何をいらついているのだか。バルクホルンは宮藤が来てからダメみたい。坂本少佐は組ませてみるかってさ。いやあ、クロステマンと宮藤は相性が悪いね。バルクホルンの妹を救えなかったことと宮藤がつながるわけだ。それにしてもビショップ軍曹は和むなあ~。クロステマン中尉もいいなあ。バルクホルンは宮藤を妹みたいに思っているのかな。そして宮藤とビショップがお風呂。湯気多すぎだよ~。本当に湯気多すぎだ。ビショップは俸給で仕送りだ。宮藤さんもそう考えた。なるほど、ヴィルケ中佐の中の人は田中理恵か。バルクホルン悩む。休みを取ればといわれているが。

 さて、ビショップとリーネ、宮藤とバルクホルンで戦闘。いきなり敵襲。宮藤は坂本少佐とですね。バルクホルンはちょっとおかしいと。クロステマンともうまくいっていない。バルクホルンがやられた。クロステマンと宮藤が助けたが。宮藤の治癒能力で助けようとする。クロステマンは捨て駒でいいというが、宮藤は必ず助けるつもりだ。クロステマンの防御が破られた。さて、バルクホルンが立ち上がる。無論、パンツみたいなものもきっちり見える。バルクホルンはヴィルケ中佐に平手打ちをくらった。死に急ぐなと。愛だねえ~。休みを取ると。クロステマンはツンだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年7月第3週のアニメ1.0

我が家のお稲荷さま。
 昇の夢。透は弟想いだなあ。監禁された部屋で起きた。
「お稲荷様。教会へ行く」
 朝ごはん、くうは外へ出かける。コウには散歩に行くと。エビスは神無月という事でいない。狛犬達に透を見守るようにと。教会ではバザーをやっている。クッキーにひかれた。さて、怪しい僧形の者が現れた。探しに来たんだな。白鬼が先だと。何を隠したんだ?で、この僧は鬼。さて、昇がいないが、脱出のために隠れていた。出た廊下は護符だらけ。槐もくうが男に化けているとは思っていなかったのか。

 透はシロとコミュニケーション。不思議だが、透と話すとニコニコしている。おや、月読達は先に白鬼の居場所をつかんだか。狛犬の監視ね。さて、くうは部屋に閉じ込められた。おいおい、槐は人間ホイホイや鏡返しをインターネット通販で買ったのかよ。へえ、この呪文で昇は外へ出られないのか。くうは電話をかけてみる。ムビョウに電話。言霊という事で鍵を開けて欲しいと。あ、そうか、人形だから術士の声を真似られるのか。昇の前には槐さんがいるのだが、そこへくう。槐は何やらくうの前において昇を連れて逃げていった。さて、車が急停車したと思ったらくうがいる。へえ、車に術をかけて同じ場所をぐるぐる回っていたと。白鬼は目覚めないと何も起こさない。白鬼が鬼の王になるのか。流れ者には王が必要だと。そして、くうは返してやろうと。さて、槐さんを連れて家にやってきた。槐はシロの前に跪く。滅び行くもののあがきか。滅んでも残るものがあるのだろうと。透はシロがいなくなる事を無理やり納得しようとしている。コウが追おうとするが、止めた。さて、あの月読達からシロを盗んだわけだし、鬼には本当に白鬼を覚醒させられないのか。つまり、もう一勢力いるという事ね。案外、展開速いな。

 透の夢にシロが現れた。いや、本当に現れたのかもしれないな。

 えー!とんでもない次回予告だったなあ。



セキレイ

「新屋ノ扉」
 それにしても巨乳というかロケット乳ばかりだな。結は降り方を考えていなかったみたいだ。そして、誰かの家へ落ちていった。さて、その家で怪我の手当てもしてもらったし、次は夕食。ロケット乳の下着姿のお嬢さん。ここは下宿屋さんだそうです。そして、出雲荘へ住むことに。拒まないそうだ。この二人の正体を知っているようだな。さて、荷物をとりに着たけど、シャワーを浴びていたらシャンプーが切れたそうで全裸。妹がやってきた。そして、持ってきた服に着替えさせたわけだが、ブレザーの巨乳女子高生になった。

 そして出雲荘へ。なかなかいいセリフが色々出てきますね。うらやましいな。さて、主人公が木に触れたら冒頭の女の子が助けてと出てきた。さて、203号室の鈿女さんもセキレイか。いきなりセキレイバトルとか言って戦闘始めたよ。鈿女はやってられないと。そして、主人公の夢にまた例の女の子。木から下りてきなと。で、受け止めてあげた。やっぱり外へは出られない。でも、例のホストの彼はその動きに気付いているようだな。それはそれで封印される理由があるようだな。

一騎当千Great Gardians
 孫権も意外に胸がある。
「兵とは詭道なり」
 という事で妹が出来た。で、妹の入浴も見てしまうわけだ。まだ、妹と兄は顔が赤くなっている。そして登校。皆さん興味しんしん。それにしてもバカ当主と言われているなあ。資格なしだってさ。お、これも仕掛けなのか。関羽の眼鏡姿のアイキャッチいいね。

 さて、孫策が行方不明になって、バイトに呂蒙に代わりに言って欲しいと。でも断られた。孫策と呂蒙の河原のシーンのパンチラもなんか隠しているよ。そして、ひっかかって孫権捕まった。貞操の危機に姉登場。さて、伏兵も倒された。

BLASSREITER
 このボランティアの医者はザーギンだったんだろうか。その教会へ火炎瓶が投げられる。やはりそうだったか。
「聖者の選択」
 さて、病室へ入ってきた女性がジョセフのロザリオを見て、ジョセフという名を知っている。誰なんだ。え?姉?サーシャ?へえ、大学の研究員か。ザーギンはとてもポジティブに彼女の研究について話す。老婆は裁きの時が来ると。アニカはしょう紅熱。子供の伝染病か。しょう紅熱は一人だけじゃない。へえ、薬剤室から盗もうとした所に兵隊。そして、所長というのはあの司令官じゃないか。うーむ。こりゃザーギンはただの狂人じゃないってことか。

 サーシャが若い連中に襲われる。そして血まみれに。ジョセフはその理由に移民だからだと。移民たちのエリアで皆が高熱を出して倒れだしたそうだ。サーシャは行って欲しいと。そして、事切れた。薬がないと。その理由は薬を売ってパンに換えたのか。所長はザーギンに世界は代わらなければならないと。そしてジョセフへの言伝。そして、ザーギンは所長の元を離れる。世界を支配するためではないかと。そしてザーギンはこの力をこの世界を終わらせるために使うと。ジョセフはザーギンによって傷つけられた。ザーギンをそれでも止めようとする。ならば生きて苦しめと。所長はこのバイクを使ってザーギンを追えと。所長がこの融合体事件の黒幕だな。それにしてもザーギンは自分の身を使って黙示録を起こすしかないと考えたわけだったのか。
 アマンダと一緒に墓標の前にいる。メイ・フォンが違う制服で現れる。そしてマレクかと思ったら金の髪が銀になったサーシャが。

 先週見られなかったけどED曲いいな。そしてあの最後のXATの戦闘シーンか。

ストライク・ウィッチーズ
 また、パンツだ。すごいな。ヴィルケ中佐は紫パンツ?
「一人じゃないから」
 坂本少佐のスク水剣道。いかがなものか。いや、それでいい。それを見ているクロステルマン中尉。結構、こういうキャラ好き。ってみゆきちじゃん。リネットが面倒見役。確かにリーネは意外にでかい。イェーガーもおおらかな性格だ。リネットが基地の中を案内。二人で訓練。で、縞パンルッキーニはお気楽だ。さて、訓練にクロステルマン中尉も参加。で、へばった二人を置いてクロステルマン中尉と坂本少佐は飛んでいった。

 二人のダメダメ訓練。バルクホルン大尉が死にたくなければ帰れと。さて、陽動作戦らしい。で、芳佳はリネットに話しかけている。そして、芳佳と一緒にリネットも出ると。さて、ヴィルケ中佐とユーティライネン少尉が攻撃。バックアップが、芳佳とリネット。リネットは飛んでると射撃に集中できない。おいおい、下からのあれはなしか。肩車。これが黒塗りか。当たった。そして、白塗り。おっぱいでかい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08年7月第2週のアニメ1.0

我が家のお稲荷さま。
 くうが携帯と電話に驚いている。だが、よく買っていないのか。ああ、耳は上じゃなくて下か。
「お稲荷様。電話をかける」
 さて、くうなんですが、薬を調合しているのか?猫の宅配便が来た。くうは事情が飲み込めていない。あ、猫だ。透へのお届け物だそうだ。段ボール箱の中にはぐるぐる巻きの女の子。シロちゃんというのね。呪符でぐるぐる巻きなんだそうです。昇は常識で考える。某宅配便を想像している。さて、お父さんは通販かと思っている。くうは無闇に呪符を解かない方がいいと警告。あ、父がシロと命名したのか。透の横に人間じゃないものがいる。月読というのね。さて、その子は多分シロ、全身に刺青をした少女を見たかと聞いているが、透は知らないと答えたわけだ。さて、コウと昇がクリーニング屋から戻ってくるとダウジングするすごい胸の女性。彼女も昇に全身に刺青をした少女をの事を聞く。こうは家の中に侵入者をあぶりだすためにかんなぎ粉を巻いておいたそうだ。あ、それが昨晩調合していたものか。粉の跡を追っていくとシロちゃんの部屋。いないと思っていたら動いていた。目を覚ました。

 さて、昇とくうでシロと会話を試みるが失敗。で、透が来たら笑ったし、いなくなったら涙ぐむ。で、くうは携帯電話をいじっている。さて、槐がシロを自分のところに送ったのか。透の所に送るように仕向けたのね。へえ、あの正体は白鬼というのか。案外簡単に正体が分った。佐倉さん妄想タイム。佐倉さんは一人になったところで昇へ一緒に帰ろうと。おや、帰りには宮部さんからお誘いだ。少しだけならとか言ってでかけたよ。さて、その宮部さんはあの僧ですか。あ、袋に入れられて連れて行かれた。鬼の一団は当主だと思いこんでいるわけだね。昇は帰らないというメールを寄越した。晩飯はなしだという事になりそうになると父と透が自分が作ると。さて、伝言の拠り代は昇を人質にして、くうに奪ったものを返せと。

 昇が先に帰った(?)ので佐倉さんプリプリ怒ってる。ちょっと可哀想ですね。最後は佐倉さんにしては冷静になったりして。一層可哀想ですね。

スケアクロウマン
「ミスターベスト」
 ED曲は感激的に素敵だ。こういう話も嫌いじゃない。でもキャラデだけみてプチホラーだと思ってた(^^;

セキレイ
「セキレイ」
 思ったより血みどろの出だしだった。
 主人公は二浪目だ。その浪人生の上に巫女姿のお嬢さんが落ちてきた。そして、引っ張られていった。横にそのお姉さんがパンツと何と言うかのカッコウでいる。で、寝巻きを思い切りぬいじゃうし。乳アニメですね。
 さて、彼を引きずっていって河原で倒れた。空腹だったのね。ま、彼女は色々話をしている。で、大家が女を連れ込んでいたらすぐに出て行ってもらうとさ。このお嬢ちゃんは二言目にはお腹減ったか。おや、あの昨日襲った二人組みはファミレスのチラシ配りのバイトをしていたのか。いきなり攻撃。

 主人公は結かばう。逃げたところで彼女は体が熱くなってくると。二人組みに見つかったが、キスをして羽化してしまった。二人組は逃げた。自分達はセキレイだと。さて、テレビから人が話しかけてきた。博士で社長なんだとさ。そして、このゲームへの参加者という事になった。だが、大家に見つかって追い出された。部屋は見つからず、公園で過ごす。それにしても結が何か言っても思うにこの状況ではかなり説得力がないのだが。そして、雲を突き抜けて空へ。主人公は何が起きているのか全く分っていないのだろうなあ。

 巻き込まれキャラなのか…

一騎当千Great Gardians
「兵は国の大事なり」
 呂蒙は意外に照れ屋か。そして、ドジッ子。バイトはすぐ首になるのか。関羽は一方的に玄徳に百合感情を持っているわけね。おまけも二人ついてきた。小龍包を食べに行く事になりました。

 孫策達は中華街でバイトしていて、そこへ関羽達が飯を食いにいくという事になった。でも高校生にしちゃ豪勢だよなあ…。そして、玄徳とのラブラブを邪魔されて関羽激怒。いや、それにしてもモヤばかりだ。孫権登場。いいな。パンツ見せないキャラなのかな?あ、孫策の妹という事か。

ストライク・ウィッチーズ
 おお、ストライクウィッチーズが救援に行くのか。
「私にできること」
 芳佳は戦闘音に怯えている。インカムを渡された。非常時に使えと。さて、実戦だ。救援部隊は20分後到着。心配になって芳佳が出てきた。坂本少佐は部屋に戻れと。坂本少佐の日本刀の一閃。芳佳は救護をしたいと。何かしたいと訴える。包帯を持ってこいと。芳佳のいたところに直撃弾。父の声がしてその力を使えと。目の前には新しい機体ですねえ。

 とにかくストライカーを穿いて飛んだわけだ。初陣です。敵のコアを攻撃する任務が出ました。だが、コアは露出させたが通り過ぎた。でも、態勢を立て直した。随分遠距離狙撃したなあ。イタリア娘が狙撃したのかなあ。フランス娘は坂本少佐にぞっこんなのね。初陣でここまでやれたことに価値があるようだ。そして、父のいた研究所の跡地に連れて来た。そして、墓標の前で泣く。入隊を決意した。坂本少佐は驚いたがとても喜んでいる。それにしてもな笑いだ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第5週のアニメ1.0+7月第一週

我が家のお稲荷さま。
 くうがセーラー服を着ておる。
「お稲荷さま。女子高生になる」
 へえ、昇のお父さんはバスの運転手か。コウはバスの運転手がいえないのか。「バシュノウンテンスさん」。チケットは透にあげるわけだ。で、くうが昇に着いて来た。お祭り名が楽しまなければと。バルーンアートを見たいそうだ。さて、くうが肩車をせがんでいるぞ。結局することに。意外に軽いのだな。昇は周囲からうらやましがられているが。さて、佐倉さんに見つかったぞ。佐倉さん曰くはバカップルだと。見せ付けているとしか思えていない。で、お化け屋敷なんだけど。コウが余計な事をしませんように。でもやっぱりした。さて、透達は休めるところという事を探したんだけど、コウとはぐれる。シスターさんと遭遇。シスター槐さんというそうだ。

 クラスはメイド喫茶ですね。くうはどっかいっちゃった。また佐倉さん妄想。仕事が終わったんで横に座ったぞ。さて、昇が佐倉さんに友人のバンドのライブを見に行こうと誘う。へえ。ちょっと意外な展開。くうは透のところへ、色々もらったのね。色目を使って。ん?やっぱりくは佐倉とくっつけた?あ、銀髪の男。透も気付いた。くうも反応。久しぶりだと。玉耀というのか。銀ぎつね。くうと銀ぎつねは友達ではないそうだ。あだ名はタマちゃんになるそうだ。くうはめちゃめちゃ受けている。タマちゃんに言わせると、どうも色々鬼の一団が動き回っているそうだ。この近くにいるそうだ。で、タマちゃんはその件を探ろうと誘うが、くうは透を守ることが仕事だと。タマちゃんは透を見てそのまま去る。しょうもないバンドのライブが終わった後に宮部さんのステージ。へえ。何か昇を見ているようなんですが。佐倉さんはその視線に気付いたみたいですね。佐倉さんへの挑戦状ですか。ま、結果としてそうなるわな。

 シスターは鬼か。

BLASSREITER
 水を飲んでる奴はいるかとか。皆体調が悪いらしい自分達が融合体になるという事を自覚。ブラッドやアルはアマンダ達を守ることがミッションだと。
「審判の日」
 三班が本部に戻ってきた。そして、脱出へ。アルは被弾。三班には隊長から自分以外は全て撃滅せよと。一人融合体へ。彼は銃を口にくわえて自殺。ジョセフとベアトリス。ベアトリスも融合体モードへ。そしてアルはもうここまでだと。アルはもう意識が保てないからここに残って来る奴を撃つと。ブラッドとの最後の会話いいな。アルはここからは無礼講でいくと。さて、ザーギン様がベアトリスのところへ登場。ジョセフに話しかける。ブラッド達もミッション完了。三班のレーネに事実を伝える。さて、隊長とブラッドの話のどちらを信じるか。隊長登場。感染者は排除される運命だと。ネーネは隊長を引き受けると。隊長vsブラッド達。

 アマンダはヘリに乗り込んでも地上の支援に。レーネのマシンがエラーになった。レーネは脱出も出来ない。アマンダはパラディンで出ると。ブラッドは俺たちに構うなと。ヘルマンはヘリを展開させる。ヘルマンは戻りたいというアマンダを諭す。さて、隊長はネーネに高熱を与える。ブラッドは記憶を甦らせる。その弾を返してくれるかと。レーネにさよならと。撃った。アルもやってきた。二人して隊長を撃つ。だが、ブラッドもアルも負けたとしても最後までXATとして戦い、胸を張って死んでいくと。隊長には二人の気持ちが分らない。一方で隊長としても彼らの事を考えての事だったと。メイフォンは本部を高性能爆弾で殲滅。ザーギンにはジョセフに彼の罪だと。
 ヘルマンはアマンダにパラディンで脱出しろと。ヘルマンの操縦しているヘリは不時着なんて出来ない状態。墜落。ブルーが見える。彼を逃がさないと。

 面白かったけど、かなり重かった。

ストライク・ウィッチーズ
 アニメスピリッツ枠だった~。ものすごく期待できる(違う意味で)。ネウロイというものがやってきたのか。世界中の魔法使いが集められたんですね。
 すまん、OPを見て笑ってしまった。装着すると猫耳と尻尾がつくのかよ。こりゃ期待できるわ(違う意味で)。
 なんちゅうかすごいね。これはパンツではないんだそうですな。だから恥ずかしくないそうです。
「魔法少女」
 いや、この時代の制服すごいね。スク水セーラー服ですか?さて、主人公の子は戦争は好きじゃないみたいだ。お父さんは徴兵されたんだな。さて、なんかスカイガールズを髣髴とさせられるんだが、というか同じか。芳佳は魔法を使うんだが、そこへ少佐登場。へえ、おばあちゃんもお母さんも魔法使いなのか。魔法を使うとネコミミと尻尾が出るんですね。で、坂本少佐登場。それにしてもすごい制服だよなあ。坂本少佐は芳佳をスカウト。でも芳佳はとりあえず拒否。郵便が届いた。お父さんから手紙。ブリタニアからだ。坂本少佐と一緒に映った写真も同封されております。

 さて、海軍基地へやってきましたよ。坂本少佐は任せておけと。なんか剛毅だ(笑)。坂本少佐は博士の話についてはよく分っていない。とにかくイギリスへ行く事になった。入隊はとりあえずしなくていいらしい。そしてブリタニアへ。やはりこれは赤城か。で、坂本少佐は再度入隊を誘う。で、とりあえず艦内では下働き。甲板掃除をしている時に坂本少佐が見せたいものがあると。飛行訓練だそうだ。さて、空を飛ぶ事を見せたぞ。そして、芳佳に父の偉業だと。でも、まだ拒否。ブリタニアの水着のお嬢さんたち。そこへサイレン。一方の赤城艦上で坂本少佐は敵発見。

フタコイ オルタナティブ
 終わった。わだつみ機関終了。というわけじゃなかったのね。
「三人でいたい」
 巨大イカだったっけ。忘れてた。でも恋太郎って好きになれないんだよなあ。
 そして、日常が戻る。キャッチボールを誘うシーンはいいな。愛之助の目が一瞬見えるんだよなあ。優しい目をしている。コロッケ屋の若後家さんと玄さんの結婚式か。後半になってノリについていけなくなったのは前と同じだ。

 最終回のED歌詞ってシングルの二番とも微妙に違っているような気がする。気のせいか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第4週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 三人で帰る。ビーフシチューを作ろうとして肉じゃがが発明されたって本当か?
「外伝 報恩 オカエシ」
 おでんの匂いだ。狐のおでん屋さんですね。あ、子狐が包みを持ってきた。あ、体ごとこっちへはこれないからおでんを持ってきたんだな。渡して帰っていった。で、マルとモロが大はしゃぎ。四月一日がお願いがあると。で、対価は買い物に付き合わせる事。冷蔵庫を持っていくという事ですか。へえ、四月一日が指差した冷蔵庫は侑子さん曰く、はずれだと。何か出てきたよ。さて、何かいますね。おい、しゃべったよ。怒ると雷撃。雷獣なんだそうです。素手でつかんじゃだめだそうです。そりゃそうだ。で、故障がちの冷蔵庫は直してしまったわけだ。マルとモロが他にも色々持ってきた。さて、月周りがいいから出かけようとして出てきたそうだ。侑子もお付き合い。そして、で、ひまわりも呼んだらと。四月一日の願いを叶えるそうだ。

 百目鬼もいる。百目鬼がいた方が現れやすいそうだ。ほお、狐のおでん屋が開いている。で、褒めたらとても照れている。で、ほお、小狐に手袋を贈ったのか。本当に喜んでる。狐の手袋か。あ、猫娘もいる。獏さんもいる。四月一日は作るほうの手伝いをしようと。おお、雨童女登場。そして、座敷童子をつれてきた。人が多いから雨童女が帰ろうとしたら座敷童子がいたいとさ。当然鴉天狗達も登場。あら、雨が降ってきた。雨童女にちょっと来いと。そうしたら雷獣がそろそろ帰ると。で、雷獣がいいものを見せてやると言って派手な花火のような雷を見せて帰っていた。雨童女へのお願いは雨を止ませる事か。さて、雨童女が座敷童子を四月一日のところへつれてきた。さて、それぞれ楽しくやっているようだね。


フタコイ オルタナティブ
「光ある場所へ」
 公彦って案外いい人なんだよね。沙羅はここまで来ても躊躇。だよな。あ、誓った。そうだったんだ。で、立ち退きのブルドーザーって変形したんだね。さて、乗り込んだ。

 なんか恋太郎よりも公彦の方に同情してしまうんだよなあ。ゴスロリ仮面と野球のおじさんも出てくるんだな。忘れてた。やっぱり公彦ははかなくて無惨だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第4週のアニメ1.5

仮面のメイドガイ
 侘び介だ。仕えるのは奥州メイド忍者ですか。
「ご奉仕十二 さらば愛しきメイドガイ」
 チャイナ服のお届け物だ。というか服。おじいさんからだ。へえ、お誕生日会には世界のVIPがいらっしゃるのか。なえかはパスしたいらしい。さて、仮面舞踏会だそうだ。侘び介もやってきた。小物ながら並々ならぬ野心を感じるそうだ。さて、怪しいメイド達。中央警備本部に呼ばれたそうだ。警備にご協力をと言われたのでフブキが指示。当然ですね。そういえばリズも関係者か。なえかが身代わりがいたらと思うのだが、かなり過酷なスケジュールらしいよ。そして、コガラシが身柄を拘束してちゃんとやらせるらしい。突然の停電。シズクがやってきて、なえか達を誘拐。珍しくシズクにしてはうまくいったようだ。皆眠らされている。

 だまっていれば命は助けると。幸助は何が起きた?で、シズクは体がとか言っているのだが。おいおい、幸助かと思ったらコガラシか。仕掛けたな。シズクもパンツが見えている。さて、奥州メイド忍者軍団登場。でもコガラシの敵ではない。人形か。あ、あの笛を持ってやがる。やるなあ。コガラシが落下。で、なえかは下着姿かよ。ほお、あの笛は模造品か。あまりに賢い考えのなえかをシズクとツララが疑った。当然、なえかの身代わりがフブキ。コガラシ倒れている。フブキも本気を出すと強いな。さて、コガラシが発見された。あ、死んでる。でもコガラシ復活。大復活だ。怒りに身を任せたおかげで、狙いは何だか知らないが、フブキも巻き添え。なえかは下着だし、皆飛ばされた。敵の頭は氷中花ですか。そして、フブキもなえかも下着姿。で、日常へ。乳部の皆さんもいらっしゃる。おじいさまは珍しくシリアスな顔で孫達を守ってくれと。

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
  おお、回想シーンからか。そして、シュウは自分ごと撃てと。サラはガラス化したが…とりあえず銃声
「EPISODE 12」
 サラに思い切り銃弾を当ててるよ。でも、そんな簡単にはやられないが、修復は止まったか。で、モニカに狙撃指示。アルファが消えた。サラの手当てという事で。キトー脱出。ヘリでだ。当然ポリリンが控えている。が、それでいいのか?行っちゃったぞ。で、来るまで追いかけるんだが。おいおい、あと3分で核処理施設が爆発するらしい。いや、いい感じだね。キトーって実験君と呼ばれているよ。お、クライマックスは車で船まで飛ぶんだそうだ。そして、車から飛び降りて銃を撃つ。ヘリを撃墜。さすがシュウさん、やる時はやるね。お、JJは生きていた。ソフィアの話をする。かわいそうな新聞記者のお姉さん。そして、シュウが戻ってきた。サラは体は治らなくても、生きているという事でこれでいいと。下を調べるために警官隊が来た。お、最後ポリリンが正体を現したわけだ。晴れ晴れした顔をしているそうだ。シュウもこの街を出る。ポリリンはマナミ達に夏休みはもう終わりだと。へー。でも、ちいボスには戻れと。そして、サラはうれし泣きだ。

 さて、エンディング。マナミが本当に学校に戻ってるよ。いや、夏休み本当に夏休み明けなのね。サラはポリリンの店で働いているのか。いや、ポリリンのパンツ見るとは思わなかった。キトーとあの女…のドクターのコスプレか。さて、シュウ達は仕事か。

BLASSREITER
 ジョイまっくすって代表取締役なのかよ…
「ブラナビ(前半総集編と宣伝)」
 ゲルトは色んな意味でいいキャラだよな。重いよなあ…。へえ…あれはナノマシンか。見なかった回でそんな話があったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »