« 06年7月第6週のアニメ1.0 | Main | 06年8月第1週のアニメ2.0 »

06年8月第1週のアニメ1.0

いぬかみっ!
 あ、例の同人誌ファンの河原崎先輩だ。魔法少女アソコちゃん放映決定だそうで。何か気づいた。で、例のドクトルも何か気づいたようだ。
「まんもすたいへんっ!」
 使わない言葉だったが、懐かしい言い回しだな。
 さて、武器庫だ。おいおい、どうして赤道斎はそんな格好をしているのか、と問われて逆に何がいけないんだと反論して、皆唖然。理屈っぽいが単なる変態だ。困ったなあといった顔をしている。話し合い(?)決裂。赤道斎は困った姿のまま涼しい顔をしている。おや、大殺界の操作室へ戻った。ほお、攻撃させて力を吸い取ったのか。賢いな。おお、啓太の欲望大全開のシーンが。なでしこも自分の欲望が曝け出されてが恥ずかしがっている。見ないでと。なでしこは色々やっているのだな。赤道斎は大ようことの戦いも目的なのか。薫がなでしこの手を握った時はとてもうれしそうだったが、皆のところへ戻ろうと言ったときは少し寂しそうだったな。

 赤道斎復活。人の幸せを肥やし扱いにすると。で、皆で赤道斎を倒そうとしている。ソクラテスに遊べと。今度は啓太がバレリーナね。カッコいいこと言っても格好がこれだからなあ。プライドという服を着ているのか。なるほどね。あ、あのロボットでかい。唐突だ。まず、急所攻撃か。でも効いてない。啓太をあいつのところへ飛ばせって、それが例のドリルの上だものな。何だかなあ。幸せというものが分かっていないと、河原崎先輩登場だ。何か言い出したぞ。何か演説してるよ~。ドクトルもいるし社長もいるし。困った人たちが外へ出てきたぞ。啓太のお友達ね。赤道斎が戸惑ってる。なんか人力で普通に壊してるよ。そんなのありかよ。で、変態ドクトル登場だ。おや、ドクトルが本を取り上げたな。闇の住人とな。そんなエライ奴だったのかよ(笑)。仮名さんのとこへ魔導書が。でも全裸で落ちてきた啓太に持っていた本がはじきとばされた。河原崎先輩がかっこよく帰って言った。仮名さんが啓太を引っ張って連れてきた。思い出せないのは一瞬魔導書が手に入った事なんだろうな。薫とうかない顔のなでしこが。

 EDがマッチョバージョンに。歌ってるよ。歌ってるよ。誰だよ。歌ってるの。すげえ。これはどっかに永久保存しておきたい。絵コンテ赤道<斎かよ。歌は「すーぱーぞうさんず&Rice5」なのね。おいおい、次回予告で「次回まぶらほ」って言うなよ・・・

ゼーガペイン
 リョーコの幻体修復と。ほお、移植か。それでも感情の領域は修復できなかったと。シンがどうしてそんなことをしたのか、皆疑問に思ってる。
 さて、シズノさんがまた転校してきた。それにしてもどうして彼女は転校生なんだろう。まさか、転向生だからという洒落じゃないよな。
「偽りの傷、痛みは枯れて」
 あれ?教室にリョーコがいる。リョーコは映画の脚本を読んでる。記憶と思考は問題がないけど、「何も感じない」のか。あの猫アニメってここで出てくるのか。とりあえずずっとDVDとか見てるんだけど。なんでもいいみたい。リョーコは自分が好きなはずだからということで見ている。さて、感情なしでキスをしようとする。でもしない。
 司令がうなされてる。確かにミナトさんと同じく意外だ。さて、司令とシズノの会話。

 アルティールで哨戒活動。何かリョーコが話している。あ、一緒に見た映画のセリフか。どうしてキスを止めたのって聞かれている。アルティールにいると感情もある普通の女の子なんだよな。トミガイが心配してる。おや、キョウはこのところ学校を休んでたのか。で、例の三人組と出会った。キョウが三人に分らない事をしゃべってる。結局カワグチと殴り合いの喧嘩をするんだな。アルティールは哨戒活動。さて百合の花畑を見つけたのか?こんな空間があるのか。オケアノスは日本に戻る。ルーシェン達はそれに疑問。フォセッタはこの前消されたが、なんか元に戻ってないな。百合の伝説。やはり舞浜の世界に疑問を持ってきている。キョーコは本物ってのは本物の百合の花に触れる事ができる存在の事だと。
 さて、ガルズオルム登場。キョウは援軍を拒否。全部壊すと。シズノは少し涙ぐんでる。
リョーコは焼けていく百合の花畑を見てこんな風になることもできないと。キョウは復活を信じる様になったのか。

xxxHOLiC
 また宝物庫の掃除。猫の絵が描いてある。で、そこから猫が出てた。そんな時期か。
「ホオズキ」
 猫のアカリと侑子さんはほとんど宴会に近い状態。四月一日はあっちの世界では有名人なのね。猫さんは次のところへ。ホオズキを四月一日に渡した。そして、また来年と言って去っていった。はい?それを持っていれば参加できる?で、百目鬼はついでにやって来た。ほおずきが光ってる。侑子さんの手紙からのアドバイス。百目鬼と一緒にホオズキを持てと。さて、色んなのがホオズキをもって現れたよ。百鬼夜行か。で、四月一日達も歩いていく。上っていく先に巨大な木が生えている。

 百鬼夜行と同様にいやな感じはないとのこと。転んで四月一日が人間だと気づかれた。何か不思議な絵だな。さて、囲んでる物の怪が人間だから食べちゃおうと。百目鬼に引かれて逃げる。で、烏天狗達に見つかった。助かりたかったら勝手にやれと言ってボードを渡した。はいはい。飛ぶ物の怪が襲ってきた。で、四月一日が落ちたのだが、何やら清浄なものの上に落ちた。座敷童と再会。手を握ったら逆にあせって結界が崩れた。そして取り囲まれた。あ、おでん屋の子狐が助けに来たよ。木が助けてあげようと。四月一日は畏れ多いと感じているようだが。木の法はそうでもないと。ほおずきに樹液を満たす。樹液ではなく甘露だったのか。いい方向へ変化をしていると。さて、戻ってきた。ホオズキをぶらさげて二人で手をつないでるのは激しく間抜けだな。侑子さんは甘露が欲しかったのか。ヤケ甘露なんてあるのか?寝ちゃったか。ほお、侑子さんが公園に迎えに来た事について、百目鬼は質問。自分を店に入れたくないからという事か。侑子さん曰く、入れたくないというのは入る必要がないからということか。

ケロロ軍曹
 今回ははバイパーの回ね。と、思ったらカララの回か。バイパーとドロロ災難にあうの回にしか思えないな。
「ドロロ くの一カララ シュシュッと参上! であります」
 カララって忍術を漫才と思ってるな。いや、いいけどさ。ドロロ怒ってる。つか、バイパーがドロロに化けてたのか。災難だね。あ、夏美と小雪がプールだ。プールはいいね。こんな可愛い子二人に頼まれたら喜んでだよな。さて、本物ドロロと小雪がバイバーに気づいた。えーと攫った訳じゃなくて、追いかけられてるんだけど。さて、ケロロ小隊はそれを聞いてお金儲けを考えるわけね。バイパーは缶コーヒーを飲んで一休みしてたが、チロロがついてきた。いやあ、うっとおしいだろうな。本当に受難だよな。

で、バイパーは飲んでる。うわあ、チロロうるさいなあ。勘弁してよ。というか、何バイパーは別れた奥さんが置いていった子供の事を思い出してるんだ。あのさ、完全に濡れ衣着せられてるよな。俺、どっちかというとバイパー好きなんだよな。かなり可哀想だよな。おやおや、ヴァイパーがいるぞ。ヴァイパーが濡れ衣を晴らすと言っているが。頼む、ドロロはメカの方は助けてやってくれ。カララは可哀想だ。あ、あのメカじゃない方は中にケロロが入っていたのね。ふ、ヴァイパーはま、今回はいいやつという事でよかったかな。で、ケロロ君は逮捕されたようですね。

|

« 06年7月第6週のアニメ1.0 | Main | 06年8月第1週のアニメ2.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11291085

Listed below are links to weblogs that reference 06年8月第1週のアニメ1.0:

« 06年7月第6週のアニメ1.0 | Main | 06年8月第1週のアニメ2.0 »