« 08年2月第3週のアニメ1.0 | Main | 08年2月第3週のアニメ2.0 »

狼と香辛料,「狼と無言の別れ」

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-を録画失敗した。

狼と香辛料
 手をつないで地下道を逃げる。何か感じているらしい。水のはねる音がすると。追っ手は犬を放ったらしい。ロレンスに耳を塞げと。犬が怯えて逃げた。久しぶりに遠吠えを上げたからむせたか。
「狼と無言の別れ」
 連中が、こっちが地下室にいると分っていたら挟み撃ちされると言ったが、向こうからもやってくる。追って曰く、ミローネに売られたらしい。逃げ道に向かうと待ち伏せしていた相手に今度はロレンスが刺された。ホロは光のある場所はもうすぐだと。ロレンスのかなり傷は深いようだ。出口は古井戸だった。出られない。前を行くのはクロエか。麦の取引・伯爵の利権、関税。色々あるわけだな。思ったより絡み合っていたのか。そして、ホロを教会に突き出して過去からの決別を宣言すると。古き神の放逐と人間の理性と進歩の保護者教会万歳だ。クロエは麦の利権でロレンスに儲けさせ、そして、一緒に店を出そうと。プロポーズじゃん。さて、ロレンスは約束を守ることが商人の第一義だと。そして、この狼を北の国へ連れて行く契約を結んでしまったと。クロエと一緒にいる気はないのだな。クロエはロレンスは殺してよいと。ホロは謝ってから、ロレンスの傷から血をを吸う。さて…。クロエはひるむなと言うが、ホロの目つきが変わった。本性を見せた。さすがのクロエも驚いている。目の前には巨大な狼。最初にロレンスに会った時も見せなかった本性を見せたわけだ。

 クロエがこけた。狼の姿のホロは追ってきた人々を追い掛け回してなぎ倒す。というかなんというか。食われなかっただけマシか。というか、食われた人も何人かいたのか?そして、涙を流して腰が抜けているクロエの前にホロが立つ。クロエは結構胸があるんだな。食わなかったか。クロエのマントをくわえてぶらさげている。さすがにロレンスも怯えている。ホロは麦の入った袋をくわえて立ち去る。ロレンスは破いた服を弁償しろと。何年もかけて買った服なので、北の森まで追いかけてやると。
 支店長の部屋。ホロは支店長が来るまでロレンスを守って、ここまで連れて来たのか。そして、どっかへ行ってしまった。特権の引き出しと王との取引で何とか35万枚を儲けたそうだ。だが、諸掛でかなり取られたらしい。それでもメディオ商会との利権取引の取り分としてロレンスは1000枚の金貨(銀貨?)を得た。メディオ商会にこの話を持ちかけたのはクロエか。最初のいい儲け話というのはこのことだろうか。商売でロレンスを見返したい、振り返らせたいと思っているのだろうか。ロレンスは胡椒が欲しいと。この支店長は前に読んだ戯曲を思い出したそうだ。その戯曲で出てきたようなたっぷり胡椒の効いた体、つまり成功したロレンスさんと会うのが楽しみだと。おや、ロレンスの名前で請求書が届いているそうだ。さて、荷揚げ場に大量のリンゴ、銀貨140枚ですか。ホロか。なるほどね、このタイトルは二人を見送る支店長さんのセリフから来ているのだな。

|

« 08年2月第3週のアニメ1.0 | Main | 08年2月第3週のアニメ2.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/40141896

Listed below are links to weblogs that reference 狼と香辛料,「狼と無言の別れ」:

» 狼と香辛料 第6話「狼と無言の別れ」 [シバッチの世間話]
「少し痛むかも知れんが、我慢してくりゃれ」 ロレンスのナニにパクッと食いつく賢狼さま(おぃ) いや、ナニってナニじゃん(笑) どっちにせよ同人誌で使われそうなシーンであるなぁ、と思った(笑) ロレンスの驚きの声とかが良い味を出しているのでね。 まあ、...... [Read More]

Tracked on 2008.02.16 at 10:19 PM

« 08年2月第3週のアニメ1.0 | Main | 08年2月第3週のアニメ2.0 »