« November 2007 | Main | January 2008 »

07年12月第5週のアニメ2.0

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 タナトスへの攻撃についての10年前の会議。ジルアード軍の新型爆弾は成功したのにシャトル開発は失敗。地球産ドラゴンの新型爆弾の輸送と攻撃での使用がD-プロジェクト。
「光臨-示された道標-」
 ジンは上空へ上がっていった。ISDAはなすすべもなく。リンドブルムユニットは結構やられたのだな。ダメージはでかい。そしてオストルムとアトルムのバトル。さすがにノザキ教授がアトルムというのは皆さんびっくりだ。マザーことタナトスの指示で地球産ドラゴンの抹殺が目的か。さて、火星のジルアード。トワはここに幽閉。さて、王子にお願いをしなければいけないそうだ。何かいたぶってる。さて、反抗的な目で見てはいけないそうだ。またダメ。キタジマ君がいるからノザキの動きも封じられてしまうと思いきや、今度はギオを標的に。リンドブルムユニットはまた戦うそうだ。出撃。

 キリルは契約に基づいてジルアード軍に出動要請を出したのだが、王子はISDAが壊滅するまで待とうと。ホシはトアに地球が守れるのかと聞くが、ただ、愛する人を守りたいと。ホシはキタジマ博士を助けてほしいと言ったが、ガーネットに後ろから撃たれた。ジンにトアの声が聞こえた。リンドブルムユニットはそれぞれ言い方はあるが、オストルムとの戦いはともかくとして火星へ行ってこいと。でも、リンドブルムユニットはやられたわけだ。乙姫はまだ生き残っているのだな。オストルムを伴い宇宙へ。時限起爆装置が起動。乙姫は弟君のイメージを映し出したが、ほお、オストルムは乙姫を振り切ってタイプエックス爆弾を落とさせた。おいおい、ジン達がタイプエックス爆弾を拾い、オストルムを伴って宇宙へ。何だかよくわからないがすごい。そして、地上へ戻ってきた。Dプロジェクトは次のステージへ移行。何が次に起きるのやら。



スカイガールズ

「それぞれの…」
 一条は普通の飛行機乗りに戻った。ようだが、辞令が出たそうだ。可憐は学校に戻った。可憐にも追浜から連絡。エリーゼも田舎で自転車に乗っている。ああ、あのコックのおじさんの所の養子になったのかな。エリーゼの所にも。さて、冬后が一条の上官になるのか。なるほど、一条は教官になるのだな。で、音羽。さて、飛行艇へ御子柴姉妹がやってきた。手紙を直接渡したそうだ。それにしてもこの姉妹は何をやっているのだか。

 例の写真好きの速水君。誰と話をしているのだろうと思いきや、可憐の兄か。ま、つまり同窓会だそうだ。駅前へ迎えが来るそうだ。橘さんだ。バイクの後ろに乗せるっていう約束ね。ソニックダイバーはレスキュー隊として再編成されたのか。さて、デモフライトのために呼ばれたのだな。何だか知らないが、皆で入浴。さて、周防博士はアイーシャの目覚めのために努力しているのだが。おいおい、それにしても後輩達の制服っていかがなもんよ。ありゃ、ねえだろ。アイーシャが意識回復。空へ飛び出したのがトリガーになったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BLUE DROP ~天使達の戯曲~「Rosmarinus」(最終回)

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 文化祭の前日からだ。最終回なんだな。オープニングなし。眼鏡は眼鏡の細かい部分が気になっている。そこへ若竹さんと千光寺さんがやってきた。本当に皆すぐに顔を赤らめるな。で、若竹さんと千光寺さんが手をつないでいるのに気付いたんだな。香月さんが二人の手を取る。月は青い。
 菅原先生は連絡が取れなくなっているし、自衛隊も簡単にやられている。テレビも色々と映らなくなっている。情報遮断。でも海凰祭は開催。そして、海自の艦艇も次々にやられている。ツバエルはBLUEで応戦。うむ。ツバエルは凛々しいな。職人肌ってタイプ?ツバエル・・・本当にコマンダーのためには献身的だな。あのお芝居だけはやりとげさせてあげたいとの気持ち。劇が始まる。ツバエルは奮戦。だが、マスターコマンダーは若竹さんもろとも潰すつもりだと。あ、舞台の上の若竹さんと千光寺さんの二人の表情はまるで初めて会った時の二人みたいだ。そうか千光寺さんは若竹さんは最初に会った時は牢獄にいたという事なのか。空戦が学園の上で。何が起きているかという事に気付いた千光寺さんはそれには平然と見せかけているようだ。ツバエルと同様にこの劇が最後までなしとげられるようにと願ってしまう。ツバエルは必死。本当に彼女は献身的だよな。菅原先生の避難命令なのですが。アルメの占領部隊登場。劇は…中断か。でも舞台の皆さんは逃げていない。それにしても寮長さんはどっしりと構えているな。千光寺さんは悲しげな顔をしている。例の菅原先生との会話で香月さんも千光寺さんの正体を知っているという事ね。千光寺さんは下着というかコスチュームになる。皆に自分の本当の姿だと伝える。千光寺さんは悲しげな顔をして謝る。若竹さんはまた帰って来るんだよねと。千光寺さんは「さよなら」と…そんな。若竹さんじゃないけど「そんな…」だよ。

 その中で劇の出演者達は千光寺さんが何者かという事を考える。寮の三人娘はスパイかと。香月さんは千光寺さんを異星人だとしても彼女を信じると。若竹さんは千光寺さんを追う。
 さて、マスターコマンダーとの最終決戦。千光寺さんはコマンダー・エカリルとして指揮を執る。ツバエルが学園祭を守れなかったことを謝る。本当にツバエルはいい子だ。でも、エカリルは指揮官としての対応をする。マスターコマンダーは容赦ない攻撃を加える。第一波は直撃。ただ、第二波の物理攻撃は回避された。ほお、アザナエルが加勢に来たからか。ツバエルとアザナエルのやり取りがほほえましい。エカリルは若竹さんとの楽しい思い出を思い出す。若竹さんがエカリルに呼びかける。ツバエルが彼女の存在を伝える。未練があるのだな。エカリルは何と言っているのかと。BLUEへの命令を出して、アジサシを通してエカリルというか千光寺さんは若竹さんの呼びかけの声を泣きながら聞きつつ、ノヴァールとの決着を選択。ツバエルも泣いている。軍人としては誠実だが、ヘカエルの想いを分っている一番身近な存在としての気持ちなのだろう。若竹さんはジャンヌ…と呼びかける。でもBLUEは行ってしまった。マスターコマンダーへのアザナエルの復讐もジェノサイドモードによって排除されたか。ヘカエルは今までありがとうとツバエルに言うが、ツバエルは何のまねですかと。エカリルは微笑む。ツバエルの座席のハッチが下がって彼女の座席ごと射出された。
 アザナエルももう終わりか。アザナエルの前に二羽のアジサシ。二羽なのだな。エカリルというか千光寺さんがノヴァールの前に立ちはだかる。艦内で劇の脚本を大切に持ち、そのセリフを唱える。戦闘が終わった後に立つ若竹さん達の背後の空にはアルメの宇宙艇が多数。

「Rosmarinus」
 海のしずく

 EDは最初につながるのか。あの眼鏡の女性がオルレアンの少女の脚本を持っている。やはり香月さんだったんだな。おいおい、全権の乗っている艇はツバエルみたいのが操縦していて、アザナエルみたいなのが護衛しているのか(笑)。いや、最後少し和ませてもらったよ(みたいではなく当人か?)。

 最初に思っていたよりずっといい作品だった。うん、人に勧められるかというとまた話は別かもしれないが、それでもいいアニメだった。あの劇の結末はどうだったんだろう。とか、それ以外にも本当はどうだったんだろう…は色々ある事はあるのだが。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

07年12月第5週のアニメ1.0

みなみけ
「クリスマスとかイブとか」
 夏奈が千秋がクリスマスについてサンタと聞いて遠い目をするようになった事を思い出して、何か思いついた。で、クリスマスイブ。今度はふんどしサンタフェスタの中継。さて、タケルおじさんが勝手にサンタを必要としているはずだと。で、藤岡が来た。今年のサンタは藤岡か?で、千秋が大興奮。そうか夏奈は「お前は子供か?」それが言いたかっただけか。でかいクマのぬいぐるみと藤岡サンタこれが千秋の夢ね。そして、違う場所、つまり別の南家。冬馬へのプレゼント決定会議が一週間続いているのか。かなり長男も変だよ。次男は春香を思い出して一瞬倒れた。で、過去の冬馬のクリスマスアルバムを見ているわけだ。あ、冬馬が三人の兄を蹴った。結局、兄達はクリスマスイブになっても何もプレゼントを用意していないってのが大問題だったわけだ。去年と同じで。

 クリスマスプレゼントを夏奈に渡しそびれていたんだな。で、賞味期限切れのプリンを食べさせられていたのか。さて、タケルおじさんがサンタの格好で登場。三姉妹はクリスマスは外で焼肉。安楽亭みたいだな。さて、タケルおじさんと藤岡は待ちぼうけ。とても可哀想だ。夏奈も冬馬の様に二重生活をやってみるとか。なんか二重生活というかずうずうしいだけだな。春香は千秋の弟なら冬馬も私の弟だと。で、夏奈の分はないそうです。ぬいぐるみを大事にしている様だ。いや、ぶん投げたりしているんだが…。妙に千秋の考えはまだらだなあ。で、このクマには藤岡という名前をつけたそうだ。えーと27日にもなってプレゼントを渡そうと。でも、こりゃ渡せずに終わりそうだな。おいおい、藤岡のプレゼントが大バージョンアップでハムになってるよ。お歳暮かよ。はい?ハムの人?ま、渡せてよかったね。

D.C.Ⅱ
 これ、1クールだったんですか?素で気付いていなかった。まだこれからの展開が気になるわけなのに。
 夢も見ず起きたか。さくらは戻らず。結局天枷の事が気になっているわけで小恋ではないと。
「桜笑み君想う」(最終回)
 学校に行くと何か揉めている。ほお、天枷さんの退学処分が正式になってボイコットだそうだ。生徒会に生徒の鎮圧をお願いしたらしいが、まあ、バリケードを張ったり色々と。美夏がやってきた。さて、後で面倒な事になるのは皆じゃないかと美夏が指摘するんだが、何で気付かないのかはまあいいや。で、美夏はどうすれば止めてくれるのかと。その方法は美夏の気持ちの伝えることか。止めてくれとは言ったが、3日間学園生活をおくらせて欲しいと。

 一緒にお昼だ。何もなかったかのように小恋もいる。さて、部室、小恋と白河さん二人の会話。本当にこのままでいいのかと。ああ、天枷の事ね。また戻っているな。さて、さくらが戻ってきた。本当にこのままでいいのかと。でも天枷が望んでいないので何もしないと。うむ。彼らしいな。そして、約束の3日が過ぎた。天枷は皆と分かり合えたと想う。そして、天枷は少し微笑みながら征服計画書を破って捨てる。なるほど、美夏の願いは叶ったのか。さて、月島さんから電話。天枷さんと一緒に体育館へ来て欲しいと。へえ、卒業式を行ってあげるという事か。さくらさんから卒業証書授与。主人公達が舞台裏へ。ラストはバンドというのは今の学園ものの定番となったかな。そうなんだよな。天枷さんが涙ぐんで笑顔を見せている。ふ、そういう事か。

 今回は小恋ルートかと思っていたら天枷ルートだったのね。美春の時は報われないなと思っていたけどこれはこれでよしだな。

スケッチブック ~full color's~
 神谷さんがジュースの缶をめちゃめちゃ振って、周りが引いている。桜が咲く季節になって学校でお花見。ピザの等分のカット。栗原さんそういうのヘタみたいだな。大庭先輩?ほお、一応美術部員だそうだ。たまに背景の様にいたわけですね。
「ひとりぼっちの美術部」(最終回)
 木によって咲いていたり咲いていなかったり。先生が妙なハイテンション。飲んでないらしいのだが。で、桜の木に抱きつくかも。栗原さんは木の音が聞こえると。空もその音に耳をすます。根岸に元気つけで上れと。空がめちゃめちゃときめいている。根岸大迷惑。夕方に解散。空はもうちょっといると。さて、根岸妹が戻ってきて、皆に写真を渡した。
 満開になった。麻生さんは歯医者。葉月は特売という事で部活はお休み。空が美術部の部室に行くと何故か誰もいない。そうなるとお茶をのんで和む。お、描くのか。いや、何もしていないな。ほお、例の記念写真を元に絵を描くのだな。おいおい、来たと思ったら田辺先輩と氷室先輩が来た。で、ひとしきり二人で騒いで帰っていった。

 あの・・・この15分だけで十分なんですけど・・・

 佐々木先輩と栗原先輩が来た。栗原さんがモンシロチョウではしゃいでいる。あれ?いない。一人ではしゃいでいるとさすがの栗原さんもあほみたいだ。いや、絵のところにいたのか。空閑が一瞬来てまたカーテンの中へ。根岸先輩登場。空閑は哲学的だ。自分達がいなくなってもいつもの美術室だと。おお、デッサン用のカビの生えたパンを発見。最終回は再度の皆の紹介か。分ってから見るのも悪くないか。ミケがいる。ネコ達をいれて、弟もいれて。水彩なのか。何となく皆がいる雰囲気を。最後に次は先生。ほお、色をつけるのは珍しいか。で、遅いから片付けやっといてねえと。最後にいい絵だと。真っ赤になっているよ。そして、マイペース。麻生さんと鳥飼さんが会った。そこへ空。信号が変わってしまってそこへ合流できなくて、向こうも気付いていない。空が道の向こうへ声をかけた。へえ、自分から声をかけるなんて。二人もちゃんと気付いた。何を小さないかだを作ってビスケットを川に流しているかと思ったら田辺先輩と氷室先輩か。珍しく空閑さんが普通に桜を見ている。葉月さんはファミレス(喫茶店?)で熱く特売のお得について語っている。ウェイトレスのお姉さんに麻生さんが空を紹介しようとしたら自分から名を名乗った。すぐにスケッチブックで顔を隠したけど。あの信号のところで感じた一瞬の寂しさが彼女を一つ成長させたかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第4週のアニメ2.0

灼眼のシャナⅡ
 さて、鍛錬。
「清秋祭始まる」
 久しぶりに鍛錬か。まだカルメル・ヴィルヘルミナは分析中。おや、悠二がこけた。で、悠二にはシャナが美少女に見えたか。さて、調子の詠み手には話さなければならないというヴィルヘルミナの結論。カルメルは要注意と忠告。大変だね準備は。池は疲れ切っている。いやあ、緒方達はういういしいですね。で、マージョリーなんだが。ヴィルヘルミナのセリフはよほど衝撃的だった様だ。で、マージョリーが仮装更新について来たのか。さて、ヴィルヘルミナは全員いる場所でと。

 で、パレード終了。清秋祭ですね。出店もやっているんだ。ヴィルヘルミナとマージョリーも来たのか。ヴィルヘルミナの口元についたクリームはなかなかかわいいな。で、マージョリーにクレープを差し出すのか。甘すぎるね。マージョリーの口元にもついたわけだ。ま、こんな甘々でもいいか。さて、悠二と一緒に吉田さんが二人きりになったのだが、悠二の両親のアドバイス通りに手を伸ばすのか。待っていると。さて、近衛さんが何か気付いた。悠二の仮装はベストだったのか。女性第一位はシャナですか。よかったね。シャナはマイクを取り上げて、おいおい、いきなりシャナが何か言おうとしたところ。そこへ、フィレス登場ですか。へえ、そういうタイプだとは思わなかったな。

スカイガールズ
「音羽、ふたたび」
 ワーム島のネストへ。ビッグバイパー隊はネストへのソニックダイバー隊の送り込みのバックアップ。カメが守ってる…スーパー○リオみたいだ。ネストへソニックダイバー隊の侵入成功。艦隊も攻撃。一条とエリーゼが追っ手からアイーシャ達をバックアップするという構図。一条機とエリーゼ機も大変な事に。さて、戦おうとする音羽機を止めて、可憐機がワームの攻撃を避けようとするのだが、可憐機も危機状態に。

 さて、行き着いた先にはコア。アイーシャが触れようとする。ウイルスプログラム注入。そして、完了。ワームの攻撃が終わった様だ。あら?ウイルスプログラムがワクチンプログラムを起動させたという事ですか。そして、コアの中から弟登場。そして、反撃するワームからソニックダイバーもどきが出てきた。アイーシャ機がタコ殴り。弟君がやっているから音羽は攻撃ができないんだよなあ。でも、仲間を守らなければならないという事で。あー、よかった。でも弟君の形をしたものはソニックダイバーとの相性が強いものは、機械サイボーグとの適性が強いとか。取り込まれるのだな。アイーシャが弟をしっかと止める。弟君は素なのか、ワームなのか分りずらいな。いや、弟は音羽が飛んでいるのを見て指先が触れると笑顔で消えていった。
 とうとうワームの崩壊。ソニックダイバー隊の皆が帰還できた。これで終わりでも良かったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第4週のアニメ1.5

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 2年前のこと。慰霊碑の前でキリルが話をしている。ジンは全部父のせいなのか?と。そして、ノザキは何かに気付いた。
 そうそう。乙姫が落とされたところからだった。
「強襲-灼熱の使者-」
 ネオオリジナルは突然消えた。キタジマ博士にはギオとウィドーの監視という事に。オストルムという名前になったようだ。オストルムはコミュニケータになったらしいという事で。ノザキ博士は全員の避難勧告を出した。無茶とはいうが洗いざらい探すわけだ。カズキはドラゴンに乗れていない事で怒っている。さて、ソウヤとジン。さて、オストルム発見。さて、カズキは何を思いついたんだ?オストルムは避難所を火で包み、この場所を爆発させてしまった。

 博士は戻ってきたのか。さて、ジークリンデやライナとオストルムが戦うわけだが、強くて早い。おまけにでかい。さて、ソウヤはマキナと行くそうだ。いきなりジン行く場所を教えて(知ってたのかよ)、その上ヨナミネがキーを渡したのか。確かにヨナミネは何者なんだろう船で島へ連れて来た。おいおい、カズキが向かったのはタルタロスか。さて、ギオとジンの再会ですが、そこでカズキは何やらボタンを押したんだが、するとジンは下へ。フェーズ7へ移行するらしい。そして、ノザキ博士はサンプルを放棄。いや、その場所にオストルムが来た。カズキはジンを撃った。オストルムはノザキ博士に何故人間に協力するのかと。ギオ復活。ウィドーはカズキを助けた。キタジマ博士はまた呆然。

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 さて、寮の朝。割に普通だ。今日は文化祭の稽古。一応、飛行物体についてはニュースでも報じられている。さて、明日が文化祭ですか。と、寮長が挨拶。さて、千光寺さんが戻ってきた。さて、若竹さんはむすっとしている。え?この若竹さんと千光寺さんは
「Cosmos」
 美しい調和。
 水上艇が撃墜された。アザナエルがマスターコマンダーに何か言おうとしている。さて、学園祭用意か。寮長のおかみさんは似合っているな。で、三人娘ですか。おお、川嶋さんは予想通りかっこいいな。さて、千光寺さん、恥ずかしそうにしている。ちょっと肌が出ているって、いや、あの制服を考えると。そこへ先生。べた誉め。今夜は泊り込みだそうだ。ほお、アザナエルが例の事件を起こしたのはマスターコマンダーの実験という事にたどり着いたようだ。アザナエルはシバリエルを撃った。マジかよ。何か起きる前の穏やかな時間。でも、この文化祭の事は劇の中だけじゃないようだ。寮長さんはいい事を言うなあ。さて、菅原先生に千光寺さんは呼ばれているようだ。眼鏡ちゃんは先生のところへ。あ、撃ったらマスターコマンダーが消えた。皆は唖然としている。そして再生。思念凝結兵器の実験が最初からの目的のひとつという事ですか。おちびさんコマンダーはアザナエルを捕らえろと。でも、逃げた。

 さて、菅原先生の千光寺さんへの大切な話。銃を向ける。正体と目的を教えて欲しいと。侵略だと。さすがの菅原先生も驚いている。でも、香月さん見ちゃった。さて、追っ手と戦うアザナエルの前にオノミル。アザナエルが脳内で作り出したものなのか。いや、さすがにアザナエルも恐怖している。そして、撃たれた。なかなか恐ろしいな。さて、前夜祭。近所のおじさんかと思ったら香月さんのお父さんのジュース屋さんか。香月さんはさっきの事が信じられないんだろうな。で、船津丸さんの家の鍋もおいしおう。長谷川さんとおばあさまも見えたのだな。ま、それぞれの家族の楽しみ。ツバエルと千光寺さんがその様子を見ている。ツバエルが急にフォリメは不思議な存在だと。千光寺さんは変わったのは私だけじゃないと。菅原先生は厳しい顔をしているな。さて、アザナエルなんだが。一応、まだ息はある。彼女の乗機が暴走。
 さて、若竹さんと千光寺さんの会話。話せなかった理由は怖かったから。千光寺さんが泣いている。千光寺さんは生きていてくれてよかったと。で、マリは千光寺さんを平手打ち。プールの中に突き落とした。自分もプールの中へ。いいね。キス。ツバエルがそれを見届け、一人身を引くのか。ちょっと可哀想だ!さて、マスターコマンダーは第5艦の殲滅を指示。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第4週のアニメ1.0

みなみけ
「となりの南さん」
 冬馬のいる南家での話。上は男三兄弟なんだな。この兄達は確かに割りに美形。外にいるそうだ。春香がご機嫌斜め。で、半分被害妄想。いやあ、石鹸を持ってきたぞ。なかなかだな。春香は少し機嫌が戻った。さて、必殺技の晩御飯を食べていこうだ。そして残りの二人の兄は心配そうに待っている。春香だ。変な声だ。三男もかなり変だ。でも夏奈は割に受け入れている。夏奈以外だとさ。第一印象は春香に恐怖を感じたのか。さて、あ、藤岡君があせった顔をしている。藤岡が近づいているんだが。南は何をやっているのかな。彼は逃げていった。勝負という事に…何だそりゃ。で、例の南一番下の弟が好きな黒髪の子はついていった。で、今度は盛り上げてみるんだってさ。何か妙な状況になっているな。さて、千秋が落ちていた石を蹴る。で、せっかく蹴ってマンションの前まで行ったのに、夏奈が蹴ってどっかその石は行ってしまった。で、落ち込み。夏奈は突然責められて困っている。

 鍋。何か3男は馴染んでるな。また飯を食っている。保坂と南の2男はバレー部つながりなのか。二人は色んな意味でバカそうだな。さて、2男が春香の所に挨拶を。お、いきなり春香の胸に顔を埋めてしまった。春香はけじめとか言っている。そして、春香は殴った。で、2男がホサカの弁当の味見。春香は非常に心乱れているようだ。さて、春香が居間で寝ている。冬馬が春香の状況解説。で、2男が挨拶をするんだが、春香のブラが見えている。また彼が失神。うぶなんだな。今回は長男と三男がお留守番だね。

D.C.Ⅱ
 小恋の前回のななかへの自分の心境の告白シーンから。
「心の架け橋」
 小恋は今日も休み。さすがの主人公も気付いている。さて、級友は見舞いにでも行けと言っているが、実は拒絶されていたのだが。さて、小恋は例の桜の木の下へ。さて、天枷の下駄箱の中の靴がないようだ。で、主人公が美夏の靴を探す。そのやり取りを委員長が見ている。実は一方で小恋の事はほおって置かれているんだが、さて、それは置いておくが、委員長とのやり取り。強く言われると主人公も引いてしまう。なるほど、弟が駆け寄ったところにトラックが突っ込んだ所で天枷が助けて、この件は一件落着の方向へという事だな。水越先生はもう完全にばれてしまったと。委員長は弟がお礼を言いたいという事に、ここにはいないと。小恋は完全放置されているのだが。

 完全バレバレ。美夏が登校すると皆の注目を集めている。何かクラスの皆からは拍手で迎えられている。はあ、そういう事か。めでたし、メデタシという事で。お、体操着着替えだ。天枷は元気だ。委員長が感謝の言葉。まあ、そいうは言うだろうな。いや、委員長は恥らうと可愛いな。で、委員長と天枷は和解。いずれにしろ、小恋はここまで主人公から完全放置されているのだが。ある意味で人間とロボットという立場を逆にして委員長と天枷は似た考えを持っているという事だな。天枷騒動編は今回で終了という感じだ。さて、学園長室へ呼ばれた。水越先生は天枷さんに退学が決定したと通知。主人公は学園長に話をつけると言っているが。確かに次から次へと色んな事が起きるな。桜の木の下で小恋がいる。会ってしまった。小恋は冷静にこの関係を分析。でも、自分の苦しい心境を主人公に吐露。一体何が…って主人公は何も気付いていないのか。いったん、小恋は終わりにしよう、(恋人同士でなかった)あの頃に戻ろうと。泣きながら無理に笑顔を作ろうとしているが…元には戻れないだろう。冷静に考えて。

スケッチブック ~full color's~
 子供の頃の空。その頃からスケッチブックを持って歩いていたのか。皆でお出かけでしたか。あれ?いきなりOP曲が変わっている。ちょっと意外。
「スケッチブックの日」
 なんか、鳥飼さんがネコ通帳が欲しかったのに、某球団応援風の通帳になってしまった。そして、麻生さんは全力で渡る道を間違えていたのね。さて、画材屋。で、妹のプレゼントのために画材屋へ来ている人とケイトの会話。簡単に言えば話がかみ合っていない。彼はよく分っていないのだな。ほお、空はスケッチブックを差し出したわけだ。それでプレゼントは決まり。で、ケイトと空で自分達もスケッチブックを買った訳だ。葉月と夏海も買ったんだな。で、最初に書いたのはケイトは名前を書いたわけだ。なるほど。同じファミレスに田辺先輩と氷室先輩がいる。

 さて、根岸先輩と妹。そして犬男。親に送る写真を送るんだな。お、ペット用品を買いに来たのか。で、先輩に麻生さんが頭をシェイクされている。可哀想に。そして、トクノスケのUFOキャッチャーがある。葉月が欲しがっているのだが、ゲーセンに青がいる。200円1ゲーム。結局葉月はやらなかったのか。確かに高校生で1回200円は高いか。さて、晩飯。野菜が多いのだな。青にはガオーという姉の頭の仲間では見えません。おお、神谷さんは誕生日。例の画材屋さんのお兄さんって神谷さんのお兄さんか?クマには首輪。でも見えない。
 さて、翌日。それぞれ色々描いている。葉月はUFOキャッチャーを書いたのね。空の考えはさっぱり分らず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第3週のアニメ2.0

灼眼のシャナⅡ
 結局恋愛ストーリーだったわけか。
 母は家事。主人公は文化祭の準備のために早めに出て行った。
「約束の二人」
 悠二は銀という言葉に反応。佐藤達はマージョリー姉さんを文化祭に誘った。酒が出ないなら行かないという分りやすい反応。さて、田中のライオンの着ぐるみを見て、緒方はいいかもと・・・分りやすい恋する乙女だ。で、眼鏡コンビ(池さんのコンビの藤田さんという人)大変そうだな。いや、藤田さんはタフだね。池はもう少し楽をしたいらしい。吉田さんがサンドイッチを作ったんだけど、藤田さんに引っ張られていった。さて、近衛さんにも一緒に泊まらないかと誘ったけど、ダメそうだ。さて、シャワータイムだそうだ。新シリーズで初のシャワーシーンか。中村おおはしゃぎ。シャナは体型についても悩む。吉田さんは悠二がシャナを見ていたと気付いていたと話をしたりする。夜ですねえ。

 シャナは写真を見て、色々と思うところがあるようだ。過去の戦いねえ。さて、近衛さんがロミオとジュリエットのセリフを。ヴィルヘルミナ帰還。レージマイゴの事を調べているうちに輩を追うことになったそうだ。へえ、レージマイゴはエンゲージリングですか。さて、フィレスは生きているという事。レージマイゴを取り戻しに来るという事か。見つかれば必ず破壊されるという事か。悠二は銀の炎の事を聞くが、ヴィルヘルミナはあり得ないと。だが、アラストオルも証言する事で押し黙ってしまう。さて、池君は倒れそう。でも、楽しそうな藤田さんにまた引っ張られていった。ヴィルヘルミナはシャナ達に話をしていない事があるようだが。ヴィルヘルミナはあなたとだけは戦いたくないと。でも、どこかの草原で。

スカイガールズ
 未知との遭遇ですか…。いや、違うんだが。
「決戦」
 桜野落ち込み。さて、ワーム登場ですが、島状ですか。ネスト浮上。おや、各国にワーム登場。さて、司令部では戦闘について、桜野は作戦から外す事に。エリーゼは音羽が一緒に戦えない事を拒否。一条も同じ考え。で、桜野さんに一緒に戦おうと。そして、アイーシャの事も考えて飛べと。

 エリーゼにやさしい理由をゲンさんに聞く。写真を見せた。色々あったわけだ。戦いが終わったらおばあちゃんにあってもいいと。終わりですねえ。色んな意味で。冬后が一条に後で確認をしたいと。それぞれ、戦いが終わった後の夢を。皆真剣だな。なんだ、大佐は父に引き合わせたのか、なかなかやるな。アイーシャも一緒に飛ぼうと。信じればいつでも飛べると。
 さて、最終戦闘ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第3週のアニメ1.5

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 5年前、キタジマ博士とホシの出会いか。最初からスパイだったのか、途中からスパイになったのか。
「鳴動-真実を求めて-」
 潜水艦は占拠された。さて。司令の戒告。ほお、カズキの事は案外評価しているのか。度胸という事で。ソウヤは隠れ場所にきた。もぬけの殻の住宅。ソウヤさん、シャワー。いきなり裸で出てくるなよ。さて、潜水艇には博士達だけ残されたという事か。通信設備も遮断してしまったという事ね。博士は泳ぐつもりか?さて、あっちの制服を着たホシさんがアルブムを見ている。おいおい、泳いでギオの前までやってきたぞ。すごいな。おや、司令の娘さんだ。で、司令はどうしてカズキの経歴を洗っているんだ?

 司令のところへアルブムが奪われたと連絡が入った。娘と一緒にいられない事に後ろめたさを感じているようだ。さて、乙姫達。シミュレーションか。さて、新兵器というか、こっちは対タナトス戦という事か。乙姫とドラゴンは双子みたいだな。で、弟さんというのもいる。風呂に入っていたのは王子か。よくやったと言われたのはホシの方、ガーネットは一瞬むっとしていた。アルブムはマザーに連絡するが、取れないようだ。さて、出さないと大変な事が起きると。さて、ドラゴンがタナトスから出てきた。ハバラギとライナが会話をしていると、ハバラギが何か気付いて、L3ベースに何か起きた。所属不明のドラゴンが襲来して全滅…。彼女はまだ生きているのか。その、第4のオリジナルドラゴンとレゾナンスするのが・・・へえ、多分、彼女の弟という事か。で、脱出した乙姫はそのドラゴンに海中へ叩き落されたのだが。

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 陸上に戻ってきた。さすがに若竹さんも無言。ツバエルは事故だと。そしてコマンダーを責めないでほしいと。
 BLUEはかなりのダメージを受けているという事を説明するが、千光寺さんは泣き伏している。
「Thoroughwort」
 あの日の記憶。
 さて、アザナエルが母艦へ戻ってきた。マスターコマンダーは何を使うのか。侵攻本体は集結しているそうなのだが、了解なしで何やら使用するらしい。千光寺さんは実家の都合でしばらくお休み。香月さんはしっかりやるようだな。さて、ツバエルのところへ光るオノミルが現れる。舞台での練習が始まる。気付くとここにいる。という事で。千光寺さんは上陸部隊もオノミルにも何もできなかったと。とにかく、謝る。でも、消える。あまり一人で抱えすぎないでと。さて、練習の時にも不在の千光寺さんの存在感がある。意外に川嶋さん、いい感じ。ああ、牢獄ってのは千光寺さんというかコマンダーの今の状態でもあるか。寮長がやるとコメディになるな。香月さん、この半分悪ふざけに怒る。さて、若竹さんは先生に事件の真相を聞く。やっと誰かに聞いたという事に先生は思い当たったようだ。一方、その兵器の使用をアザナエルが止めろと。でも、マスターコマンダーの指示という事。さて、コマンダーエカリルが艦橋に戻ってきた。あと一人くらいの収納…とは。何を想定しているのだろうか。香月さんがお話が面白くないからじゃないかと落ち込んでいる。マリが微笑んで戻ってきた。どうふっきれたのだろうか。

 マリは香月を引っ張っていく。寮長さんと三人組が一生懸命練習している。さて、三人組は香月も千光寺さんもいないので心配しているが、他の皆でいない分ちゃんとやっているという事だ。「どうして見えないの?そこにいるじゃないの。私は見えているの」と。メガボマーを使う事にアザナエルも抗議。マスターコマンダーはアザナエルに休養を命令した。彼女は両親が死んだ様子を聞いて、千光寺さんにその事を話す。若竹さんは謝るそのことについて怒る。お芝居の練習というわけじゃない。いや、プールの水面に千光寺さんが映る。先生が気付いたのはそれじゃないのか。巨大な飛行編隊が空を行く。さて、庭師の人は何を考えたのだろう。BLUEの艦橋には制服のコマンダーエカリル。三番砲塔をフルで動かす。先生はあれだね、平常心を装っている。この芝居のセリフはそのままだな。さて、迎撃ではなくまず防御する方向で。対空管制は弱々しいな。アザナエルはどうしてここまでマスターコマンダーが執着する理由を調べている。BLUEそのものが姿勢制御不能。直前でシステム復帰。メガボマーの迎撃成功。マスター・エカリルはシステムが復帰した理由が分っているわけだ。ツバエルの疲れきった表情に対して、微笑んでいる。さて、アザナエルがBLUE形エミルフォースドライブの爆縮によって副次的に生成される思念波を凝結させる物質の存在に行き当たった。ふーん。凝結?オノミルが現れた事か?じゃないだろうな、それはマスターコマンダーも知らないのだろうし。でも、若竹さんが何か持っているわけでもなさそうだし。

 来週は千光寺さんと若竹さんの二人の思いの激突か。山場ですねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第3週のアニメ1.0

みなみけ
「おとこのこXおんなのこ」
 千秋は南冬馬を弟にでもしようかと。顔を見に行くらしい。あん?スカート穿いている。千秋は弟にするという事で。当人も今日から俺は男だとか言っている。お、千秋はうまく逃げようとする。いやあ、意味不明だな。冬馬を弟にしてしまったぞ。困ったものだ。真と冬馬でランドセルを交換。似合うらしい。それにしても真は誰から料理を習っているんだ?いや、久しぶりに意味不明だ。おいおい、俺を剥いてくれって…。パンチ食らって当然だな。冬馬と千秋がじゃれている。さて、そこへマコちゃん登場。で、この冬馬とマコちゃんは何をしているんだ?カーテンの裏で。お互い大変だな。で、何で二人で顔を見合わせて顔を赤らめているんだ?冬馬は男でいいそうだ。で、胸をたくしあげて千秋より胸があると夏奈…何やってるんだか。

 マコちゃんが正体をバラすと。夏奈と冬馬の二人はバカか。とうちゃん、かあちゃんとか言い合って。リップクリームを千秋が春香につけてもらっている。かなり魅力的らしい。そして、マコちゃんにも…。マコちゃんの実は俺は男です発言…なんだよ、皆それでも気にしないらしい。おいおいおい。そう来たか。あ、なるほど。千秋も春香も夏奈がマコちゃんに冬馬のマネをさせていると勘違いしていたのか。冬馬のアドバイス。真がうまくやれるわけがない。というかさ。制服の時に言っても意味ないぞ。夏奈は真に戻る日は来ないらしい。で、隠れたんだが。コタツの中。大変な状況だよな。どこを見てもパンツ見えまくり。視聴者には見えないが。見ちゃいけないらしい。不死身の二宮君かよ。あのドラマかよ…。とんでもねえな。夏奈が何か思いついた。冬馬のところへ逃げを打ったようだ。おお、夏奈が冬馬にマジックを見せてみろと。冬馬が上着やスカートを入れるが、ちょっと男の子のパンツ姿を見るのは恥ずかしいらしい。出てきた。本当に何をやっていたんだか。

D.C.Ⅱ
 小恋とのトラブルが前半のヤマかな?で、このままじゃいけないと決意するのは小恋の方。主人公じゃないのかよ…
「小恋、ココロ、うらはら」
 美夏いじめは続く。騒動については静観。色々経緯があるわけだが、バンドより美夏の事を優先。小恋が自分も手伝うと。でも、主人公は自分に任せて欲しいと。美夏のところへさくら登場。小恋は蚊帳の外。さて、さくらの家に美夏を居候させる事に。小恋はいなくなるわけだ。さて、小恋はお弁当を作ったのだが、結局、その弁当の行方は微妙に。小恋は部活さぼりで杏達と一緒。茜はななかに探さないであげてと。さて、主人公に部活を休んだ理由を聞かれたが、意外にさくっとすんだな。聞かれた事自体はうれしかったようだが、昼休みは一人。

 委員長は生徒会に抗議。やり方を変えるとさ。生徒会以外に異議申し立て。でも、高坂さんも音姫に本当に何も知らないのかと。美夏はパソコンで色々調べる。台湾とエクアドルのバナナはどっちがいいかという問題。台湾かな、個人的には。さて、美夏の後ろには委員長。あ、美夏が怯えている。主人公は委員長の気持ちが分ると言ったが、委員長はその言葉を拒絶。委員長も弟には優しい顔を見せるんだな。つまり、弟からからめ手だな。美夏は委員長はかつての美夏と同じだと結論付ける。でも、それ自体はきっと変化可能という事でしょう。おいおい、主人公は授業中になってやっと小恋がいない事に気付いたようだ。さて、小恋のところにななか訪問。さて、主人公も来たけど、ななかが応対しようかとしたところ、小恋は出ないでと。ななかに小恋は本当の今の自分の気持ちを告白。今は苦しいんだと。涙ぐんでいる。

スケッチブック ~full color's~
帰り道。寒いんだな。確かにいつのまにか冬だ。ちょっと前まで夏だったよな。で、風邪を引きました。青は優しいな。
「風邪の日と、ねこねこpart3」
 ネコが様子を見ている。賞味期限問題について論じている。で、他のところへ行こうとしたらこっちを見ていることに気付いた。やっぱり食べないとまずいという事に。出てきたのは何だ?で、どう考えても腐ってる。で、喜んでいると空が曲解。手をつけずにおくという事だ。で、ちりめんじゃこはやはり食べないと…と、ミケ。結局、グレが食べた。
 さて、学校では美術部の皆さんがお昼ごはん、相変わらず普通だな。クマが何か言い始めたぞ。コミュニケーションを取ることが大切だし、ハーさんは字を書いていると指摘したり、いや、意味不明。じゃんけんをしてる。

 さて、テーマソングにのって田辺先輩と氷室先輩登場。空は相変わらず風邪。暇らしい。で、ネコたち。次はボディランゲージだそうで。麻生さん達が見舞いに来た。ケイトはお見舞いの絵。妙だ。鳥飼さんは風邪薬。麻生さんは腕人形。で、先輩達も見舞いのもの。あ、佐々木先輩と栗原さん。古閑さんも来た。田辺先輩と氷室先輩まで来たぞ。なんだろう。はくさいを持ってきた。で、クマさんのジェスチャー…意味不明だ。さて、ぶちが人間に意思を伝えるための禁断の儀式を伝授。何か伝わったらしい。はい?空が見た夢って何だ?へえ、結果例のちりめんじゃこをあげた事については弟君が絶対にダメだと。で、次はちゃんとしたものが出た。ほお、禁断の儀式は効果があったのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第2週のアニメ2.0

灼眼のシャナⅡ
 シャナは呆然としてみている。それにきょとんとした顔をしている。過去に、マージョリーが追うなと言われたのは銀の炎の持ち主。ともかく、しばらくはマージョリーには知らせないようにと。そして存在の力を使うなと。
「帰ってきた男」
 さて、近衛さんは具合が悪いらしい。で、執事と近衛さんのブレスレットは何?さて、学校では文化祭の準備。へえ、クラス代表が仮装でパレードに出るのか。近衛さんと主人公もですか。さて、主人公がロミオで、ジュリエットは果たして誰か。ジュリエットは吉田さんだ。近衛とシャナは「オズの魔法使い」組ね。ほお、シャナも吉田さんもこんな単純なことでは心底喜ばないし、悔しくないとも。家の近くに誰かいる。さて、パリ。おいおい、ヴィルヘルミナはいきなりパリかよ。前にあったカムシンと落ち合うのか。

 さて、吉田とシャナは悠二の家に衣装を取りに行くらしい。母はロミオは似合わないと。それぞれの考え方が違うのが面白いな。さすが、母は言う事が違うな。マージョリーもそうだけど。シャナは気付いた。後ろを付けられていると。頭をかいているから多分、大した事はないだろう。シャナはただものじゃないとは言っているけど、ただものじゃないか?やはり父か。結局、皆で食べることに。次は父がシャナと吉田に母との若かった頃の関係を話す。彼の一族の男達は風船のようにふわふわ、なるほどね。まずは手を伸ばせばある程度は届くと。カムシンからフィレスは生きていると聞いてヴィルヘルミナがショックを受けている。レージマイゴの元の持ち主のフィレスって何?

スカイガールズ
「失われた翼」
 弟との再会。周防も驚いている。驚くとは思わなかった。桜野さんは喜ぶ前に驚いている。その反応はワームのものらしい。アイーシャが感応して倒れた。それぞれ勝手な行動を。攻撃をしようとしたエリーゼのナノスキンが破損した?下がらせろと。彼はワームメッセンジャーですか。アイーシャには接触を試みてきたのか。ブリッジは憂鬱な状況だ。でも、桜野さんは前に会った時と全く同じだから変だと。泣いている。そりゃそうだ。でも、案外論理的だ。冬后は一条を部屋に呼ぶ。

 一条と冬后で会話。周防さんから冬后は少し前に聞いたんだな。へえ、アイーシャと桜野姉弟はDNAが近いのか。桜野を使ってワームのネストに潜入させてワームのプログラムを書き換えるのか。一条達はバックアップ。何か一条さんが顔を赤らめている。さて、おじさん達二人はエリーゼのお見舞い(笑)。アイーシャに伝えたのはネストの位置か。ビッグバイパー隊と共同作戦。艦長はレイジンの帰還を最優先。桜野さんはえらい優等生な答え。特別訓練をするそうだ。あ、桜野さんはから元気という事か。呼吸も荒そうだし。パニックになっている。さて、精神的に飛べないのか。場合によってはアイーシャを飛ばすのか。彼はコピーされたという事か。オリジナルはいろいろな意味で分解されたわけだ。で、アイーシャは自分の事を話して、桜野さんは落ち着いたようだな。さて、とうとう空母が来て、一条の父もやってきたわけだ。ほとんど特別訓練できなかったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月19日から12月9日の酒

(青島にて)
青島ビール
 というか、こればっか
Glenfiddich 12y
 ホテルのバーで。ちなみにサントリーの何か(山崎?)もハイボール(通じなかった)で飲んだりしました。ホテルのミニバーには有名な雷鳥がいました。

(神田にて)
DUCHESSE DE BOURGOGNE(Bergian Beer)
 生。瓶に比べるとよく言えばフレッシュ感…というか酸味を強く感じた。

(国分寺にて)
即墨老酒
 青島市(大青島市)の銘酒だそうです。500mlで250円でした。

(立川にて)
ROSE OF TEXAS 15y
Evan Williams 12y

新宿坊主バー
(立川にて)
AUCHENTOSHAN 10y
意外に美味。ローランドいいかも。
ALBERTA SPRINGS 10y

(立川にて)
Ron GUANTANAMERA 10y
双鹿五如皮酒

(立川にて)
INCHGOWER 14y(UD)
 美味だったり。麦芽香がいい。
DUN BHEAGAN TEANINICH 21y
 好きな蒸留所の良いのを飲むと本当にいい気持ちになれる。これはこれまで飲んだ中でもかなりきりっとした感じ。

(立川にて)
RON Flor de Cana gran Reserva 7y
ハイランドパーク 12y

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第2週のアニメ1.5

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 1年前。ソウヤがマスターになった時乃の話。すっぽんぽんだけど、顔を赤らめている。生まれた。ドラゴンはそう生まれるのか。
「真実-鏡」
 そうか、司令も憎んでいるんだよな。で、キリルってなんでこんなに筋骨隆々なんだ?ライナは色々な意味で冷静だ。ギオとウィドーの処分について話をする。ソウヤが抗議。試験場タルタロスにギオとウィドーがいる。ウィドーはこの場所の意味を知っている。さて、妹や家族と過ごした夢。そこにトワ。妄想。さて、キタジマ登場。君の態度次第でトワに会えるかもと。キタジマさんはよく調べているな。へえ、2年前にトワとレゾナンスした形跡があるのか。ジンはトワのマスターなのか。

 マキナはソウヤに本当に優しいな。で、ジークリンデ登場。リンゴを見てちょっと機嫌が良くなった。さて、ジークリンデは何を話しに来たんだ。へえ、ジークリンデは私たちを裏切らないでと。さて、どっか遠く。ジルアード軍ですか。王子様はアルブムが欲しいらしい。さすがのガーネットも一瞬弱気。でも刀を取っていつもの彼女に。アルブムは逃げた。おお、ノザキが逃がしたな。彼がスパイか。ジンは疑問に思う。ソウヤ達はジンを逃す。さて、この前に見せてもらったもの。トワは迎えに来たのか。アマデウスが簡単にトワを倒した。さて、ライナがジンとソウヤを待ち伏せ。ノザキはアルブムの実験を中止。ノザキって何者だ?時に知らずにいることもいいのではないかと。ホシはキタジマをタルタロスに誘う、というか唆す。なるほどね。ソウヤはお互いが必要だと。さて、こっそり潜水艇でアルブムを移送。ジルアード軍とアガシオ?ほお、ホシのキタジマからのクリスマスプレゼントはアルブムという事に。

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 脚本が出来上がりました。先生は香月さんに「頼んだわよ」と。聞いていなかったようできょとんとしているが。
「Cirsiumu」
 復讐
 うーむ。そういうタイトルか。香月さんが演出をやるのね。配役は難しいな。さて、ツバエルが観察をしている。アザナエルはどうしようと考えているのか、その死んでしまったオノミルの事が忘れられないのだが。おや?先生は千光寺さんを呼び止めたが、そのまま返した。衣装作りも千光寺さんは上手みたいだ。で、縫い方を聞いたりしている。ま、寮の夜は楽し更けていくという事だ。二人の部屋で、千光寺さんが事件の事を聞く。若竹さんは助けてくれた事で今は皆と一緒にいられる事を感謝している。だが、千光寺さんは多分、そうじゃないと言いたいのだろうが。で、彼女は指を切り、その血液を見せる。白いんだな。若竹さんは気にしない。みっちーは配役を考えている。桜花の人だけでは足りないと言っているのだが。へえ、寮との合同企画という事だそうだが。寮長と千光寺さん崇拝者達登場。おお、寮長さんも結構いいじゃないか。「言い出す勇気」ですか。明日の休みに船に乗らないかと若竹さんを誘う。

 本当に連絡艇(?)へ若竹を載せているよ。ツバエルも若竹が来る事について当惑している。ペンダントの裏には何があるのかと思ったが、ほお、彼女の乗機のリモートコントロールか。ツバエルと話をしている。アザナエルと対峙。アザナエルにとっては宿敵だが。船の上で外を眺めるんだが、これってOPのシーンか。ま、甲板上での楽しい二人は、ツバエルやアザナエルにとってはラブラブカップルみたいに見えるだろうな。千光寺さんは本当の事を言おうとするが、そこで艦が停止。ツバエルが艦橋へ戻るようにと。システム停止。アザナエルが居住エリアに連れて行くのだが。殺そうとでもするのかと思ったが、アザナエルはオノミルが死んだ状況を若竹に説明。アルメの精神感応によって島民は自分達で殺し合いをしてしまったのか。千光寺さんは扉を開けて欲しいと涙を流して懇願するが、あけるわけないか。ツバエルが排除の応援。ツバエルが開けた部屋の中へ入って、千光寺さんは若竹さんと話をしようとするが、彼女は精気が失われた状態。アザナエルはBLUEを物理的に爆破して逃亡。本当は、千光寺さんが島で起きた悲劇と、若竹さんが生き残った事について説明するはずだったのだが、それをアザナエル経由で知った若竹さんは目が死んでいる。うーん、参ったね。そういう復讐か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第2週のアニメ1.0

みなみけ
「三姉妹日和」
 春香だけ休みらしい。姉は退屈そうだ。遊びに行けばいいのに。で、夏奈はナニを真剣に春香の様子を考えているんだろう。春香は高校生とは思えないよなあ。それにしても夏奈は何を怒っているんだろう。さて、春香のケーキはおいしそうだ。すごいな、夏奈の妄想が連動していたぞ。え?千秋の妄想の方が結局すごいじゃん。男を連れ込んでいたという事か。さて、次は夏奈が千秋に起こされた恨みを晴らすらしい。いや、寝ぼけても夏奈の事は大バカであることを力説。小学生に1時は大変だろうけど、夏奈もかなり疲れているようだな。というか、バカか。夏奈も眠そうだ。この二人、すごい状態で居間で寝ていたんだな。で、3時まで寝ていたか。お、次の土曜日は千秋が夏奈のレポートで徹夜を計るわけだ。

 夏奈が風邪。千秋が心配している。おいおい、黄泉(きいずみ)行きバスが来たらしい。こういうときは千秋がちゃんと看病したりしている。で、結局は辛そうにしているのが面白いらしい。あら、千秋に風邪を移して夏奈は元気。
 千秋は野菜を残すんだな。さて、制服をクリーニングを出す前に皆で交換。あら、春香の借りた夏奈のもう少しで胸が入らないと。さて、緑黄色野菜と対決。そして、夏奈の制服は千秋にとっても胸はぴったりらしい。
 夏奈はケーキが食べたいらしい。春香が食べたいと嘘をついて、パイを焼くことに。作り直してくれることを期待。え?出来た?夏奈が一人で食いやがったな。で、夏奈が泣いて反省。

D.C.Ⅱ
 あれ?修学旅行ネタは終わって、美夏ネタだ。ロボットへの反感は強いんだな。美夏は口では平気だと言うが、悲しそうだな。
「霞んでいく想い」
 やはり修学旅行の続き?石舞台ですか。あ、例の電話は美夏がロボットとばれたという話か。まだ、月島さんはちょっとなんと言うか。で、美夏イジメだ。何とか「良識派」が抑えているようだが。で、例の桜。高坂さんが正論を言うが、知らないんだよな。乙姫が困っている。で、気付いたか。おい、乙姫が倒れた。心労?で、主人公は俺帰るわ。と。本当に月島さん可哀想だ。そして、桜の木の下での幼い頃の姉との会話。目が覚めて主人公は戻ってきた。あら?主人公の体にも異変?

 美夏…ぼんやりしている。主人公は水越先生に相談。現実を話す。お、さくらが対策をとっているようだ。でも、確かにさくらの顔を見ると時間が経ったんだなと思える。今頃月島さんの事に気付くアホな主人公…という事で。茜は怒る。杏達が月島さんが寄り添う。杏もはきつい事を。月島さんは無言。月島さん、怒る。そりゃそうだ。でも、何もフォローしなかった主人公はひどいよな。で、主人公は分っていない。泣き出しちゃった。悲しみながら怒って帰ってしまった。月島さんは目もあわせようとしない。さて、主人公は皆から責められている。主人公曰く「謝ったんだけどさ」。いや、あれは謝っていない。言い訳をしただけだ。ぼやっとしていると委員長登場。委員長が美夏問題について問い詰め。その件を水越先生に報告。水越先生は委員長の憎しみの原因について話す。そうか、父がμの開発者であったのか。そして、父は弾劾の矢面に立って自殺。主人公の生易しい正義感は完全に打ち砕かれた様だな。でも、動けとしかいいようがないな。

スケッチブック ~full color's~
 和むね。秋だ。麻生さん達が学校で待っている。写生会か。この展開…先生がハイテンション。はい、どこかで見ましたね。
「出会いの先」
 大自然…学校の下ですか?で、春日先生は昼寝に入る。麻生さんは代わり映えしないと言うけど。それなりに発見があるじゃないか。あ、栗原さんは空の虫発見に付き合っている。で、寝始めた人たちもいたりする。お茶を飲んだら、そこに空が映っている。皆さん食欲の秋で満足。で、犬がいる。古閑さんが何か始めた。笑える。胸の上に唐揚げを載せたりして。笑えた。春日野先生が犬に反応。犬を描け…と。根岸さんに興味を持っている。空は犬の尻尾を見ているうちに寝てしまった。で、根岸先輩になついてしまった。実は犬苦手?古閑さんが犬の気持ちをシミュレーション(笑)。皆が犬と根岸先輩をカップリング。で、飼う事になった。お、例の彼女登場。

 で、田辺先輩と氷室先輩登場。誰もいないです。犬耳つけてます。犬の話をしていたら、あら?例の犬がいる。例の中学生の飼い犬だったか。え?根岸さんの妹なのか。古閑さんが「おニイ」と呼んだ。で、皆さんのユニーク(?)な絵を見て感動。そして、犬男の写真を見せてもらった。空が写真を撮ることに。春日野先生がみなもを見た。妙に春日野先生に気に入られた。お、写真を撮ったが、偶然、ぴーちゃんと犬男が写った。で、みなもに絵を描かせたんだが、ボディペインティングだとさ。へえ、佐々木先輩面白いな。麻生さんも面白そうにしている。さて、みなもに皆で写真を撮ってもらう事に。何故か田辺先輩と氷室先輩登場。おお、頭にもみじが付いた空の写真を一枚撮ったんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年12月第1週のアニメ1.0

灼眼のシャナⅡ
 ニューヨーク後編。
 悠二の鍛錬はいいレベルになっているのだが、自在砲の使用についてはちょっと躊躇。
 さて、ニューヨーク。
「哀しみのマイルストーン」
 マージョリーは自分が危機的状況になったらどうするかと。ふむ、この具是の輩は気配をぼやかすのが得意技か。シュドナイにバトンタッチ。さて、この少年は助けなければと思い込んでいる。さて、マージョリーが切られた。で、ユーリにやってみろと。どんな力だ?蛾?

 さて、マージョリーとユーリで役割分担。マルコシアスは相変わらず減らず口。アナベルグのユーリへの反撃。お、やったか?と思えばまだ。さて、そのあとどうなったか?さて、マージョリーはユーリを使うか、使わないか。さて、マージョリーは引くことに。そして、シュドナイも巻引きのために。うまく突っ込んでくれたので引き分け。
 一方で悠二の方はまだうまく撃てていないようだ。ん?自在砲を撃つ事に成功したが、シャナが驚いている。アラストオルも。何が起きたんだ?色が銀。何故銀だとシャナがあせったような顔をするんだろうか。

スカイガールズ
「サザンクロス・ホーリーナイト」
 何か能天気。実験機だそうだ。周王さん意外に乳でかいな。ちょっとびっくり。で、クリスマスパーティをやるだそうで。艦長はナニを考えているかな。また直訴だ。意外に一条さんが楽しそうにしている。当然、整備班はOKだよな。あー、絡め取られているな。一条さんの大事な人って…副長さんと艦長ですか。さて、周王さんは何か最後の何とかだな。いや、本当に周王さんは食えないな。おお、お品書きだ。親方偉い。シュトーレンってドイツのクリスマス菓子か。ついでに寿司もいい感じだ。おお、ツリーをスタンドでつくrんだな。副長がポスターをはがそうとしたら艦長が諌めた。オヤジさんも楽しみにしているんだそうだ。この泣きぼくろ、食えないなあ。

 うわ、夕子先生すごいな。サンタコスか。副長さんは(笑)だ。おお、皆さんでサンタコスだ。一条さんはノースリーブか。セクシー過ぎ。おお、副長さんには夕子先生か。いやあ、なんというかいいね。冬后はちょっと離れた所に一人。いい奴だな。一条さんは実はなんというかだな。おお、可憐も、御子神姉妹も艦長もそれぞれのクリスマスって感じだね。なんか桜野はちょっとアンニュイ。でも、彼女のもっと一緒にいれたらいいなって…あれですか?鬱急展開ですか?藤枝さんもクリスマスのご馳走。何やら不穏な言葉。アイーシャは彼女なりに。エリーゼはツンツンだな。輪から離れた周王さん。苦手なんですか。実験機には桜野さんに乗ってもらうのか。"Final Encounter"ですか。それが彼女の秘密ですね。おいおい、花火上げるなよ。へえ。おやっさんは花火をしこんだのか。さて、冬后は周王に聞いちゃったわけだな。さて、水平線上にワーム出現。
 ラストへ。群体ですか。音羽が何か感じたようだな。おいおい、蓮の中にいるのは弟君かよ。やはり音羽は気づいた。さて、弟君は何者として振舞うのか?

 おい、シュトーレンに喜ぶエリーゼのシーンがなかったのかよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年11月第4週のアニメ1.5

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 2年前。窓越しでトワの妹と母を見るこの子はダレ?。ああ、先に行っていてくれと、司令の娘さんか…って事は。
「決意-疾風を越えて-」
 さすがのカズキもな。ジンは当惑。そこへハウリングスター達。リンドブルム・ユニットがギオ拘束。カズキにライナがどうして無断出動したかを質問。何か適当な理由だが、通ったりして。やっぱ通った。というか通したというのが正解か。さて、ライナがガーネットに渡したのは術式についてのデータ。やはり偽物か。おや、司令への報告で司令はカズキの嘘を飲み込むこととしたわけだ。ノザキ教授はキタジマ研究員のアルブム確保のはしゃぎっぷりから一つ離れた雰囲気だな。さて、ジルアード軍登場。キリルは動揺しているが、司令は攻撃許可。反撃するが、手ごたえがなさすぎると。あらシャトルから引き離されたとさ。ちょっと間抜けだ。

 さて、ギオが拘束を外した。ジンの独房の扉を開けて、トワを守るぞと。ガーネットは主砲発射を指示。乙姫?イツキさん。ライナの知り合いか。ジンはちょっとおかしいぞ。ギオは自分の理屈で今トワを守る時だと。ジン再度の目覚め。シャトルも守った。司令は難しい顔だ。シャトルの侵入角が狂っていると。一難去ってまた一難だ。いや、本当にギオ達がシャトルの盾になったな。また、カズキが激怒。仕方ないね。ウィドーは複雑な気分なんだろうな。司令がまず、「これがお前達の仲間だ」と怒りの表情(?)でトワに見せたのはドラゴン。ジンはまた拘束された。

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 みっちーは部屋から出てこない。まだ寝てる。それにしても部屋はすごい状態だな。
「Lagenaria siceraria」
 夜の思い出
 まだミッチーは寝ぼけているみたいだな。さて、ミッチーは脚本について説明。また80年代少女漫画風の一枚絵付きだ。千光寺さんはジャンヌダルクで、若竹さんがセーラー服で牢の中に。ジャンヌこと千光寺さんは若竹さんに心を開いていくわけだ。あらすじを聞いて若竹さんが涙ぐんでいるし、皆感動したと。先生も評価。さて、千光寺さんが準備を提案。ツバエルがその様子をアジサシで監視している。ツバエルもちょっと呆れている様に見えるが。
 くじ引きで千光寺さんと若竹さんが買い物で隣町まで。アザナエルの乗っていた船が何か反応。ええっ?海にサンフラワー?千光寺さんは風が入ってきて本が読めなくなるので、窓を開けたのが迷惑らしい。若竹さんが船を見ながら、前に港で見た船の事を質問。一瞬、千光寺さんはぎょっとするが、若竹さんの初めて見た気がしないという話にはそっけない反応。一度、乗せてあげましょうか?と。千光寺さんは喜ぶ若竹さんを見て意外そうな顔をする。そして、若竹さんは千光寺さんに船だけではなくて、千光寺さんの事も昔から知っているような気がすると。つまり、記憶が次第に戻りつつあるという事か。

 結構大きな街だ。若竹さんはきょろきょろ。電話番号は適当だな。意外に千光寺さんって若竹さん相手だと茶目っ気があるんだな。あはは、若竹さんは疲れた~と。何もしていないけど。さて、若竹さんは観覧車に乗って見たいと。若竹さんは帰りは歩いてみない?と提案。運動不足を理由にしたけど本当のところはどうなんだろう。ツバエルのコマンダーの行動の偵察はツバエルの趣味なんだな。アザナエルに非難されている。つか、これじゃ、ツバエルのコマンダーへの関心の持ち方は寮の皆さんのと大して変わらないよな。ツバエルはアザナエルに、あのフォリメ(若竹)に会ってからコマンダーは笑うようになったと。
 さて、山道。若竹さんは足でもくじいたか?若竹さんの特殊な能力についてツバエルとアザナエルが言及。先生は千光寺さんの個人データにアクセスできないと。つか、今頃アクセスしていたのか?あ、この学校は倉敷にあって隣町は岡山か…そんなでかい街か?若竹さんはマメがつぶれたのか。そこへ雨。元レストランの廃屋に入り込んで雨宿り。荷物を忘れた事で若竹さん落ち込む。調子に乗ったと。若竹さんに千光寺さんがこの星に来た事を話す。でも、若竹さんは寝ている。ツバエルはコマンダーの事を擁護するが、千光寺さんに異常発生。接触テレパシー。エミルフォースドライブ事故が起きている一方でコマンダーは自分が島に引き起こした惨劇を見てショックを受けている。彼女は幼い若竹さんを助けた。とうとう記憶が共有化されたか。二人とも辛かったんだな。若竹さんは千光寺さんに感謝を。千光寺さんはまだぼおっとしている。なるほど、アザナエルについてはフォリメ(若竹)を助けてオノミルを見殺しにしたという様に捉えたという事か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年11月第4週のアニメ1.0

みなみけ
「ほさか」
 マキとほさかは何を話をしているんだ?保坂はマキ達一緒に春香の家に遊びに行きたいのね。でも一度も話をした事がない状態からそこまで持っていくのは難しそうだな。ほさか理論を聞いて悪い予感がしている。速水はその話を聞いて面白い話だと。あ、保坂先輩は妄想シミュレーション中だったりしている。マキは素直に気持ち悪いとの感想。同感だが、それはそれでよい。ほさか君のマキ相手の妄想しミュレーション場面を春香が見てしまったぞ。千秋が風船ガムを食べている。そこで夏奈が風船をふくらませようとするのだが…こいつ風船もふくらませられないのか。確かに可哀想なものに近い。千秋がお手本を見せることに。特訓している。この姉妹根源はバカだな。千秋にしてもだ。何故柔道着なんだろう。そこへ春香が帰ってきた。春香もふくらませているが、ただの風船じゃなくて、おお二重か。さすがだな。下の二人の妹かなり変。あ、照れちゃったのね。

 保坂に速水が分けてもらえばと焚きつけている。あーあ、行っちゃった。さて、アツコしかいないが。保坂先輩は今日から料理好きなんだな。そして、妄想。あれ?アツコはカッコいいかもしれないとか思っているが、いつのまにか保坂は前をはだけたりしてしまった。アツコは話を聞いてくれないと涙目。さて、次の日だ。保坂はお弁当だ。お弁当が二つだ。彼が作った弁当が意外にうまいらしい。速水がショックを受けている。夏奈は炊飯器のスイッチを入れなかったようだな。で、春香は空腹で力が出ないらしい。妄想保坂のパスタのゆで方。確かに黙っていても変だ。とうとう保坂が弁当を持ってきたぞ。でも春香がおにぎりを食べて幸せそうな顔をしていてそれを見て帰って行った。夏奈がごはんを炊いていて千秋に怒られている。で、保坂が食材を買うわけだが、何を悩んでいるのか意味が分らない。何故かタラだ。タラ…。店頭での妄想…大変だね。

D.C.Ⅱ
 修学旅行当日だ。さて、さくらが忘れ物だと。ペンダント?旅のお守りで絶対に外さないでと。
「恋模様大和路」
 船?島から出るのに船か。修学旅行の間には色々起きそうな感じという事か。へえ、新幹線じゃなくて在来線で移動するのだな。皆月島さんに気を回している。あら、主人公は昨日の夜音姫にレクチャーしてもらったのか。でも、その内容は覚えていないみたいだ。月島さんがレクチャーだと。で、同級生達がちゃちゃ。奈良ですか…。二人で楽しく話しているのに天枷さんの話はちょっとまずいよな。彼なりの天然な優しさのだが。長い一日で月島さんが主人公と二人きりの時間はほとんどなし。で、宿でお風呂。おや、月島さんは付き合ってるんだよねと。ま、杏達は月島さんを励ますのだが、月島さんは恋人ってもっと特別なんだと思っていたと。かなり深刻かも。さて、男の子の部屋へ遊びに行こうと。ほお、夜這い結構ですか。さて、委員長に阻止された。あ、いつのまにやら主人公が女子部屋に布団巻にされて投げ込まれた。ほお、ま、結果オーライ?いやあ、それにしても月島さんの下着は…結構派手だな。勝負なんとかってやつですか?

 楽しい夜は更けていく。ま、皆さんで女子部屋でまったりしているわけだ。皆さん、二人っきりにしてあげるってさ。携帯を忘れてそれを届けた仲居さんがロボット(ミウ)だった訳なんだが、委員長が突然大不機嫌モード。皆さんかなり凍っている。で、彼女はロボットが嫌い。さて、主人公は小恋を置いて自分の部屋へ戻ってしまうわけだが。主人公は今度は委員長の事に突っ込むわけだな。仏像を見ても主人公は結局は天枷の事に。確かにお風呂での彼女の懸念はね。杏達は小恋を励ますのだが、かなり自信喪失。宿へ帰ったところで月島さんが明日の午後の自由行動に付き合って欲しいと。ほお、春日大社に行きたいのか。お、主人公はやっと気付いたか。さて、一緒に行くと約束したわけだが。
 家に電話した主人公…何が起きた?緊急で戻らなければいけない事が発生したようだな。

スケッチブック ~full color's~
 青君が勉強。青は空に勉強を聞くのだが…空が固まっている。定番の数学は全く出来ない人な訳ね。
「ナニかの為に」
 テスト前でみなざわざわ。空だけ一人お茶を飲んでのんびり。麻生さんも葉月もテストについて話をしている。ケイトは国語がダメみたいだ。効率のいいやり方ですか…でも美術部の先輩に聞いてもね…。栗原さんは分析と確率。神谷さんは関係ないみたいだ。古閑先輩の単語カードが普通なわけないよな。カンニングノート作りで勉強するというのは面白いね。佐々木先輩は歌にして覚える。うう…えらい歌だな。というか、ええと。空がその歌に感動している。さて、お久しぶりの春日野先生。勉強法を聞いて欲しかったようだね。古閑先輩は歳いくつなんですか?と聞いたが…誰も把握していないのか。で、田辺先輩と氷室先輩はテストのヤマを当てるために山に来ているそうだ…気にしないほうがいいかな。

 テスト勉強をしなければという雰囲気になった。神谷さんは色々遊んでる。で、佐々木先輩はギターに歌。部室はテスト勉強の雰囲気じゃないな。という事で図書室。部長が先に来ていたわけだ。効率のいい勉強法を部長に聞いてみた。毎日ちゃんと授業を聞いて放課後に復習…。はい、正論です。でもそうだよな。さて、麻生さんは腕人形。飽きたらしい。早口言葉大会へ。ケイトも参戦。常識人葉月さんが困った顔をしている。空は和もうとしたらお茶がない。美術室へ戻ったら残っているのは栗原先輩だけ。何か聞きたそうにしているんだが。空は何で勉強するんですかと質問。栗原先輩はやりたい事があるからと。へえ、ビオトープ管理士か。今のアニメなんだなあ。俺の高校生の時にはそんな言葉なかったよなあ。ま、他の皆さんもそれぞれ。栗原先輩は夢が具体的だなあ。ケイトは一人で図書室に残っていたのか。
 空がやる気満々になるためにハチマキ。青は負けたくないからなのか。それもそれで面白いな。それぞれ勉強。麻生さん…まだ早口言葉か。やりたい事ねえ…。ま、頑張って勉強してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年11月第3週のアニメ2.0

灼眼のシャナⅡ
 誰かが焼かれている。目を持つ男。マージョリーさんが珍しくあせった顔をしていたな。
「過去への扉」
 今回はマージョリー回ですか。へえ、主人公は自在砲の構築という段階まで行ったか。おや、ヴィルヘルミナが資料を見ていたら何か発見。フィレス?マージョリーさんに鍛えて欲しいと。おや、教えて欲しいといわれたのはマージョリーの過去か。ほお、大恐慌後のニューヨークにいたわけだな。一度シュドナイにやられたかと思ったが結局軽くやられた程度だったのだな。

 この少年も16歳でフレームヘイズなのか。マージョリーについてきた。でも、このフレームヘイズは妙だとマージョリーは感じたのか。へえ、彼は危険すぎて戦いができないのか。確かに言う事が変だ。少年がフレームヘイズになった経緯を聞いたが、少年に今いる具是の輩の気配を感じなかったのかと?ついて来るなと。なるほどね、誰かを助けたいと考える事が危険という事で。

 え?ここで終わった?はっきり言って1シーズン目と比べてダレ過ぎ。

スカイガールズ
「共闘」
 ビッグバイパー隊の初陣だそうだ。一条は見に来ない。でも、ワームはやられないわけだ。結局やられたのがビッグバイパー隊。

 冬后が彼に声をかける。二人の過去の思い出話か。今回のワームは以前に二人が戦った事のあるワームと同じか。その思い出は冬后が飛べなくなった戦闘の事ね。で、一条さんが立ち聞きしている。冬后の夢は彼女達を自由に空を飛ばすこと。曲芸団がいいかもしれない。このワームなんだが海底から攻撃をしかけてきたのだが、そのまま海底から攻撃を続ければスカイガールズも攻撃できないのではと。おお、共闘というのはビッグバイパーとか。二手どころか、三手に分かれてしまったな。困ったね。あ、ビッグバイパー隊のやられていた2機も戻ってきた。つまり、やり方さえうまくいけば殲滅できたということか。めでたしめでたし?冬后達の会話は悪くないな。珍しくいい話だった。

 それにしてもカニか…食いたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »