« シムーン「彼女達の肖像」(最終回) | Main | 06年9月第5週のアニメ2.0 »

06年9月第5週のアニメ1.5

いぬかみっ!
 大殺界へはようこもたどり着けない。でも諦めないと。で、父の「ようこの日々」を読んでる。いやあ、魔導師邪星がようこの事を笑っている。せんだんは笑うなと。犬神達が立ち上がった。でも、相変わらず啓太は流されているのだが…
「ヒカリっ!」
 啓太も力尽きるのか?河童が助けた。それと梅吉とたぬきもいる。と、思ったら魔導師の使い魔がいる。おいおい、ドクトルと親方と係長が道を開くと。河原崎先輩も来た。こういうときの変態達ってかっこいいんだよな。啓太は闇に生きる者の希望の光か。今度は啓太のおむつプレイ。さて、魔導師は大殺界を破壊したらどうかと。でも、犬神達が壊すのを妨害しようとする。あ、魔導師のあの杖ってどっかでみたような気がするな。そして今まさに破壊しようとしている。で、仮名さんが啓太をようこの方へ投げる。魔導師は大殺界を破壊しようとする。どっちが先か?魔導師勝利宣言。片目が見えているてんそうって可愛いな。でも、啓太復活。そして、ぶっとばす宣言。よし!

 啓太かっこいいね。ようこと二人のコンビネーションはいいね。おお、このアクションシーンはいいな。ようこが日記に気を取られてるときにちょいとやられた。でも、啓太は絶対諦めないと。ここで「ヒカリ」ね。ここでかかるところが歌詞の様に光だよな。で、妖狐になったし、変態と仮名の連係プレイ。いまりとさよかも身軽に。いやあ、こんなアクションシーンは楽しいな。本当にこの監督さんのアクションシーンはいい感じで派手だよな。ああ、俺もてんそうの胸に顔をうずめたいな(笑)。最後にそれぞれ見せ場があったな。で、なでしこ…忘れてたよ。皆揃って薫の犬神だな。そして、犬神達の秘儀煉獄。かっこよく見せるってのも味だよなあ。そして啓太とようこも。魔導師は消えた。なんかようこの笑顔が良かった。せんだんがなでしこを労わる仕草もいいな。で、大ようこと赤道斎も捕まった。あはは。で、薫の体発見。契約の指輪が残っているという事はどこかに彷徨っているのか。犬神達は薫の魂を探しに行くのか。賑やかになりそうだな。ともはねは薫の体と一緒にお留守番。で、啓太は小さな頃に珍獣探しやっていたのね。で、ようこが怒ってる。スタッフロール笑える。スタッフロールもドタバタだな。やっぱり最後も裸王だな。そして最後まで象さんかよ。さすがだ。

 いやあ、楽しかったな。最後は意外にほろりと出来たし。そして「おわりっ」が河原崎先輩にドクトル達かよ。

ゼーガペイン
 最後、セレブラントの攻撃部隊は攻撃がままならない。オケアノスは半ば人質。キョウは生身としてゼーガペインを操縦。この最終回特別OPの入り方はいいな。
「森羅万象(ありとあらゆるもの)」
 EDで出てくる単語だね。
 何か、前回で大団円というイメージがあったんだけどそうでもない。最初にシズノと会ったのは3回目の舞浜なのか。というと37年くらい前か。アビス達も結局復活したのか。ジフェイタス破壊にはオケアノスを使うという考えを艦長に質問。でも、そうするとクリスベルグ達も消えるのか。舞浜は破壊されているのか。あれ?舞浜サーバーのリョーコの前にシンがいる。あ、最後のシンが死んだのか。さて、ジフェイタスで爆発。ガルズオルムはまだ顕在か。困ったものだな。ゼーガペインアルティールが転送されてきた。

 アルティール脱出成功。一方。クリスとメイイェンはかなりのダメージだ。北極基幹サーバーにコア投入。シズノが侵入する。アビスとも決着だ。おいおい、最後殴り合いかよ。で、シンが消えて、おいおい、今度はゼーガペインとアンチ・ゼーガに乗って殴り合いかよ。いやあ、何だかなあ。シズノは帰りたいと。あ、そこへミナト達登場。トミガイ達も転送されたね。で、キョウの戦闘は何でもありになってるな。確かに。ロケットパンチね。いや、その言葉どおりに何でもありになってるな。北極サーバーがなくなってデフテラが消えた。地球が戻ったのか。
 舞浜の朝。お母さんがいるよ。お父さんと妹がいたなんて知らなかったよ。ミナト先輩の水着姿か。いやあ、いいものですね。ああ、何度もこなかった2学期が来たのか。ルーシェン達もいる。シズノは昔の記憶がないのね。キョウは一歩先に実体になっているんだっけ。で、幻体のリョーコと会っているのか。ああ、2学期が来たのはサーバーに余裕が出たからなのね。

 終わった。うわ、何年後だよ。リョーコがお母さんになっているぞ。

xxxHOLiC
 外伝だっけ。四月一日はもくれんの花のところに手が見えると。小学生だか中学生自分の話か。
「外伝 ツイオク」
 今度は道端に腕だ。で、動くし。あ、服から見て中学生かと思ったが、ランドセル背負ってるな。色んなところにあるんだけど四月一日以外気づかない。手は追ってくるが、誰かが手を差し伸べる。同じ小学生くらいだな。さて、買い物袋の中を見て、塩をまいてみろと。次の日も彼の桜の木の所に来た。友達になったのだな。そして、彼が四月一日の部屋に遊びに来た。四月一日の誕生日の日にはお花見をしながらお弁当を食べようとか。

 で、二人で何か見つけた。座敷童子の小さい奴とか。友達になった彼はあやかしの事をよく知ってるよな。四月一日は入学式が終わったら来ると。夜中に興奮して寝られないという事か。弁当も作った。入学式が終わった後か。桜の木の下に来たが、彼はいない。で、腕に取り囲まれた。彼に助けられた。彼も腕に連れて行かれたと。四月一日が連れて行かれた日だ。彼の骨なのか。四月一日はせっかく友達になれたのに、という言葉に対してずっと友達だと言い返す。でも消えた。まだ、思い出すのだな。うわ、余韻に浸っていたら侑子さんが出てきた。俺もびっくりした。おいおい、四月一日か。で、皆がお祝いにきた。バーベキューね。彼がダシではあっても皆色々やってくれる(というか企画)するんだよな。一緒にご飯が食べられる人がいるって良い事だと思う。という事を四月一日もそれに近い事を思っていたんだろうか。

 前クールのEDに最後戻った。

ケロロ軍曹
 ケロロはこの期に及んで現実逃避。というかどうすりゃいいいんだろうと思ったが、手なづけてる?
「キルル 破滅の使者 であります」
 おいおい、クルルいわく、このキルルはバージョン違いのキルル・ドットなのかよ。ありゃ、1週間早く出てきちゃったのね。何やら皆マークが付いてるぞ。クルルまでつけてる。おいおい、優柔不断をパワーにするのかよ。初めて聞いたよ。人(?)の優柔不断をパワーにするなんて。確かに何だか知らないが大型母艦登場。おや、キルルは不完全体なので回収か。代わりのキルル登場。というか、かなり怖いぞ。

 夏美は×マークだ。激怒している。非常口の外へクルルとタママが締め出された。あれ?クルルとタママは×マークだ。あ、×マークがついている人(?)をコントロールできるのか。という事でこの3人も追いかけてきた。本体は1時間の猶予を。ポクポク・・・なんかいい考えが出ないか。出ないよな。シンザエモンさん風になるかと思ったが。おお、キルルはケロロ達の優柔不断のために巨大になってる。それにしてもケロロとギロロのテンパリはなかなか面白いな。どうしたんだよ。母艦が優柔不断になった。マッシュは小さくなったぞ。エネルギー放出したからか。キルルは母艦に帰っていった。大変だ。ケロン星が優柔不断になったのかよ。困ったものだなあ。

|

« シムーン「彼女達の肖像」(最終回) | Main | 06年9月第5週のアニメ2.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/12094322

Listed below are links to weblogs that reference 06年9月第5週のアニメ1.5:

» いぬかみオワタっ! [毎日後退]
俺が2006年4月期において最高傑作といい続けた作品 いぬかみっ! が終わってしまいました。 マコトにカナシス・・・。 ということで最終回のレビューをするわけなのですが 原作においては8巻の薫編... [Read More]

Tracked on 2006.09.30 at 12:56 PM

« シムーン「彼女達の肖像」(最終回) | Main | 06年9月第5週のアニメ2.0 »