« 06年7月第3週のアニメ1.0 | Main | 06年7月第3週のアニメ2.0 »

06年7月第3週のアニメ1.5

いぬかみっ!
 妖弧なのね・・・。そうだったのか。
 そうか、例の河原での生活は続いているのね。菜園までやってるし。カッパはいるけど、何もしてないみたいだな。
「ウハウハ啓太に恩返しっ!」
 お、レギュラーの渡り猫だ。久しぶりなのか。タヌキが恩返しに来た。で、惚れ薬という事なのだが。あれ?効いてないみたいでたぬきが泣き出した。あ、ようこがごはんの準備をしたりして、かいがいしいぞ。メチャメチャ効いてるじゃない。いやあ、誘ってるぞ。啓太でろでろ。いや、啓太は小さくない幸せに向けて外へ出て行ったぞ。

 啓太が町で例の惚れ薬を使ってる。いやあ、おばあちゃんの集団が啓太に惚れちゃったよ。大変だねえ。ようこが来たが・・・。啓太も消えた。あ、ようこが怒った。うわ、久しぶりのマッチョ登場。ふーふー!啓太に惚れてるぜ。あ、なでしこ発見。でも薫配下の犬神達に捕まった。なでしこ以外の犬神がほれちゃったよ。やっぱり考えたら犬が生まれるんだよね。で、効き目が切れると大変な事に。なでしこがちょっと悲しそうな顔をしている。おいおい、仮名さん登場だ。ポストになったのか。で、仮名さんが飲んじゃったんだね。あーあ。困ったよな。あ、仮名さんは向こうのポストが好きになったのか。たぬきが困ってるよ。さすが、馬鹿啓太。残りの薬を全部飲んだ。何が起きるのやら。何か来たぞ・・・。ようこがにやにやしてる。ここまで来ると大変だな。啓太はこの状況を受け入れるんですか?生き様ですか・・・大変ですね。啓太が戻ってきた。反省している。

ゼーガペイン
 さて、虚構の学園生活。一瞬揺らいだ。「何かが壊れる」。
「リインカーネーション」
 キョウは色々調べてる。リョーコは生きている。シズノはアルティールの中だと。それを復元する事についてはかつてのキョウと同じ。破損状況確認か。ミズサワ先生は内科に気づいてのだが。何にだ?幻体は復元可能と。司令の指示によればサルベージは中止か。その前にやらないといけないことがあると。ミズサワ先生は自分のいる場所に揺らぎを覚えているようだ。ウシオとミズキもデ・ジャブを見てる?ハヤセは一人で練習。で、ミズサワ先生は電車で元の場所にずっと戻り続けている。泣きながらクラシゲの胸に飛び込んで行ったが。
 ルーシェンはマシンパワーをアンチ・ゼーガへの対抗策に向けるほうが正しいと。クリスとシズノが出撃。

 さて、幻体の舞浜でキョウは自転車に乗ってる。カワグチが絡んできた。お互いで「気にいらねえ」って。やり合って、ひっくり返って、なかなか楽しい青春だ。さて、二人が戻ってくるとクラシゲとミズサワ先生が。ウシオとミズキもカップルになって・・・急がないといけない気がする・・・か。さて、景色が揺らいでいる。トミガイとハヤセもあのアイコンが額に出た。
 さて、ゼーガの戦闘だが、さすが、アンチ・ゼーガは光装甲も簡単に突き破るな。かなりまずい状況だ。つまり、オケアノス側は可能な限りの兵力を投入する必要があるという事か。さて、オケアノスの砲撃により時間稼ぎをしてガルダとクリスベルグを回収。ただ、やっこさん、逆襲してきましたよ。とはいっても戻っていったが。幻体の世界はおかしくなってきた。ほお、舞浜サーバーの破綻が始まったのか。つまり、リセットされるのか。繰り返し・・・タイトル通り、リインカーネーションか。舞浜の夏を100回以上生きていると。最後はリョーコが彼を呼ぶ声。

 EDがまた変わった。シズノさんは人形のようだ。他の皆・・・。制服のリョーコがとても寂しげな、まるであの世の人のようだ。

 次回予告・・・トミガイだ。つまり、トミガイ達は夏の終わりにはいつも理解するという事なのか?ま、そういう事ではないんだろうが。

xxxHOLiC
 四月一日の語り?
「カイホウ」
 で、姉は血を流してるんだけど。百目鬼が出ようと。で、このマルとモロのカルタって何だ?で、いやな波だよな。ふーん、恐ろしい鎖とは言葉か。さて、百目鬼にあの双子はハンカチを返したいと。さて、百目鬼はここで出てこないと姉と同じだと。で、会ったわけだ。さて、姉は妹には敵わないと。おお、四月一日が自分にはいい事があると言ってみようと。あ、そしたらカフェオレを買ってもらった。四月一日はここでいい事をしたみたいでご機嫌になった。侑子さんは言葉が縛るのは自分だけじゃないと。いやな後半に続く・・・だ(苦笑)

 あ、姉がとても明るくなった。妹とよく間違えられるって。あ、ひまわりちゃんが来た。さて、妹がバイトしてるケーキショップへ。指に怪我をしている。何か暗いぞ。妹が様子を見に来た。また、暗い彼女になった。おや、妹のセリフにも影響されるという事か。なるほどね。ああ、彼女は自分の言葉だけじゃなくて妹の言葉にも縛られるという事か。あ、侑子さんだ。言葉で縛られた状態は楽だって。あ、侑子さんが商売している。対価は何なんだ?あれ?普通の人になった。対価は彼女の長かった髪か。そして、百目鬼に告白。妹も変わる姉を肯定している。侑子さんが四月一日達の弁当話に乱入。てっちりですか?弁当という訳じゃなくて。ま、楽しい話だな。四月一日は被害者にしか思えないが。

 あ、EDは本当にBUCK-TICKだったか。

ケロロ軍曹
 また、企んでるんですね。お化け屋敷再びですか。あ、幽霊ちゃん登場だ。
「幽霊ちゃん 学校へ行こう であります」
 彼女が主人公か・・・
 朝だ。で、小隊の人たちは準備で脱落ね。あ、幽霊ちゃんが一番に来た子の体に入ってしまった。入れ替わり?困ったものだな。で、スクール水着だ。夏だね。さて、ライバルの芋碁理絵さんだ。小雪は相変わらずの完璧忍者スタイルだ。気を取り直して・・・ね。ヤヨイは足をつった。サツキちゃんは果たしてどうなのやら。つか、溺れてるよ。あ、ケロロが諦めるなと。なんだ?えらいな。ケロロらしからぬセリフだ。芋碁理絵のロケットターンが笑える。夏美はトビウオって言ってるけど飛んでるよ。んあんじゃそりゃ?で、胴上げされたら幽霊ちゃんが抜けた。いい話だったな。

「クルル カレーの曹長さま であります」
 そういう名前のカレールーは食べたくないな。
 ケロロ特製のカレールーは普通かよ。いいじゃん。というか、まずいのか。て、こいつらまたお店をやるのか。で、クルルなんだが。おや、満員御礼じゃない。夏美は信じていない。ケロロも何も考えてないな(笑)。で、モアが見てしまったときはクルルは何を歌いながら鍋をかき混ぜてたんだ?クルルは愛情を入れたのか・・・。それをギロロに伝えたのだが・・・いや、本当かもしれないし。夏美肯定。なんか、ケロロが違う意味で反省している。さすが、ドロロはタイミングが悪いな。へえ、クルルってカレー風呂に入っているのか。すごいな。

|

« 06年7月第3週のアニメ1.0 | Main | 06年7月第3週のアニメ2.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/11001575

Listed below are links to weblogs that reference 06年7月第3週のアニメ1.5 :

« 06年7月第3週のアニメ1.0 | Main | 06年7月第3週のアニメ2.0 »