« 俗・さよなら絶望先生(最終回というか) | Main | 08年4月第1週のアニメ1.0 »

ARIA The ORIGINATION,「その 新しいはじまりに…」(最終回)

ARIA The ORIGINATION
 おはようございます。という事で。制服を着てみたのですが、それをアリシアさんがじっと見ている。藍華とアリスが寿引退するという事を聞いて灯里を問い詰める。で、ゴンドラ協会の理事への就任の事も理由だと。暁さんも電話で問い合わせ。ショックを受けているようだ。アリシア引退は町の話題だ。送られた花束の数はすごいな。アリシアさんにとっても万感の思いがあるのだろうな。
「その 新しいはじまりに…」
 藍華とアリスは大丈夫かと聞いている。かなり心配そうだ。確かに灯里は引退宣言からてんてこ舞いの日々だけど、いつもと変わらない日々なのか。さて、帳簿の数字を確認しようとするとアリシアがいない。ちょっと灯里が泣いてしまった。一生懸命笑顔を作ろうとしている。灯里は皆が引退してほしくないんだと思っていると言う。アリシアが彼女を抱きしめる。アリシアも灯里の力を前から認めていたからプリマに昇格させても良かったのだが、手放したくなかったと。でも、灯里はそれぞれの道があることだというのは分っている。笑顔で見送らなければと思っている。分っている。二人手を離す。

 へえ、今日の最初のお客さんは郵便屋さんのおっちゃん。制服を着ていないと誰かと思った。灯里は沢山の人に助けられていると。アリシアは灯里のARIAカンパニーが始まっていると。さて、引退セレモニーが始まる。アリシアが晃・アテナに先導されてゴンドラを漕ぐ。ARIAカンパニーの建物を振り返る。数多くのゴンドラが待っている。暁が泣いている。待つゴンドラの先頭は藍華とアリスか。艇列の間を進むゴンドラのシーンはきれいだな。アリシアが灯里にオールを渡す。アリシアが昇格した時の事を思い出す。ゴンドラに礼。涙をこぼす。社長も泣いている。雪が舞い落ちてきた。さすがスノーホワイト。灯里がお疲れ様と。鐘が鳴る。
 晴れた日。アリシアさんが新聞を読んでいる。と思った。皆がいるように見えた。その時はまだ藍華は片手袋だったりするのだな。ほんの少し前の話。皆いる。それはここに沢山の楽しい事が詰まっている。シャッターを開けるとそれが消える。でも、彼女は大丈夫だと。これから今が始まる。ここでウンディーネがかかるか。そして、皆の今。アルの近況は藍華から聞くのだそうだ。なるほど。暁さんはやっぱり灯里が気になっているのだな。アリスの自分ルールは三人で遊びに行く事。アテナは女優デビュー。晃はナンバーワンプリマですか。藍華は口ではぶつぶつ言うが、それがうれしいのだそうだ。アリシアさんは眼鏡っ子。様々な公演とかで忙しい日々か。グランマと遊びに来るんだな。灯里を見て楽しそうに笑っている。さて、ウンディーネが終わった。
 新人はアイちゃんですか。灯里も大人になったかな。なんだ、灯里はアリシアさんみたいにアイの事を見ているよ。

 初めて見たときにはここまではまるとは思わなかったなあ…衝撃的だった第一期。期待はずれの部分があった第二期。しっかりとまとめてきた第三期。いや、ここまで記憶に残るアニメになるとは思わなかった。でも、ウンディーネがかかるとじわっとした感じになるなあ。二期以降でもこの曲がかかるとじんわりと来る。原作のAQUAから読んでいた人には長い話が終わったという感じがするんだろうな。アニメだけでもそう思うのだし。

|

« 俗・さよなら絶望先生(最終回というか) | Main | 08年4月第1週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/40786651

Listed below are links to weblogs that reference ARIA The ORIGINATION,「その 新しいはじまりに…」(最終回):

« 俗・さよなら絶望先生(最終回というか) | Main | 08年4月第1週のアニメ1.0 »