« 瀬戸の花嫁,最終回「君の帰る場所」 | Main | 07年10月第1週のアニメ1.5 »

07年10月第1週のアニメ1.0

スケッチブック
 女の子がネコのスケッチをしている。さて、動いてたのだが、どうするのやら。何でもデジカメで撮ってみる子。声のイメージちょっと違う。お姉さんは極度の上がり症?で、彼女も去っていった。上がり症じゃなくて人見知りか。絵はダメなんだよなあ。自分の事で言うと。
「スケッチブックの少女」
 出席率低し、と一人で騒いでいる人がいる。先生が出したテーマが難しいと。色んな絵を描いているわけだな。描いていない奴もいるし。悩んでるよな。酢豚のパイナップル…で、腕人形やっているやつとか。特売で下がった味噌の値段に怯えている子は何を描くのだ?で、彼女。入らずに逃げていった。で、久我先輩は根岸さんの頭の上にブラシでネコ耳。入ってくるようになった。興味のあるものはネコだな。先生は本当に一杯人という字を書いたんだな。で、ネコじゃらしを取り出したのだが…枯れてるか。

 彼女は梶原さんというのだな。例の黒髪の子。ちなみに福岡県あたりの話か?風が吹いてスカートがめくれそうに。スケッチブック…広げたけど描けなかったか。さて、一見のうどん屋の前に立ち止まって…はあ、うどん屋の京味で、「きょうみ」ですか。で、意地になって七味を入れている人がいれば、その横のツインテールは全部いれてしまった。何をやってるんだか。梶原さんは何をしているんだな?おお、一口で全部楽しめるようにするのか。なるほどね。妙なところで関心。さて、虫大好き少女がハンミョウの後をついて行った。栗原さんというのか、こういう雰囲気の子好きだな。つかず離れずの佐々木さんも悪くない。ついでに梶原さんもついていった。というかぞろぞろと。さて、きれいな夕暮れの景色。彼女はくっつき虫(オナモミ)でかなり興奮。なるほど、ここで皆さん絵を描く事にしたのか。オナモミは二人か。結局梶原さんは絵を描けたのか?
 ま、なかなか描けないものらしいな。

 ほのぼの系ですね。でも、ちょっと梶原さんがまったくしゃべらないと少し痛々しいな…

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 海洋系か?
「共鳴-つないだ手-」
 海洋じゃなくて天文系か。パイロットの父の制服はイマイチださいな。友との別れか。彼は月へ行くのだな。
 何かやってきて大爆発。家族で行くのか。宇宙船は発射するのだが、何か3つの隕石らしいものが同時に落ちてきた。接触して一瞬で破壊。あの状態で彼は生き残ったのか。あれからどう考えても笑えない男になったようだな。
 さて、海辺に女の子がいるわけだ。タナトスというのが例の隕石らしきものの発射基地か?主人公がライターに声をかけられたのだが。あまりいい事は書かれていないようだな。お、眼鏡研究員のシャワーだ。それはありなのか。あの打ち上げはやはりいい見ものになっているのだな。ま、ただ、とにかく主人公は暗いのだが。

 後半は何か怪しげだな。登場人物が多いな。あの暗い主人公が実験体か?違うか。レゾナンス。さて、夜の街では怪しい事件が起きていたりするか。あ、被害者の人食べられているな。あの怪人は強いな。確かに化け物だね。あのライターは何者だ?さて、主人公は追い詰められた。で、ビルから落とされたわけだが、そうそうあの事故でも墜落したんだな。いや、彼だけ助かったというより助けられたのか。で、今回も少女が現れて彼を助けた。彼女はコミュニケーターか。化け物とコミュニケーターの能力は互角か。化け物は化け物で身を隠す必要もあるようだ。さて、主人公は気付いた。彼女が近くにいる。トアさんというのだな。

|

« 瀬戸の花嫁,最終回「君の帰る場所」 | Main | 07年10月第1週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/16754518

Listed below are links to weblogs that reference 07年10月第1週のアニメ1.0:

« 瀬戸の花嫁,最終回「君の帰る場所」 | Main | 07年10月第1週のアニメ1.5 »