« 06年12月第3週のアニメ2.0 | Main | 乙女はお姉さまに恋してる 最終回 »

06年12月第3週のアニメ1.0

ライオン丸G
 錠ノ介と獅子丸はいい感じだな。女の事になると獅子丸が先輩面するのが微笑ましい。ジュニアってどういう存在だったんだろう。自分が豪山の本当の息子じゃないという事は知っていたようだが。マスターかっこよかったぜ。

ギャラクシーエンジェる~ん
 今回は温泉ね。温泉彗星か。
「熱湯!コマーシャる~ん」
 この企画考えた人は天才だよな・・・まだ、このネタ使う人いるんだし。
 ミモレットが初めて役に立った気がする。いやあ、趣味悪い温泉だな。いや、それでも行きたい気分だ。でも、ちょっと寂れた感じだなあ。へえ、服装を実体化するのか。何気にシャーベットの浴衣っていいかも。というか、違う格好になっている。面白い。バカボンパパみたいじゃない。。カルーアはそれなり。ウサギさんパジャマじゃないな。バニーさんじゃない。さて、ナツメ姫は悪魔の星だと。

 何やら体のマッサージだ。アプリコットはただくすぐられてるだけ。面白がっている。で、競争。それなりに楽しんでるように思えるのだが。何が悪魔の星なんだか。うーん、湯あたりを起こして絶滅?大変な話だ。温泉君は皆に喜んでもらいたいだけなんだがなあ。うまくつながらない想いもあるものだ。破壊せよと。おいおい、アプリコット味方を撃つな。さて、温泉彗星は方向転換して崩れていく。うわ、彗星の破片が落ちて大変な事に。温泉に入り放題か。でも、服着てるじゃないか。おいおい、温泉って服を着て入るものじゃないの?ってそういうオチか。いい話っぽいというのが笑えた。自分で言うな。

ときめきメモリアル Only Love
 夜の公園?それとも学校。ほお、何やら可愛い子達だな。七不思議研究会の人達なのね。5人しかいないが。何やらオカルトめいた話だ。
「ときめきの夜」
 何か起きたみたいだな。ヤゲン先生の実験に関わる事なのか?教会と夜間の立ち入り禁止。うち、夜間があったから何があろうと5時までには帰らないといけなかったんだよね。生徒会長が責められている。さて、陸君がゴミ捨てに行くと、春日さんがゴミ捨て場に登場。あれ?主人公お化けとか苦手?さて、さっきからうろうろしていた紫の髪の掃除の叔母さん誰?天宮さん?で、誰なんだ?結局締め出し。天宮さんが困っているという事で鈴木と加山と堂島の出番だな。簡単にやられた鈴木と加山とは違い、何か堂島強い。謎の物体をやっつけた・・・訳じゃないのね。アフロ化されるのか。

 ひよこ君は臆病じゃなきゃ生き残れないと。出た。例の紫髪のアフロ姉ちゃんだ。何か不思議な能力を持ってるな。魔法使いだな。アフロの魔法使いか。さて、水奈ちゃんが遅くなった。あの黒い物体を見てしまったな。それで終わりかよ!で、朝になって校庭に何か書いてある。で、水奈さんもいた。春日さんが割り込み。さて、春日さんが夜探索しようと。水奈さんも参加。さて、計画凍結。水奈と主人公は怖がってるな。ああ、あの黒い物体はゴミ掃除ロボットみたいだな。水奈さんは腕にしがみついているぞ。で、水奈さんが何だか知らんが主人公の小脇に抱えられている。ヤゲン先生登場。逃げ場を教えてくれた。やはりアフロ化するのだな。人体に害はないと言っているが。春日さんと水奈のアフロも少し見たいような。あ、掃除のおばさんに廃品のゴミが当たった。さて、追い詰められた三人組。助かったのね。いやあ、この魔法使いって奥様は魔法少女かね。
 さて、魔法使いのおばさんは使命を思い出したのですね。魔法少女じゃなくて女神だったのか。で、焼却炉に入ろうとして頭ガン。住み着きそうだな。ふーん、焼却炉の女神という役名なのか。

 おいおい、女神様・・・17歳って・・・。もう、この人の場合、デフォなのね。

|

« 06年12月第3週のアニメ2.0 | Main | 乙女はお姉さまに恋してる 最終回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/13155896

Listed below are links to weblogs that reference 06年12月第3週のアニメ1.0:

« 06年12月第3週のアニメ2.0 | Main | 乙女はお姉さまに恋してる 最終回 »