« 8月4日から6日の酒 | Main | 06年8月第2週のアニメ1.5 »

06年8月第2週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 いきなり誰ですか?とても元気な明るい女の子。うーん、藍華さんか。アリスに寝癖を指摘される。藍華がくしゃみしてる。あ、アリア社長の背後にまぁ社長が。平気だといっても、くしゃみをしてる。
「その泣き虫さんったら…」
 夏風邪ね・・・。合同練習はお休み。というかお休み。ま、よくなれば退屈になるな。3日も休んでたのか。微熱へ。なにやら思いついたぞ。というか暇なんだな。プリンが食べたくなった。こっそりおでかけ。私服姿って珍しいな。ノースリーブの黒い服。ちょっといいな。で、アクセサリーとか見たり、ジェラーとを食べたり。見つけたのはアリスと灯里の合同練習なんだろうな。ジェラートを落として涙ぐんだ。さて、二人はお見舞いに来た。さて、二人に入室禁止というのにアリスが無視して開けてはいる。泣いてるのはプリンのせい。自分がいるはずの場所が別の場所に見えて、怖くなって泣いてしまったのね。分るよと灯里。アリスはそのあたりは全く分らない風情だな。それにしてもショートカットの藍華は可愛いな。さて、藍華はでも帰れって。二人が持ってきた差し入れはプリン。プリンでまた泣いた。

「その乙女心ってば…」
 あれから二日。元気になった。合同練習だそうです。歯磨きの時に鏡の前でちょっとだっちゅーのポーズでこれもまたいい。ところで彼女は何を禁止してるんだ?
 ヒメ社長をおめかししてる。確かに藍華さんは三人組の中で一番普通だな。どうした?激しい衝動って何だ?アリシアに可愛いヘアピンだといわれた。泣いてる。感涙だ。で、何がもうダメなんだ?今度はヘアピンが悪いのか。大儀だな。ショートヘアーになってからアル君に会ってないんだ。二人が驚いてる。さて、二人がそれはいけないことだと。そして、藍華はこれから一人で練習だって。アル君のところへ。地下へ。へえ、こうなってるんだ。期待してもいいんじゃないですか?それは悪い事じゃないと思う。彼女はほとんど見学者モード。アルの上司のアパじいさんと会った。アルはうどん屋だって、おかめうどんがうまいそうだ。で、藍華は上司さんへおみやげを渡して帰・・・らないのだな。階段を上るが、かなり疲れた。うーん、アル君がきましたよ想像通り階段で降りてきた。アル君が激しく動揺。喜んでるのかな。ほお、ヘアピンも誉めてもらえた。なんて素敵な一日だったんでしょうね。嬉しくてアルの声も耳に入ってない。いやあ、にやけてしまうなあ。

シムーン
「シヴュラ」
 基地発見をしたら何をしてもいいみたいだ。現場の判断に委ねられた。
 さて、アーエルとユンはシムーンに乗ってどっかへ行った。艦長たちは支持しているようだな。ネヴィリルパパもそれなりに。メッシスには他のコールが先乗りしている。二人だけだが。艦長はまずは一服と。さて、マミーナちゃんだ。あ、ロードレが来た。あっさりと部屋を出たな。髪を直してあげるって。うーん、ロードレはMだろうな。マミーナは戦わないに越した事はないと。さて、マミーナが同じ釜の飯を食べたわけだからと。で、ロードレと何があったかというと鼠なのね。見てない回じゃないか。ネヴィリルが葬儀の事を聞く。ネヴィリルはマミーナは変わったと。マミーナは理想的な答え。変わったのではなく、彼女の本質じゃないかな。
 さて先乗りの二人は休み。パライエッタは相変わらずのドヨーン。おや、アーエル達のシムーンもメッシスのところへ登場。メッシスも向かうと。でも、未だにパライエッタはパラ様なんだな。

 あ、考えたらマミーナちゃんは不幸を呼ぶ女ネヴィリルとパルか。大丈夫かな。さて、アーエル機はコールテンペストに合流。うわ、新型(?)シムーン登場。ネヴィリルは逃げろと。敵の雑魚はいいとして、新型(?)シムーンは強い。とうとうネヴィリルというかマミーナ機被弾。敵補給基地上に不時着。ネヴィリルが出欠。さて、新型シムーンに乗るのは敵の巫女。マミーナが彼女を守ると。そしておやおや、嶺国の4人の巫女はマミーナを含めて2人を最高の巫女だと。銃を突きつけてもうお互いの戦いは終わったと。ネヴィリルは信じろと。え?敵国の巫女達と脱出か。でも四人の巫女達は降りた。捕まれば彼女達が殺される。マミーナは髪を切って投げ、ネヴィリルだけを逃がして、4人の巫女達と残った。マミーナ達は声を合わせてアーエルと叫んだ
 さて、アーエルが恐ろしい表情をしている。兵士たちが止まった?4人の巫女は立っている。でも、マミーナちゃんは倒れている。ロードレアモンはなんという表情だ。事切れていたか。それにしてもこのアーエルの表情は何だろう。怒りなのは分るがどこからくる。乗員がマミーナのベッドで泣き叫んでいる。そりゃ、庶民出身のシヴュラ。期待の星だったんだものな。
 次回予告を見るとやはり死んだのか。そんな・・・。マミーナは死んでしまい、ドミヌーラは行方不明・・・。

 どうして、パライエッタじゃなくてマミーナなんだよ!

ストロベリー・パニック!
 嵐が通り過ぎた次の日みたいな回になりそう。
 渚砂さんが目覚めると玉青じゃなくて六条さん。さて、渚砂の胸元のペンダントに気づいた。六条さんが全部話すと。確かに静馬じゃ話にならないだろうからな。
「リフレイン」
 六条さんが最初に花織の相手をしていたのか。おや、静馬は最初は気乗りしなかったのね。おやおや、静馬と六条はベタベタだったんだな。さて、静馬は花織を見て一発で惚れてしまったわけね。楽しい3人の生活。ほお、夜のお茶会もやっていたのね。3人でお出かけ。でもちょっと走ると花織さんは倒れそうだ。でも、六条さんは距離を感じてしまったのね。何かストパニって誰か一人が好意を抱いても報われないという関係ばかりだな(ル・リムの人たちは置いておいて)。静馬と花織で夜中に外へ。で、例の別荘の庭の木の下で愛し合ったわけだ。六条さんは二人がしている事が分って悲しくなったのね。でも、花織は六条さんに感謝している。

 六条さんが静馬がエトワール選に出ることをなじっている。パートナーは花織さん。六条さんはエトワールの職務は耐えられないだろうと。花織さんはかなり病状が悪化。そして、もう長くないと。何かはじけたんだろう、六条さんは二人をエトワールにすると。決然とした表情だ。さて、エトワールにはなったけど六条さんは悲しそうだ。最後、あるいは死装束を連想しているのだろうか。六条さんが立会人か。想像通り任命式さえ耐えられそうにない。ふらふらしてる。一応、任命式は終わったという事で良いんだろうか?まあ、倒れたら正統性とかそういう事にそれ以上は色々と言えないか。ああ、開かずの部屋は花織の部屋だったのか。静馬も、ドアの外に出た六条さんも崩れ落ちて泣いている。
 話は終わり。六条さんの背中で渚砂も泣いている。六条さんも。そうか、六条さんは自分でも言っているが、静馬を昔の静馬に戻すために、渚砂を利用していたとも言えるのか。六条さんは冷静型夜々さんなんだろうな。

 さて、次回どうなるんだ?天音さんも顔を出すみたいだが。少なくとも玉青との関係がこのままではいけないわな。

|

« 8月4日から6日の酒 | Main | 06年8月第2週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11345341

Listed below are links to weblogs that reference 06年8月第2週のアニメ1.0:

« 8月4日から6日の酒 | Main | 06年8月第2週のアニメ1.5 »