« 06年8月第2週のアニメ2.0 | Main | 06年8月第3週のアニメ1.0 »

06年8月第3週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 酔っ払って帰ってきて第一期を見る。作画も含めた全般の水の流れのような雰囲気に驚く。
 まだ、夏!という感じですね。いきなりアイの語り。うーん。おや、アリア社長が夏風邪。いい子にしていたら桃缶を買ってくると。カメかいな(笑)。あ、そういえば今年はまだカキ氷を食べてないぞ。
「その影のない招くものは…」
 不思議なタイトルだ。珍しく空からの風景。さて、灯里はボケボケ声で一番乗りだと。また、ぼけとしている。おや、黒のレースを被った女性が階段に座っている。喪服?さて、藍華登場。藍華は真昼間に柱にまつわる怪談を始めたのですが、階段の女性はいなくなった。サンミケーレ島へ埋葬されるという願いが叶わず処刑された女性の話。藍華の顔笑える。アリスいい感じで登場。確かに灯里はアリスの言う通り不思議現象を呼び寄せるよな。さてさて、桃缶を買って帰る事にしたが。

 さて、結構缶詰を買うのに遅くなったな。もう不思議現象の事を忘れてると思ったら喪服の女性だ。呼び止められてしまったぞ。さて、灯里は半人前だから載せられないと行ったが。サンミケーレ島へ。昼間の話の場所だよ。社長が心配しているようだ。桃缶の方なのか灯里の方かは知らないが、ほお、サンミケーレ島へ続くブイがきれいだ。あ、猫達が出動。海を見ている。藍華の話とかぶるよね。着きました。彼女は感謝の言葉を。あ、彼女が腕をとった。彼女を島へ上げる。走る。いつまでも一緒にいたいと。早く立ってと。ほお。美しい紫の花が咲く墓地。「私たちはうまくやっていける」と。ほよ。ベールの下には顔がない。あ、ケットシー登場。逃げていった。彼女はケットシーが苦手なんだな。それにしても巨大な肉球だな。気づくとゴンドラの上。アリア社長が泣いている。でも、例の墓場の薔薇の花びらが。戻ってきた・・・。なかなか怖い話だな。
 で、藍華興奮。で、アリスは謎。あ、興奮したというよりは藍華は本気で怖がっている。へ?あの怪談話はネオヴェネチアの時代に出来た話なんだな。で、作り話のはずのお化けが今いるという事でアリスはもっと怖がってる。アリスの怖がってる表情がいい。

 あのサンミケーレ島のシーンはすばらしくきれいだった。今回はかなりよかった。

シムーン
 前回、パライエッタの事をあしざまに書いたが、訂正する。問題は、自分が不幸まみれで、その不幸を周囲にもふんだんに振りまくネヴィリルだよな。
 マミーナ様の最後は凛々しい。それにしてもアーエルという言葉はどういう意味があるんだろう。ま、忌み言葉でもあるのだろうが、マミーナも知っているとは思わなかったな。しかし、マミーナを撃ったのも半分偶発的な事象なんだろうな。シヴュラは庶民レベルでは手をかけてはいけない存在なんだろうし。それにしてもユンの「こんなところでいつまでも、ぐずぐずしているわけにはいかない」というのはどういう意味なのだろう。
 それにしてもマミーナがいなくなって、このコールの中では割にまっとうだったロードレアモン(あ、ロードレアモンでよかったんだな)も変調をきたしたりしないだろうか。
 前回の話で、やたらと書いてしまった。
 ぎらぎら太陽だ。さて、上層部の会議だ。マミーナの死は時間稼ぎだと。
「嘆きの詩」
 フロエもロードレアモンの泣いている。安らかな死に顔だ。ユンは妙に落ち着いているな。冷たい言い方だが、事実だ。パライエッタはどうしてマミーナなんだろと。アーエルは一人で翠玉のリ・マージョンをマージュ・プールで。アーエルらしくないなあ。どうしたんだろう。うわ、ネヴィリルも突然、生きなくちゃと。で、二人でお手々をつないでぼうっとするわけだ。ロードレアモンは呆然としている。本当の友達になりたいという言葉が響いている。
 オナシアを呼び出したというのはさて、上層部の神官はどうするんだろうか。ほお、新天地という言葉が出てきました。うわ、噂のコールを復活。ドミヌーラのいたコールか。ワポーリフはモリナスへ泉へ行って欲しいと。でも、仲間たちがいるからモリナスは泉に行かないと。さて、ユンやパラ様の四人で後がどうなるかと言っているが。パラもマミーナが死んだ事の自責をしている。でも、アルティはパラ様に気丈な判断をしてほしいと。

 うわ、艦長と皆で映っている記念写真だ。ロードレアモンの笑顔とマミーナのすました顔が切ない。リモネもいたのか。

 フロエは泉へ行くと。ロードレアモンを見た。外に気づいた。葬儀の前に棺がシムーンで運ばれている。誰も知らないうちに棺を運んだ。ビューラがコールテンペストへ。困った顔をしている。ロードレアモンは本当は分かっていなかったと。ユンは何を持っている。あ、オナシア登場。ユンがマミーナの髪を届けた。ロードレアモンはマミーナと同じ様に本当の友達になりたかったんだな。とうとう髪を持って泣き出した。でも、彼女の魂はいっしょにいるんだな。おお、ネヴィリルはシヴュラとしているのであり、戦うためにいるのではないと。ビューラも参加。ちょっとビューラがネヴィリルとパルになったことに一抹の不安。さて、発進だ。波濤のリ・マージョンを。彼女を弔うためのリ・マージョンか。ああ、確かにリ・マージョンは祈りのためのものだ。ロードレアモンもアエルと言っている。マミーナの棺を運んだシムーンが撃墜された。棺の蓋が開き、彼女の遺骸は森に囲まれた花咲く大地に戻った。
 さて、最後のシーンでリモネが持っていったロードレアモンの不細工なぬいぐるみが映っていたのだが。

 うーん。でも、よかった。

ストロベリー・パニック!
 さて、玉青は一人で紅葉の下を歩いている。エトワール選ね。ピアノの音が聞こえる。
「告白」
 妙に渚砂が元気。玉青が不審そうな顔をしている。光莉と天音が会うのか。そりゃそうだよね。さて、静馬は何をするつもりだ?玉青と渚砂はお弁当。何か気づいて湖のほうでと急に言い出した。なるほど、静馬の気配を察知したんだな。夜々は心ここにあらず・・・か。静馬が何もしないから不気味だ。あれ?元気な割に食欲はない。いわゆる空元気?あ、ぬいぐるみ少女だけ異変に彼女なりに気づいている。さて、渚砂は部屋へ戻る直前に一人でピアノの前に座っている。あ、籠女登場。彼女にずっと心の中で泣いている事を見透かされていた。渚砂はほとんどパニックで寝てしまったのね。

 学校はお休みか。仲良し組が皆心配している。さて、スピカは誰を立てるのかと要達が生徒会長に迫っている。生徒会長もそれなりに考えている。ル・リムの皆さんはそこで源さんに相談です。さて、渚砂はもらったネックレスは捨てられないと。さて、源さんの手下はおいしいものを作るという入れ知恵をされた。ま、仲良し中等部組でお料理を作る事に。おお、玉青のシャワーシーンだ。このくらいの胸のほうがいいね。六条さんが様子を聞きに来た。逆に六条さんに静馬の事を尋ねる。源さんは色々考えている。さて、この中学生達は悪戦苦闘しながらクッキーを作っている。夜々と光莉でコーラスの練習をしているが、夜々が体を寄せると避けた。さて、どうなるやら。渚砂はミアトルに来なければと言っている。多分、入学したての玉青の話。その女の子はずっと同室の人がいなかった。そして、待っていたルームメイトが編入してきて楽しい日々がやってきた。玉青は泣きそうな笑顔。渚砂は自分が笑顔を取り戻したい相手の笑顔を取り戻す事はできなかったけど、周りの皆に笑顔を作っていると。さて、その皆だ。いい子達だね。お茶会だ。渚砂の笑顔が戻って皆一安心だ。玉青は眠った渚砂に好きだと。キスをしたのかな。

 一つ問題解消か。

|

« 06年8月第2週のアニメ2.0 | Main | 06年8月第3週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11471349

Listed below are links to weblogs that reference 06年8月第3週のアニメ1.0:

« 06年8月第2週のアニメ2.0 | Main | 06年8月第3週のアニメ1.0 »