« 06年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 06年11月第5週のアニメ1.0 »

06年11月第4週のアニメ2.0

乙女はお姉さまに恋してる
 今度は由佳里メイン。走っているけど距離が縮まらない感じだ。
「縮まらない記録」
 演劇部で奏が大抜擢。部長登場。小鳥遊さんの恐ろしげな劇のヒロインだ。小鳥遊さんも演劇部の部長さんとしてはただの不思議ちゃんじゃないわけね。奏は食欲があるが、由佳里は食欲がないみたいだ。そういう対比なのね。奏は部屋へ戻る。一子が話しかけても黙って部屋へ入った。さて、貴子さんとの会話タイム。大恐慌か。貴子さんは自信なんて全くないのだけどそうでないフリをしているのだな。さて、その会話で由佳里は真面目すぎるという結論に。さて、由佳里の元へ瑞穂が尋ねていったが、彼女はメニューが終わっていないと帰っていった。その追いつこうとしている人はその親族だったのか。普通、こういうのはまりやだと思うのだが、違うのだな。

 由佳里がお茶を立てる。あの箱は何かと思った。亡くなった義理の姉から習ったのか。さて、由佳里なんだが、義理の姉と比較すると自分がダメに思えるんだな。由佳里はまりやの陸上が好きじゃないんじゃないのかという言葉を否定しない。なるほど。今度は一子が励ます。あら、まりやが間違って食券を使いすぎたのね。さて、由佳里は朝練もさぼりだそうだ。でも瑞穂が由佳里に話をする。一子が外へ出ようと。どうした。由佳里が本当は好きなのにやめようとしているからやめさせないようにと。それを見て、由佳里は申し訳ない気持ちと感謝とで一杯になったんだろうな。皆で走ろうと。一子も瑞穂と一緒なら走れるし。一子は由佳里を親友だと思っているんだろうな。


らぶドル~Lovely Idol~
 3期生の子つまり榊さんの曲は玄人筋には受けているな。ライブハウスというかなんというか。でかい箱みたいですね。
「ソロですか?」
 皆、呆然としている。マネージャーはそんなので驚くなと。さて、それぞれ元気ですな。ま、ミーティングはメチャメチャだけど、榊の曲が流れている。榊さんの髪もめちゃめちゃだが。いや、皆も。
 お、社長は榊についてだけ特別扱いね。つまり、スペシャルだ。マネージャーとしても言いたくないよなあ。今、それぞれうまくいっているというのに。結局3期の前に現れたのは誰?マネージャさんじゃないようだな。で、そのレッスンルームへ。皆の顔がなんとなく凍ってる。アヤがいるんだけどね。違うか、まだ知らないのか。アヤは全然歌が届かないと・・・うわっ!何やら難しい事を言い出したよ。

 アヤは何か違和感を感じてるみたい。一週間後に聞きに来ると。何やら作り笑いをしているな。で、榊にソロデビューを指示。アヤは会社側の人間ね。でも榊には分らないようだ。榊にはなくて、榊以外にないものか。さて、でも、このダメダメマネージャーさんは何気に一期や二期の人の信頼を受けてるものな。
 さて、何気に入浴シーンだな。湯気だらけなのだが。いや、本当に湯気だらけだ。さて。アヤさんはよくなったと言いますが、ダメだ。歌が届かないと。彼女の方が当惑している。でも、アヤは最後まで聞いてみたいと。さて、マネージャーさんが榊と会話。榊さんが事実を。残りの皆はええっ!と。でも、それは選ばないよな!

くじびきアンバランス
 おや、律子は意外に乳がでかい。ちょっと意外だ。個人的にはゲルマン系なのに貧乳だと評価していたのに。ワルシャワに住んでいた事のある俺の友人はポーランド人は17歳までしか認めないといっていたな。
「むかしのことをわすれている。7点」
 さて、千尋と時乃は家庭菜園で会話。律子の誕生日だったんですね。で、律子への誕生日プレゼントは茄子。ま、招待なしだからダメという事ね。帰ると思ったら、その車で乗りつけた織部さんが中へ入れてくれた。さて、中へ入る事が出来た。いや、ドレスを着ると乳でかい。え?律子は織部さんと婚約か。そりゃすごい。織部さんはちょいと優しい普通の感情の人だな。立教院の人じゃないみたいだ。律子さんは何か居心地が悪くて、千尋も居心地が悪そう。時乃は何も考えていないようだが。

 I Can't tell you why.だな。言いづらかったのか。それなりに時乃と千尋の事は意識していたんだな。時乃はあまりにこういうところでは素直すぎるんだな。彼女も覚えているんだな。色々と。てっきり昔の事を忘れている、あるいは思い出さないのだと思っていた。待て、律子乳でかすぎ。困ったものだ。鶏だ。あの鶏がまだ生きてるのか。律子もそれなりにお友達の事を色々と思うんだな。千尋の事も男として意識するところもあるのだな。そして、雛を助けた優しい少女に戻るのだな。おいおい。時乃は胸が痛いと。あ、織部君が言い当てている。恋をしているのだと(笑)。そのまま去っていった。さすがだ。律子は千尋と絡めていた指を外す。織部君は意外に色んな事が見えている。その立場なら辛いな。時乃がそろそろ帰ろうと。時乃がね。律子はそれでいいという達観した感じだ。マテウス的な瓶だな。口に出す言葉は違っても律子の人間的な側面が見られたな。で、ノーテンキ時乃じゃない時乃だ。おいおい、千尋に「私があなたのことを好きなのかな?」と聞いても適切な答えは返ってこないぞ。

Gift ~eternalrainbow~
 家での団欒だ。久しぶりに父登場。修学旅行の話になっている。父からおみやげと言われて霧乃の言葉を思い出してしまったな。霧乃のおみやげどうしよう。
「思い出の時間」
 あれ?「京都はは楽しいですか?」がタイトルじゃないんだ。
 主人公憂鬱そうな顔だ。ま、修学旅行だ。あ、莉子達の部屋へ遊びにいくという級友にただの妹とか言ったりして。とかとか、他の女子達も興味津々そんな感じ。主人公は疎外されているな。妹の危機。覗かれるという事だな。

 さて、入浴シーンだ。あお尻の後ろのほうを、ペンギン達がつんつんしている。おいおい、覗きを止める男子がいるかよ。さて、そのはずみで塀が壊れて、混浴。大変な事だ。捕まった。ただ同じ班のやつだけだな。主人公は止めようとしただけだと。守ってくれたという事の意味を莉子に問われて、他の奴には見せたくなかったと。莉子は素直に喜ぶ。さて、自由行動の間に二人で京都見物という事へ。
 こりゃ、楽しい京都アベック旅行だな。お互い湯飲みを買ってお揃いだという事で。さて、ホテルへ戻った。さて、莉子はぬいぐるみを持ってきたんだけど、それは主人公が選んだのね。二人はいい雰囲気。さて、クラスメイトが戻ってきた。その子は恋愛成就のお守りを持っていたりするんだな。霧乃からメール。「京都は楽しいですか?」やった!来たよ。すぐに画面を閉じた。で、例の神社へ二人で行くそうです。さて、主人公は神社まで来て、軽々しく、縁結びのお守りは買わないと。走って去った。自分の気持ちに嘘をつけないから霧乃の恋愛成就のお守りは買えないという事へ。で、お互い告白。おや、莉子は勝手に主人公にGiftを贈ったのか。莉子は主人公の事が好きだと。そして、キス。いや、これだけで終わるならいい話なんですけどね。霧乃のいる町へ戻るんでしょ?いやあ、次回予告で足がガクガクブルブルになってもパンツを見せる霧乃はエライ。

 千紗と綸花はフェイドですか?

|

« 06年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 06年11月第5週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/12839475

Listed below are links to weblogs that reference 06年11月第4週のアニメ2.0:

« 06年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 06年11月第5週のアニメ1.0 »