« 06年12月第2週のアニメ1.5 | Main | 06年12月第3週のアニメ1.0 »

06年12月第2週のアニメ2.0

乙女はお姉さまに恋してる
 まりやはちょっとおめかし。難しい顔をしたが、貴子の事を思い出して、何やらニヤニヤもしだした。
「二人のジュリエット」
 確かに最近のまりやお嬢様は不機嫌というか、変と言われている。でも、明るくやってきたよ。さて、まりやのプラネタリウムもいい感じになってきたし、学園祭はうまくいきそうだな。貴子から瑞穂に声をかけてきた。一緒にお昼ご飯。サンドイッチをおいしいといわれて顔が赤くなってる。眼鏡デコが不思議そうな、ちょっと寂しそうな顔をしている。貴子はプラネタリウムの流れ星に何を願うか。
 さて、前日の夜遅くまで瑞穂は練習。さて、まりやが練習相手という事で。さて、練習しているところへ一子が寝ぼけてやってきたみたいだ。で、キスを迫るわけなのだが。おいおい、まりやと素で呼ぶなよ・・・と、思ったらまりやがセリフを言うのを忘れてたのね。キスシーンだよ。でも、本当にキスしようとしたら突き飛ばして出ていっちゃった。
 学院祭当日。まりやは鼻にばんそうこう。

 瑞穂はエルダーとして色々見て回っているんだな。演劇部の公演はうまくいったけど、まりやはその演題に自分と瑞穂の関係を重ね合わせてしまったら見ていられなくなったという事か。その生徒会主催の劇の時間にはプラネタリウムの当番を入れたわけね。さて、小鳥遊さんがキスシーンについては判断に任せると。さて、貴子さん緊張。さて、瑞穂が緊張しないおまじないを。ロミオとジュリエットは始まっている。本当にキスをしたのかしなかったのかはよく分らないな。瑞穂と貴子はほっとしていたが。まだ劇の最中か。あ。貴子さんのスカートが裂けて下着姿に。瑞穂はとっさの機転で彼女にマントをかけて抱きしめてキス。まりやはそれを見てそっと去っていった。貴子さん、ちょっと落ち込み。という事は前のキスはふりだったわけね。貴子は胸の鼓動が止まらないようだ。
 まりやは瑞穂の事が好きだという感情に気づいてしまったな。うーむ、貴子とまりやとの三角関係がいい感じになってきたな。あと2回か?次回はまりやによる瑞穂独占作戦の発動か?

らぶドル~Lovely Idol~
 おお、チームとしてのまとまりが出てきたよな。
「届きますか?」
 榊さんがいないのか。でも、マネージャーも榊さん以外の残りのメンバーも頑張ってるな。榊は歌えないと。演出の人もさじ投げてる。演出家さんは厳しいぞ。頑張れ。さて、演出家さんが手を貸してやれと。正論。でも、落ち込んだりして立ち上がるのだ。それがアイドルだ。ここまで来て色々と。ここまで来てもこれか。

 さて、でかけようと。マネージャーは確かに色々動いてるよな。そして、ヒナも頑張ってるな。榊、どこにいるんだ!で、いい感じで友情だ。何か盛り上がってきた気がするぞ。横顔が変わった。あ、二人の漫才だ。いっしょうけんめいっていいな。アイドルオタクの皆も温かい視線を。お、そうか。皆が瑞樹を迎えるために。でも、瑞樹は色々と母の憎悪を感じているんだな。でも、3期のメンバーが支援している。榊の戦いが始まるって事だな。ちなみに最後のマネージャの顔が全然違うカッコいい奴になっていたな。そして、母と会う。

くじびきアンバランス
 梅屋だ。
「さがしても、そこにはない。3点」
 あ、小雪が何やらされた。で、彼女はいいな。橘イズミがやられた。そして、小雪が攫われた。で、インド人の保険医がいる。学園全ての安全保障に関わる問題だと。生徒会で対処とな。おや、分っているんだな。小雪ちゃんは人体実験されるようだ。小巻が潜入したが、さて、兄ということだな。兄は立教院生徒会への復讐のためなのか。さて、小雪登場。何やら仕掛けられている。生徒会はまあ、非情だな。イズミは正論を吐く。千尋はそれでだまらない。おや、皆行くらしいな。山田の乳はいいな。こういうシリアスシーンでもこういうのがあるのがいい。よく分ってらっしゃる

 さて、山田総攻撃。簡単に侵入したのも罠だな。さて、山田は小雪にやられた。千尋はこれだけの精神力があるから簡単には負けない。小雪ENDという事なのか?俺としては時乃ENDよりはいい。そうか、千尋の人徳が強いのだ。小雪は千尋のためだけに力を使うのだな。小巻は分っていたのだな。兄は去った。律子のほっとしたような悲しそうななんとも言えない表情が印象的。

Gift ~eternalrainbow~
 前回の糸電話に続いて、今度はみるみるうちに黒くなる虹。虹が黒くなるなんて尋常じゃないな(笑)前回は公園で莉子と虹を見るシーンまでは割にハッピーエンド風でよかったんだけどな。霧乃の糸電話さえなければ。でも、その虹も抜け駆けのGiftじゃねえ。
 なんだ、普通のぼやっとした朝じゃん。霧乃ちゃんの真剣な目怖いっす。さて、卵を床に落とした。霧乃に申し訳ないなんて言ってるよ。いや、莉子は霧乃が怖いだけでしょ。
「奪われた過去」
 いまさらこの明るいOPはいい感じで皮肉だな。なんて明るいんだろう。
 さて、電話。莉子は眠っている。夢の中だ。莉子はなんて明るいのだろうと思ったら、出た!爪噛み霧乃。虹は黒くなる。いやあ、俺、このシーンだけでゆっくり寝られるわ。と、思ったら起きた。莉子は被害者意識丸出しだな。莉子は昔、自分で敷設した地雷原に踏み込んでる。現実の虹は七色。霧乃は糸電話。黒系の服。八つ橋がまだ捨ててある。莉子もゴミ箱の中に気づいた。霧乃は論理的に攻めてきているな。霧乃は攻めた後で黒くなったな。霧乃の可愛らしい声でこう攻められるとすごいな。ま、莉子は攻められるしかないよな。莉子が本当に反省しているかどうかは知らない。霧乃は攻め立てたな。霧乃の暗い表情がいいな。これからの春彦はあげる、過去の春彦はちょうだい。Giftね。「何でもするんでしょ?」これで前半終了かよ。ヘビィメタルだったなあ。

 ほお、糸電話はそういう事だったんだ。小さい頃二人で糸電話でないしょの話をしてたんだな。春彦は安請負。やっとこ思い出したってことだ。春彦が何をちゃんとするのか意味不明なんだが。莉子の様子を見る事にしたのだが。だが。あ、とうとう分らなくなったんだが。それがGiftなんだよな。で、どうして自分が泣いているかよく分らない。身体レベルで思い出したんだな。で、記憶と体が一体化していない。「霧乃ちゃんが来ちゃう」すげえセリフだな。潜在意識で霧乃を恐れているんだな。「今は私のお兄ちゃんだもん」とか。割った湯呑みを霧乃の湯呑みだと言って泣いちゃったよ。いやあ、一方的攻められ。霧乃は雨の中、とぼけた顔をして虹を見ている。奪った記憶が黒いな。奪ったじゃなくて返してもらったんだな。いやあ、ある意味で黒い予定調和だな。うわ、霧乃が前へ進めるってどう進むんだよ。このシーンの怖さは見ないと分らないよな。ほら、春彦が何を考えても今更ってことだ。でもピアノはまだちゃんと弾けない。あの日からというのは糸電話の糸が切れたからだな。いや、コンクールの時に春彦は来なかったのか。その日に糸電話は切れたのか。莉子がいなくなったと言ってもコンクールに行かなかった春彦は冷たいな。霧乃は思い出を返してもらっても、ピアノは弾けない。霧乃可哀想。

 見返したけど、やっぱすげえや。夢の中の莉子の被害妄想と、霧乃にちょっとした心の隙を許した時に攻められる問い詰めシーンが最高だ。

|

« 06年12月第2週のアニメ1.5 | Main | 06年12月第3週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/13010909

Listed below are links to weblogs that reference 06年12月第2週のアニメ2.0:

» 土曜日に視聴したアニメの感想。 [sincere]
一部、超・短文ですが……{/dogeza/} マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜 第8話:深遠のメイズ なんていうかね、Aパートは、まだ耐えられたんだよ…… でも、Bパート……スタッフは視聴者を全力で笑い殺す気かwww ジョシュアの行く先々で現れ、 ステキ効果音付きで説得するM(マージナルではなくミュージカルです!)プリンス達…… ユウタの質問に歌で答えるジョシュア。 突然、歌いだしたジョシュアを不安げに後ろ... [Read More]

Tracked on 2006.12.11 at 01:22 PM

« 06年12月第2週のアニメ1.5 | Main | 06年12月第3週のアニメ1.0 »