« 06年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 9月4日から9月18日の酒 »

06年9月第3週のアニメ2.0

南の島の小さな飛行機 バーディー
「フラビーモス、パパになる」
 のかよ!飛行機の赤ちゃんでも見つけたのか?アザラシの赤ちゃんを見つけたのだな。張り切ってるな。それに本当にいい飛行機たちになっておるよ。で、フラビーモスは北の国へ連れて行くと。あざらしの群発見。で、返してあげて悪の道へ戻るとか言っていたら凍結しちゃったよ。ちゃんちゃん

BLOOD+
 脱出エレベータに乗ることを拒否された。あの、アルジャーノが「もう、おしまいだ」と。うーん、ラストに近づいてきたね。
「二人の女王」
 さて、DIVAと小夜だよ。DIVAは笑いながら小夜は翼手だと。DIVAがリクの顔から変わった。うーん、こっちの方が好きだな。声も。DIVA曰く小夜は身勝手だという事だな。さて、ラスボスのアンシェルとハジの戦いだ。アンシェルとハジの因縁は深そうだな。アンシェルも真の姿へ。こりゃ強そうだ。ネイサンはどこへ行ったか。ルイスかっこいいぞ。不死身のルイスか。ルイスとルルーのコンビか。なかなか笑えるな。いいコンビだ。アンシェルあるいはハジをぶっ殺すには焼き尽くすか、首をかっきるか。ふむ。アンシェルを塔のてっぺんへ刺したのは落雷を待つという事か。落ちたようだね。でも、ネイサンが残ってるねえ~。

 コープスコーズは強いねえ。で、カイは弾を取り出そうとして鍵を見つけた。お、小夜に子供たちの存在を知らせたぞ。ネイサンはこの劇の展開を楽しんでいるぞ。小夜はもう話すことはないと。決戦だ!青い目と赤い目の女のこの戦いはいいね。ネイサンの言う通りだ。美しい。ネイサンもハジも見届け役か。そりゃいいね。小夜はスカートを切り裂いて、DIVAも舞台衣装を裂いた。相討ち?お互い刺したな。あ、DIVAの血が固まる。でも、小夜の血は固まらない。どうして?崩れた…どうしてだったんだろう。ネイサンは赤ん坊をDIVAの顔の横に。彼女は何を夢想するのか。ネイサンはDIVAは家族が欲しかったのだとと告げる。やはり子供が出来たから血が力を失ったのか。ネイサンはもうシュバリエである意味がなくなった、殺せと。そして小夜の手にかかって死んだ。意外にいいシュバリエだったんだな。アンシェルと違い、DIVAを試験官から出す事を考えた。あ、子供が生まれた。DIVAが死んだからだな。同じ様に赤い目と青い目。DIVAは私がやらなければと。カイは何をしているんだと。ここで終わりにするためには死ななければならないと。

 オーラス前はこう終わったか。ナンクルナイサって最終回タイトルという事は…という事だろうな。

 それにしても前々から思っていたが、BLOOD+の"ONE NIGHT KISS"のゲームの微妙さ加減はどうしたことだ。絶対買わないが、雰囲気は悪くないぞ。

となグラ
 まだ夏だね。あ、夏の思い出ね。夏に勇治と別れたのか。で、昔の手紙ね。あけないんだって。
「浴衣と花火と切れた鼻緒」
 浴衣ねえ・・・あ、ニーナだけ浴衣がないけど、こいつ胸もでかいけど、尻もでかいな。で、勇治と香月はまだうまくいってないな。さて、恋のライバル小五郎先生が勇治の部屋へ登場。何でスラスラとけるんだ?花火大会で手をつなぐのは基本だよな。で、はぐれたわけだ。香月は小五郎先生と一緒になった。なるほど、小五郎先生が昔の勇治みたいな感じに思っているのね。あーあ、下駄の鼻緒が切れたんだよな。きっと、そういうところを見られてしまうわけで。

 で、ちはやや小五郎先生と色んな話をした結果が鼻緒のシーンにつながるわけね。また、勇治はすねて一人で風呂屋へ行っちゃった。小五郎先生登場。風呂で男同士の話だ。小五郎先生の好きな人って誰だ?勇治が激しく驚いていたが。先生は諭す。確かにね。こっちはスキンシップと思っていてもというのもあるよな。しかし、着替えシーンがイマイチだったな。というかないじゃん。で、風呂から出てきて浴衣の裾からパンツが見えた。お、小五郎先生の言葉が響いたぞ。でも、進歩したようだな。

 来週は期待できるか?

|

« 06年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 9月4日から9月18日の酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11962528

Listed below are links to weblogs that reference 06年9月第3週のアニメ2.0:

« 06年9月第3週のアニメ1.5 | Main | 9月4日から9月18日の酒 »