« March 2008 | Main | May 2008 »

08年4月第3週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 今回もスガシカオで確かにかっこいいんだが、アニメとはあんまりあっていないよな。墓場鬼太郎の電気グルーブのモノノケダンスの方がそれっぽかったかな。
 夜の中の風呂胃影。四月一日の背後に迫る。
「夢買 ユメカイ」
 四月一日逃げる。モコナかよ。でも夢だったそうだ。さて、ひまわりの夢の話。オチを聞く前に、委員会へ行く時間だそうだ。あれ?彼が焼いたマドレーヌから妙な感じが。百目鬼の夢は百目鬼のおじいさんと馬が出てきたそうだ。四月一日の帰り道。後ろから何か近づいてきている。今度は目だな。モコナじゃない。さて、食われそうになっている。そこへ百目鬼が馬に乗ってやってきた。鏑矢を放ち四月一日を救う。気が付けば侑子さんが四月一日の背中に乗っている。侑子さんはこれは正夢だと。侑子さんは同じ夢を見た人がいないかと。彼は夢を買ったのではないかと。ほお、あげたマドレーヌが対価か。それに食わせてやった百目鬼の夢も買った事になるのか。さて、侑子さんは矢を夢買いにかってもらわなきゃと。

 夢買は矢に探してもらうことに。電柱の間をすりぬけて違う世界へ。夢買が風船にぶらさがってやってきた。夢買は夢を育てて売る商売なんだそうだ。バクが大阪弁でしゃべってるよ。いきなり矢に注目。じゃなくて、ヤンマガかよ。ま、それはボケで、矢を売ってほしいと。吉夢二つ、いや、三つでもいいと。侑子さんは五つだと。それでもいいそうだ。夢買はおでん屋で祝杯だと。今晩は付き合えないそうだ。四月一日は一つをおでん屋の息子に渡してほしいと。さて、彼の風船は侑子さんに取られて二つに。誰かいる。百目鬼のおじいさんが現れた。百目鬼のおじいさんが百目鬼の写真を見せて、四月一日がびっくりしている。着物の女の子だったのか(笑)モコナが茄子を取ってきたそうだ。これから茄子料理。

フタコイ オルタナティブ
 録画時間を間違えていたか。「エメラルドマウンテン・ハイ」って切なくて苦い話だったよなあ。

紅 KURENAI
 紫が真九郎の尾行をしている。そして、その尾行をする男。暴力団の事務所へ。紫も入っていったが、その護衛は入れなかった。それにしても迷惑なガキだ。
「才物」
 真九郎はいきなり本題に入る。証拠を突きつける。おいおい、紫がいきなりやってきたぞ。へえ、土地の権利書は返すそうだ。だが、若頭が目配せをした。紫はこいつを信じるなと言うが頭を下げる。さて、エレベーターのところで待ち伏せ。そりゃ、紫を叩いて人質にするわな。怒った。真九郎覚醒モード。ひじから刀が生えてきた。さて、護衛さん。これ、女なのか。真九郎の腕から生えた刀を見て「崩月の…」と言っているが。何だそりゃ。メチャメチャ護衛の弥生が怒っている。紅香にも彼じゃ無理だろうというが、紅香は彼を選んだのは勘だと。

 紫が起きた。多少紫は反省。真九郎は眠そうだ。紫は掃除。銀子の元へ。これで手を引くかどうかは分らないと。肘をかばう。崩月さんは不覚を取ったと。崩月さんは「角」を使わないといけない様な事はしないようにと。さて、お布団干しだと。廊下に放置をしている様にしか思えないよな。確かに紫は掃除をしたようだな。多少の混乱がみれれるが。そして、お風呂屋。また、違う方面で話題になっているんだろうな。紫が真九郎の小さい頃の話をせがむ。そして紅香も真九郎の話をする。あの破壊された場所のシーンは空港だったのか。銀子も含めて生き残った子供達が連れ去られたのか。へえ、銀子達が救出に来たのか。それから崩月さんの家に住んで崩月流の修行。紅香は紫を見て、母の言葉を、外へ出すという事を実現しないと思ったのだと。紅香は「守るべきものが見付かった時、人は強くなれる。」と考えたのか。意外に真九郎に甘い期待を持っているんだな。いや、甘いかどうかは置いておくとしてそういう考えを持つ人だとは思わなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第3週のアニメ1.5

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
 OPとED曲はちょっと古い感じだなあ。80年代風というか。
「EPISODE 03」
 マナミに仕事の依頼。先輩を探すんだとさ。アヤカも連れて行かれた。へえ、ポリリンってお上からこの町を委託されているのか。で、ポリリンが自分には見せてもらえていない場所を調査してほしいと。でも、何かあったら自分の身は自分で守るようにとの事。お上との契約も大事。シュウは早速潜入。おや、後ろにいるのはフリージャーナリストのソフィアか。実際の事にはたどり着いていない。思い切りの監視付き。シュウも気付いている。多分、そこの施設では何らかの研究。キトー氏はキリエの報告を聞いても冷静。野望があるのかないのか、よく分らない。で、マナミの調査。あれ?もしかして失踪した先輩とガラス女がつながる?

 で、シュウ達は立ち飲み。シュウは今からお前のところへ行ってもいいかと。さて、先生は騙されたと思ってサラにアンプルを飲んでみろと。さて、マナミは手がかりなしか。アヤカは自分から出て行ったとか?で、次はアヤカがガラス女の話をするがマナミは聞いちゃいない。シュウとソフィアは寝たんだな。シュウはもうあそこに近づくなとさ。マナミはサラに相談。サラはやり方を変えてみたらどうかと。モニカにアキラが拉致られた。マナミは余計な事をするなと言って、アヤカを責める。先輩の電話番号が分ったというのに。キリエは仕事は片付けたが、シュウが色々な女の部屋に入っている事について怪訝に思っている。確かに何をしたいんだ?アヤカは本当はどこかの令嬢?空気を読まないのはマナミだとも思えるのだが。さて、階段にはキューちゃん。導かれるように屋上に行くと腕がガラス化したサラがいる。

BLASSREITER
 OPが意外に明るい。
「感染拡大」
 とにかく何か起きていて、その後処理だ。ゲルトの身に何かあったようだ。アマンダがジョセフに気付いた。さて、マレクが画像の中にいる。そのマレクという少年は何だ?あ、アマンダの弟か。マレクはゲルトはヒーローだと。ゲルトに襲われた男の様子が急変したそうだ。幻覚を見ているようだ。女は異常なし。融合体に襲われたものが全て融合体になるわけではない。この違いは何かという事だ。ゲルトについてその襲われた女が適当なことを言う。あの女はゲルトの元恋人か何かか。ヘルマンはそりゃ、怒るぞと。

 さて、例の女・ジルについて監視を続けるそうだ。ジルのところにヘルマンが乗り込む。アマンダ達は制止。ヘルマンはゲルトが生きていればジルのところに来ると。ジョセフは研究所を監視。さて、例の男が融合体になった。まずはドアノブから融合するとは恐れ入った。さて、それを追うジョセフこと「ブルー」と共に攻撃。さて、ジルのところへ何か来た。その襲われたマシューか。目の前で撃たれた。ニトロプラスが大好きなゲバルトか?さて、マシューの融合体は自分に人間としての権利はないのかと。化け物と言われて生きるなら一緒に手を組もうと。さて、そのブルーが乱入。戦うわけだ。そして、マシュー融合体は一刀両断にされた。XATはジル邸から撤退。ジョセフはあの男は救えるかもしれないと。

 ふーん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月4日から4月22日の酒

(立川にて)
DENNERY superior LUCIAN RUM
 えーと、どこだっけ。St.LUCIANとかいう島のラム。結構いけたぞ。これは。
GLENDULLAN 12
WHITE HORSE LOGAN 12y

THE FAMOUSGROUSE LIQUEUR
 何気にフェイマスグラウスって輸入されている種類増えてないか?これはリキュール。スパイス香が強い。でもウィスキーのリキュールってこんな感じの多いかな。

(国分寺にて)
Franziskaner Hefe-Weissbier
J&B JET 12
MARC DE BOURGOGNE Robert CHEVILLON Nuits-Saint-Georges(Cote-d'Or)

(立川にて)
MORTLACH 1993 Royalmile
Clynelish 1995

BODOCO 5y
 カサーシャ。口あたりのいいラムみたいだ…色もついてるし
Матрёшка
 マトリョーシカ人形のボトルで観光土産みたいだが…かなりまともな食品61号。

(御茶ノ水にて)
Franziskaner(Draught)
Spaten(Draught)

(立川にて)
Black Maple Hill 14y

(国分寺にて)
ELK
 その昔サントリーにそういう名前のウイスキーがあってねえ(笑)
Vanilla Dzama
 マダカスカルだそうです。
Domaine Laroche Marc de Chablis Grand Cru LES BLANCHOTS 1986
 お値打ち!

(立川にて)
Rhum Barbancourt HAITI
AALBORG TAFFEL AKAVIT

(立川にて)
TOMINTOUL 10y
麦の香り。スムーズ
McIntyre's Springbank 1991
 華やか
KNOKDHU 20y ADELPHI Distillery

(国分寺にて)
Philippe de Bourgogne CREME DE CASSIS DE DIJON

(立川にて)
ARDBEG TEN

EXCLUSIVE MALTS BENRIACH 11y
BENRINNES 15yUD
花と動物シリーズの黒雷鳥
Inverleven 1990
CADENHEADS CAMERONBRIDGE 11 GRAIN
CONNOISSEURS CHOICE CLYNELISH 1989

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第3週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 昔、昔の桜と粉雪の日の事。手を引くことしか出来なかったと。その時は幸せだったと。
「正義の魔法使い」
 不穏なタイトルだ。
 さて、人形劇の練習は順調のようだ。杏の誤解を招くような言い方は面白いな。さて、小恋はぼやっとしていた。どうしたんだろうな。もうふっきれたものだと思っていたが。さて、杉並だ。何かスペシャルアイテムを持ってきたぞ。で、主人公は頼まれた。音姫は預かったものは出せと。さすが、音姫。杉並の陰謀アイテムを回収したぞ。今晩も練習をしようと。で、気分を変えて音姫の部屋でと。さて、美術部の部室から何かなくなったみたいだ。という事で召集された。さて、由夢に時間通りに来なかった事で怒られた。さて、この初老?の男性は純一か。へえ…。いや、初老じゃなくて老人か。さて、初音島の埠頭倉庫で火事。音姫は色々気になることが多いようだ。セリフを語る時の音姫の表情はちょっといっているな。練習の会話を由夢が立ち聞きしている。さて、約束の事を話をしている。さて、またサイレンの音。由夢はいてもたってもいられないようだ。

 小恋はイマイチ。咳き込んでいる。喉が痛いようだ。うがいしてくると言っているが、保健室へと。主人公が休憩の時、昔の事を思い出している。音姫の感じが違うのだと。あれ?純一さんのセリフってどこから来ているんだ?H2Oでも出てきたような。さて、純一さんからとっておきの魔法を教えてもらう事に。公園にいる音姫の所へ行くが、音姫はほっておいてと。で、主人公がお菓子を出した。驚きながらも食べた。魔法使いつながりという事だな。彼女がうれしそうに笑った。正義の魔法使いなのだと。その頃のセリフか。ちょっとほっとした。秘密の共有により一身同体になるそうだ。今の主人公が音姫を誘う。約束を思い出したそうだ。一身同体。それです。さて、今起きている火事の原因は不明。音姫はその事件を解決するのが自分の役目だと。主人公に自分を助けてくれるかと。今回の主人公も思い切り、安請け合い、いや、言っているときは本気なのだろうが。

 今回の善き魔法使いは積極的に主人公を巻き込むわけだ。まず「地獄への道には善意が敷き詰められている」だろうな。

我が家のお稲荷さま。
 お稲荷様はテレビが大好き。新学期。お稲荷様が学校という聞きなれないキーワードに反応。
「お稲荷さま。登校する。」
 さて、昇の前に可愛い女の子。佐倉さんだ。そして、家事が全く出来ないコウはパニックに。お稲荷様はテレビを見て暇つぶし。暇なようだな。お稲荷様は学校という言葉にまた反応。さて、透君が家に戻ってきた。コウはパニックになっている。さて、透に学校の事を聞くが、何か思いついた。へえ、昇はバドミントン部なにか。佐倉さんもバドミントン部か。佐倉さんは昇を心配しているが、昇は家の事を心配しまくりで話が全く噛みあわない。昇の所へ金髪の美女が探しに来ていると。男子部員はみな魅了されている。コウもいるぞ。なんちゅう場所にいるんだ。バスケットゴールのバックボードの上に。透が連れて来たバス代がもったいないと。透が家にホットケーキの素があると。さて、昇は家にあるホットケーキの素から悪い連想。仕方ないらしい。佐倉さんは何が起きているのだろうと。

 くうは楽しく透や部員達を引き連れて校内探検。で、くうを佐倉さんと二人で探している。佐倉さんはうれしそうなんだが、この状況なので何だかなあという感じ。そして、色々妄想。音楽室で楽器演奏なのだが、なかなか楽しそうだ。佐倉さんはコウとくうの事について色々想像。大変だな。で、佐倉さんは自分も巫女装束を妄想か。いや、大変だな。くうは一気に学園のアイドルだな。そしてコウは説明能力も欠けているのだな。なかなか楽しい。さて、何か仕掛けたのだな。部室へご案内。何か仕掛けたのだが。あ、昇が穴に落ちた。くうが戻った。そういう事か。あの幼稚園児三人組は土の物の怪か。あんたらはもぐら叩きのもぐらか。思い切りくうをバカにしている。佐倉さんは全く状況が飲み込めていない。とりあえず昇を穴から出すことに。くうが怒った。やっぱりもぐらだった。怒られて帰っていった。佐倉さんは呆然。術をかけて帰らせた。へえ、今見た事について記憶を消したのではなく奥底へ沈めたのか。で、透達も帰る事に。給食を食べなかったのが残念そうだ。

 佐倉さんは気になって仕方ないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第2週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 前回のあらすじから。
「朋分 ハンブン」
 飛ばされてきた。建物から邪気が漏れてきている。カラステングは四月一日で太刀打ちできる相手ではないと。狐はまず火を噴いて結界を破ってみた。下から霊気が上がってくる。四月一日は寒気を感じている。四月一日はガラスの破片で手を傷つけてその傷の痛みで意識を保とうとしている。さて、百目鬼が店の前に。百目鬼の目には空き地しか見えない。四月一日は最下層の部屋へ。座敷童子が捕まっている。金髪のお姉さん。四月一日の見えない目に映るのは自分。つまり蜘蛛だな。座敷童子は目を返してほしいと頼みに来たのだな。いつのまにやら蜘蛛の糸に囚われた。彼女は座敷童子の首元へ爪を伸ばして札狐を止めるように指示。

 さて、店に雨童子登場。侑子さん達はプラモデルを作っている。四月一日は女郎蜘蛛に座敷童子を返してほしいと。へえ、座敷童子の心臓を食べれば百年長生きできると。ならば四月一日は左眼も差し出すと。女郎蜘蛛はそんな簡単に投げ出すものとは交換できないと。守ろうとしたものが傷ついているのを見るような事は嫌いだと。侑子が言いたかった事を女郎蜘蛛が言葉にしたわけだ。四月一日は隠し持っていたガラスの破片で蜘蛛の糸を断ち切り、座敷童子を助け出した。それは興として女郎蜘蛛は面白がる。確かに女郎蜘蛛なら金髪はありか。ならばということで女郎蜘蛛が四月一日の目を食った。待つ雨童子もつらそう。出かけた座敷童子も辛い。それぞれ半分だ。
 座敷童子が四月一日が目を覚ました事に喜んで泣いている。聖なる泉で邪気を洗い流す。カラステングもこういう時は優しい。彼女は泣いている。気付けば侑子の家の風呂にいる(制服姿で)。侑子さんは右目は戻らないと。四月一日は分ったことがあると。侑子が言いたかったこと、女郎蜘蛛が四月一日に言った事が分ったという事でいいんだろうか。侑子は百目鬼の右目の半分を差し出す。四月一日の右目が戻らなかったら渡してほしいといわれた。彼はそれを口にする。眠ってしまった。さて、弁当を持ってきた。作ったのは四月一日で持っていくのは百目鬼だ。

フタコイ オルタナティブ
 主人公は銭湯。沙羅双樹もお風呂。
「ノーネームデイ」
 ストーリーが出来ていない欠点は今から考えると2話の段階から思い切り見えていたわけね。総体としてのストーリーにこれ以上期待してはいけない(しないし)。絵はきれいだよなあ…。うまく言えないがこの作品については全否定はできない。

 EDのクレイアニメの温かさ。これは変わらないな。それと次回予告の切なさ。

紅 KURENAI
「偽者の顔」
 ドラマを見ながら紫と隣の人で男談義。紫って何だよ。真九郎には弁償しろといわれた。で、崩月さんが仕事の内容を聞く。村上さんが呼び出している。村上さんは崩月さんは嫌いだそうだ。さて、学校へ紫と二人がやってきた。さて、村上さんと真九郎が一緒に通った幼稚園の経営者が脅しにあっているようだ。で、紫は学校探検中。村上さんは崩月さんからもらったストラップについても軽く文句。さて、紫さんが崩月さんに見つかった。崩月さんが九鳳院と聞いて驚いている。何か村上さんはうじうじ。えーと、もしやツンデレ?崩月さんは紫に九鳳院の事はちょっとは知っていると。いや、ちょっとは知っているというのは「ちょっとは飲める」というのと同じ言葉遣いだろうな。紫が崩月さんにお前は誰だとさすがに警戒。

 さて、学校で生徒達が変な小学生の話をしている。さすがに真九郎も紫がどこにいるか気付いたね。崩月さんの事紫は知らないそうだ。九鳳院でも自分の苗字を知らない人がいるというのは意外な事なのか。もしかして、崩月のおじいさんが武術家という事だから警護指南役とか。それにしても環はひでえ事を教えるなあ。で、崩月さんはなんかうじうじ。崩月さんは真九郎に嘘は付くなと。謝るわけだ。さて、紫が電車の中でおばあさんにからんでいる高校生に文句をつけたぞ。真九郎はその高校生に謝る。へえ、西武新宿線沿線なのか。紫は偽物の笑顔は嫌いだと。紫は母の様にあんな顔をして死ぬのはいやだと。元々の原因となったおばあちゃんが自分は平気だと。段々色んな事を学んでいく。紫は夜中に出かけていった真九郎を尾行する。紅香のもう一人の監視役が彼女に連絡。面倒な話だねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第2週のアニメ1.5

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
「EPISODE 02」
 医者?コスプレマニア?その先生を呼び出したのは探偵事務所の皆さん。急患は例の女性。やはり触れたら電撃をくらった。体温50度か。医者はやっかいごとだと。費用はたんまり出すと。HW9を組織は盗み出させたらしい。さて、少女。ガラス体が巨大になって彼は押しつぶされたのか?小さくなった。マナミとアヤカの会話。マナミは大騒ぎしているけどアヤカは半分無視。でも、調べていることは確かだから関心がないわけではない。で、女が起きた。シュウは修理工場へ車を持っていったが、修理工場のあんちゃんは明らかに人を殺傷するための銃で撃たれた跡だと。やっかいな敵だな。

 警察も事件を追っている。緘口令が出ているそうだ。被害者の姿を復元。まずは被害者の身元割り出し。ポリリンはシュウに地下にまずいものがあるんじゃないかと。元々の依頼は痕跡を残さずに逃がすことだそうだ。女が消えた。一応、ポリリンの監視網には乗っているようだが。さて、マナミとアヤカが発見したが、帰りなさい、これ以上関わると死ぬと。さて、組織の皆さん登場。そして、シュウが登場。修理代を寄越せと。女を番号で呼ぶ。さて、彼女には戻れという指示。素直に戻った。さて、自己紹介。女は自分のコードネームで呼ばれるのはいやだということだ。サラという事で。

我が家のお稲荷さま。
 前言撤回。
 妖怪飼っていいか?と父に。父は了解。理解があるなあ。
「お稲荷さま。我が家に住みつく」
 コウは護り女という事で一緒に住みついたりするわけだ。父がタイムスリップしてきた人みたいだと。お稲荷様はテレビに興味津々。コンビニの店員が腕のリングに気にしているようだ。さて、お稲荷様が自分の毛を切って渡したのか。さて、お稲荷様は男形態になった。今度はお昼ご飯か。さて、お稲荷様は神社の神様に挨拶をしにいくそうだ。さて、さっきのコンビニの前に。あ、コンビニのオーナーはいきなりお稲荷様の正体を見抜いたぞ。それもあっさりと。

 さすがのお稲荷さまもちょっと警戒。オーナー様は大霊狐だと聞いて敬意を表する。エビスという名前なのだが、神様らしい。手下の狛犬達を紹介。動き出したがお稲荷様は気にしない。おいおい、この地を滅ぼそうとするものだから排除せよって。売られた喧嘩は買うらしい。へえ、大人の事情なのか。エビスさんはタバコに火をつけて戦いをゆっくり見るそうだ。さて、次は女の形に戻った。さすが、大霊狐は強いな。でもちょっと本気を出すことになった様だ。さて、コウが登場。エビス様は二人の安全のために動けなくしたと言っているが。コウが狛犬の正体を伝える。うまくいったようだ。へ?神社が壊れた?自分で社を壊すわけには行かない?で、工事業者やら何やら色んな人がやってくるからエビスさんはコンビニの商売大繁盛だとさ。さて、言葉を授からないといけないという事でお稲荷さんは戻る。エビスさんは冷ややかな目でお稲荷さんを見る。高上家の事情についても色々知っている。二人の母の霊はまだこの地を彷徨っているのか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08年4月第2週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 誰の夢だろう。ま、さくらなのだろうな。いつまでも続いてほしいというのは彼女の願いなのだが、それも叶わない事だというのもしっている。という事だな。姉妹と主人公のガチが今クールのテーマなんだよな。きつそう(^^;
「雪の密室」
 クリスマスだというのに桜が咲いている。そういうもんなんだが。クリスマスパーティーの準備で皆うかれているという感じだ。さて、由夢の評判。人気あるんだよな。杏はシナリオの結末について悩んでいる。書きたいようにとか、そういうのって案外突き放している感じだよな。あら?由夢はどうしたんだ?クリスマスパーティーの事を主人公に持ちかけたのだが、音姫が戻ってきたら逃げるように部屋を出て行った。さすがに杏はダウン。いや、風邪か?熱もあるようだ。水越先生が保健室で杏についていてやれと。で、付き添う事になったのか。さて、小恋達も実は杏の家には行った事がない。さて、杏の家は水越さんの家くらいでかいじゃないか。さて、家の中はがらんとしている。主人公がおかゆを作る。杏は両親に捨てられたのだと。おばあちゃんが養女として引き取ったのか。あ、主人公も似た境遇なのか。でも、音姫と由夢が帰ればいるという事が違い。さて、由夢は一緒に回る人は誰かと聞いている。由夢がまた誰と回るのかと聞く、由夢に2枚のチケットを渡す。分りやすい。

 この八方美人な優しさにやられるわけだ。

 杏登校。杏に杏の家で練習するのはどうかと。皆を家に招くという案は悪くないようだ。それにしても小恋と茜って巨乳なのね。小恋もそうだとは思わなかった。へえ、杏は一度読んだ本は全部覚えるのか。練習の前に遊ぼうという事になるんだが、やはりすばらしい記憶力。トランプはうまいらしい。そして食事。カレーだ。さて、杏が一人でいるのだが。ちょっとため息。帰りに主人公達を送って、何かに踏み出すきっかけになったようだ。さて、帰りには由夢。何かを言い出そうとしているな。でも、言えなかった。サイレンが鳴っている。音姫も魔法が使えるのか。どんな?何かを恐れているというか、眦を決してその場所へ。正義の魔法使いだという事なのだが。

我が家のお稲荷さま。
 結果、見ないことに。

仮面のメイドガイ
 なえかはうなされている。例の笛をじっと見ている。さて、コガラシが入ってきた。命令口調だし。あ、笛が…折れた。もう制御できない。
「ご奉仕二 博士の愛した巨乳」
 何かの勝負。仲良し三人で。数学Ⅱのテストか。乳の大きさと数学の点数は反比例するそうだ。男子学生が聞き耳立てている。88だそうだ。コガラシはテストの点数について対策を練っている。すげえ、なんだこいつ。変装していたのか。いやあ、乳でかいな。さて、赤点間際という事で部長から剣道を封印して、勉強に集中しろとのお達し。泣いている。おいおい、太る…というのが理由だったのか。何度も補習とかそういうやつで大事な試合を欠席していたのか。それにしても面白い事を言うな。男子剣道部ってなえかの乳ファンクラブなのか。なんだそりゃ。フブキに悩みを打ちあける。おいおい、なえかは去り際に貧乳とか言ったのか。さて、フブキに数学を教えてほしいと言うが、あ、フブキも乳がでかいので数学は苦手だと。で、コガラシの作った栄養ドリンク。怪しいな。牛乳30本分の高カロリーなんだそうだ。なえかは飲めないと。無理やり飲ませようとしたが、フブキが止めた。それを幸助が飲んでる。うわ、幸助が急に巨大になった。コガラシは直接教えるとさ。

 へえ、コガラシはMITで教鞭をとっていたのか。それにしてもフリードマンの名をここで聞くとは。経済学者だよな。ま、いいんだがコガラシは数学は出来るらしい。フブキが完全に打ちのめされて、部屋から追い出された。スパルタ教育。1+1を3と書いてなえかは言い訳。コガラシはそんな言い訳無視してぶちのめした。ノートに書いている通りに覚えろと言ったが、ノートを書いてないそうだ。おいおい、耳にUSBを入れたぞ。見た事をプリンターから出力。なんだそりゃ。プリンタと誠意をもって話をしたのか。で、そのプリンタから出力したものを覚えろってさ。で、なえかは一瞬にして寝る。幸助が余計な事を言う。でも、コガラシにはナイスアイデアか。朝だ。つなげちゃったわけね。フブキが幸助とコガラシを倒してなえかを起こした。で、フブキはあれを試そうと。ほお、さらしで乳を小さくする事によって、みかけだけかもしれないがそれによって数学の点数を上げるのか。フブキが噂を元にがんばっているが…あら。さらしが外れた。コガラシがいいものを持ってきた。鋼鉄製のさらしか。すごい話だな。何か変な音がしている。
 追試です。何かできてるっぽいぞ。妙な音がする。すげえ、鋼鉄製のさらしが崩壊した…やるな。これが愛知版だったら乳首も見えたのだな。コガラシが現れて脳に栄養を渡すのだと。さて、公開ストリップだな。部員3人は男子剣道部へ売ろうと。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08年4月第2週のアニメ2.0

xxxHolic 継
 前回のあらすじから。
「左眸 ヒダリメ」
 百目鬼は倉にこもって調べている。四月一日登場。弁当を持ってきてやったと。この倉の部屋には札が張ってある。そういうのはいないのか。百目鬼は茶を欲するが、味噌汁だ。それはそれでいいらしい。さて、あっちを調べろと言った箱の中に何か出てきた。百目鬼の祖父が書いたものだ。さて、蜘蛛に取られた目を取り戻す術が書いてあった。さて、傍らに会った本の活字が蛇のようになって襲って、ほお、祖父の書いた字を食っている。百目鬼は閉じ込めた字と本を取り出そうとしている。お、侑子さん登場。お札をもらうそうだ。モコナが吸い取って、吐き出し、侑子に渡した。へえ、活字の蛇に札の字を食わせるのか。糸の様になって本の虫が動けなくなった。ただ、祖父が書いた本の字は消えたまま。あ、例の本はひまわりから渡された本か。そうか。

 まだ蔵の中。侑子さんはお弁当をお相伴に預かりに来たんだそうだ。酒瓶も持ってきている。百目鬼はコロッケにこだわっている。
 さて、翌日。ひまわりちゃん登場。本はやはりそのまま。四月一日は何か気になっているようだ。侑子さんの持ち主を聞いたこととか。それに金魚が浮かんでいて、女の子がそれをつかまえて食った。その子の話によると四月一日の目が奪い合いになっているようだ。あの子に聞いてみたら?と。侑子さん曰く早く取り戻さないとまずい事になると。四月一日はひまわりに帰りを誘われた。百目鬼は部活だそうだ。さて、小羽という霊能者の女のこの話を四月一日にする。さて、また彼の半分の目に何か映る。目の前で事故。お、カラス天狗達登場。お前はここにいてはいけないと。雇い主の所へ連れて行くと。座敷童子が捕まったそうだ。代価は天狗の扇だ。でも、侑子曰くもらいすぎだと。もらいすぎなので四月一日を結界破りに使うことが代償なのだそうだ。で、狐。あっちの世界へ。へえ、今回のシリーズは一話ものじゃないのだな。モコナは行く必要はないそうだ。四月一日が分らなければいけない問題だからだそうだ。

紅 KURENAI
 和菓子の乗ったお皿を当主が出したのだが…誘拐犯の名前は紅香というらしい。主人は待つ。その情報が本当ならこっちへやってくると。で、妻。憎々しげな表情を見せている。主人公は野球場orサッカースタジアムの崩落事故(?)で母を目の前で失ったのだな。まさに目の前で。さすがにひどいトラウマなんだろうな。
「溝と流れと」
 さて、紅がうなされていたのではないかと。紫に絶対に外へ出るなと。でも、猫発見。窓を開けた。猫はいなくなった。紫は悪戦苦闘中。さて、部屋の前に女。さて、4号室の女。黒猫を飼っている女。いつのまにやら紫は住人達と交流している。崩月さんは結構紅の事を気にしているのだな。さて、紫がいないらしいぞ。

 急ぎかえってきた。お風呂入るつもりらしい。体を洗っている。銭湯へ。さて、お風呂だ。大変だな。紅香から連絡。急ぎの仕事を入れたそうだ。ちゃんと監視付きだ。さて、お風呂の後の牛乳についてお礼を言わなかった事について紅が叱る。おいおい、詫びの言葉が笑える。ありがとうでいいということで。で、布団も買ってあげたんだ。今度はありがとう。悠木碧って15歳なのか。さて、酒場の主人に悪い連中が絡んでる。さて、紅君がやってきた。店はめちゃめちゃだが、悪い連中は皆叩きのめした。マシンみたいだな。紅は腕に何かあるのか?というか体に何か仕込まれている?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第2週のアニメ1.0

D.C.Ⅱ S.S.
 例の枯れない桜の木。さくらの思い。
 OPはyozucaですね。
「深雪の如く」
 美人姉妹から起こされるといいな。胸も揉んでみたり。いいな。この姉妹いいんですが。いつも一緒に寝てる?どんな夢だ?おしおきはキス。さくらさんだ。年齢不詳の。今はさくらさんの家に住んでるんだな。音姫と由夢が待っている。妹はちょっとカリカリ。弁当作ってとさ。この弟も困ったもんだ。姉もだが。さて、委員長さんがクリスマスパーティーの説明。
 杏が人形劇を提案。小恋がヒロインだとさ。で、杉並はお化け屋敷。男はお化け屋敷派らしい。委員長怒った。さて、主人公が最後のキャスティングボードを握ってしまったのだが。

 準備に取り掛かることに。人形劇になった。小恋と主人公が主役ね。いわゆる焼けぼっくいに火?小恋はそれはそれでいいんだ。つまり、この回は小恋が気持ちを整理したという事でOK?バンドの話も出ている。バンドについては今回は大した話はないという事で。さて、陥没事故が多いとか。さて、さくらさんはこの件について何か知っているんだろうか?さて、家で劇の練習をしようと、音姫の提案。言い出したら聞かない人だ。さくらが夜出かけるそうだ。さて、姉と弟は練習。妹は静観。さて、音姫がこの脚本をほめたが、自分にはそんな才能はないと。主人公は一度隠してあるのを読んでみようと。あれ?さて、姉が何か気付く。桜の花を見て、何かに気付いたというか感じた。不思議な表情だ。さくらさん、いきなり暗い、絶望にも似た表情で桜の木に手を付いている。ふーん。

我が家のお稲荷さま。

「お稲荷さま。封印解かれる」
 ふむ。そういう話か。父はそこらへんは話が通る。それにしてもEDは力が抜ける…。それにしても守り女もなんだし、お稲荷様もなんだよなあ。ま、こっちは録画をしないまま時間内に帰ってきて、前半見てないんだけど。まあ、いいか。

仮面のメイドガイ
 なえかは巨乳。近寄るものは危険という事で。
「ご奉仕一 はじめましてだ、ご主人!」
 いきなりシャワーシーンからなんだが、乳の部分が湯気。メイドガイが何が挨拶代わりなんだ?幸助と全重郎というのがVIPルームに待っている。さて、なえかに幸助となえかが住んでいる所へ今から行っていいかと。ゴミ屋敷ですね。すごいね。全重郎は強制介入をするそうだ。さて、フブキ登場。きっちりきれいにしておる。なえかはメイドはいらないと。で、フブキは幸助用で、コガラシがなえか用なんだな。で、どうしてメイドガイが下着にするんだ?あ、洗濯について文句を言うためか。おじいさまと一緒に追い出された。

 幸助はこれが人間の住む場所だと。家事の能力がないのだと。両親につちえも行方不明か。さて、彼女が18歳になったときに全財産が授与される。そこまで必ず守ってほしいと。結局頼る事に。で、またシャワー。いいですね。コガラシっていちいちいい意味で(?)言う事がもっともだ。幸助はコガラシについても慣れたようだな。何でもコガラシはお見通しなのか。体重増加についてもか。17歳の清純が衣食住と引き換えに踏みにじられてもいいのかしらと。なかなか面白い事言う。幸助がかいつまんで説明をしたのだが、コガラシはフブキに撲殺されている。問題はコガラシが女扱いをしていないということで。さて、コガラシに文句を言ったら、逆にじいさんが落ち込んでしまった。さて、フブキがなえかに笛を渡した。ほお、この笛でヘタすると絶命するのか。

CRYSTAL BLAZE -クリスタル ブレイズ
 女が草むらを必死に逃げている。殺されたか。いや、何か違うものになった。
「EPISODE 01」
 ガラスにさせられたのか。5人目か。さて、目の前でその被害者の像(?)がバラバラになった。ガラス女と言われているのだな。さて、亀探しをしていたのか。探偵事務所ですね。マナミは暇そう。暇というよりは亀探しとかペット探しで退屈そうだ。さて、マナミはアヤカを連れてシュウへの依頼の仕事を勝手に引き受けることにしてしまったのだが。

 マナミ達が行ったら小娘を寄越しやがってと文句。さて、依頼主が撃たれた。依頼品を載せたトラックが炎上。さて、積荷は例のガラス女か。動いている。いや、生身になった。追っ手はリングが外れていると。追っ手は女ばかりだ。シュウ参上。さて、女とシュウは車で脱出。とりあえずマナミは面白がっているようだ。さて、女は車を降りた。さて、アキラとポリリンがやってきた。ポリリンがマナミが言ったガラスという事に反応。女にシュウが触れたら電撃が走った。ポリリンは金のなる木?と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08年4月第1週のアニメ1.0

xxxHolic 継
 また、OPはスガシカオですか。
 四月一日が見たゆまわりが夢の中か。
「蜘蛛 クモノス」
 四月一日がマルとモロと侑子が見ているテレビを消す。霊能少女の番組。OPで出てた娘?なら後で絡んでくるか?さて、むちゃくちゃ悪い事が起きそうねと侑子がお見立て。百目鬼が家にいる。掃除を手伝えと。百目鬼は侑子さんの家、店について記憶にないのか、記憶が違っているのか。さて、四月一日が蜘蛛の巣に絡む。で、百目鬼は払う。で、ひまわりちゃんとお弁当。なんかなあ。何か百目鬼の目の調子が悪いようだ。倒れた。目が開かないそうだ。蜘蛛の巣の様になっている。店に行こうと言うが百目鬼は入れないと。侑子は蜘蛛の糸を四月一日から取る。百目鬼は蜘蛛から恨みを買ったのだと。恨みが晴れるまでは直らないだろうと。

 百目鬼の部屋へ誰か来る。蜘蛛?目に出来た巣は消えた。百目鬼と四月一日が朝会ったのだが。四月一日は顔を合わせない。四月一日の目に蜘蛛の巣。いや、違う。目の中がおかしい。百目鬼は侑子を呼んで来いと。四月一日の目を元に戻してほしいと。四月一日は百目鬼よりも、もっと恨みを買う方法を教えろと。蜘蛛から目を取り戻す方法を教えてほしいと言われたのだが、それは出来ないと。怒っているかと聞いたが、百目鬼は怒っていないと。侑子さんは四月一日に怒ってもいいと。彼は人を助けるために自分が犠牲になる事がどれだけ人を傷つけるか分っていないのだと。ほお。なるほど。あまり、そういう考え方って見ないな。四月一日はひまわりと一緒だから元気だ。さて、ひまわりは百目鬼に借りてたものを返してきてほしいと。さて、百目鬼の所へ。さて、片方の目の半分に何か映る。さて、百目鬼は呪解読本とかを持っている。侑子さんはアリスのティーパーティーみたいだな。で、四月一日はアリスか。侑子さんは百目鬼が持っていた本を見て目を元に戻す方法を探しているのだと指摘。侑子さんは百目鬼が勝手にやっていることだからほおって置けと。なるほどね。シリアスを変えるのがうまいな。ふーん、百目鬼は店に入れないのではなくて、入る必要がないのか。

 今回も楽しみだな。

紅 KURENAI
 えらいポップなOPだなあ。栗林みなみか。なんと言うかなあ。
 秩父原流水があるなら青梅原流水とかあってもいいと思うんだがなあ…
 追いかけあい。何か仕込まれたか。腕を押さえている。で、そのターゲットのお嬢さんか。
「極夜」
 沢城みゆきか!豪邸と主人。下女。おやおや、紫が連れ去られたのですか。下女を叱り付けて抑えつける。当主は元下男か。望まれていなかったようだな。母と紫の関係もかなり微妙。その女の子を連れて行った女はもう戻る事はないと。村上さんっていい感じだな。おやおや、崩月さんが絡んでる。いや、紅さんは大変だな。
 と、思ったらテープが終わった。がっくし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ARIA The ORIGINATION,「その 新しいはじまりに…」(最終回)

ARIA The ORIGINATION
 おはようございます。という事で。制服を着てみたのですが、それをアリシアさんがじっと見ている。藍華とアリスが寿引退するという事を聞いて灯里を問い詰める。で、ゴンドラ協会の理事への就任の事も理由だと。暁さんも電話で問い合わせ。ショックを受けているようだ。アリシア引退は町の話題だ。送られた花束の数はすごいな。アリシアさんにとっても万感の思いがあるのだろうな。
「その 新しいはじまりに…」
 藍華とアリスは大丈夫かと聞いている。かなり心配そうだ。確かに灯里は引退宣言からてんてこ舞いの日々だけど、いつもと変わらない日々なのか。さて、帳簿の数字を確認しようとするとアリシアがいない。ちょっと灯里が泣いてしまった。一生懸命笑顔を作ろうとしている。灯里は皆が引退してほしくないんだと思っていると言う。アリシアが彼女を抱きしめる。アリシアも灯里の力を前から認めていたからプリマに昇格させても良かったのだが、手放したくなかったと。でも、灯里はそれぞれの道があることだというのは分っている。笑顔で見送らなければと思っている。分っている。二人手を離す。

 へえ、今日の最初のお客さんは郵便屋さんのおっちゃん。制服を着ていないと誰かと思った。灯里は沢山の人に助けられていると。アリシアは灯里のARIAカンパニーが始まっていると。さて、引退セレモニーが始まる。アリシアが晃・アテナに先導されてゴンドラを漕ぐ。ARIAカンパニーの建物を振り返る。数多くのゴンドラが待っている。暁が泣いている。待つゴンドラの先頭は藍華とアリスか。艇列の間を進むゴンドラのシーンはきれいだな。アリシアが灯里にオールを渡す。アリシアが昇格した時の事を思い出す。ゴンドラに礼。涙をこぼす。社長も泣いている。雪が舞い落ちてきた。さすがスノーホワイト。灯里がお疲れ様と。鐘が鳴る。
 晴れた日。アリシアさんが新聞を読んでいる。と思った。皆がいるように見えた。その時はまだ藍華は片手袋だったりするのだな。ほんの少し前の話。皆いる。それはここに沢山の楽しい事が詰まっている。シャッターを開けるとそれが消える。でも、彼女は大丈夫だと。これから今が始まる。ここでウンディーネがかかるか。そして、皆の今。アルの近況は藍華から聞くのだそうだ。なるほど。暁さんはやっぱり灯里が気になっているのだな。アリスの自分ルールは三人で遊びに行く事。アテナは女優デビュー。晃はナンバーワンプリマですか。藍華は口ではぶつぶつ言うが、それがうれしいのだそうだ。アリシアさんは眼鏡っ子。様々な公演とかで忙しい日々か。グランマと遊びに来るんだな。灯里を見て楽しそうに笑っている。さて、ウンディーネが終わった。
 新人はアイちゃんですか。灯里も大人になったかな。なんだ、灯里はアリシアさんみたいにアイの事を見ているよ。

 初めて見たときにはここまではまるとは思わなかったなあ…衝撃的だった第一期。期待はずれの部分があった第二期。しっかりとまとめてきた第三期。いや、ここまで記憶に残るアニメになるとは思わなかった。でも、ウンディーネがかかるとじわっとした感じになるなあ。二期以降でもこの曲がかかるとじんわりと来る。原作のAQUAから読んでいた人には長い話が終わったという感じがするんだろうな。アニメだけでもそう思うのだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俗・さよなら絶望先生(最終回というか)

俗・さよなら絶望先生
 節分だ。皆可愛いな。三珠真夜ちゃんもいる。で、追い出された鬼の話。というか次の生活の話。
 OPはカラーだったな。正解。
「鎌倉妙本寺解雇」
 野良鬼だらけ。交が宿直室になんか隠している。野良鬼です。ちなみに霧も入浴。野良プロ野球選手は割に活躍したよね。野良教団はやだな。マリアが言うと説得力がある。さて、先生解雇。千里きれいだな。そういうオチだったね。霧はナチュラルにいやらしいな。あ、交が家出した鬼を探している…うーむ。

 久藤落語だ。藤吉さん、姫だったか。
「大導寺信輔の音声」
 お、ここでメルメルパパ登場だ!!つまり、メルメルの声の回だ!おいおい、ミクいたよ。マジで初音ミクか?皆があてる声は本当に面白いんだよな。メルメル逃げる。例の拉致シーン。臼井君。こう来たか。まじでビール吹いた。久しぶりにこういうコネタで吹いた。そして、メルメルが交に好きだって声当てちゃった。お前には霧がいるだろう。

 藤吉さんがテニプリ映画を見に行く事を前提にして話を。
「あにいもうと という前提で」
 前提ネタ。この仲直りするのを前提とした喧嘩ネタって決して嫌いじゃない。ぬちょおというのは勘弁してほしいけど。万世橋君出た。efのポスターまた出た。いや、風浦さん綺麗だな。絶望剣の話ですか。

 へえ、最終回のEDこう来たか。で、何で臼井君ってEDに出てくる時に無意味にカッコいいわけ?で、初音ミクの声はちゃんと藤田咲。リン・レンもいるし。つか、そっちで興奮してしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »