« 08年4月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年4月第4週のアニメ1.5 »

08年4月第4週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 雪が降る。ホワイトクリスマスか。で、こんな幸せがいつまでも続いてほしいと思ってサクラはどうした?どう考えた?
「幸せの形」
 さて、由夢がさくらの家の前で一度ため息をついて学校へ。また戻ってきて主人公に一緒に学校へいかないかと緊張している。さて、クリスマスパーティーの予定について確認。由夢とは一緒にいれば退屈しないから二人で回ろうと。そしたら由夢はじらそうとするが、主人公は全然気にかけない。いやあ、こういうのってツンデレなんだよな。小恋の体調はよくはなっていない。さて、休憩中に妹と回ることに。教室に戻ると小恋が倒れたと聞いた。上演は諦めざるを得ないと。おお、ここで姉が登場するわけだ。

 音姫を説得するが、かなり緊張。そういうタイプね。でも本番になると二人で息の合った所を見せることが出来るわけだ。さて、音姫のエトが好きというセリフに心がこもっている。でも、このエト君はシャルの負担にはなりたくないと。シャルは初めてのサンタクロースの仕事。そういえば音姫は「仕事」をしたのだろうか。さて、エトの願いは盲目の自分が消えてしまうこと。シャルはそんな願いは叶えられないと。そんなやり取りを泣きながら音姫はセリフを言っている。副会長も涙ぐんでいる。さて、エトの目に光が見える。クリスマスの奇跡だ。劇が終わった。大成功ですね。
 家で人形劇の成功について由夢はちゃちゃを入れる。見ていないだろうと言われたが、自分も否定していたけど、見ていたよね。音姫がサンタがいると信じているという楽しい三人の話を少しさくらが悲しそうな顔をしながら聞いている。この幸せがいつまでも続くといいなという願いは否定されるんだろうな。

我が家のお稲荷さま。
 コウが食事を作るそうだ。命にかけても。くうが大丈夫かいなと。
「お稲荷さま。収獲する」
 ダメそうです。
 典型的な料理が出来ない人ですね。おお、お湯を沸かすだけで鍋に穴を開けた。なかなかすごいな。昇が何か気付いた。父曰くダイナミックな料理なんだとさ。くうはこんなもん食えるかと言うが、昇は一口食べて「もう、無理するな」と。昇は皿を洗う時に割っている皿の出費を心配。昇はガス代を浮かせるために透とお風呂に入るとさ。父は母の遺影に線香を上げ、そしてくうと話をする。父と母は大学で出会ったのか。さて、三槌家の司祭は短命だという事について話をするわけだ。で、三槌家の事等について色々話す。母からも慕われていたのだな、あまり話はしたくないようだな。これ以上は止めておきたいという事なんだろう。しんみりしてしまうからということか。

 くうはグルメなものが食べたいそうだ(確かにテレビ見ていればそんな言葉を覚えるか)。で、人間形態に。巨大な枝豆で透を誘っている。いや、これは誰だ?コウは家事を透に任せて透の所へ。ジャックと豆の木か。透のところへお姉さんが。やばいと思って逃げた。さて、コウ発見。おいおい、くうは池の鯉を取っていたりするのか。コウが助けに来たけど、木に水は効かないという事か。さて、その木のお化けが透に色々説明。怒る。龍の血が体に入っているのか。でも、巨大水流を使えばうまくいくか、でも、うまいこと透を盾にする。さて、コウ激怒。やっつけた。そして、お詫びに豆女が豆をくれた。という事でいいわけ?

 最後、ゆでた豆にコウがとんでもない量の塩を…どうしよう。

|

« 08年4月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年4月第4週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/41075605

Listed below are links to weblogs that reference 08年4月第4週のアニメ1.0:

« 08年4月第3週のアニメ2.0 | Main | 08年4月第4週のアニメ1.5 »