« 08年6月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年6月第4週のアニメ1.5 »

08年6月第4週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 この世界の記憶から消えていく義之君。
「記憶の淵」
 音姫は書棚の整理。由夢が義之の部屋へ。明日の放課後デートしようと。音姫は必死。彼女なりに後悔をしたくないんだな。さて、放課後にはデート日和になるそうだ。え?クラスの皆にも一人とか言われた。記憶にないだけじゃなくて見えなくなっているのか。とにかく由夢は義之の腕にしがみついてデートだ。で、公園でチョコバナナを食べる。さて、桜パークへ行こうと誘ってみるが、由夢は一緒にいることに価値があると。ほお、本当にデート日和の晴れになった。

 もう一箇所付き合って欲しい場所があると言われて、学校の屋上に。由夢は短い時間だけど楽しかったと。由夢は義之が消える夢を見たと。そして、告白。好きだといくら言っても言い足りないか。そして、記憶の中にある間に音姫の所へ行って欲しいと。本当は最後まで一緒にいたかったんだろうけど。桜の木へ。音姫は桜は枯れてしまったと。話に付き合ってくれないかと。ある大切な人を助けるためにずっと調べたり考えたりしたのだが、その方法は見つからないと。そして、弟君がいないと生きていけないと。あ、義之の体が足から消えていく。行かないでと。魔法の力って何なのと、肝心なところで何もできなかったと。号泣。

 これで来週あるんだろうか?確かに精霊会議ね…。

我が家のお稲荷さま。
 抽選。くうに引いてみてくれと。当たったのは秋の味覚セットではなく1等の温泉旅行だそうだ。
「お稲荷さま。旅行する」
 という事で皆で旅行。そうか、昇はごはん作らなくても済むと。宿へ着いた。お連れ様は先に着いていると。さて、おじさんとおばあちゃんが先にいる。クーは男形態で風呂へ。で、コウはおばあちゃんに状況報告。で、コウがお背中を流すと。で、他のお客さんがびっくり。あ、透が例の髪飾りを落とした。さて、女の子が透に遊んでとせがむ。桔梗の間で待っていると。で、昇が温泉街へ行くと行った瞬間にくうが女の子になった。おばあちゃん達も温泉街にいる。さて、透は桔梗の間へ。引きずり込まれた。

 透はピンチ。こいつはどんな妖怪だ?温泉街の射的、クーじゃなくてばあちゃんが一発で仕留めた。さて、コウが透一人だという事に気付いた。宿に戻るとその正体はアヤカシか。でかい機械仕掛けの人形のようなものとか、でかいぬいぐるみとか。まんじゅうとか。昇の前に立派なコウの乳とか。で、ずけずけと男湯に女形態のまま入っていくとか。で、例の髪飾り。板前さんが魚の化け物にびっくり。さて、その女の子が調理場にいた。クーがいたずらをしたらおしおきだと。桔梗の間で透が倒れている。この子が気を吸い取ったらしいから元に戻せと。コウが大おばあちゃんに叱責されるが、透が自分がコウにお兄ちゃん達と行ってと擁護。あ、この子の正体は座敷童子ですね。透の力があればおもちゃたちが遊んでくれるんじゃないかと。なら皆で遊ぼうと。おじさんとお父さんは何か安心。おばあちゃんの反応は、ま、厳しいというかそれはそれでいいという事か。そして、どういう訳か皆で羽根つき。座敷童子が好きだからという事だそうだ。

 また散在だそうだ。で、コウがジャグジーにしたそうだ。そして大水が。力の制御失敗じゃなくて、よく分ってないんだな。打たせ湯じゃないだろう。そりゃ。

|

« 08年6月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年6月第4週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/41639356

Listed below are links to weblogs that reference 08年6月第4週のアニメ1.0:

« 08年6月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年6月第4週のアニメ1.5 »