« 07年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年9月第4週のアニメ1.0 »

07年9月第3週のアニメ2.0

さよなら絶望先生
 「冬休みです」か。で、この人達何の映画を見ていたんだ?
「あれ不可よ 原作があるじゃないかね」
 何だそりゃ。
 映画の続きか。つまらない映画だったらしい。映画監督がいた。原作どおりだと。で、絶望先生が監督を連れて行ったぞ。原作通り。ほお、そういう逃げ道か。今度は監督に決めセリフを取られた。「レシピ通り」あ、下からの位置でカエレのパンツが見えた。えらい。まあ、終わりの方になるとどうでもよくなるが。千里が怒りを見せた。でもテレビ版はまだ普通だよね。あ、何だかよく分らんが千里の乳触った。あ、でも右半分が漫画版だ。「言う通り」で終わった。その次なかったっけ。あ、千里来た!!刺された。あ、なんだか知らんが2本目刺されてる。えーと、この子誰だっけ。

 先生は冬眠したいらしい。あびると交が下宿にいる。押入れには小森さんがいる。藤吉さんが逃げてと。千里が大掃除にやってきましたよ。でも、きれいになったな。マ太郎と風浦が遊びに来たよ。千里が戻ってきた。なるほど、冬眠っていやだな。風浦さんの話を聞くと。小森さんは冬眠している…んじゃなかったのか。先生は一緒に押入れで冬眠させてくれってさ。木津さんが…なったよ。なったよ。アレになった。ヤンデレってレベルじゃなくて、彼女はホラーだろ。え?あびると臼井?さて、集団冬眠らしいんだが…。練炭?目張りもちゃんとして、で、例の曲かよ。いや、本当にヤンデレじゃないって。朦朧として、二酸化炭素中毒?皆で死ななくて良かったね。先生逃げた。暴れチンチン電車にはねられたぞ。

 おいおい、手術で、「ありがとうとざいました」かよ。何だかなあ。

 Bパートってカエレのパンツ見えた?

アイドルマスター ゼノグラシア
 伊織とネーブラは満足げ。何だか知らないけど。春香も戻ってこれてよかったようだな。仲直りっと。
 千早は壊れちゃった。雪歩がふと手を握られている事に気付いて恐れの表情を浮かべている。
 朔が電話をしている。
「復興歴百八年」
 ロッジは最終的にアイドルを全て押さえるつもりだ。トゥリアビータの基地の位置を伝えた。さて、あずさが潜入。リファの動きをトレースされた?トゥリアビータがアイドルを持っているという事を公表。あずさは最終的に暗殺後にアイドルを接収すると課長に伝達。さて、あずさの前にはリファが立ちふさがるが、あずさの方が上みたいだな。千早が壊れて、電力を全て別のところに集中させている。千早は雪歩に手伝えと。シュメルズオーフェン…アイドルと人の融合。千早はそれを想像して雪歩の頬をなめている。さすがの雪歩も怯えている。さて、あずささんはリファを斧だか何だかでぶっ倒したようだな。雪歩は千早に命令された事は、それでもきちんとやるわけだ。千早が装置の方に歩いていくとあずさ到着。

 モンデンキント日本支部ではジュネーブのシステムへ侵略。インベルは能天気にオセロがしたいらしい。さて、千早は真っ白に溶けるって。あずさは銃でシステムを破壊しようとするが、千早はそれを止めようとしている。でも、それを雪歩が止めようとしている。雪歩は夢を叶えてあげたいと。おい、後ろから突っ込んだのは真で、雪歩はあずさを誤射しちゃったのか。もう、自由にしてあげると。ヴルトゥリウスをもう一度。さて、お母さんの元へ急ぐあずさの前にはリファ一個小隊。さて、本当は弱々な真は泣いている。雪歩は指令は完遂。へえ、リファシリーズはあずさの子供と言えるものか。逆にプロメテウスは反対側。リファは意外に間抜け。さて、あずさが来ましたよ。でもカラスが撃ったよ。あれ?千早については成功?失敗?さて、母曰く、扉が開くと。成功したか。雪歩がその機械の前ににじり寄って行く。千早は光になっておやすみ、ママと。で、皆で潰された。
 春香は能天気にインベルとオセロ。さて、ヌービアムには雪歩。雪歩は逆に全てが抜けたというか至福を知ったというか。

ぽてまよ
 夏だな。お、ポテととまりが一緒にとうもろこし畑へ。
「つぼみの気持ち」
 とうもろこし畑に誰かいる。何だぐちゅ子か。お、頭の植物がんばってるな。ぽてと二人(?)でぐちゅ子を威嚇。ぽてまよはぐちゅ子に何を言いたかったんだ?で、彼女はぐちゅ子に京の言葉を思い出せと言っているが、違う事を思い出しているぞ。あ、思い出したようだ。さて、とまりがぐちゅ子に分け前を渡す。うむ。ここはとまりのおじいちゃんの家だったのだな。つぼみが大きくなったのか。ん、ぐちゅ子のつぼみもでかくなった。お、とまりは哉純のところにとうもろこしを持っていったが、あはは、売り物に…ってのは冗談か。さて、ぽてまよはお話をせがんでいる。

前半におまけがついている。例のお菓子おじさんだ。

 世界地図。お、主人公の子供の頃の旅の話。やさしそうなお母さんだな。
「かあさんのこと」
 なんちゅうか、核心。ふーん、牛乳を沸かすのが下手なのは父・母から引き継いだ伝統なのか。無道が主人公に当番だろうと声をかけている。ちなみに初芝は無道に無視された。あ、主人公の父が学校のそばで待っている。あはは、プレゼントはペニスケースだったのか。みかんがそれを持って真っ赤になっている。さて、例の同級生三人組。で、主人公は父を無視。母の誕生日に帰ってこなかったと。で、みかんはそのことについて主人公に抗議。でも、そう言った自分にちょっと驚いてしまって…。泣きながら向こうへ言っちゃった。哉純は張り手打ち。父はニコニコして何も気にしていない風なのだが、主人公はごめんなさいと。こういう照れってあるんだな。父はいつもと同じ様に軽いんだが。父は頭の花が咲いて散ったらどうなるんだろう。確かにどうなるんだろう。みかんはお風呂で落ち込みモード。哉純がみかんの頭の上に洗面器を載せている。

|

« 07年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年9月第4週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/16531641

Listed below are links to weblogs that reference 07年9月第3週のアニメ2.0:

« 07年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年9月第4週のアニメ1.0 »