« 10月15日から11月19日の酒 | Main | 06年11月第4週のアニメ1.0 »

06年11月第3週のアニメ2.0

乙女はお姉さまに恋してる
 奏が枯葉を一枚拾い上げてちょっと沈んだ表情を。
 今日の貴子様度はどうか?一子度数はどうか。
「小っちゃな妹と大きなリボン」
 妹と書いて「かな」と呼ばせる。もう衣替えか。瑞穂さん、いやあ、本心か。お上手かと思っていたが。さて、服装チェックの際に貴子が奏のリボンに難癖をつけたぞ。あ、まりやが対抗したぞ。で、奏は悩んでる。まりやが瑞穂にどうして抵抗しなかったのかと。で、先生にご相談。そしたら自分の考えた事を実践するために行動しろと。貴子に文句を言う訳じゃなくて、まず、奏の理由からか。じゃないのか。奏に味方だと言ったわけだ。さて、紫苑さんは貴子さんには意見を素直に伝えよと。まりやも生徒会規則を調べたのね。さて、異議申し立てだ。でも、貴子は負けないと。最終的には生徒の総意で決まるのか。勝ちじゃないの?

 なるほどね。奏はエルダーに守ってもらっていると妬みの対象だ。それはありだ。貴子さんとのおしゃべりタイム。ロシア革命だね。奏が手に怪我。さて、今度は呼び出しを受けた。さて、瑞穂さんはその生徒達を一喝。逃げていった。そうなるわな。一層、奏の立場をまずくしていった気がする。やっと理由を訊いた。奏は孤児だったのか。孤児院の院長先生からもらったものだったのだな。あ、「十月革命」というのはそういう事か。さて、生徒総会、奏のリボンを瑞穂がつければ大きく見えないという事か。なるほどねえ。そういう事か。貴子はひっくり返されたとしてもその意見を持ち続けると言ったが、それでよかったのかもう一度考えている。貴子は瑞穂の存在を悩む。

 最後のオチはよかったけどそこまでの所はイマイチだったかな。伏線の世界史の授業くらいで。あ、だから世界史が貴子とのおしゃべりタイムだったのか。それにしても9月や10月にロシア革命を教えるなんて結構世界史は現代史に力を入れているんだろうか。あるいは西洋史を先にやって東洋史を後にする・・・なんて器用な事はできないよなあ。でも、何となく東洋史の話はあまり出てないようだ。

らぶドル~Lovely Idol~
 3期生だけでやれというのが、今度のイベントね。
「急展開、ですか?」
 さて、榊だけ不安そうな顔をしている。さて、社長に内容説明。でも、全然相手にされてない。今度は一期生の付き人修行。走りっぱなしで大変だ。

 榊さんの正体を社長が暴いたようだ。一期生の彼女はビール箱を台にして歌っていたのね。すごいなあ。さて、かなり衝撃を受けたが、デビューイベントということで、やる気を出したぞ。いやあ、3期生のためにマネージャーが手を回したのね。本当にマネージャーは罪作りだな。さて、また社長がいるぞ。マネージャーも考えていたのね。でも3期生がやると。簡単に分ったと言わないと社長の言葉。さて、どうしてアルプスの麓か?でも、絵で説明されたから分るけど訳分らない。社長がやってみたらと。皆が歌う曲なら用意できると榊さん。なるほどね。で、社長は榊に何を仕掛けるつもりなのだろうね。

 急展開は次回じゃないですか?

くじびきアンバランス
 立教院への侵入者だ。撃退されたようだが。
「えらいひとのはなしをきく。4点」
 そろそろ次期生徒会役員にスパイ狩をしろということに。そこらへんは如月さんが仕切っているんだね。今度は一人捕まえろと。副会長の管轄なのか、つまり時乃がやるのね。で、サポートが同級生の彼女立花さんね。意外と橘さんは毒舌。あら、立花さんも帰っちゃうと。へえ、ツーマンセルが基本という事で主人公が時乃と立花さんを組ませた。意外に強引。橘さんがぜんざいをむしゃむしゃ食べてる。どんな食生活をしてたんだ。歩いていたら橘さんがつけられていると。さて、格闘シーンなのだが、スカートの中はどうなっていたんだ?肌色のストッキングなのか?で、銃で撃った。さすがに時乃も怖がっている。誰か他にも監視役がいるようだ。時乃は怖れている。さて、任務続行。

 さて、上石神井さんがえらいものを囮にしたな。何だ、それは偽物か。北酒場三郎のとすり替えたつもりだったけど間違えてる。おや、すり替えたのは立花さんか。結局、霧隠って、え?小雪の姉か。橘さんが時乃を人質にした。そこで最後に如月さん登場。時乃毎撃てと。時乃は撃たないでほしいと。でも次期生徒会になったとき千尋を守れるかと。さて、今どうにかしろと。でも時乃は如月さんを怒らせたのか、笑ってるのか。怒っていたのか。自殺しようとしたが、助かったな。処遇は時乃一任という事に。結局、ボディガードになったようだ。律子は会長のために汚れ役になると言った如月に「あなたのそういうところが」と言って歯軋りをしたようだが。この二人の関係は?

Gift ~eternalrainbow~
 さて、魔女っ子を探す。生徒会長はちょっといいな。さて、霧乃は莉子に話さないといけない事があると。
「幸せの意味」
 魔女っ子は色々やらかしてるんだな。悪い事も荘でないことも。偽という事で主人公はそれで怒ってるな。さて、偽杉並が情報と妙なセグウェイもどきを与えてくれた。霧乃は自分のせいで主人公がおかしくなったと。さて、魔女っ子はパンツ丸見えで箒で飛んでるな。さて、偽ギフトを解除してほしいと。でも、解除は出来ないと。別々には解除できない?意味がちょっと分らないな。全体として解除しないといけないということか。あ、正体ばれた。あれ?この力はお母さんからもらったものだと言われたけど、あれ?その力は母からGiftでもらったのか。あ、なるほど一つのGiftから生まれたからか。主人公はGiftはもっと大切だと。ところが、彼女は偽Giftで幸せになった人の幸せは奪えないと。「お母さんが言っていたように幸せなんて簡単にもらえるものだと」おいおい、千紗の目がいっちゃった。さくらかと思ったが、ここまでいくとグロだよな。いやあ・・・一瞬芸だった。まいったなあ。

 縁と会話。さて、彼女は記憶喪失だと。さて、今度は前向きに考えてみよう。あれ?主人公は自分のせいだと。さて、千紗の所へ行くと。母まで出てきたよ。さて、主人公も偽Giftが欲しいと。そして、虹を消したいと。唐突だな。お前だけの虹なのかいな。で、言われた通り主人公に偽Giftを渡す・・・かと思ったら、渡さずに走っていった。さて、千紗は母に返すと。いいのか!?他人の幸せまで奪って。自分の力で歩けなきゃダメだと思うというのはそりゃ、正論だけど。やっぱりしっくりこない。返せるんだな。ま、このアニメに出てこない人の事は気にしないことにしよう。
 さて、修学旅行か。霧乃に修学旅行に行ったらほしいものがあると。恋愛成就の神社のお守りが欲しいと。莉子のいる前なのだが・・・。

 次回から本格的な鬱展開突入か?綸花いなかった。EDでも出てきた>千紗目。

|

« 10月15日から11月19日の酒 | Main | 06年11月第4週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/12776175

Listed below are links to weblogs that reference 06年11月第3週のアニメ2.0:

« 10月15日から11月19日の酒 | Main | 06年11月第4週のアニメ1.0 »