« May 2008 | Main | July 2008 »

08年6月第4週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 この世界の記憶から消えていく義之君。
「記憶の淵」
 音姫は書棚の整理。由夢が義之の部屋へ。明日の放課後デートしようと。音姫は必死。彼女なりに後悔をしたくないんだな。さて、放課後にはデート日和になるそうだ。え?クラスの皆にも一人とか言われた。記憶にないだけじゃなくて見えなくなっているのか。とにかく由夢は義之の腕にしがみついてデートだ。で、公園でチョコバナナを食べる。さて、桜パークへ行こうと誘ってみるが、由夢は一緒にいることに価値があると。ほお、本当にデート日和の晴れになった。

 もう一箇所付き合って欲しい場所があると言われて、学校の屋上に。由夢は短い時間だけど楽しかったと。由夢は義之が消える夢を見たと。そして、告白。好きだといくら言っても言い足りないか。そして、記憶の中にある間に音姫の所へ行って欲しいと。本当は最後まで一緒にいたかったんだろうけど。桜の木へ。音姫は桜は枯れてしまったと。話に付き合ってくれないかと。ある大切な人を助けるためにずっと調べたり考えたりしたのだが、その方法は見つからないと。そして、弟君がいないと生きていけないと。あ、義之の体が足から消えていく。行かないでと。魔法の力って何なのと、肝心なところで何もできなかったと。号泣。

 これで来週あるんだろうか?確かに精霊会議ね…。

我が家のお稲荷さま。
 抽選。くうに引いてみてくれと。当たったのは秋の味覚セットではなく1等の温泉旅行だそうだ。
「お稲荷さま。旅行する」
 という事で皆で旅行。そうか、昇はごはん作らなくても済むと。宿へ着いた。お連れ様は先に着いていると。さて、おじさんとおばあちゃんが先にいる。クーは男形態で風呂へ。で、コウはおばあちゃんに状況報告。で、コウがお背中を流すと。で、他のお客さんがびっくり。あ、透が例の髪飾りを落とした。さて、女の子が透に遊んでとせがむ。桔梗の間で待っていると。で、昇が温泉街へ行くと行った瞬間にくうが女の子になった。おばあちゃん達も温泉街にいる。さて、透は桔梗の間へ。引きずり込まれた。

 透はピンチ。こいつはどんな妖怪だ?温泉街の射的、クーじゃなくてばあちゃんが一発で仕留めた。さて、コウが透一人だという事に気付いた。宿に戻るとその正体はアヤカシか。でかい機械仕掛けの人形のようなものとか、でかいぬいぐるみとか。まんじゅうとか。昇の前に立派なコウの乳とか。で、ずけずけと男湯に女形態のまま入っていくとか。で、例の髪飾り。板前さんが魚の化け物にびっくり。さて、その女の子が調理場にいた。クーがいたずらをしたらおしおきだと。桔梗の間で透が倒れている。この子が気を吸い取ったらしいから元に戻せと。コウが大おばあちゃんに叱責されるが、透が自分がコウにお兄ちゃん達と行ってと擁護。あ、この子の正体は座敷童子ですね。透の力があればおもちゃたちが遊んでくれるんじゃないかと。なら皆で遊ぼうと。おじさんとお父さんは何か安心。おばあちゃんの反応は、ま、厳しいというかそれはそれでいいという事か。そして、どういう訳か皆で羽根つき。座敷童子が好きだからという事だそうだ。

 また散在だそうだ。で、コウがジャグジーにしたそうだ。そして大水が。力の制御失敗じゃなくて、よく分ってないんだな。打たせ湯じゃないだろう。そりゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第3週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 例のひまわりの笑顔から。
「真実 ホントウ」
 いつ言ってくるかと思っていたそうだ。ひまわりは自分があやかしじゃないよと。不幸を呼ぶ人間なのね。仲良くなった子が事故にあったり、不幸を呼ぶそうだ。昔神主さんに周囲の人に何か憑いているわけでもなく、ただ、不幸を招くと言われたそうだ。ひまわりは自覚していたんだな。で、お大事に、さよならと。百目鬼が三人の関係の中和剤みたいなものだったのか。四月一日は治ったら何か作ると。四月一日はそれでもひまわりの事が好きなのだな。会えて幸せだと。ひまわりは次は死ぬよと。でも、四月一日は死なないと。なんと言うか不思議な表情だ。シフォンケーキがいいそうだ。でも、ひまわりもうれしそうだ。外には百目鬼がいたのか。侑子さんはひまわりの不幸を呼ぶ性質を直すには代価が大きすぎるそうだ。右の小指は完全には治らないと。代価を払ったのは一人はひまわり。そして、もう一人は百目鬼。で、二人の代価が何だったかについては四月一日には秘密だと。へえ、百目鬼の代価は四月一日が流した分だけの血の提供か。ひまわりの代価は何だろう。ひまわりが泣いている。死なないで良かったと。ひまわりは四月一日の傷を引き取ったのか。そりゃ四月一日には言えないよな。ひまわりは四月一日に会えて幸せだと。あの四月一日に向けた冷たいバカにする態度は精一杯の演技だったんだろうな。

 四月一日の目が覚めた。侑子さんは自分が代価を払ってどうにかすると言わないのだねと。誘い水を向けたようだけど四月一日も自分が払う代価についての意味が分っているようだ。侑子さんはいい子だと頭をなでる。また、眠くなった。侑子は卵を渡す。井戸から水を汲んできた対価。一緒に眠れば育っていくと。卵に幸せになって欲しいと。ホントウの笑顔になれるようにと。卵から生まれる。そして目が覚めた。卵はなくなっている。いや、あった。大きくなってる。中からひよこが出てきた。ひよこじゃないな。小鳥だ。侑子さんが生まれたのねと。侑子さんはなるほどねと。百目鬼と同じ様にひまわりの影響を受けずに一緒にいてくれると。ひまわりもこれから四月一日と同じ様に変わっていくと。さて、登校できるようになった。小鳥は四月一日の子分だな。そしてひまわりと百目鬼だ。さて、四月一日はその小鳥をひまわりにあげると。ひまわりは四月一日にこの小鳥の名前をつけて欲しいと。タンポポだそうだ。黄色いからだと。でもひまわりの妹分ならそれでいいか。侑子さんも落ち着いた笑顔で青空に向けて一人乾杯。

フタコイ オルタナティブ
「燃える二子魂川」
 ハリー結構やるよね。やられたけど。そして、3人でとおいかけていってやられた。

 で、ハリー達が二代目を探す。まだ動いている。待っている皆には安否が分らない。ハリーと木下がバイクで二代目を援護。お、族のみなさんが加勢にきた。ま、BGMはなんだかんだ言っていいよな。お、恋太郎がイカファイヤーを追い越した。そうだったんだ。でも大怪我した。とりあえずイカファイヤーは逃げたようだ。で、おっさんの話。おっさんは野球選手になりたかったという話をする。この部分はいいな。そして町の人たちが行って来いと。で、イカファイヤーが池から出てきた。そうだ、おっさんがイカファイヤーの弱点を教えたのだな。そうだった。さて。雛菊姉妹達も出てきて、二代目は飛行機、それも複葉機でドイツへ。かなり無茶だよな。今更ながら。

紅 KURENAI
 銀子と夕乃は真九郎と連絡が取れなくて心配している。
「われ存在り」
 真九郎は屋敷の中に侵入。で、紅香達も車で侵入。リンが紅香の侵入に気付いた。さて、再度奥の院へ。蓮丈だ。真九郎に考えが子供だと。蓮丈にお前が殺したと言ったが、顔色が変わる。紫が母のようにはなりたくないと言ったと聞いて動揺。奥の院へ車でやってきた。車で乗り込んだ奴がいて「誰もおらんのか」はないのだろうと思うが。弥生がリンに技を試したいと。さて、竜士がいる。お、今度の真九郎は強いぞ。竜士を倒した。そして紫の望みを聞く。紫は奥の院を出たいと。

 蓮丈と母。真九郎は紫は連れて行くと。紫は奥の院は出るが九鳳院は出ないと告げる。母が自分を産んだのは奥の院の女だからという訳ではないと思うと言う。色んな事を知って自分の見る目を鍛えたいと。真九郎は蓮丈を押し倒す。それにしてもお付は誰も動かないなあ。ある意味で世界があるわけだ。真九郎は紫を奥の院から出してやれと。あ、竜士が紅香を刺した。とうとう肘から刃を出した。紅香は止めろと。そそいて、真九郎は蓮丈にやはり外へ出せと。紫に肘の刃について、それは何だと問われる。一人で強くなるにはこれしかないと思っていたと。でも、本当は色々な人に支えられているのだと。だからこれは使わないつもりだったと。うん、なるほど。いや、紅香は刺されても大丈夫だったのか。刃が出てくるのはまだ弱いからだと。紫はここで九鳳院の伝統と戦うし、紫は真九郎に追いつける距離だと。蓮丈は紫にここで自分と戦って良いと告げる。そして紫が負けたら真九郎に来いと。紫は九鳳院の女として生きると宣言。紫に闇絵と環からの餞別を渡す。さて、皆に戻ってくると連絡。蓮丈は紫に外での様子を聞く。これは父と娘の姿だな。紫は母が笑っていた時の話を聞きたいと。真九郎は紫と歩く夢を見た。

 それなりに面白かったな。爽快感はなかったけどそういうものかもしれん。やはりミュージカル回がよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第3週のアニメ1.5

仮面のメイドガイ
 花火大会だ。で、リーダー主将が、は?浴衣のなえかがやってきたぞ。何が起きた?皆見ているぞ。
「ご奉仕十一 真夏の夜の乳」
 何故か幸助のにわか雨の日の妄想。で、乳部の皆さんはなえかの乳を一生懸命見てる。リーダーがあっちの世界へ。病院ですか。「脳障害かもしれない」だそうです。幸せな顔をしているよ。乳が揺れたら何か反応。で、病院の先生は愛の力だと。あ、記憶喪失ネタだ。恋のショック療法だそうです。で、なえかご指名。皆さん色んな意味で期待。
 という事で花火大会なわけなんですね。彼は乳にしか興味がないのか。なるほど。顔じゃなくて胸で判断したのか。コガラシは恋の花を咲かせるとか言っているよ。なえかがリーダーのちょっといい所を見つけちゃったぞ。しかし、友人達はいい加減だよなあ。で、後ろにコガラシさんだ。さて、コガラシさんがなえかを転ばせたらリーダーの胸に…あらら。

 見つめあっちゃう二人。で、乳を触れた事がうれしかったわけね、リーダーは。惜しかった…と。で、部員はリーダーを尊敬。で、フブキ登場。で、フブキは軽く連行された。メイドたこ焼きだそうで。次はカキ氷。うおまつのオヤジの出店か。魚味ですか。とにかく触りたい様だね。さて、リズもうおまつのオヤジのカキ氷屋へ。そして、兄登場。どうなるのかな?巨乳女性を連れている。なえかが寄ってきたので蹴りをいれた。さすがだ。リーダーは富士原の乳だけがすきなのだとか。なえかが真っ赤。あ、軽く蹴りを入れた。何か変わったぞ。ムードのある場所へと。金魚を出したのだが。あ、すごい、浴衣の間に入れるのか。すごいなああ。なるほど、浴衣をはだけるためには人気のないところへという事だったのか。なるほど。コガラシさんはOKらしいんだが、憤怒の炎のフブキに倒された。花火開始です。なえかは浴衣をはだけてしまった。コガラシ曰く狼登場。おいおい、大丈夫かと。蛇を追い払ったのか。リーダーは正々堂々と乳を揉みたいのか。今度は胸の谷間に。谷間を見てしまった。フブキに倒されて、記憶が戻るという事なのね。ではなくて、また深い昏睡か。そしてフブキの乳で反応。というオチでした。フブキは余計な事をしたね(笑)。

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
  ドクターとの会話からだ。
「EPISODE 11」
 またマナミ達大騒ぎ。いいね。この研究所は放棄するんだそうだ。キトーちゃん(笑)警部たち妙にアレですね。スワさん…。あら、ろくでもないものをたすきがけしてるのは看護婦さんか。結構皆さん唖然。結局研究室の下っ端はガスで殺されるわけですか。で、ビープ音。あの女への仕事はアルファ以外の処分ですか。

 シュウさん達登場。で、潜入したみなさんの上に災厄が。おお、キリエが蹴られてくるくる回って飛んでった。先生はやっぱり正義の味方だったのね。さて、核処理施設を爆破する事を狙っているんだけどね。先生が開かずの扉を開けるってさ。さて、アルファの遊びの時間開始。先生は研究対象については素直なのね。うわ、キリエの下っ端達が最初の犠牲なわけね。で、識別指輪が効かないそうです。次の犠牲者はキリエだった。色々想定外らしいです。キリエの部下連中も皆やられました。なんだかなあ。探偵事務所の皆さん他人事。あれ?シュウの銃で簡単にやられたよ。おいおい。サラの血で止められるかもしれないのか。撃てと。なんかすごいね。何がすごいのかよくわからないけど。

BLASSREITER
 局長は冷静を装っている。メイフォンが隊長についての懸念を報告。インフルエンザ風の病気も蔓延しているようだ。アマンダ達については引き続き様子見。ブラスレイターの移管につても保留だそうだ。
「黙示録の序奏」
 ブルーの目が覚めた。ブラッドの知人だったようだな。その女。隊長がやってきた。おいおい、例のインフルエンザか。ブラッドは元同僚にここから去れと。さて、メイフォンが町で何か起きた事を司令。ベアトリスがいるが、プールの中の人が皆融合体になってしまった。ブラッドと彼女は作戦の生き残りの幸運の印として残弾を交換したのか。で、整備員が苦しみ始めた。融合体に変わるのか。基地内でも融合体が暴れ始めた。アマンダの危機はアルが救った。

 脱出用ヘリは用意されたが、基地内ボロボロ。マレクは別の組織へ移送されたそうだ。さて、ブラスレイターについてはメイフォンは何も語らない。アルはアマンダに冷静になれと。さて、ジョセフの所へエレアが出てきた。3班は作戦完遂したようだが、本部との通信は途絶しているようだ。さて、生き残ったベアトリス登場。いや、作戦は終わっていなかった。あの女たちの前に待ち伏せされていたようだ。そこへブルー登場。操っている奴を仕留める事を考えている。でもXATもボロボロなんだが。さて、ジョセフの前にベアトリス。ベアトリスはジョセフを愚弄。試してあげると。さて、武器庫へ合流したが、アルも感染しているのか。隊長は逃げ道はないとアナウンス。隊長は人間以上の体は素晴らしい、黙示録がやってくる前に身内だけでも救ってやろうと。メイフォンは局長に状況説明。メイフォンには原隊に復帰せよと指示。さて、ジョセフ変身。でもまだ本調子ではないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第3週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 とりあえず純一はいるわけだ。噂ではアイシアが出てくると聞いていたんだが…
「枯色の島」
 完全に枯れたらしい。由夢は卵焼きの作り方を教えて欲しいと。音姫は生徒会の仕事だと先に出て行った。学校でも噂。杏は数学のテストがあった事を忘れていた。桜の力が消えたせいだな。音姫は無視。いや、副会長さんは義之を覚えていない。あ、義之の存在が記憶から消えていくという事か。なるほど。そりゃきついな。由夢が弁当を持ってきた。おや、由夢が自分でもお弁当を作ると。そして、うっかり「急がないと時間が…」と。お互い会話を取り繕う。

 当然、サクラさんはいない。で、由夢は不自然なほど明るく振舞う。あ、白河ななかも義之の存在を忘れかけてきたぞ。クラスの皆も分らなくなっている。つまり、関係の深さで義之を忘れる時間が長くなるわけだ。色々考えている。由夢が鍋にしようと音姫を誘うが、音姫は用事があるからと断る。だが、由夢はそんなんじゃ後悔するよと。由夢の能力を知らないわけだ。で、委員長。この人も忘れている。あ、杏達も放課後に町で会った時には義之を忘れたのか。加速しているな。まだ、由夢は大丈夫。本当に後悔したくないんだな。音姫はまだ桜の木にすがっている。このあたりでアイシアに登場して欲しいなあ。
 で、鍋。由夢と一緒に鍋。いつもと同じ雰囲気を作ろうとしている。由夢に俺と一緒にいると後悔するぞと。由夢は何が起きてもずっと一緒にいると。やっぱり由夢は音姫よりは強いな。少なくとも今は。義之が学校に来た。ななかからも空気扱い。小恋も義之を知らない。とうとう杉並達の記憶からも外れた。最終局面へ。学校から去る。

我が家のお稲荷さま。
 爽やかそうな朝だ。今日から二学期。家計簿はまた赤字だそうだ。あら、せっかく干した洗濯物が猫のいたずらで落ちてしまった。追っ払おうとしてコウはガラスを割ってしまった。コウにクーが今月も赤字だなと。
「お稲荷さま。奉公に出る」
 出るんかよ。生鮮コーナーの特売情報を透はメールでゲットしているのか。いやあ、佐倉さんは何か妙に盛り上がっている。一緒に帰らないかなと。でも、タイムセールがあるからダメだと。さて、窓ガラスを割った事についてコウは深く反省。コウは佐倉に相談するのだと。喫茶店(和風)で相談。おいおい、和風メイド喫茶か。なるほど、ご奉公か。明日からバイトだ。風が気持ちいいよとお気楽なくうと昇。アイスもらった。クーがやるって。笑顔を作るのは苦手みたい。そこでいうとくうは順応力がある。女主人をめくらましにかけたんだな。で、佐倉と昇がその和風メイド喫茶でお茶。それにしても女主人は優しいな。コウはクリームあんみつも知らないのか。さすがの女主人も汗。くうははっきりしない客が嫌いらしい。何かコウが持ってきたぞ。当然の如く昇にぶっかけた。やっと佐倉さんは不器用という事が分ったみたい。で、勝手にクーは出すものを食っているし、コウはすぐに食器をぶっ壊す。さすがに二人ともクビになりました。

 クビだし、食器の弁償まで。次のバイト…ほお、ハンバーガーショップ化。くうは男姿で。女子高生で大人気。佐倉までときめいている。コウは当然だけど中の仕事もダメなわけね。揚げるのもできなくて、クビ。破産するって。エビスさんがバイトしないかとさ。で、ピザの配達までしているんだってさ。おい、狐の姿で配達か。で、コウは巫女姿でピザ配達。それにしてもこのメイド服のお嬢ちゃんは何?全く届かないらしい。で、代金引換をすっかり忘れていた。コウは方向音痴でもあるわけね。で、その女の子に気付いたわけだ。コウと遭遇。あ、猫尻尾だ。くうのファンか。で、二度としないと。で、サインをくれたら二度としないと。また、弁償。佐倉さんに相談。出て行かなければと思っている。佐倉さんが智恵をつけたのか。でも恋敵を助けたと思って塞いでしまった。で、出て行って木の上に住むと…はあ。

 くうはまたやろうかなって。懲りてないな。というか楽しんでる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はFirefoxダウンロードデイ

Firefox 3 の正式リリース日は 2008 年 6 月 17 日です。

(日本では6月18日でした。開始時間とか書いてよ…)

ダウンロードデイ公式サイト

http://www.spreadfirefox.com/ja/worldrecord/getinvolved

Download Day 2008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第2週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 四月一日とひまわりが下校。マヨネーズとか食材の作り方を教えると。さて、別れると小指が痛む。
「秘事 ヒトリ」
 侑子さんにヒラメのお造りを。小指が痛む。ひまわりと指切をした指なのだが。色々この指がらみで起きている。近頃百目鬼のおじいさんはよく出てくるな。百目鬼の寺へ夜中に来たのか。ひまわりについて話しをする。思い出すと関わった後によく悪い事が起こると。偶然と言ったが、そうでもないことも分っている。明日は百目鬼と一緒にいなさいと。小羽が通学路にいる。お礼を言いたかったのだそうだ。帰る時に小羽が振り向く。彼女もその小指に気になっている。

 四月一日はおじいさんと会った話を百目鬼にする。百目鬼は部活が終わるまで待っていろと。さて、ひまわりが肩に触れる。何か変な感覚。皆がひまわりと四月一日の関係について懸念。四月一日がシュークリームを小羽にあげてしまった話をひまわりにする。わ、四月一日が廊下から落ちた。もう少し小さい頃だな。小学生くらいの時の姿か。何か声があっていない気がする。父と母が腕を掴み、彼を引き上げる。二人は去っていった。百目鬼の祖父が現れて引き止めた。戻らなければと。侑子が店に運ばせたと。対価は既に二人からもらったと。そしてひまわりがいる。ひまわりに自分は大丈夫と言うが、そのひまわりは「今回はね」と。何かオーラの様なものが出ている。もう、四月一日も気付いてしまった。それでも起きた事を話す。ひまわりはにっこりと「やっと気付いた?」。

 何者?

フタコイ オルタナティブ
「クマのように舞い イカのように刺す」
 双樹の着替えシーンがあったんだね。久しぶりにキラ・ユラも出てくるのね。双樹は私を探してっていう依頼をするのか。あ、宿敵のイカファイヤーだ。

 イカファイヤーが出てくると妙に色んなシーンに張りが出るよな。なんだそりゃって感じもないではないんだけど。恋太郎が一人でウジウジしているシーンってうまくいえないんだけど本当に鬱になるんだよなあ~。脚を引きづるシーンは痛々しいし、それに双樹が川に入るシーンで、捕まえたシーンとか。このアニメってイカファイヤーが出てこないとピリっとしないのか?

 EDは親父と恋太郎とイカファイヤーの戦いか…「戻ることのない日々…」こうだったか。本当にこのアニメってEDと次回予告だけは神だな。

紅 KURENAI
 紫は奥の院に戻った。外の事は忘れないとやっていけないと。
「われ思考う」
 事故渋滞だそうだ。真九郎はそのあたりの理屈が分らない。え?車酔いするの。雪が積もっている。ボートで侵入。おいおい、バレバレですか。水の中へ落ちれば寒いよな。竜士は祖父と会話。自分がこれから仕切るつもりだと。リンが3人を待ち構える。手下のボディーガードだけならどうにかなる。さて、リンVS弥生。リンは弥生に紅香と同じ戦い方をするのだろうと聞く。動揺する。蓮丈と奥方が話をする。そこへ竜士。父のものは自分のもの。竜士はうまくしらばっくれる。母とも表面上とてもうまくやっているしな。それに関係もある?さて、奥の院に紅香と真九郎がやってきた。お付は帰れと。お付も真九郎にここから先へ行ってはいけないと。さて、紫だ。そして竜士もいる。紫は奥の院に入ったので外へ出る事はないと。そして、お帰り下さいと。

 さて、奥の院へリンもやってきた。お付の制止も完全に無視。弥生は死んだか。真九郎が紫に近づこうとするところへリン乱入。意外に竜士が強い。おお、紅香は竜士に戦い方を教えたのか。真九郎の平手がリンの頬にあたる。ちょっと動揺。でも真九郎を倒す。さて、紅香を二人がかりで痛めつける。そして竜士は紫を抱きかかえてまた奥へ。でも、このときの紫の表情は真九郎に助けを請う表情だな。お付がリンを刃物で制止する。逃げてと。彼女は奥の院という世界が乱されてはいけないし、真九郎達にはこれ以上この地獄へ関わってはいけないと思っているんだろう。その姿を見て肘から刃が出た。だが、それを見て紅香は真九郎を連れて行く。紫は竜士にはあの人たちに諦めさせて欲しいと。でも、目が死んでる。紅香は弥生の状態次第では引き上げると。だが、真九郎は諦めきれないようだ。竜士は敷地内で殺せと。紅香は弥生を救い出すと。何とか半死半生の弥生を救い出したようだな。でも、その真九郎がいない。奴は中へ戻った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第2週のアニメ1.5

仮面のメイドガイ
 数学の宿題…。特別課題を和泉と平野に頼む。当然断られるわな。コガラシからもなえかの数学能力についてはダメだし。当然ドジッ子メイドも。で、秘策
「ご奉仕十 ファインを狙え!」
 神社につれてきた。幸助が巫女さんに反応。本物だと。え?フブキって酔っ払うとヘロヘロになるの?ま、いいや。見たいな。で、幸助が気になっている事は巫女さんの下着。さすがだ。男子禁制なんだそうだ。巫女さんは幸助には下着は付けないと。リズはいいとして、荒屋敷はどうよ。リズの願いはカラス退治だったのか。で、神様を喜ばせればいいんだって。テニス勝負。で、フブキさんがアンスコなしのミニスカじゃないのがご不満なんだってさ。ファインプレイが必要なんだってさ。

 荒屋敷達が協力プレイ。協力プレイはかなりうまくいっている。さすがだ。やはり、なえかの人の弱みを無意識にえぐる能力はすごいな。フブキさんはかなりの怒りパワーでオーラ出している。コガラシがなえかに真に戦う相手を考えろと。なえかが気付いた。メイドさんのパンツ見せろって事だな。フブキのスカートをめくってみた。で、ボーナスポイント1000点。知らんうちにマッチプレイ。おいおい、荒屋敷すごいな。リズの裸を見せたのか。で。200ポイントしか入らなかったので荒屋敷がまっぱ。神様は帰るって。で、なえかの勝ち。とりあえず。で、なえかが御札を頂いた。使用上の注意はよく読まないといけないらしい。特定の条件…メイドさんにファインプレイを要求するのだそうだ。で、次の願いはフブキ。そして先客リズも白スク水。で、フブキのファインプレイはエロ下着。それにしてもマニアックだな。あはは。戻ってきたらメイドアイで透視された。可哀想だな。神様の意思もフブキはドジッ子メイドじゃないとダメらしい。

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
「EPISODE 10」
 誰だ、この松田優作みたいなスナイパーはなんだよ。追跡失敗したようだね。でも、あっさり本当の出口を発見したんですが。あやか達は薬屋へ薬を買いに行くんだって。アホだな。もしかして松田優作ってポリリン?へえ、ドクターってキトーの先達なのか。そりゃびっくり。というか、あそこまで妙に聞く解毒剤を作れるんだからありか。

 久しぶりにバカ丸出しのマナミのセリフが聞けた。さて、見つかったぞ。ポリリンも仕切り役を降ろされるかもしれないとさ。でも、シュウさんはまだやる気。もちろんしっかり捕まっている。先生はシュウに面白いぞと。何か考えているようだよ。いや、何も考えてないかもしれない。

 EDが変わった。

BLASSREITER
 隊長が見ているモニターにエレアが映っている。
「陰謀の中で」
 アマンダが顔を洗っている。マレクは脳死状態なのだそうだ。ジョセフは生きているようだが。隊長はあれ、風邪じゃないよな。何の薬だよ。これ。アマンダが司令の飲んでいた薬を手に入れた。ヘルマンはアマンダに準備が出来たと。ブルー達は移送されるそうだ。行き先は秘密。ブラッドは融合体の発生について人為的に生み出したのではないかという仮説をする。アルもただのおちゃらけじゃない。話が出来すぎだと。市民を守るという意味ではブラッドもアルも正論だ。腹にすえかねているのはヘルマンだけでなくアマンダも。そして、知らないっと。さて、ブラッドもアルも実は第三班を調べている。マレクも生きている。という事じゃなくてブルーの夢か。誰かがこの施設のデータにアクセスしている。さて、外部アクセスを調べているうちに遭遇したのがブラスレイターという言葉。

 ビクター局長のサイン入りの記事。そしてビクター局長がとりあえずの黒幕。ヘルマンとアマンダが拘束された。融合体が町で暴れているそうだが、二人なしで出動。隊長は幻覚を見始めたか。さて、新型兵器の第三班が到着。ベアトリスが姉を殺し、ブルーを選ばれたものと煽る存在だったわけだ。第三班に戻ってきたのはそのブラッドの知り合いというか、なんというかか。終わって隊長はベアトリスとセックスしているのか。ベアトリスはこの世界がどうなるかというビジョンを隊長に見せる。選ばれたものとしての本当の力を示せば良いと誘惑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月23日から6月08日の酒

(立川にて)
CHIEFTAIN'S TEANINICH 16y PORT BARREL
 うわあ…楽しみだなあ。
UD DAILUAINE 16

(国分寺にて)
Leopold Gourmel 10
BRAULIO

(立川にて)
TOMINTOUL 10
CRAGGANMORE DOUBLE MATURED 1993
CANTO CASK 17
THE PEATED MALT OLD BALLANTRUAN
HIRSCH 16

(国分寺にて)
Liqueur de Cassis de Mouton Rothschild
Inishowen
Ron Zacapa Centenario 23ANOS
PROVENANCE AUTUMN DISTILLATION BRACHLA DISTILLERY 5
PROVENANCE AUTUMN DISTILLATION BRACHLA DISTILLERY 7
どっちかがBRACKLA表記で、7年が冬だったか?

Yellow Rose of Texas 15

(国分寺にて)
TARIQUE LE LEGENDAIRE

(立川にて)
BRUICHLADDICH 1992 ACORN LIMITED
BUNNAHABHAN BERRY`S OWN SELECTION
THE Speyside 12

Distillers Edition CLYNELISH 1992 Double Matured

TOMINTOUL 10y
PROVENANCE WINTER DISTILLERY HIGHLAND PARK 5y 1998

(国分寺にて)
Leopold Gourmel 10

(立川にて)
BRUICHLADDICH 15y

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第2週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 純一さんのもしものとき…という事になりそうなのだが。
「夢の終わり」
 音姫はさくらの家の様子を見る。当然誰もいない。いや、義之が知らずに寝ているのか。バイバイと。学校も休んでる。副会長も変だと思っているようだ。義之は早退すると。友人達はフォローすると。でも一日かけても見つからない。由夢は実と純一がいなくなった事を伝える。由夢の独り言は聞かれていなかったようだ。気付くと寝ていた。夢の中。佐倉が咲いている。さくらさんだ。さくらは話さなければならないことが沢山あると。へえ、アメリカでずっと魔法の桜の研究をしていたのか。あるとき、一人でいる事に寂しくなってしまったのか。そしてサンプルを持ち帰ったのか。家族が欲しいというのが願いか。でも、本来は存在してはいけないのだと。

 でも、この桜はどんな願いでも叶える様になっていた。さくらさんの力をもってしても止められなくなってきた。今、桜を枯らす事ができるのは音姫だけ。泣いて後悔する。義之は存在していた事はよかったと。そして、さくらに感謝の言葉を述べて「かあさん」と。音姫だけでは決心できないだろうから行くと。目が覚めた。義之は外へ出る。そして、桜の木へ。義之は覚悟ができたのだが、音姫はできないと。泣いている。やっぱり出来ないのだと。島の人たちも義之もどちらも助けたいのだと。その願いは叶えられないのかと。義之は自分はこの島の友人達が好きだと。その人たちのためにも桜を枯らして欲しいと。音姫に頼む。彼女が涙を流すと桜の花が散り、枝だけに。由夢もその現場を見てしまった。あれ?まだ義之立ってないか?つまり音姫の最後の願いが叶った?

我が家のお稲荷さま。
 フクロウの仮面の神がムビョウに似ているのではなく、ムビョウが自分と同じ顔をしているのだと。
「お稲荷さま。裏切る!?」
 さて、ムビョウが透を連れて行く。透は色々ムビョウに聞くが答えてはくれない。自分が操り人形じゃないという事を証明したいのだと。やはり人質だ。フクロウの側は逃げられたようだと。そして、フクロウとくうで殺し合いをさせると。でも、自分で手を下さないのはフクロウが好きだから。いやあ、矛盾だなあ。逆らわないと自分を意識させられないと。涙を流している。フクロウはくう達に謝ってムビョウが透と一緒にいると。結局フクロウは置いてきぼり。一方、コウさんは酔っ払ってへたり込んで花火で遊んでいる。暑くなってきたとか言って前をはだけてみたり。ふらふらどっかへ言って知った。佐倉さんの鼻緒が外れた。でも、昇のためなら頑張るわけだ。学校の前に来て自分の感情がどういう事なのか説明。誉めて欲しいと。そして、認めてもらえないならと言って、逆さ円をいったん大きくして、逆さ円を透の首にかけた。そしてくうがけしかけた。すると、くうは好きにしろと。くうは付いて行った昇をしかる。おいおい、ムビョウは本当に逆さ円の業火を発生させた。

 透の火が消えたと思ったらムビョウが焼かれている。何とか消し止めた。へえ、腕のくうの髪で編んだものに鏡返しという術をかけたのか。エビスさんも登場。え?ムビョウって人形なのか。透もフクロウの正体がムビョウという事で驚いている。フクロウがムビョウなのだそうだ。この人形・型代がムビョウの代理なのか。へえ、心配してやってきたのか。確かにムビョウは素直そうじゃないものな。型代がムビョウの顔に傷がついたのを見て泣いている。空には龍がフラフラ飛んでいる。コウに何かあったのか心配していると前をはだけた間抜けなコウが龍を追いかけている。…。あ、酔っ払って離れていったのか。で、型代のムビョウが泣いて謝る。誠意は物品でだとさ。次にここに来るのは8年後だそうだ。佐倉さんは見失ったそうだ。でも、ま、どうにかなるでしょう。
 翌朝。コウは気持ち悪そうにしている。ムビョウが来たのだが、本当にコウ気持ち悪そう。あ、ハンドパペットが焼けちゃったからムビョウさんに手を作ってもらったんだとさ。そして、コウへのプレゼントは逆さ円だそうだ。8年後に来るまで守ってやれと言って立ち去っていった。
 エビスさんのコンビニ…アイス等の商品はダメになってしまった。でも、又色んな人が買いに来るとか言っているが、でも、やっぱり悔しいらしい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08年6月第1週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 四月一日が商店街を歩いている。小羽は芸能界追放だとさ。
「不戻 キヅキ」
 それにしてもこのコメンテーターってみ○もんたに似ているけどいいのかな。小羽は何を言われても無表情というか生気がないというか。ひまわりも小羽については疑っているようだ。百目鬼はあの子は間違ってはいないと言いたいんだろと。四月一日は小羽の所へロールケーキなら付き合うと。小羽の家はマスコミが取り囲んでいる。家の中に入った。前以上に荒れている。母だな。風呂場で母が小羽に水をかけている。メシも食べさせてもらえていないと。四月一日はここを出ようと。それでどうするのかと母。で、ヒステリックに出て行った。四月一日は自分のために幸せになって欲しいと。

 小羽を店につれてきた。侑子さんは遅刻は遅刻だと。お風呂が沸いていると伝える。侑子の解説では小羽の言った事は本当。霊能師の言った事も本当。小羽が説明しなかったのは周りが理解できない事が分ったから説明するのが困難だと。小羽は風呂から出てちょっと落ち着いたようだ。この食卓で小羽が笑っている。朝、小羽はそろそろ家に帰りますと。あの人が心配だからと。小羽におみやげで夢の風船。でも、彼女は好きな人とご飯を笑いながら食べることというもう願いは叶ったと。健気だ。そして、次の夢だと。侑子は小羽は強いと。選ぶという強さ。確かに。流されるよりも強い。そして、家に帰った小羽は母にもう、やめようと。夢の風船がはじける。壁が壊れて骨が出てきた。小羽はその亡くなった人を向こうの世界へ。さて、事実がわかって掌返し。ひまわりが百目鬼の言いたいことを代弁。自分達が本当の彼女を知っていれば十分だと。百目鬼も彼女は強いのだと。侑子さんと同じ。テレビで霊能師としての活動を終わらせることにしたと。本当に終わらせた。小羽が百目鬼の寺の桜の下にいる。髪も切ったのか。可愛いな。その女の人は好きな人に殺されて、殺された時も苦痛じゃなかったと。もしかしたら私が出さなかったらもっと眠れたのかもと。でも、四月一日は侑子ならいるべき場所にいる方がずっとよいと。お別れ。そろそろ行くねと。このBGMはいいな。願いの風船で叶えたのは母が辛くなくなるようにという事。小羽の肩に母が手を軽く置く。なんというのだろう。こんないい終わり方をするとは。

フタコイ オルタナティブ
「フタコイ」
 かなり現実逃避しているよな。恋太郎と双樹。沙羅がいないのが現実。やっぱり痛々しいな。仮定の話で逃げる。

 もしもなんてないって事は恋太郎は分っているんだよな。BGMは本当にすごいよね。それに変に絵は動くし。双樹と二人の繁華街。そして、ラブホテル。やっぱり痛いな。今のやり直しの意味はどうなんだろう。双樹は浴室でひきつり泣きをしている。やり直しの要求。やっぱり痛々しい。

紅 KURENAI
 兄は優しい人みたいだ。いや、でも敷居を踏むなといった時は怖かったな。
「慣れの恐怖」
 ここでは紫が自分で片づけをする事さえ許さない。当主と先代の会話。いつ戻すかという事が問題。蓮丈は自分で戻すと。さて、五月雨荘の皆さんはだらけている。闇絵が肉を食べたいと。真九郎は牡蠣が食べたいと。お金を預かった。買い物。弥生が買い物をしている時に一緒についてきた。監視なんですか?弥生は真九郎と話をする。自分の失敗で人を死に至らしめた事もあると。失敗したとしてもまだ紫は生きていると。無理にでも自分を納得させて忘れることだと。

 銀子は真九郎は機嫌がいいなと。真九郎は護衛の仕事を聞かれたが、次の仕事をしくじらないようにしないとと。崩月さんは今の力を把握した真九郎にそれでいいんですかと。そして、何か手伝えることがないかと。家から帰ってやることがない。まずは家の掃除。紅香がやってきた。ここを引っ越すようにと。引越しについて環達に話しをすると紫の話になる。そして、一人になっても紫の事になる。紫を守ることへの誓い。さて、紅香の依頼は終わったとのこと。そして、紅香と口論。乗り込んだら殺されると。彼の熱意にほだされて地図を渡し、案内する。そして、真九郎は二人の手のぬくもりを覚えておきたいから握手をしたいと。環も闇絵も抱きつく。弥生も借りを返すために行く。
 紫は奥の院へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第1週のアニメ1.5

仮面のメイドガイ
 うおまつの店主に請われてマグロを切っている。すごいな。助けたのか。色んな人助けもしている。
「ご奉仕九 甘いご奉仕 谷間の中に」
 うおまつのオヤジのいる野球チームの助っ人だ。和泉と平野がコガラシに弟子入り志願だそうだ。まずはなえかを通してからだと。でも、ノート丸写しでOKだそうで…。駅前のバイト先のケーキ屋さんは閑古鳥で、ライバル店はスイートホルスタイン…さすが、仮面のメイドガイだ。で、理由がよくわからないそうだ。男しかいないのかも。幸助が気付いた。メイドで巨乳。D以上だけななんだって。幸助は理解。時給1800円。すごいな。へえ、和泉と平野が怒ってるわ。で、なえかが余計な事を言うわけだ。明日の売り上げでどっちが残るかという事か。で、なえかはスパイとして潜入だそうだ。フブキが友情に涙ぐんでいる。で、フブキもスパイだそうだ。ケーキについてコガラシはうらぶれたオヤジの味がすると。メイドガイレシピを提供だそうだ。さて、ナエカはなかなかだな。で、フブキは逃げた。巨乳の胸評価。それに店長すごい。ここまで揺れるか。乳部登場。あはは。スイートホルスタインの3000円のケーキセットはうまくないそうです。店長は最初から負け。おお、クリーム・ヨーグルト・チーズ全て乳から出来ている…すごいなあ。で、取り残されたバイト二人。さて、師匠の出番です。

 でも誰も来ないそうだ。勝負はこれからだと。メイゴガイハーレムボイスで客引きするそうだ。その…オンパオンパオンパってなんだよ。フルーツ蛇の姿焼き…なんじゃそりゃ。サソリのチョコレートケーキとか。何だそりゃ。食のワンダーランドと言えば確かにそうだよな。カチワリ氷を売っている甲子園は確かに氷屋じゃないな。ちちしゃかい…名言です。厳しいな。フブキは逃げた。さて、フブキはデランジェに逃げ込んだらしい。おお、パンダか。向こうの店長が乗り込んできた。で、和泉と平野に暴言。次のスペシャルケーキ。おお、店長はニセチチだったのか。参ったな。で、やられた。へえ、巨乳ちゃんもシリコンだったのか。こっちの乳を確かめさせるという方法を取ったか。あ、フブキが発見された。メイドの格好になった。確かにご奉仕の後にはペンペン草しか残らないとさ。でも、和泉と平野は向こうの店長さんに同情。で、なえかは余計な事を言うわけだ…


CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
  ガラス女VSSWAT。で、注射されるのは誰?
「EPISODE 09」
 もう一人発見されたか。シュウはカリカリしている。あ、あれはソフィアさんだったのか。眼鏡かけていないから分からなかった。ソフィアさんはコンタクトレンズをデータが記録されていた渡した。JJは行方不明だそうだ。キリエはポリリンちゃんに何を伝えたかったんだ?ま、いいや。サラやソフィアは囮で場所探知に使われたそうだ。とうとうソフィアが全身ガラス化。それにしてもシュウは間抜け面。ガラスになって砕けて消えた。

 さて、警部はガラス女に関する証拠類は全て消えたと。だからコンタクトレンズは受け取れないと。マナミは抗議する。やっぱりガキだ。アキラはヨブにコンタクトレンズを渡したのか。ヨブさんは本当に何でも屋だ。警部はスワと直談判。あ、SWATの隊長でスワか。

 いやあ、シュウもどんどん笑えるキャラになってるな。

BLASSREITER
 アマンダはしばらくミッションから外れる事に。ブルーを連れて逃走したイエローはマレクか。ブルーとイエローのデータ洗い出しという事で。
「力の価値、力の意味」
 マレクの接触についてヘルマンはあの時のゲルトとの接触が関係あるのではと。マレクととんだ疫病神だと。ジョセフはしばらく動けそうにないそうだ。エレアはガルムまで敵の手に落とすわけには行かないと。司令は薬で体調を抑えている。何の薬か知らないが。ヘルマンは探している奴がいると覗き男の所へ。ジョセフの目が覚めた。悪い奴を裁くためにジョセフと同じになったと。ジョセフはマレクが裁く事で満足できたかと。

 アマンダもマレクと同様に両親を失ったのか。マレクの目はアマンダの若い頃と同じだと。アマンダは後悔。おばが言った「ただ愛すればいい」という事について、自分が出来なかったと。マレクを死なせないという事だけは叶えたいと。そこでヘルマンとコンタクト。場所の手がかりを聞いた。いや、その前に金髪の男。マレクはジョセフに手を出すなと。だが、マレクは剣を突き刺そうとした時に殺した3人の事を思い出す。当然、マレクはこの男の敵ではないのだが。ジョセフは融合体に変身。ん?ジョセフには姉がいたのか?でジョセフとザーギンと呼ばれる金髪の男、姉の三人は知り合い?さて、ザーギンはジョセフにひどい傷を負わせた。復活してまた会えたら選ばれし者になれるかもしれないと。マレクはあのいじめっ子三人組を殺した事は今は後悔している。マレクは動かなくなった。ザーギンはマレクに致命傷を負わせていたのか。鐘が音を立てる。

 お、次回予告を見る限りではマレクは死んではいなかったか。確かに死んでいたら消えてしまうか。それに色々人間関係が分るようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年6月第1週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 朝だ。音姫が目覚めた。何か寝覚めは良くなかったようだな。外を眺める純一の姿を認める。桜がまだ舞っている。
「壊れゆく春」
 相変わらず音姫は暗い。それから義之に置手紙。音姫は義之から聞かれても何も答えない。心ここにあらずだな。義之が小恋に気付いて、赤信号の横断歩道を飛び出し、車に轢かれそうに。おいおい、水越先生の車だったのか。音姫は事件は止まっていないと思っている。音姫は昼休みに枯れない桜のところへ。やはり、周りから見ても音姫の様子はおかしいらしい。義之が見つけたのだが、音姫が後ずさりする。発した言葉(「来ないで」?)と言って泣きながら屋上から階段を降りていく。弟くんを消さなきゃならないと思い込んでいるんだものな。

 さて、翌朝。音姫は生徒会の仕事だといって先に登校したようだ。で、校内で会っても避けられている。由夢は音姫のやる事に間違いはないと義之を励ますが、義之も不安そうだ。副会長も変だと思っている。生徒会室へ義之がやってきて、一緒に帰ろうというが、音姫は会議があるから先に帰ってと見え透いた嘘。副会長も唖然としている。雲行きが怪しい。空も何も。音姫は憔悴している。とにかく音姫は自分に構わないでと。義之が音姫のために何でもできるなら一人にして欲しいと。私をいじめないでと。でも、本当は行かないでと言うのが本心。雨が降ってきたが、まだ、音姫が戻ってこない。由夢と純一さんが一緒に捜しに行こうと。で、傘も差さずに歩いている音姫。純一が音姫の話を聞く。もう、桜を枯らすことしか出来ないと。でも、義之がいなくなるのはいやだと。わかんないよと泣く。暗いな。純一さんはおじいちゃんに任せなさいと。おいおい、親ってのは子供より先に死ぬものだ。で、可愛い孫娘の頼み。もしものときは…という事も言う。さて、純一出動。3人で仲良くなというのが純一さんの最後の言葉になるのだろうか。さて、朝。音姫が枯れない桜へ。桜がどす黒くなっている。ダメだったか。純一さんの眼鏡が残されている。もう、枯らすしかないと改めて音姫は思う。

我が家のお稲荷さま。
 ムビョウさんが走って逃げようとするが、捕まる。へえ、マントに仮面の人物は女だったか。逆さ円を寄越せと。
「お稲荷さま。大立ち回る」
 おや、ブーツが脱げた。ああ、腕人形が使い魔だったのか。簡単にやった。でも、逃げた。昇は公園で花火に誘われた。参加者は男子部員とプラスアルファ。コウさんが水打ちをしている。50円玉発見。でも、逃げた。古典的だ。例のお姉さんがやっていたのか。さて、相談したい事があると。で、昇は帰れと。クウは危険な存在ではないようだと。タヌキじゃないの?あ、フクロウなのか。でも、皆からタヌキだと思われている。新巻ジャケクッキーを持ってきた。逆さ円の事を相談。で、佐倉さんはまた洋服選びでパンツ見せてる。夏に花火の定番といえば…。で、回収されたという話を聞いたその神様は、逆さ円は自分のもので、ムビョウは嘘を付いていると。ムビョウを探すのを付き合ってくれと。今日は男形態。美男子だ。次は女形態。意外にフクロウは高飛車。で、コウも悪い予感がするから花火に自分も行くと。さて、エビスの所に行くとフクロウが探しに行けと、クウは完全に怒る。ムビョウはどこまで人を弄ぶのかと。

 さて、プラスアルファは佐倉さん。コウと再会。浴衣が似合うって。なんだ部員の皆さん、二人をくっつけるつもりなのかな。で、フクロウと狐の戦い。さて、フクロウは縛り付ける。さて、獣の形態へ。エビスさんがそこまでと。で、花火大会。コウはずっとポテトチップばかり食べている。で、佐倉さんは良妻賢母とか言っている。嫌な予感の正体ってのは酔っ払いのサラリーマンか。塩まいた。おや、肩が軽くなったと。お、お礼でジュースをもらった。違う。それ、ビール。コウは一発で酔っ払った。ちょっとだらしなくなって、すごく可愛いぞ。エビスさんは僕の土地を壊さないでと。電線は傷つけないでと。あーあ、余計な事を言ったせいで、フクロウさんが電線切っちゃった。エビスさん怒り心頭。で、ムビョウとエビスが言い争いをしているうちにクウが土をぶちまけた。ムビョウはそろそろやめようと。お詫びすると。ムビョウは透にフクロウが逆さ円を持って行ったのは自分だと聞かされたのだなと聞く。透はなかなか賢い答えをする。ムビョウの言葉が本当かは知らないが、逆さ円がムビョウのものだという証拠もないと。そして、透は逆さ円は誰のものなのだろうと。さて、ムビョウは透にコンタクトを探すのを手伝ってと「向こう」に連れて行く。つまり、人質だな。
 フクロウの正体はムビョウ?

 次回のコウさんはなかなか面白そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08年5月第5週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 百目鬼のおじいさんとの会話。さくらんぼはたっぷり実ったそうだ。小さな実だけど。お礼を言いたい人がいるのではないかと。そのきれいな人は自分を連れて来た小さな可愛い子が気になっているそうだ。おじいさんは自分と同じという事について四月一日に注意。同じという言葉も違うという言葉も安易に使ってはいけないと。
「流噂 フウヒョウ」
 ひまわり達とお弁当。小羽は生出演取り消しだとさ。ひまわりも百目鬼も何気に心配。で、四月一日が様子を見に行くというか、行かされる事に。で、侑子さん達に小羽のための弁当を作っているのをバカにされた。で、ネットの評判を侑子さんが四月一日に見せる。さすがにモコナもひどいなと。ひまわりは行かないのかと、行かないと聞いて侑子さんはそれはよかったと。彼女の家、落書きとかされている。チャイムも切っている。小羽は大怪我。テレビ局で階段から落ちたそうだ。押されたのだと思うと。荒れた部屋。怪我の手当ても自分でしたそうだ。電話が鳴る。留守電には嫌がらせの電話。小羽は大丈夫だと言っているが、四月一日は自分が大丈夫じゃないと。それは自分が小羽が好きだからだと。小羽も四月一日がそうなったら同じ様に考えるだろうと。

 そして、お弁当。いつもと同様に百目鬼は先に食ってる。小羽は二人は話をしていると。百目鬼は小羽にお茶を注いでもらってありがとうと。ちょっと小羽が笑った。で、母帰宅。食べ物をはらった。口にしたものをいれずにはらうのは良い事なのかと。母はお茶をぶちまけて出て行けと。四月一日に熱湯がかかる。百目鬼は四月一日を風呂に連れて行く。小羽が自分の好きな人に酷い事をしたのは許さないと。侑子さんも皆も優しい。で、侑子に小羽の母が一度も名前を呼ばなかったことを告げる。母は仕事を取ってきたけど忘れられる事はいけないことかと。で、母は霊視ができる事以外に何が出来るのかと。さて、ひまわりが特番の事を伝える。ま、色々大人の事情があるわけだ。小羽が出ている番組を見て、お茶を淹れるのを失敗。さて、残りの四人の霊能者が霊視をすると男だと。最後に小羽が答える。男と女の二人見えると。皆、小羽をさらし者にしたい。でもがんと言う事を変えずに二人いると。一人が話を聞いてみようと。女のほうは21年前の夏に殺されたと。スタジオがざわつく。

フタコイ オルタナティブ
「サはさよならのサ」
 サブタイトルは雀の死骸にハンカチをかけるところだったのか。忘れていた。戻って来ても前と三人の雰囲気が違うな。仲直りとかそういう問題ではないわけだ。で、許婚登場。沙羅・双樹が恋太郎に迫っているんだよな。このシーンって。でも、そんな気分にはなれないわけで。明日でもダメなんだろうな。さて、事情を話す。

 最後の日は楽しく過ごしたい。そういう事だ。誕生日ケーキ。先にプレゼントが欲しいと。あ、それが前半の迫るシーンか。いや、違うのか。時計が沢山あったシーンは忘れていた。で、二人は出て行った。沙羅はそのまま双樹の元から去るのか。しばらく暗いよな。ここからEDが変わるのか。本当にEDの出来は素晴らしいな。次回予告の声って沙羅?

紅 KURENAI
「貴方と私と」
 それにしてもどこのラブホテルだよ。あ、逃避行か。紅香と真九郎、弥生と紫で入ったのか。真九郎は自分自身で混乱。紫について質問。え?あれは近親相姦なのか。なるほど。九鳳院に生まれた女は九鳳院の男の子を産むのか。あと6年後に紫は長男か次男の子を産む事になり、その後も奥の院に幽閉。で、別の女と偽りの結婚をするわけだ。そういう事で紫は最初からいない事になっていると。真九郎は紫が家にいたくないと言ったと伝えたが、それの手伝いをするには敵は強大すぎると。どうする。真九郎。やはり、守ると告げる。紅香は明日には国外へ出る手配をしている。真九郎は五月雨荘の闇絵と環にお別れの挨拶をしたいと。

 弥生は紅香の判断に抗議。だが、紅香は真九郎の判断を尊重。で、皆で鉄板焼き。霜降りを持ってきた。皆さんが目の色を変える。闇絵と環は霜降りにご執心。さて、闇絵は違和感を覚えたようだ。紫は母のようにはなりたくないと。母のように死にたくはない、自由に生きたいと。真九郎は昔、両親が事件に巻き込まれた時乃の経験を話す。ただ、紫は小さいのにしっかりしているというか、何と言うか大人の話だ。紫と真九郎で二人。そして、真九郎の大切な人にキス。紅香が当主の部屋へ侵入。紫は前の紫とは違うと。お互い、息子と真九郎を試してみようと。弥生が簡単にやられた。この追っ手って女?だよな。真九郎が反撃。でも、この女強いな。当主の息子竜士登場。彼が出てきて紫が完全に怯えている。竜士に何者かと聞かれて、紅香の弟子だと。でも、真九郎も簡単にやられたぞ。怒った竜士の折檻ってひどいんだろうな。で、例の女は真九郎をボコボコにしている。すごいな。紫は何をすべきかと言わされる。真九郎は何で諦めるのかと。息子は口で言ったとおりだと言い、自らの運命を受け入れた事を自ら示せと。ボロボロの真九郎は止めようとするが、紫は歩いて戻る事に。

 EDは戻った?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年5月第5週のアニメ1.5

仮面のメイドガイ
 どちらさまでしょうか?ななかにいきなり結婚してくださいと。
「ご奉仕八 その名は怪傑!いちご仮面」
 この妙な男ヘンドリックがナンパしているのだが、いちご仮面が邪魔。招待はリズだな。どう考えても。リズの兄か。で、彼はまた会いましょうと。担任として赴任。何だかなあ。でも、目の力がすごいんだな。胸の谷間とかNGワードを言うといちご仮面が登場するわけだ。リズはブラコン?和泉が何か思ったらしい。ほお、リズにとっては乳が小さいことが問題だったのではと、それが図星。メイドガイとテイマーが彼の目の力に気付いた。リズはブラコンで、なえかはリズの恋のライバルだそうで。

 さて、剣道部の道場にもいるよ。彼。顧問になったのか。とにかく乳ですか。で、なえかは顧問になるなら剣道で勝ってからだとか。さて、コガラシが来た。コガラシがリズというかいちご仮面に何やら渡して消えた。秘密兵器か。あら、なえかがヘンドリックから一本。目を合わせないようにするにはノーブラで乳に目が行くようにするのか。なるほどというか、なんというか。でも汗で透けた胸を隠したらそれも効かない訳だ。さて、いちご仮面登場。なんだか知らないがいちご仮面の乳が膨らんでいる。そして、なえかの乳をかけた戦いが始まるわけだ。コガラシから渡されたのは巨大に膨らむ目潰しのブラだったのか。護身ブラか。すごいな。ヘンドリックはそれはそれで満足したみたいだ。で、コガラシはブラのリボンを外すと護身武器になるように仕込んでいたのか。何だそりゃ。

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
撮り損ねた(泣)

BLASSREITER
 まとめて撮り損ねた。あーあ、クリスタルブレイズはどうでもよかったけど、こっちはなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年5月第5週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 サクラさんの夢の話。間違っている夢の話。彼女が少年に声をかける。名前を呼びかけて、君の名前だと。
 さくらさんは枯れない木のところで。木から怨念でも出ているのだろうか。桜が浄化された。「まだ、大丈夫だよね」と。何が、どう、まだ大丈夫なんだろう。純一さんが公園に来た。笑って和菓子を出す。
「さくらんぼとお兄ちゃん」 
 由夢が義之の夢の中で「さよならだね、兄さん」と。謝るしかないと。由夢が起こしに来た。まるで何もなかったかのようだ。今度は音姫が暗くなっている。さくらは島を離れている事になっているのか。由夢にまだ気にしているのかと。彼女はそういう運命だからもう怒っていないと。凶事が起きる場所にさくららしき人物が現れるのは被害を食い止めるために駆けずり回っていたからだったのだな。確かに枯れない桜がどうしてまた咲くようになったのだろうな。さて、音姫が桜の前でさくらを待っていた。段々さくらの力では制御できなくなってきていると。さくらは桜を枯らすわけにはいかないと。桜を枯らすと…主人公も消えるのだそうだ。どういう事だ?冒頭のシーンと関係する?

 さて、皆で鍋を囲んでいる。由夢が鍋にポン酢を入れたが、それでもいいと思うが。さくらはこんな団欒は楽しいなと。さくらにゆっくりできるのかと聞いたが、今度はもっと長くなると。さて、真実を知った音姫は暗い。さくらは桜を枯らせば良い願いも悪い願いも、さくらの願いも全て消える。だから主人公も消える。結局はさくらは枯れない桜に頼っていたのか。一度は枯らしたのに。そして、さくらは願いを選別するために枯れない桜に取り込まれるつもりだと。義之に出て行くところを見られた。さくらが義之に抱きつく。義之って自分のオンリーの純一さんなんだろうな。「充電完了」か。さて、さくらは純一に頼み事をしたのか。それは純一に髪を切ってもらうことだったわけだ。純一は「かったるい」と。懐かしいな。ミスターかったるい。そして、「さくらんぼ」と。無印第一期懐かしいな。本当に髪を切った。さくらはさあ、始めようと。純一は事情を察して外にいる。

我が家のお稲荷さま。
 ムビョウさんでした。さて、透に問いかけた。
「お稲荷さま。探し物する」
 ムビョウさんは不幸せなんだって。で、逆さ円を探しているんだって。で、盗まれたそうだ。で、その逆さ円は持って行ったらしいんだが、で、ありかは知らないらしい。へえ、タヌキの相棒がいたのか。で、くうはビキニ。ムビョウVSコウ。み魂送りのせいもあるらしい。昇の前にはタヌキ。で、昇はスルー。エビスさんは協力しないって。くうはプールは行きたくないのかと。で、くうはプールに行くにはムビョウの乳がないのだと。さて、昇の話を聞いてムビョウは反応。

 で、プールへ。拝さんは用務員になっていた。明るいな。で、大五郎は楽しく暮らしているらしい。さて、ムビョウがくうがプールに気を取られているうちに透を連れ出した。で、逆さ円は透の頭の中にあるそうだ。昇がくうの主なのか。だから学校の中に入るように命令しろと。ちょっとむびょうさん怖い。いや、ちょっとじゃないな。で、まず拝さんが透を助け出す。その頭の中の話を拝さんに話をする。おいおい、拝さんはここの宿直室に隠したといっているが、この用務員さんは狐じゃないわけね。ということはこの用務員はタヌキか。狐の怒り心頭。タヌキだもんな。ムビョウさんが登場。ここへムビョウが透を誘い込んだのだそうだ。もらっていくと。くうが二人。というか、くうと狐形態。双方がムビョウを攻撃。さて、神殺しについてどう考えるかという事に。で、なんでムビョウは大五郎の逆さ円に気付いてないのやら。で、帰ってきたらまったく変わった。で、拝さんにとっては屋上がめちゃくちゃって方が大変だそうです。鳥が飛ぶ空。で、あのセキレイっぽい鳥は何?

 で、話は通じたようだ。この仮面(?)の人物はムビョウとは違うようだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年5月第4週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 百目鬼が和菓子を見ている。。
「鈴音 ササヤキ」
 鮎の塩焼きか…いいな。侑子は何をやっているかと思ったら、四月一日のドット絵(?)かよ。鮎は夏らしい食材だよなあ。あ、鮎が焦げている。おや、珍しい客だ。さて、四月一日の学校の女の子らしい。彼女は家の中で一人の時に物音がすると。彼女に鈴を渡した。対価は願いが叶ってからでよいと。さて、鈴を付けていたのに音が大きくなったと。次は二つ。さて、四月一日は百目鬼に付き合って甘味を買ってきた。で、酒か。例の子が来た。さて、全く効かないとさ。今度は3つ。それでだめならなら7つか。もっと増えた。彼女は絶対に持っていく。意地になっているみたいだ。また、鈴だ。家が怖くなくなる…うーん。違う意味か?

 そして、侑子さんの見立てでは今日で終わりか。あ、百目鬼のおじいさんか。ハルカさんというのか。ハルカさんに相談。行ってみようと。すぐにそこへ。夢を通ってやってきたのか。さて、鈴が落ちたら足音がする。おや、あの同級生の親族か何かか?この部屋だけ電気がつかないそうだ。鈴の音がする事にこの人たちが気付いた。ほお、彼女が幽霊か何かか。このカップルがこの部屋を除霊してもらうそうです。さて、その子が学校に着ているんだが。あ、そうか、実際にはひまわりには見えていなかったのか。今は小羽ちゃんは結構色んなところで叩かれているらしいね。大変だね。今度は鮎の炊き込みご飯らしいね。侑子も彼女の願いについては対価を取らなかったのか。本当はよく分らない。除霊されて家から出された。そうなれば家は怖くない。いやいるべき場所にあるという事が対価か?

フタコイ オルタナティブ
「双葉恋太郎最初の事件」
 父の葬式。沙羅・双樹が探偵事務所を探す。ま、その頃の話だ。依頼人は沙羅・双樹。事務所にやってきた。それにしても沙羅は全裸で回し蹴りだ。やっぱりすごいシーンだな。
 恋太郎出発のBGMはかっこいいな。

紅 KURENAI
 男達二人が五月雨荘のある路地へ車で。場所を確認している。さて、主人と奥方が奥の院について会話。この主人も何を考えているか分らない。
「自愛と臆病と」
 それにしてもどうして真九郎の部屋で朝ごはんを皆で食べているんだ?七五三の話だ。皆でお祝いをしようと。花園神社でやるらしい。男達二人も監視。で、銀子に九鳳院の事を調べてもらっている。真九郎は銀子に七五三のお祝いについて質問。闇絵さんがメイク。一応、弥生さんに頼む。紅香は許可。駅前の神社ならOKらしい。監視役が神社に行く紫達を発見。狛犬談義。で、お参り。金運・ギャンブル縁がよくなる神社なんだそうだ。一応、社務所もあるのか。さて、紫が引いたおみくじは凶…これからいい事が起こると真九郎説明。お守りを買ってあげる。交通安全でいいそうだ。さて、弥生さんが尾行の存在に気付いた。

 さて、飲み屋。お祝いだ。主人が報告をしている。そこへ主人の息子が自分でやると。慇懃無礼。早く隠居させたいようだな。さて、紫は胸が大きい女が好きかと。紫は大人の女になりたいと。で、真九郎は今のままでいいと。さて、学校。夕乃に七五三の事を報告。で、環が着物の着付けをして着物で遊んだ事があると言うと夕乃が顔を赤くする。どんな話だ?さて、銀子のレポート。公式情報では紫は九鳳院には紫という女の子供はいないそうだ。まあ、奥の院の話は表ざたにはなっておらんのだろうし。真九郎はちょっとショックを受けている。さて、例の尾行の二人。襲っただけで引き上げていった。弥生は紅香に報告。真九郎は無事を確認。紫にこの場所がバレた事を説明。紅香が迎えに来るそうだ。
あれ?EDが変わった?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »