« 06年12月第5週のアニメ1.0 | Main | 12月16日から12月31日の酒 »

武装錬金(一時間スペシャル)

 槍の人が助けに来た。妹は正体が分ったが言わない。
「死の胎動」
 お、三人組が先輩を責めているが、その先輩は蝶野に見捨てられてパニックになっているな。さて、皆が二人は味方だという事が分った。共食いしているかと思ったら巨大化しやがった。でも、カズキは強すぎる。おや、攻爵も登場。で、ムーンフェースはいくらでも増えるみたいだな。というか、こいつらいくらいるんだよ。おお、月齢の数だけいるのね。確かに30対1かよ。いやあ、一度に全滅させないと辛いのか。ブラボーが発展形態になった。
 さて、校庭だ。攻爵は武装錬金のお披露目。ドクトルバタフライが前座扱いされて怒ってる。そりゃね。勝手にカズキとパピヨンで話をまとめちゃったし。

 さて、おかしな音がする。目覚めたらしい。力が抜けていくと。ほお、ダイレクトに生命力を吸い取るのか。おいおい、ドクトルバタフライ改めマスターバタフライかよ。とりあえずマスターバタフライVSパピヨンマスクだ。マスターバタフライの武装錬金は脳に幻覚を見せる。アリス・イン・ワンダーランドか。パピヨンマスク最大ピンチ。でも、パピヨンは強いぞ。でも、距離感を失わされたということか、パピヨンマスクの体に穴があいた。あっちは人間でもなくホムンクルスでもない、その上位か。さて、あのフラスコの中の存在について説明をさせたが、マスターバタフライの周囲に配置。

 斗貴子さんとカズキは屋上へ向かう。やはり倒れている生徒達が気になっているな。2-Bの教室前。立ち止まるなと、斗貴子さんは言うが、一度決めたらカズキは聞かないものな。

 さて、2話目。OPありだ。その第三の存在だ。前回の後半のダイジェストか?そして、カズキは教室の中を見てしまったのだが。
「キミは誰だ?」
 クラスメイト3人組は大丈夫だと。そして、入るなと。何もかも理解している。皆のために戦えと。戦って勝って来いと。クラスメイトの一人が倒れたのに気づいたが、でも、もう引き返さない。さて、近道と。
 さて、第3の存在。ビクターという錬金の戦士だったのだな。その伝説の戦士か。ふむ、なかなか蛾であったドクトルバタフライも味のある男だな。あの少年戦士の戦いを見逃すなと。おいおい、近道って天井まで貫く事か。さすがだ。

 出てきた。フラスコの中から出てきた。全く歯が立たない。そして、生命体を吸収するのは自分の意思では止められないのか。戦うかと尋ねた。錬金の戦士は全て殺すと。全く歯が立たない。斗貴子さんも抜かれそうに。あ、傷がついたぞ。そして、ビクターが再度「キミは誰だ?」と。黒の核鋼か。そりゃびっくりだ。うわ、ランスがひん曲がった。死んだ。斗貴子さんじゃ、役に立たないだろう。何か鼓動が・・・カズキの核鋼からか。カズキは立ち上がった。そしてカズキの核鋼が割れて、黒の核鋼になり何か力が備わったが、カズキがビクターと同じになったじゃないか。そうじゃなきゃ倒せないが、展開速すぎる。じゃ、カズキって何なんだよ?斗貴子さんの疑問は確かにこっちもそう思う。

|

« 06年12月第5週のアニメ1.0 | Main | 12月16日から12月31日の酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/13314693

Listed below are links to weblogs that reference 武装錬金(一時間スペシャル):

« 06年12月第5週のアニメ1.0 | Main | 12月16日から12月31日の酒 »