« 07年6月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年6月第4週のアニメ1.0 »

07年6月第3週のアニメ2.0

アイドルマスター ゼノグラシア
 真がいつ「アイドルには心がある」教に引きずり込まれるのかが今の見所か。いや、最後まで頑なかもしれないが。あずさはその方が何かと便利だから事実はどうかとは無関係にそれでいいと思っているのだろうな。
 OPでは亜美が一番可愛いな。
 そういえばアイスランド編だったな。アイスランドの冬?伊織が腹巻をくれたそうだ。真が春香のアイドルに乗るのに競争しなくて済むという言葉を苦々しく聞いている。で、現地担当者の顔を見てあずさが嫌そうな顔をした。ま、合わないタイプにも見えるな。
「ニヴルヘイム」
 さて、リファのお風呂シーンから。身体検査。異常なし。で、千早も上半身脱いだ。代謝が下降気味ですか。薬漬け。意外に乳ないね。最後のアイドルという事ね。亜美の姉(妹?)のアイドルではないという事か。リファと千早で出撃。千早はインベルにご執心。さて、真はカリカリ。最近怒りっぽいんだな。でも、雪歩は分らないでもないと。さて、発見されたようだ。さて、インベル・ネーブラ出撃。そこへ、千早機登場。真は命令でリファの方へ。

 さて、真とリファの対決。亜美がリファ機は酷い音だと。エピメテウスではないかと。真機はかなりやられている。真は必死。エピメテウス強いな。春香機も苦戦。亜美はひどい雑音。SCALEOUTええ、共鳴。亜美が戦闘中止をしてほしいと。何が共鳴しているのか。リファも千早も耳と頭を抑えている。さて、インベルは氷河の中へ。アイドルとの通信は不能。千早も失神していた所を春香に発見された。過去、姉妹でインベルに乗るための手術を受けていたのだな。アイドルに近い存在?千早と春香は二人で裸で寝ていたぞ。千早は自分の正体は偽る事に。でも、ちゃんと何か仕掛けるようだな。

 EDの言葉はアイスランドの食事だったのね。どんなもんだったのだろう。

英國戀物語エマ(第二幕)
 日曜の昼間から随分と優雅ですこと…。ほほほ。ちなみにニンジンを切るシーンが好きだ。
 エマは洗濯物を干していると、子供たちが本を読んで欲しいと。居間にお茶を持ってきて欲しいと。奥様の指図。エーリヒは意外に鋭いかも。
「覚悟」
 トロロープ夫人も同席している。久しぶりに顔が見たかったと。さて、エマを下がらせた。ドロテア夫人にジョーンズの事を相談。エマの事実をドロテア夫人に話をする。どうにもならないこともあると。エマ側は覚悟完了と見えた訳だ。お、他のフットマンがハンスにエマの事を聞いているが、腕をへし折るって言われているよ。で、エレノアさんは泣いている。何だか疲れた、お腹もすいたと。何か食べたいと。回復傾向か?過食?キャンベル子爵は婚約破棄を宣言。金銭面ではどうにかなったらしい。ギルモア男爵からは晩餐会の出席拒否。村八分という事だな。父は今の状態の中で必死にどうすれば良いか考えている。ウィリアムには自分がした事がジョーンズ家にした事の影響を考えてみろと。ほお、父のほうにキャンベル子爵から手紙だ。あれ?ちなみにウィリアムが声をかけた女性はグレイス?どうしたのだろう。

 さて、どこだ。郊外。エレノアがスケッチをしている。アニーをモデルにスケッチを。アニーは不安げな顔をしている。無理をしないようにと。やっぱり泣いてしまっている。でも、他の事で気を紛らわせるしかないのだな。諦めないといけないと。エレノアは考えているわけだ。父は婚約破棄の通知が来たと家族に通知。キャンベル家を敵に回すことに。ウィリアムを勘当して頭を下げるしかないとの意見もあると。ウィリアムはこの仕事を諦めない、家も捨てない。でも、エマと結婚すると。ヴィヴィアンは出て行った。アーサーは話にならないと。父とウィリアム。多分、お互い頑固者なんだろうな。ハキムは傍観者だが、ま、言っている事は間違っていない。ウィリアムは全てが丸く収まるようにしなければいけないと考えているわけだ。楽観的な頑固者だ。
 トロロープ夫人の元へウィリアムがやってきた。エマの行方を尋ねた所、顔が曇る。そっとしておいたほうがいいと。とはいえ、母はウィリアムと会っていないうちに自分が想像した以上に立派になったと。そして、トロロープ夫人はエマの居場所を教えてしまったわけだ。で、例の話を女中たちがしているんだが、ナネットはその相手のメイドがエマだと思っているわけだ(事実なんだし)。他の皆はそうじゃないかもしれないと思っているようだが。戸の所に置いてある洗濯物を見てはっとする。ポリー達が鈍感。やっぱりエマが逃げていった。ハンスが例の時計をエマに渡す。修理して渡したわけだ。そこへドアをノックする音。とうとうウィリアムが現れた。扉を閉めようとするエマの表情が良かった。エマに求婚。ハンスがじっと後ろで見ている。それにしても彼の表情は読めないなあ。いや、照れてる時は分りやすいのだが。

Shining Tears X Wind
 話を聞きに来るのがちょっと遅くなりました。大団円に向けてだ。
「精霊×魔女」
 蒼真さん一行が森の中へ。霧谷がエルフの聖地へ来て感動している。ラッシーが飛び回ると、霧谷の夢の中の声が現れた。セレスティアと名乗った。エルフの国の女王。今は魂だけの存在か。さて、彼女曰く、天空の巫女はゼクティでなく、風に愛されているものなんだそうだ。でも、結果ゼクティが愛されているという事で。ラッシィが何か振りまくとゼクティが天空の巫女の資格を得たようだ。ラッシィは風の王だったのか。何気に蒼真さんがかませ犬になりそうな予感も。さて、闇の雲も追い払った様に見えたが、何かが足りないようだ。闇のエネルギーが強すぎるのだな。そして、心剣士であるトライハルトの力が闇の力に役に立っているようだ。ゼクティ…立派になったなあ。キルレインも闇から救うのか。そうでなければな。さて、獣人軍も戦っているが大変なようだ。でも、彼らには結界は破れない。ゼクティが黒き塔へ潜入するにはヒルダレイアの研究所に行けばよいと。ちょっと皆の「はっ」が間抜けだった。久しぶりのシーナの勇姿だ。シーナはルミナスナイツの団長だったのね。忘れてた。

 蒼真さんは二手に分かれたどっちにいたのかと思ったらマオのヴィアスリッターの方ね。蒼真さんはマオから心剣を抜いた。いや、向かうところ敵なしという感じだな。へえ、敵の戦士はゼクティの顔をしている。ヒルダレイアが脚を組んでモニターを見ているのがなかなかいいな。ただ、ヒルダレイアの中から蛭田さんが出てきた様で、敵の動きが止まった。霧谷達は上にいると。蒼真さんは元の蛭田に戻すと。で、行くのは蒼真さんだけだと。さて、マオのブランネージュ達への反応が面白い。さて、ヒルダレイアの元に蒼真さんと霧谷。押さえつけている。ヒルダレイアが失神して蛭田さんが出てきた。蛭田でいられる時間が短くなっているから今のうちに倒して欲しいと。そこで、動揺する皆に蒼真さんが諦めるなと一喝。うむ。皆、考えてくれ。ほお、心剣士だから無理やり抜けばいいと。で、闇の化身を倒せば言いと。で、霧谷はシーナから。さて、蛭田が剣が折られそうになって絶叫。シーナ祈る。霧谷の戦いがうまく行くようにという事なのだろうな。それを見るクレハ。お、そんな簡単にやられるものじゃないんだな。やられそうになった霧谷をクレハが身を挺して助けようとしたら、いきなりクレハからも剣が抜けて霧谷も二刀流。すごいね。クレハが蛭田をお願いと。いや、霧谷主人公になったね。蒼真さんが心剣を押さえ込む。そこへ霧谷が打ち込んで消滅。蛭田さんが出てきた。さて、蛭田さんは正気に戻ればトライハルトの事が心配のようだ。そういえば何気にゼクティやブランネージュ達も合流しているんだな。で、合流して転送。

 次回、蒼真さん達はもう一度考えないといけないようだ。

|

« 07年6月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年6月第4週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/15495160

Listed below are links to weblogs that reference 07年6月第3週のアニメ2.0:

« 07年6月第3週のアニメ1.5 | Main | 07年6月第4週のアニメ1.0 »