« 9月4日から9月18日の酒 | Main | 06年9月第4週のアニメ1.5 »

06年9月第4週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 秋です。いきなり社長が水に落ちた。朝から練習会だ。アリスは授業中にぼやっとしている。
「その 出逢いの結晶は・・・」
 灯里はぼけっとしている。あ、そうかアイちゃんからメールが来ないから前回語りがなかったんだね。レデントーレは何をして過ごすかという話。アリスは去年寝てたのか。学生だものな。あ、三大妖精がアリアカンパニーにいる。さて、今年のレデントーレは灯里達がもてなし側ね。屋形船を出すのか。いや、大変だぞ。修行ですって。そうだよね。アリスは休み時間に招待状を作ったのか。ほお。なかなか可愛い招待状だ。さて、招待の残りの一席はアイちゃんになるわけね。鴨か…そろそろおいしい季節だな。和風ならきのこです。はい。三人は忙しくて床で寝てたりしてるよ。

 さて、その本番です。うお、この3人のウェイトレス姿いいね。まずは郵便屋のおじさんだ。この人が一番乗りでなんかよかった。暁とウッディも来た。3大妖精も登場。藍華のアルへの接し方は確かに新婚さんみたいだ。アリスはグランマが来てうれしそうだ。アイについては皆が気にしている。でも時間というのもあるわけで。あ、アリアカンパニーの桟橋を走るアイ。大声を出すけど気づかなかった…事はなかった。めでたしめでたし。おいおい、藍華が挨拶をするんだね。お目々ぱっちりだ。藍華は晃さん得意の焼きおにぎりにチャレンジしたのか。な、なんだ?このアリア社長とアイの変な踊りは。それにアテナさんまで加わってるよ。確かにね、会話が途切れるのも風情があるといえばあるんだよね。ほお、花火か。しかし、ヴェネツィアなのか隅田川の河口なのか…今更だけど。そして、皆が灯里達三人に感謝と乾杯を。アリスが頬を赤らめてちょっと誇らしげだ。アイと灯里の二人の船上シーンはよかった。ああ、こういうシーンは変な最後のナレーションとは感じ方が違うな。

シムーン
 そう、泉に来た皆の前に立つのはユンだったな。
「パル」
 謎だらけ。でもロードレアモンだけはユンが考えた事を理解した。カイム達は手をつなぎ、ロードレアモンが手をつなぐ。皆遣り残した事がないわけじゃない。さて、皆はお互いの事を何も知らないと。パラ様は落ちて行かないといけないと。いつか手を離さないといけないけど。奈落の底にはアルティ、自分がいると。そうか。皆で手をつないで泉の中へ。ん?何か霧の様なものが腰に。ユンが衝撃を受け涙を流す。ユンか。選ばない事を選んだ最初の罰か。いや、一人で背負ったのか。
 で、アーエルはまだマージュ。で、皆戻って来た。祈りを捧げようとする幼女。皆は何に気づいたのだろう。ユンは待ち続けるわけだな。で、展開なアーエル。ネヴィリルに迫る。アーエルは泣いたのか?おいおい、アーエルは自分の胸が痛い理由を聞いているよ。答えは恋か。さて、艦長たちの最後の仕事。艦長はグラギエフにいきなりキス。艦首展望で二人を待っていると。パライエッタとネヴィリル二人。

 うーむ。アイキャッチはユンを中心に翼の生えた嶺国の死んだ巫女アングラスとマミーナか…

 ロードレアモンは女。フロエが男は分るな。カイム達二人はどうだったのか。ネヴィリルは愛される事を覚えたいと。でもちょっと意外だったな。パライエッタは女か。カイム達二人とも女か。モリナスはどっちだったわけ?まあ、ワポさんのお嫁さんになるつもりか、あるいは同僚か。さて、アーエルとネヴィリルも和平条約の一環で泉へ連れて行くと。二人とも幽閉された。ヴューラは何を考えているんだろ。永遠の今ね。壁越しのキスか。アヌビトゥフはアーエル達二人の挨拶というのが最後にできる事だと。嶺国の例の巫女達がシムーンを持ち出した。二人を操縦席へ。さて、二人は永遠を。いつか、どこかで。

 次回はそれぞれの未来という事か。それにしてもリモネは泣きそうな顔をしてなかったか?さすがに永遠のジャイアンリサイタルとジャイアンシチューにはうんざりという事か?

ストロベリー・パニック!
 それにしてもこのOPは80年代アイドルポップスみたいだな。今更だけど。
「円舞曲」
 光莉は天音の回復を祈っている。静馬はごく普通になった…気がする。六条さんの横の二人は静馬のお付?六条さん曰く、静馬は無理しているみたいなのか。六条さんは静馬を心配。何かを忘れているように思えると。つまりだね、焼けぼっくいに火をつけようとしているの、あなたは。光莉が馬術場に来ると天音はいないし、風が吹く。玉青はちょいと厳しい顔をしている。光莉がいちご舎に戻っていない。要も動くのか。彼女は不審そうな顔をしている。森の中で天音と遭った。ほお、天音は例のスカーフを森の中で探していたんだ。夜々と生徒会長は会談で座って待つ。要さんがその二人に毛布を。いや、自分の分も持って一緒に待つのか。要は生徒会長が天音の代わりを立てる気がないと聞いてほっとしている。生徒会長は自分の夢を天音に託していたんだな。泣いてるよ。さて、天音と光莉は厩舎(?)で二人。光莉は帰らないと。ほお、言ったね。

 光莉は心の奥で天音とつながっている事がうれしいと。泣いてる。一緒には泣かないのだな。あ、光莉はお歌を歌いだしたぞ。そして、雪が降り出した。で、さっきからちらちらと写っているストレートヘアの女性は誰?あ、天音が思い出すか?天音…とうとう思い出したな。キュルルルピーンという効果音付だものなおいおい、とうとうこの二人は関係を持っちゃったのかよ。全裸だったぞ!まいったね。。さて、凍えた3人はどうなった?いや、大変だね。ずっと待っていたのか。おまけに天音と光莉は馬で現れるし。で、要は静かに去っていった。夜々は親友として心配していたんだろうね。あのストレートヘアは桃実か。やり直そうと。桃実は涙ぐむ。よかった。よかった。案外この髪型可愛いじゃない。で、渚砂と玉青のレッスン。渚砂はリズム感が悪いんだろうな。おいおい、静馬が直接教えると。最初で最後ね。玉青は不安そうだ。極意を伝授。周りも静馬と一体化していると。愛した事をしっかりと刻むというのは日常から消し去るという事でもあるのだな。で、玉青も含めて二人のダンスに拍手。静馬の励ましに玉青が感動しているみたいだ。静馬は寝る時に裸なのか?ま、いいんだけど。六条さんは静馬にこれでよかったのよねと、また、火がついたガスコンロを焼けぼっくいに近づけるような事を…

|

« 9月4日から9月18日の酒 | Main | 06年9月第4週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11989446

Listed below are links to weblogs that reference 06年9月第4週のアニメ1.0:

« 9月4日から9月18日の酒 | Main | 06年9月第4週のアニメ1.5 »