« June 2006 | Main | August 2006 »

06年7月第5週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 ゴンドラとのお別れ。続きか。夕飯はゴンドラの上でという事で。また、OPはウンディーネになっている。もしかして2クール目はウンディーネがOPなのか?
「その 雨降る夜が明ければ…」
 アリシアさんが初めて漕いだのもこのゴンドラだったんだ。グランマが若い(笑)。アリシアさんもぶつけて傷をつけてるんだな。それにしてもアリシアさんも幼い無邪気な感じだな。ま、灯里もアリシアさんと同じ道を辿っているわけだな。そうか手入れの時のワックスはグランマのものにアリシアさんが調合を換えていたのか。おや、藍華・晃、アリス・アテナも登場。緊張して話しだすと灯里は長いな。おや、アリシア達がプリマ昇格時期の時に乗らなくなったのか。で、3人で写真。若いな。へえ、アリアカンパニーが出来た頃にはこのゴンドラはあったのか。

 お別れ会も終わり。アリス・藍華達も帰っていって、灯里達も戻った。でも灯里はゴンドラの上にいる。おや、社長が夜半に雨が降ってきたのにきづいた。灯里を傘を持って迎えに行った。でも、しばらくゴンドラにいると。思い出しているうちに泣いてしまった。あ、例の老紳士が眠ってしまった灯里に傘をさしかけた。ゴンドラは運送会社の人がもっていった。
 お、新しい黒ゴンドラができた。アリシアさんと社長を乗せている。あ、アリシアさんのときと同じでどこかでぶつけて傷をつけるぞ(笑)。いや、荷物を運んでるおじさんが漕いでいるのが、その、アリアカンパニーにあったゴンドラか。

 微妙なところで、2期は2期でOP曲はウンディーネから外れて欲しかったな。あれは名作1期の曲だと思うから。それにしても語りシーンはよっぽどじゃないと(それこそぷかぷかレイちゃんシーンのリツコさんくらいじゃないと)、薄っぺらく感じてしまうんだよな。悲しいけど。

シムーン
 あ、OPがちょい変わった。ショートのロードレアモンさんがいいな。ドミヌーラとリモネはまだ外れてないな(笑)
 さて、ドミヌーラ様達が消えたという事でその後だ。
「遺跡」
 ネヴィリルが祈ってる。モリナスとワポーリフとの関係は修復されつつあるのか?考えたらネヴィリルって何気に不幸大好き少女?さて、ロードレアモンはぬいぐるみを見ている。あの翠玉のリ・マージョンは失敗?
 さて、会議にて会いたいという人物は・・・ネヴィリルの父か。ま、いずれにしろコール・テンペストしか残っていないのか。さて、遺跡と聞いて色めき立っている。だから泉へ行くチャンスはないと断言。そうかマミーナはネヴィリルの父に見出されたのか。さて、ボロ船の艦長さんはドミヌーラとリモネは生きていると信じているようだ。遺跡に行けば何か分るという事ね。そうだと思う。

 今度はネヴィリルとアーエルがパルに。結構、皆が驚いている。遺跡防衛が任務だが。遺跡を見て驚いている。単なるすり鉢状の中にある遺跡にしか見えないのだが。もう、敵さんがいらしているようだ。飛び立ったのはシムーンらしきものだ。パライエッタは判断不能。謎のシムーンはきちんとリ・マージョンを描いている。攻撃してきた。アーエルは追わずに遺跡を調べようと。あ、アーエルの風琴が勝手に鳴ってるのか。そうだよな。何か関係がありそうだよな。そうと決まるとネヴィリルの方が先に立つのだな。あ、遺跡の中に泉がありますよ。例の不審なシムーンを1機落としたよ。で、オナシアもいるよ。うーん、どこにもいると来たか。ロードレアモンが何かおかしいと気づいて怖がっている。オナシアがテンプスパフュームについて。さて、ユンとマミーナがそのシムーンを見ているが。で、二人とも中を見てぎょっとして歩き出した。皆が待っていると。さて、残りの皆さんもシムーンの操縦席を覗き込む。操縦席の中にいるのは例の敵国の巫女であるアンジェラス。まいったね。また出てくるとは思わなかったよ。それも死体で。

 ネヴィリルは操縦席の中を覗き込まなくて良かったかも。マミーナとユンが見たものも他の子達が見たものと違うんだろうな。多分、解体されたシムーンでドミヌーラが見たものも。

ストロベリー・パニック!
 文化祭が終わると気が抜けるな。そうそう、エトワール選か。
「秘密」
 ル・リムはとりあえずエトワール選には無関心。源さんは選ばれればばできるんだろうけどね。要も候補に上がっているな。要もやる気満々。さて、ミアトルの候補者は誰なんだろうか。それぞれ思惑があるようだ。確かにエトワール選がどういうものなのかよく知らないものな。さて、玉青は渚砂へ紅葉狩りに行こうと。要は総仕上げが必要だと。スピカの生徒会長が悩んでいるが。生徒会長は天音以外にいないと信じている。もう、信仰に近いね。案外、玉青が人気なのか。千代ちゃんが言った「パートナー」って何だ?ほお、実は二人でエトワールだったのか。静馬さんは本当はもう一人パートナーがいたのか。玉青は静馬のパートナーのもう一人のエトワールの話をしたがらないようだな。あ、なるほど亡くなったのか。あ、なるほど、だから要に桃実の二人で権力者になるということか。エトワールが二人ってのはちょっとやられたな。

 玉青はただ亡くなったという事以前に話をしたくないようだな。かなり微妙な話のようだ。さて、渚砂がもう一人のエトワールの事を六条さんの所に聞きに来ましたよ。六条さんも渚砂に話をするのは考えさせて欲しいと。六条さんは生徒会室に戻った静馬に渚砂が来た事を知らせた。渚砂は入れ違いだな。渚砂にとってはショックだよな。自分以前に静馬と深い信頼で結ばれた相手がいたわけだから。あ、連弾はそのもう一人のエトワールとね。そのもう一人のエトワールの事を聞いてほしいという事で、玉青の誘いがあると言われても強引に紅葉狩りへ。うお、久しぶりに静馬が六条さんを求めるわけだな。玉青は本当にがっかりしている。心の氷が解けようとしている。つまり大洪水。ああ、静馬は六条さんを求めていたのじゃなくて六条さんのネックレスか。そして本当は静馬のネックレスだったのか。「私の心を預かっていてくれてありがとう」と。いやあ、意味深。ということで残される二人が六条さんと玉青。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第4週のアニメ2.0

南の島の小さな飛行機 バーディー
「ボギー空を飛びすぎる!?」
 ボギーは宇宙へ行きたいのか。この燃料車が・・・何か思いついたぞ。いや、ボギーが飛んだら大変だって。いや、飛ぶならいいんだけど落ちたら・・・。で、ボギーがジェットエンジンをつけた。スーパージェットボギーのお披露目だ。あ、飛んでいったと思ったら・・・ボギーは滑走路の先に突っ込んでる。火災が発生しなくてよかった。しょうもないなあ。はい、ボギーが何か見つけたぞ。宇宙船のような積荷のようだが。
 さて、シャトルの打ち上げだ。で、人工衛星打ち上げなんだが・・・ボギー・・・宇宙に打ち上げられちゃったよ。あ、めでたくどっかで回収されたのね(笑)

BLOOD+
 今週は時間を間違えた?何やってるんだか。オールスターという事で何度もタイムテーブルを確認したつもりだったのだが。

となグラ!
 また物思いにふけってる。主人公がカッコイイ素敵な彼氏だったら、という妄想ね。それとも夢?後者でした。
「キリッと勇治にドッキリ香月」
 何だってただの夢と否定しているが。しかし、勇治はいいめに会うよな。都合がいいなあ。うらやましい。さて、初登校。姉は高校生か。すごいな。で、きりっとするとカッコイイのね。ごめん、笑った。で、外れるとダメな元の人になるのね。主人公って何となく主人公の悪友みたいな雰囲気。さて、お子ちゃまがぶつかったぞ。
 で、朝ぶつかった彼女は妹の同級生か。ニーナってOHPではDカップという事だが本当か?おや、香月と勇治は同級生じゃないのか。

 ほお、普通は幼なじみとは同級生じゃないのか。珍しいな。なんか勇治は息苦しそうにしてるな。もてもて勇治はやっぱり香月は面白くないと来たか。そりゃそうだ。さて、香月姉はへそだし。さて、翌日はちはやは本性を出せと。ちはやが勇治の顔を乳ではさんでる。妹も手を出せないな。こっちの方が上手だ。うわ、すごい、二人揃って尻丸出しだ。確かにダイブしたくなるよな。ちはやは確かに面白がって遊んでる。香月の心配の種は尽きないようだ。ちはやが絡んできて面白くなってきたかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第4週のアニメ1.5

いぬかみっ!
 薫家の犬神達は別荘に皆さんで行くわけだ。
「部屋と怪談と私っ!」
 うーむ、夏だねえ。そういうのがないとね。うわ、完全に犬に戻ってはしゃいでる。うわ、あのせんだんまで。マッサージをするとかいってる啓太がいるのだが。紐でようこに引っ張られた。こいつらも薫に誘われたのね。で、怪談大会なんだけど、たゆねだけ怖がってる。さて、楽しそうに話す、いぐさの怪談話だ。って、真昼間からかよ。たゆねは完全に怖がってるな。いまり&さよかにからかわれているが、たゆねは怒ってるぞ。4対1で体力勝負なら負けるよな。てんそうの尻がいい(笑)ま、たゆねは完全に怒ってる。ようこもたゆね征伐に。で、いぐさも拉致されたが・・・。で、仲間割れですね。

 さて、別荘です。啓太がいつもどおり怪しい。さて、サーバー部屋があるが、なでしこがサーバー管理者じゃなくて、いぐさがやってるのか。さて、たゆねは裏の離れへおびき出したぞ。で、マネキンで脅かしたりするわけだ。はい?マネキンが走り出して行ったぞ。皆驚いてる。たゆねは戦おうとしているぞ。と、思ったら逃げていった。他の3人も突き飛ばされた。で、たゆねは周りを破壊しまくってるぞ。てんそう達が隠れている離れに隠し扉があるね。で、いぐさの怪談話みたいなのだが。で、せんだんといぐさが止めに行ったのだが。怖がるたゆねはすごいパワーを出すんだな。薫登場。かと、思ったら啓太だったんだな。さて、低級霊が寄ってきたわけね。喧嘩はいけないという事ね。皆でたゆねに謝ってるよ。で、ごきょうや達が見たものは何だったんだろう?薫に関係あるものかどうかとかと言って、見なかった事にすると言っているが。なでしこだけ知ってるのかな。皆でお風呂と啓太が提案しているが。なかなかいいんだが、ようこが叩く前にようこ以外の皆にはたかれた。

ゼーガペイン
 元の世界がなくなったのも8月31日だったんだろうな。舞浜の夏を100回生きているという事は40年という事か、40年後の世界ね。。
 舞浜サーバーリセットの日。ありえない赤い雨。最終的に世界がパンクする前にリセットという事か。「舞浜に2学期は、9月1日の朝は来ない」と司令。復活の日まで保存。でも、ガルゾールムは復活の方法を知っているらしいのだが。
 カミナギはリセットともに舞浜サーバーへ組み込まれるのか。どういう事だろう。
「復活の戦場」
 シズノは司令に皮肉を言ってクリスのゼーガへ。そしてキョウも戻って。そして、オケアノスのブリッジ員もリセットの日には実際に憂鬱になるって。そりゃ、そうだよな。さて、キョウは戻ってきた。そうするとキョウ宛の郵便。自分の日記か。前のセレブラントのキョウが「ミテイルセカイヲシンジルナ」と、「ミサキシズノニカカワルナ」と書いたのか。
 皆に声をかけたのか。夏休み最後の日を過ごすために。知っている者も知らないものもとりあえず色んな事を話す。カワグチは誰かのセリフと同じ事を言うんだな。キョウに全部しょいこむなって。幸福になるために痛みを感じるべきと。泳ごうと。なんか切ないな。皆で世界が終わるまでメドレーリレーだ。タイムを計りながら世界の終わりが近づく。泳げ!終わるとキョウは世界に一人ぼっちになったのか。

 うわ、本当に入学式だ。前を知ってるトミガイが話しかけてくる。復活まで守ると。リョーコは入院しているという事なのか。交通事故という事ね。正常なレベルの復元レベルには達しなかったという事か。シズノに何故生き返らせたのか。とルーシェンがなじる。司令は不気味だな。さて、副指令が指揮を執ってるけど、おいおい、リョーコが消えたが、司令はゼーガペインに乗れと。あ、リアシートにリョーコがいる。理由を聞く前にエンタングル。いや、そのために復活させたとしたらそれはそれでエグイね。さすが、リョーコは魔女だな。それこそ2回目とは思えない。やはり、リョーコは戦ってる時だけ意識が戻るのか。そういう事か。「望むなら(彼女は復活する)」という司令の言葉はそういう意味なのね。戦えという事か。
 アンチゼーガを倒したか。電池切れか。アビスの「戦いの終着駅はどこか?」というのはどういう意味なのだろう。シズノがサルベージした状況についての説明が言い訳がましくも思える。仕方がないといえばないし、彼女の弱さというのも良かれと思ったことが地獄の様な状況を招く、そういう所なのだろうし、だから「ミサキシズノニカカワルナ」か。ルーシェンの問いに司令はいない。

 ああ、だからEDにアルティールの掌に乗るリョーコがいるというわけなのか。

 次回はミナトさんの回なのかな。シズノさんも当然出てくるが。

xxxHOLiC
 楽しそうに料理。うわ、札狐だ。本当になついているな。でも、この狐。基本的にアホだな。それにしても札狐巨大だな。あ、異変。石が投げられた。侑子さんは知らん振りをしたが厳しい顔をしてるな。油揚げのプレゼントだ。札狐がうれしそうにしてる
「サイカイ」
 ひまわりちゃんがアクセサリーを買った。さて、油揚げはあんまりあげすぎないという事。霊力が弱くなりすぎるのね。さて、清浄な気のある所へ行けと。その手?壷でモコナが何かを思いついた。水を張った壷の中を覗き込めと。で、札狐と一緒に壷の中へ入っていった。で、溺れそうになってどっかへ出ましたよ。何かいい場所かな。水仙が咲いている。札狐が小さくなった。何かが四月一日の事をしゃべってるとか思ったら水仙がしゃべってる。用が終わったら帰れる?さっさと用をすませろと水仙に怒られた(笑)

 今度は暗い森の中。さて、蛍がいる。笛の音がする。あ、座敷童さんだ。驚いてるよ。で、あせってるし。へえ、水仙の壷は水仙の精の場所を通って、霊山に着いたのか。ほお、強い気の道ね。で、油揚げのお返しのプレゼントだ。座敷童が、赤くなってちょっと吹いた。ピーだって(笑)。あはは、いい感じのときにからす天狗だ。で、追いかけられると。でも、座敷童は案外楽しそうだな。手を握ってもらったんだものな。あ、雨童女登場。案外、面倒見がいいんだな。口も悪いけどね。お別れだ。
 で、井戸から出てきた。まだ蛍がいる。そして、飛んでいった。

 2回連続でいい話だった。あ、からす天狗ってキース・エリック・ジミー・ジェフ・ブライアンって名前がついていたのか・・・

ケロロ軍曹
 しかし、こいつら山に来て何をしてるんだ。
「ギロロ 壮絶!夏合宿 であります」
 ギロロが遊び気分の皆にカツ。で、夏美と小雪に出会ったわけだ。ギロロのライバルは小雪だよな。さて、こういう時でもドロロはトラウマがあるのね。
 うわ、夏美と小雪は川遊びだ。楽しそうだな。で、夏美をめぐってギロロと小雪で争ってる。でも、友情が芽生えたりするんだろうな。さて、ギロロへ復讐をしようとしているが。小雪はちゃんとギロロにお礼を言うんだな。さすがにドロロは実は役に立つのだが・・・可哀想な目に合うよね。可哀想に。で、遠くからキャンプファイヤーを見てる。お、ギロロの横に夏美が。恥ずかしがり屋だな。で、ケロロが掘った落とし穴に二人で落ちたわけだ。

「ケロロ 土曜の丑の日をつかまえろ! であります」
 出た!勘違い話だ。夏美も鰻を食べたいと。これをネタにするわけだ。なんだ、夏美に鰻を食べさせないという計画か。あほくさ(笑)。町中のうなぎを買い占めるのか。でも、鰻大人買いか。さすがにそこまではなかったか。で、とにかく夏美と冬樹には鰻を買わせないと。で、売りまくったよ。すごいなあ。その上うなぎの稚魚まで全部獲るのか、ま、すぐというのは無理なんだが。で、ついでに浜名湖にも侵入か。困ったな。スイッチが入ったドロロが・・・。あはは。仲間はずれで可哀想だな。と、思ったら小さくされた。うなぎに襲われた。大変だな。で、バーベキューとかで肉を焼いて食う事にしたが、うなぎじゃなくてもさ、ステーキでもいいよなあ。で、夏美はステーキを平らげたわけだ。いやあ、食ったねえ。確かに鰻は食わないよな。で、夏美は冬樹のうなぎ食うのかな。え?やっぱりそれはそれで食うの?夏ばて消えた?さすが秋ママの娘だけあるな。ケロロ小隊の皆さんは疲弊してる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

6月30日から7月27日の酒

(立川にて)
REDHOOK IPA
BLACK BOTTLE
NEW CASTLE BROWN ALE
Pilsner Urquel(Czech Beer)
Oban Double Matured 1982y

(国分寺にて)
LINDEMANS APPLE(Bergian Beer)
HIGHLAND PARK 25

(立川にて)
GIRARDIN FARO(Bergian Beer)
 いや、夏に飲めたわけだ。うむ。次はいつのめるのかなあ。
Trois Rivieres (Rum Martinique)
LEDAIG James MacArthur's OLD MASTERS 1993
 LEDAIGのオフィシャルはとてもおいしいやつだったけど、これはねえ・・・好きな人がいるんだろうな。きっと。
OLD RHOSDHU

(国分寺にて)
CANTILLON KRIEK(Bergian Beer)
Black Maple Hill 1 1Y
Vondanges Tardives

 さて、近頃へばり気味なので甘いカクテルばかり飲んでる。
(国分寺にて)
ダイキリ
カナディアンカウボーイ

(立川にて)
OBAN Double Matured 1983
BELL'S
NEWCASTLE Brown Ale
TIMMERMANS KRIEK

(国分寺にて)
ダイキリ
おみき  高岡醸造株式会社
ホワイトルシアン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第4週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 ゴンドラ修繕日だ。ま、工房に依頼してなのだが。ゴンドラはかなり痛んでるそうだ。灯里のゴンドラはお客さんを載せるにはもうきつい状態になっている。荷物運搬用に・・・ということで、だが、あ、一期のウンディーネがOP曲で・・・、この曲が使われていた時期はこのゴンドラとお別れなんて考えてなかったな。やっぱりこの曲はいい。
「その ゴンドラとの別れは…」
 アリシアさんも心配している。ゴンドラとお別れで回ってみたらと。初漕ぎ・・・逆漕ぎだったんだね。確かに練習の頃から乗っているからガタもきてるな。暁さんを呼び出して、「ゴンドラさん、さようならツアー」なのか。暁も素直になったな。なるほど、初めて乗せた時と同じ所を回るのか。一期はなかなか必死な話も多かったな。ロープウェー乗り場へ。次は藍華とアリスが来た。アリスと出会った岬へ。

 割にすっとゴンドラで回ってきたな。そりゃ、それなりに経験を積んでるんだものな。ゴンドラを3人で眺める。実は藍華は涙もろいのだな。アリスはつっこみを入れている。色んなところを回ってる。なるほど、最後はシングル昇格試験のコースか。「希望の丘」ね。第一期にあってもよかったエピソードだな。あの時は夕方で今は真昼。最後のお客さん・・・。初老の顔を見せない紳士。この先の分かれ道まで。空は青くて暗い。というか群青色の空に沈もうとする夕日の黄金色。例の水門のところで彼女は眠っていたんだな。
 そして、戻ってきた。さすがに堪え切れなくて涙を・・・流さなかった・・・。良かった。皆の賑やかな声だ。いい回だと思った後で書きたくはないのだが、最後のアイのセリフはいらない。
 EDが変わった。

 今回は強く一期のテイストが出ていた気がする。一期の積み残しをこの回でやったという感じを受けた。最初のウンディーネを使ったOPはいい。それだけでも、やはり第一期は名作だったと痛感させられる回だった。

シムーン
 警戒中だが、2機を除いて他のシムーンは残っていない。艦長はいやな感じがすると。ドミヌーラは恐ろしげな目をして祈っている。
「翠玉のリ・マージョン」
 さて、次は何が起きる?
 マミーナがちょっと気分を和らげようとリモネにちょっかい。さて、警報。機影発見。それも多数だ。パライエッタはマミーナに反論されて出撃前に唐突にキス。それにしてもドミヌーラとリモネのキスがなかなかエロイ。ここだけ絵が違うような気がする(笑)。ワポーリフには「シムーンは神の乗機。落ちることはない」ときっぱりと。
 メッシスを守ることが大切とのマミーナの意見にドミヌーラも賛同。パラのセリフは基本的に他の三人は無視。メッシスは退避。逃げ切る事が出来るかだ。パライエッタは自分がどう動けばいいか分らない。戦争のやり方を知らないといけないと、怯えた顔だ。さて、リモネは自分のためにと改めて聞いたが、ドミヌーラは誰かのためと思わないと・・・というのがドミヌーラの本当のところ。正直だな。でも、リモネはどうしてかドミヌーラの気持ちが分ると。
 艦長は待つか、空域から脱出するか。後者は先に出撃したの意見か。パライエッタは救出に行くためにリモネをパルに指名したが。ドミヌーラはリモネとパル同士だから行かせないと。いやあ、パライエッタはずたずたにさせられているな。友軍を救いに行くのが目的じゃなくて、本当はネヴィリルを探したいだけだとマミーナに見透かされてるし、その上、格下という様な事を言われている。マミーナは平手打ちを食って一緒に行くって。

 ちょっと笑ったドミヌーラ様のアイキャッチが激しくいい!!後半はお子ちゃまリモネ。

 ワポーリフが祈っている。実は信心深いのだが、おいおい、ドミヌーラ様はあの十字架(?)をぶち壊した。ワポーリフは彼女に分解されたシムーンの中に何を見たのか聞いたが、「あの日の事は忘れなさい。私からの最後の忠告だ」と。
 さて、敵襲。リモネは例のロードレアモンのぬいぐるみをもったままだ。返すの忘れちゃったと。戻らない事を示唆するセリフだな。ドミヌーラとリモネは先に派手にやってる。敵国さんも高く飛べる機械を大量に作り出したな。圧倒的な運動能力を持っていないと、敵機に妨害されてリマージョンも出来ないのか。ドミヌーラは翠玉のリ・マージョンを行うと。だが、ドミヌーラは翠玉のリ・マージョンの先が怖いと。言葉には出来ないが、それはあえて名づけるなら「希望」か。
 メッシスは巫女様達のために囮になると。二人は翠玉のリ・マージョンを決断。ネヴィリルが気づいた。ブラックホールみたいなものが出来るのか。リモネもドミヌーラも安らかな顔をして目をつぶっている。どこまでも一緒だと。終わった・・・でも何も変わっていない。敵さんも残ってる。ドミヌーラ機だけ見つからない。出撃した機体が戻ってきた。あ、例の高級機材が救援にやってきた。

 翠玉のリ・マージョンって何なんだ?その先のどこへ辿りついたんだ?失敗は死なんだろうが、成功は・・・?

 今、気づいたんだが・・・OHPのキャラ紹介にある足のサイズってどんな意味があるんだ?

ストロベリー・パニック!
 さて、源様は主役と衣装の2役で大変だ。意外にやる気満々。機を見て乗じるタイプ?
「舞台裏」
 さて、演出の六条達が遅れてくると要達が皮肉を。舞台裏のミアトルの人たちは大変だ。舞台進行が渚砂か。いや、渚砂の進行は本当に華の第一課の人みたいだ。大変だな。桃実も文句タラタラ。二人は帰るって言ってるけど渚砂は引き止めてる。いや、本当に華の第一課の若手みたいだ。突き飛ばされて背景画がめちゃめちゃ。なんという事だ。エトワール様が間一髪を救ったが。エトワール様はやる気のある者だけでやると。要と桃実は逆にパージされかけている。さて、ここまで要と桃実にコケにされてきた詩音の逆襲。「やれ」と。さて、大変だけどもう一度リハーサル(笑)。

 さて、学園祭当日だ。中等部のロミオとジュリエットも・・・だな。さて、カルメン本番だ。渚砂さん、がんばってください。うお、カルメン千華留・・・妖艶だ。お隣の部屋の方々も演出がしっかり決まったようだ。ま、要と桃実は最後に何かしかけているようだが。お、花リボンを投げたが・・・そこにカルメン千華留が。すごいなあ。あ、仕掛けは天音の踵か。お、かばったカルメン千華留が足をくじいいた。さて、アドリブで決闘シーンへ。代役は・・・玉音指名は渚砂か。さて、渚砂は完璧に演じているぞ。カルメン渚砂は競技場へ。エトワール・ドン・ホセが刺すシーンは演技なのか本当なのかってくらいになってるな。

 デビューだ。

 千華留は残念だったろうな。途中まで完璧だったんだから。それぞれかがり火に何を思う。ま、千華留は最終的には気にしていないようだ。で、渚砂とエトワールは温室にいるわけで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第3週のアニメ2.0

南の島の小さな飛行機 バーディー
「歌う飛行船」
 さて、飛行船のドルーとフィンだ。虫系飛行機のフラビーモスが絡んでるぞ。こいつらが仕事がどうこう語ってもな(笑)。あの昆虫系飛行機が激しく絡んでる。飛行船は迷惑そうにしてる。で、バーディーが追い払ったけど。バーディーが追いかけられて却って迷惑そうだ。さて、もっとでかい飛行船がやってきた。信じられないくらい巨大だ。くじら型だ。ま、バーディーはそれを知っていたわけね。何か不思議な歌だ。

BLOOD+
 うわ、チャンネルを間違えた・・・

となグラ!
 よく聞くとOPはなかなかほのぼのとした曲だな。
 また、窓が開いている。主人公はベッドに潜り込んでたのね。そうそう、性暴力の多数は身近な人からのものらしいな。危ないぞ。
「ツンツン香月と誘惑エプロン」
 ま、アニメだからいいんだけどさ。
 妹も部屋をかなり破壊してる気がするんだが。姉が進展させようとしたのか。困った人だ。豪華な朝ごはんだ。で、姉は何故、馬○道の制服みたいな格好してるんだ?あらま、乗員+男女4名が乗った飛行機って彼らの父達?文化人類学の先生たちはそりゃ南米でも暮らせそうだな。ということで4人の共同生活だな。大変だね。さて、香月さん、働かされてる。
 香月は主人公の「皆で楽しく」というセリフには弱いな。

 姉は男にとって都合のいいタイプの人だな。というかアニメだからいいか。今度はお風呂でスクール水着だ。都合がいいね。で、飯を作って食わせたが、まずいって。ひどいな。うわ、このエプロンは紐を引くと裸エプロンになるのか。そりゃすごいな。

 うーん、2話まで見た雰囲気だと、なんかイマイチっぽい予感が・・・この時間帯を見ない事になるとしたら何年ぶりの事になるんだろう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第3週のアニメ1.5

いぬかみっ!
 妖弧なのね・・・。そうだったのか。
 そうか、例の河原での生活は続いているのね。菜園までやってるし。カッパはいるけど、何もしてないみたいだな。
「ウハウハ啓太に恩返しっ!」
 お、レギュラーの渡り猫だ。久しぶりなのか。タヌキが恩返しに来た。で、惚れ薬という事なのだが。あれ?効いてないみたいでたぬきが泣き出した。あ、ようこがごはんの準備をしたりして、かいがいしいぞ。メチャメチャ効いてるじゃない。いやあ、誘ってるぞ。啓太でろでろ。いや、啓太は小さくない幸せに向けて外へ出て行ったぞ。

 啓太が町で例の惚れ薬を使ってる。いやあ、おばあちゃんの集団が啓太に惚れちゃったよ。大変だねえ。ようこが来たが・・・。啓太も消えた。あ、ようこが怒った。うわ、久しぶりのマッチョ登場。ふーふー!啓太に惚れてるぜ。あ、なでしこ発見。でも薫配下の犬神達に捕まった。なでしこ以外の犬神がほれちゃったよ。やっぱり考えたら犬が生まれるんだよね。で、効き目が切れると大変な事に。なでしこがちょっと悲しそうな顔をしている。おいおい、仮名さん登場だ。ポストになったのか。で、仮名さんが飲んじゃったんだね。あーあ。困ったよな。あ、仮名さんは向こうのポストが好きになったのか。たぬきが困ってるよ。さすが、馬鹿啓太。残りの薬を全部飲んだ。何が起きるのやら。何か来たぞ・・・。ようこがにやにやしてる。ここまで来ると大変だな。啓太はこの状況を受け入れるんですか?生き様ですか・・・大変ですね。啓太が戻ってきた。反省している。

ゼーガペイン
 さて、虚構の学園生活。一瞬揺らいだ。「何かが壊れる」。
「リインカーネーション」
 キョウは色々調べてる。リョーコは生きている。シズノはアルティールの中だと。それを復元する事についてはかつてのキョウと同じ。破損状況確認か。ミズサワ先生は内科に気づいてのだが。何にだ?幻体は復元可能と。司令の指示によればサルベージは中止か。その前にやらないといけないことがあると。ミズサワ先生は自分のいる場所に揺らぎを覚えているようだ。ウシオとミズキもデ・ジャブを見てる?ハヤセは一人で練習。で、ミズサワ先生は電車で元の場所にずっと戻り続けている。泣きながらクラシゲの胸に飛び込んで行ったが。
 ルーシェンはマシンパワーをアンチ・ゼーガへの対抗策に向けるほうが正しいと。クリスとシズノが出撃。

 さて、幻体の舞浜でキョウは自転車に乗ってる。カワグチが絡んできた。お互いで「気にいらねえ」って。やり合って、ひっくり返って、なかなか楽しい青春だ。さて、二人が戻ってくるとクラシゲとミズサワ先生が。ウシオとミズキもカップルになって・・・急がないといけない気がする・・・か。さて、景色が揺らいでいる。トミガイとハヤセもあのアイコンが額に出た。
 さて、ゼーガの戦闘だが、さすが、アンチ・ゼーガは光装甲も簡単に突き破るな。かなりまずい状況だ。つまり、オケアノス側は可能な限りの兵力を投入する必要があるという事か。さて、オケアノスの砲撃により時間稼ぎをしてガルダとクリスベルグを回収。ただ、やっこさん、逆襲してきましたよ。とはいっても戻っていったが。幻体の世界はおかしくなってきた。ほお、舞浜サーバーの破綻が始まったのか。つまり、リセットされるのか。繰り返し・・・タイトル通り、リインカーネーションか。舞浜の夏を100回以上生きていると。最後はリョーコが彼を呼ぶ声。

 EDがまた変わった。シズノさんは人形のようだ。他の皆・・・。制服のリョーコがとても寂しげな、まるであの世の人のようだ。

 次回予告・・・トミガイだ。つまり、トミガイ達は夏の終わりにはいつも理解するという事なのか?ま、そういう事ではないんだろうが。

xxxHOLiC
 四月一日の語り?
「カイホウ」
 で、姉は血を流してるんだけど。百目鬼が出ようと。で、このマルとモロのカルタって何だ?で、いやな波だよな。ふーん、恐ろしい鎖とは言葉か。さて、百目鬼にあの双子はハンカチを返したいと。さて、百目鬼はここで出てこないと姉と同じだと。で、会ったわけだ。さて、姉は妹には敵わないと。おお、四月一日が自分にはいい事があると言ってみようと。あ、そしたらカフェオレを買ってもらった。四月一日はここでいい事をしたみたいでご機嫌になった。侑子さんは言葉が縛るのは自分だけじゃないと。いやな後半に続く・・・だ(苦笑)

 あ、姉がとても明るくなった。妹とよく間違えられるって。あ、ひまわりちゃんが来た。さて、妹がバイトしてるケーキショップへ。指に怪我をしている。何か暗いぞ。妹が様子を見に来た。また、暗い彼女になった。おや、妹のセリフにも影響されるという事か。なるほどね。ああ、彼女は自分の言葉だけじゃなくて妹の言葉にも縛られるという事か。あ、侑子さんだ。言葉で縛られた状態は楽だって。あ、侑子さんが商売している。対価は何なんだ?あれ?普通の人になった。対価は彼女の長かった髪か。そして、百目鬼に告白。妹も変わる姉を肯定している。侑子さんが四月一日達の弁当話に乱入。てっちりですか?弁当という訳じゃなくて。ま、楽しい話だな。四月一日は被害者にしか思えないが。

 あ、EDは本当にBUCK-TICKだったか。

ケロロ軍曹
 また、企んでるんですね。お化け屋敷再びですか。あ、幽霊ちゃん登場だ。
「幽霊ちゃん 学校へ行こう であります」
 彼女が主人公か・・・
 朝だ。で、小隊の人たちは準備で脱落ね。あ、幽霊ちゃんが一番に来た子の体に入ってしまった。入れ替わり?困ったものだな。で、スクール水着だ。夏だね。さて、ライバルの芋碁理絵さんだ。小雪は相変わらずの完璧忍者スタイルだ。気を取り直して・・・ね。ヤヨイは足をつった。サツキちゃんは果たしてどうなのやら。つか、溺れてるよ。あ、ケロロが諦めるなと。なんだ?えらいな。ケロロらしからぬセリフだ。芋碁理絵のロケットターンが笑える。夏美はトビウオって言ってるけど飛んでるよ。んあんじゃそりゃ?で、胴上げされたら幽霊ちゃんが抜けた。いい話だったな。

「クルル カレーの曹長さま であります」
 そういう名前のカレールーは食べたくないな。
 ケロロ特製のカレールーは普通かよ。いいじゃん。というか、まずいのか。て、こいつらまたお店をやるのか。で、クルルなんだが。おや、満員御礼じゃない。夏美は信じていない。ケロロも何も考えてないな(笑)。で、モアが見てしまったときはクルルは何を歌いながら鍋をかき混ぜてたんだ?クルルは愛情を入れたのか・・・。それをギロロに伝えたのだが・・・いや、本当かもしれないし。夏美肯定。なんか、ケロロが違う意味で反省している。さすが、ドロロはタイミングが悪いな。へえ、クルルってカレー風呂に入っているのか。すごいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第3週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 灯里が一人の日だ。一人でランチか。ぼぉっとしてるな。
「その 広い輪っかの中で…」
 あ、晃さんがランチのところに来た。空について話をしていると暁さんが来た。今日はレギュラー以外が出てくる回か?さて、ヒメ社長を連れて藍華は買い物。さて、ランチ現場。灯里が暁君にエビフライをフォークに刺してあーんをしてるぞ。晃さん、困った顔をしてる。あ・・・食ったのは晃か。お、いいお天気にそぐわないアル君も登場。で、晃と暁君は相変わらずにらみ合い。

 ウッディと暁君とアル君の幼少時。今と顔が変わらないのが笑える。さて、公園に晃とアリシアさん(の幼少時)だ。それにしてもウッディは一々暁君のやる事に感心してる。でも、当然晃の方がすごいわけで。アクアの平和を守るのはどっちかという事で晃が決闘を申し込まれた。この5人って幼なじみだったのか。

 意外に面白いぞ。

 まず、滑り台競争。ウッディは「一体、どうなるんだ!」という顔をしてる。アリシアはぼけたのにそれが却って晃を乗らせてしまった。カップルみたいだよな。暁君ビビってる。暁君が一瞬遠くへ行きかけたが。ウッディと目が合って、キラーん。で、滑り台で勢いがつきすぎて・・・頭から落ちた。ダメ男という事で泣いてる。晃が慰めてる。へえ、晃とアリシアは遠足で来たのか。暁はアクアの平和についてまだ語ってる。え、晃に兄貴になってくれと言っていたのか。アリシアさんも来てたよ。まだ、暁君はその時の「少年」が晃だと気づいていないんだな。さすが、晃・・・全く覚えていないのか。さて、輪から灯里が一歩下がった。
 もう、灯里ったら一人でアンニュイ入ってしまって。輪っかの外側とか・・・。ま、皆が灯里がその中心にいると。アテナさんはまだ仕事中。おや、例の人形遣いもいて。それぞれのんびりと夕方の中にいる。

 最後の「また見てね」が晃さんの大ジャンプだったのが笑えた。

 灯里も皆の昔話の思い出にニコニコとちゃちゃを入れていれば良かったのに、「自分だけ仲間はずれだ・・・」って感じであからさまに引いちゃったのがとても残念。ま、16歳の女の子にそこらへんの機敏は分らないか・・・と、思いつつも何か嫌みったらしくてこの話の良さをぶち切った感じがして残念。

シムーン
 今回の一番の見所は前回壊れたドミヌーラ様がどうなってしまったかだ。前回の感想でずっとドミヌーラをレアンドラと書いていたようだ。
 さて、例の絶叫シーンから。
「一人、また一人」
 何やら妖しげなタイトルだ。わくわく。
 ユンが薪拾い。ゆりかご作りのためか。リモネがそこに来た。ユンはリモネがドミヌーラと一緒にいるべきだと。近い存在だと。敵の空中基地はなかったのか。さて、ワポーリフは礼拝堂に。モリナスも来たが、一度、モリナスの乳に手を導き、「2度と触れさせない」と。さて、こんな時に敵発見。さて、パライエッタが命令を下すと。アーエルは意外にあっさりとしてるな。カイムとユンで偵察の延長という事で出動。結果としてパライエッタの命令は無視。ネヴィリルは小川に、アーエルがそこにきた。謝ったが、ネヴィリルは受け入れなかったようだ。フロエがネヴィリルにかっこ悪いと。ネヴィリルはアーエルにとってもアムリアにとっても踏み台だって気づいてしまったのだな。また、敵さん登場。フロエとアルティ、それと若女主人と召使で出撃だ。

 モリナスがかくれんぼをしようと。アーエルとリモネの3人だ。リモネは壊れたドミヌーラがいる部屋へ。歌を歌ってる。リモネが入ってきた事にも気づいていない。アーエルの風琴と同じ移民の歌。元々はドミヌーラは移民の子だったのか。ドミヌーラに翠玉のリマージョンをしたいと。泣いている。雨が強く降っている。パライエッタがドミヌーラの部屋に行くと。リモネが出てきた。さて、かくれんぼしてるアーエルを見つけた。で、残ってるのは5人。ネヴィリルとモリナスでシムーンへ。パライエッタの言う事は誰も聞かない。さて、リモネはドミヌーラが死ぬと。割にあっさりと。さすが空気を読まないお子ちゃまのリモネの発言だ。そこへドミヌーラが向こうから歩いてきて、食堂へ。狂ったようにメシを食い始めた。パライエッタの質問も軽くいなして、アーエルには「おかわり」(笑)。
 それにしても深い色々な経験をしていそうなドミヌーラとお子ちゃまのリモネって妙なコンビだな。翠玉のリマージョンの先ね。リモネのまずやってみなくちゃというのもその通りだな。

ストロベリー・パニック!
 文化祭だ。演劇祭が中心になるわけで。カルメンか。
「ヒロイン」
 玉青が困ってる。
 さて、3生徒会での出し物の打ち合わせ。さて、生徒会長のセカンドのやりあいも面白いな。詩音会長もあの二人を抑えられていないようだ。さて、困ってるんではなくて玉青の企画が通るかどうか心配だったわけね。そして脚本も頼まれた。おや、玉青が脚本を書いていると詩音会長が「ねぎらい」のためにやってきた。で、なんとなく配役が動いている。なるほどね、配役を決める演出は六条さんなんだよな。でも、動かされているようだが、本当にそう動くかは六条さんの腹づもり次第な訳で。源会長は我関せずだな。いつも通りだ。

 六条さんが脚本を吟味。問題なし。よく見てるっていう感想は何を指しているか。カルメンは源会長か・・・ほお。さて、スピカ生徒会のサブはこの意外な結果にニヤニヤしている。ドン・ホセがエトワールか。この配役は意外性があったようだな。結果論として詩音会長は恥をかかされたという事だな。六条さんは詩音会長の抗議は軽くあしらったな。中等部は夜々が仕切ってるようだけど大変だな。配役は指相撲で決めたのか。
 さて、スピカの要と桃実は二人でお風呂。光莉は天音を手伝うと言い。エトワールと渚砂で練習。こういう時のエトワールはただのいい人だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第2週のアニメ2.0

南の島の小さな飛行機 バーディー
「ビッグパパ、歩く!?」
 バーディーはお客を乗せないで離陸しちゃった。うわ、ビッグパパ怒ってる。うわ、あ、歩いてるよ。バーディーが見ちゃったよ。おや、コーストガードのパンチョスも見たのか。モーガン曰く、霧の夜に海を眺めに行くのか!本当に歩いているのを見て心を入れ替えたぞ。あ、サーチライトに照らされた影なのね。ちゃんちゃん。

BLOOD+
 レストランで食事中のアンシェルをブンヤが写真を撮ってる。はい?アンシェルが暗殺される?その通りになった。
 うわ、また、OPが変わった。何か妙に明るい。3期の方が好きだ。絵そのものだけで見るとはそうじゃないんだけど、全体的に動きが激しくて、絵の感じが明るいんだよな。
「魔法の言葉をもう一度」
 小夜が寝てる。何かに反応して目覚めた。例の楽しい隠れ家。釣りなのだが、ハヴィアとリクの彼女はパス、小夜は・・・行くのかな。さて、豪勢なパーティー。アンシェルは当然の如く死んでない訳で。あ、ゴールドシュミットがアンシェルのパーティーへ来たよ。デヴィッドつきで。
 さて、川釣りだ。小夜はただいるだけ。ハジは彼らを頼るのは正しいと。休む事で見えるものがあると。
 さて、ルイスは元CIAで、昔の写真を見せられたブンヤが驚いているが、どんな格好してたんだろう。ジェームズみたいな感じか?

 ハヴィアも真央もカイのどこに惹かれるかという話だ。さて、カイは釣りで学ぶ事もある。とてもきれいだ。やっとアルジャーノはゴールドシュミットに気づいたのか。で、アンシェルの指輪にデヴィッドは激しく反応。そりゃ当然だな。それにしても、このゴールドシュミットのお坊ちゃんは恐ろしいな。世間話のようにニコニコ笑いながら恐ろしい会話をしているな。アルジャーノもさすがにアメリカのサンクフレッシュのCEOになれと言われて驚いてる。
 小夜は安らかに寝ている。カイの肩車。ああ、大事な言葉は「なんくるないさ」なんとかなるさ、か。小夜についてはBLOOD+とは思えないほど穏やかだ。
 そして、おじさんや子供たちとお別れ。

 EDは相変わらず安定しているな。

となグラ!
 ま、割に普通の萌えアニメなんだろうな。この制服はどこかで見て事があるような・・・。
「30センチの片思い」
 で、お隣幼なじみストーリーだな。初恋のお隣さんが帰ってくると。
 ああ、2種類の制服は中等部と高等部があるからか。同級生曰く、何かおかしいらしい。いやあ、いきなりプールか。あ、ヒロインの同級生の関西弁の女の子はなかなか可愛いな。ちはやさん、いきなり尻をまさぐるかと思ったら、その彼氏の写真家よ。現実にはそんな事はないんだろうな。さて、お姉さんさんは乳が巨大だ。それに器用というか・・・器用だ。さて、ちゃんとお着替えシーンもあるわけだ。で、彼は昔どおり窓からやってくると、下着姿のヒロインに、この主人公はむさぼりつこうとしてるわけだ。すごいね。妹はなかなかやるな。ヒロインの姉は・・・火に油を注いでるな。あ、香月ちゃんの胸がかなりはみ出てる。

 主人公はエッチ臭い奴だな。なかなか共感が持てる。彼女はエッチな男の子が嫌いだって。でも姉はえらいな。いや、姉の乳をすりすりしてる。妹の中の人は水無灯里の中の人なのね。てっきりアリスかと。ま、主人公はそれなりに困った奴だ。でも、いい所を見せる所もあったり、彼女としてもそこで簡単に期待を捨てないわけでもないんだろうし。主人公はまた、勝手に入ってきた。さて、主人公はベランダの話をしたりして気を引こうとしてるよ。話しかけて、やはり小さい頃の話を持ち出したぞ。姉とか主人公の妹とかもいるよ。4人で楽しくだ。で、ケーキ・・・いや、おいしくないのか。味付けがものすごく、変なのか。やるな・・・。妹も何もフォローしない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第2週のアニメ1.5

ゼーガペイン
 ガルゾームの本拠地か?デフテラ領域が増えた。
「滅びの記憶」
 さて、前回のアルティールの戦いを解析。シズノは私を狙ったと。さすがに司令もこの状況には苛立ちが隠せないし、キョウはさすがに落ち込む状況だ。消えたのは事実だ。あっちからもいないから。キョウは悲しくもないと。そりゃ、なかなか会えないだけみたいな感じなのか。弟には入っちゃいけない部屋としたか。司令には乗り越えてもらうと。部屋の中は全部、そのまま残ってる。「世界の終わりの日」を見つけた。そこにつけられたナレーションを聞いて、キョウは泣いているが。弟君が話している。いや、副指令が弟を通じて話しているのか。クリスベルグはルーシェンには克服するしかないと。シズノさんはアルティールの光装甲に関して調整活動。かなり、必死だ。彼女らしくない。さて、キョウがたどり着いたのはオルム・ウィルス?さて、オケアノスでは敵はアンチゼーガと。さて、ルーシェンが舞浜の図書室で世界が滅びた日について調べているキョウのもとへ。

 オルム・ウィルスとナーガって誰だ?ガルゾールムもなんだろう。ルーシェンが知ってる事を話すと。ナーガは量子コンピュータの開発者で巨大企業のCEOだったか。へえ、そのコンピュータ内での無限進化を目指したのか。感染率が高いウイルスへの防御策が量子コンピュータへの避難か。でも、結果として多くの人々が短期間で死んで、残った人たちはサーバーに格納されたか。ちなみにミナトさんはシャワー。ナーガがどうなったかはよく分らないが、ほお、ガルゾールムはIAM社の残したもので、セレブラムはガルゾールムに反抗するものか。あ、ミナトさんのふくらはぎから光が出ている。彼女の幻体としての生命もどっかでガタがきてるのか?話の最後はカミナギさんの話になるんだが。キョウは自分の怒りが戦いのための予定調和のために用意されていると。そして、どうすればいいか分らないと。
 アルティールの記憶領域にシズノさんが圧縮されたクラッシュデータを発見。いったん、シズノさんがリョーコの記憶を自分の中に転送させたか?それにしてもデータがあるという事が生きているという事か。まあ、今後どうなるんだろうなあ。昔の彼氏のために今の彼女をサルベージして・・・って事だものな。複雑。下手すりゃリアシートにシズノでフロントガラスにキョーコが映るという状態だったり。

 ほお、今度はシズノさんが次回予告か。

xxxHOLiC
 侑子さんが四月一日をお供にデパートへ。デパートといえば地下だよね。侑子さんの言う通りだ。
「フウイン」
 侑子さん優雅だね。何だ、四月一日はすねてたのね。さて、食材売り場に双子がいるよ。下校途中でその片割れがコンタクトレンズを落としたのに出くわした。この人何か出してるよ。見つからなかったが、侑子さんはさて、その双子については見つからないのではなく見つけないのか。で、ハンバーガーショップで横で百目鬼がハンバーガーを食ってるよ。あ、百目鬼が言う通り人間じゃない可能性があるか。結局、双子と百目鬼・四月一日でお茶か。姉は妹の事を話すが、また、例のオーラが出てる。

 どういうわけか双子話って怖い雰囲気があるんだよな。双子の人には迷惑だろうけど。

 妹はする事を考えて、姉はそれを失敗させる。という関係みたいだ。ふーん、侑子さんが四月一日に見えたものは「波」と。しかし、四月一日がひまわりと話をしてる時は溶けてるな。で、本当に映画見てるよ。えーと、セーラー服の女の子が魚と和風の部屋の中を泳ぐ映画か。あ、確かに四月一日は映画館はこういうのが一杯出てくるからいやなんだな。ホラーなんだ。おいおい、姉は出たいと思ってるけど、また、波が出て、四月一日が気づいたたら姉の額から血が出てるのは何だよ。

 EDのマルとモロがエロ可愛くてちょっと怖い。なんかね。

 珍しく前・後で一話なのか。

ケロロ軍曹
「ケロロ 七夕に願いを! であります」
 それにしてもケロロの侵略作戦は相変わらずだな。それにしてもキャラ(見た事ある)が襲ってきたか。ポールか。確かに桃華だものな。強くなきゃいけないよな。恋する乙女なんだし。ま、ケロロ軍曹らしいオチで。

「ケロロ 復活!怪傑ドーパミン であります」
 復活しなくていいって。
 で、確かにどうして夏祭りに向けて音頭を覚えようと。確かに楽しそうだよね。さて、ラジオジャックね。だから復活しなくていいって(笑)。ラジオジャックには成功したが。確かにこの葉書面白くないって。やっぱり復活しなくていいって。ギロロの質問・・・かなりきついな。で、やはり代役はギロロか。やらなくていいって。スモモちゃんになりきったキロロに皆が・・・あれだよね。あれ。夏美邪魔するなよ・・・というか、夏美が・・・あの、夏美がすももになりきってくねくねしているギロロの姿を見て。ギロロがその姿を見られている事に気づいた・・・。あーあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第2週のアニメ1.0

ARIA The Natural
「その いちばん新しい想い出に…」
 酔っ払って寝込んで、起きたら危ない時間帯だった。途中からだ。
 で、グランマが来た。
 やはり、アリア社長はただの面白い人(猫)にしか思えない。さて。絵をアリシアに見せる。そのままのデザインでなんだそうだ。藍華とアリスは様子を見に来た。アリア社長はやっぱり面白い。
 新しい船着場のポールを作っていたのか。変わる事にちょっと恐れている。アリシアは変わるものと変わらないものを伝えてるのかな。そして、残る自分自身か。今日の自分に会えるものか・・・いいものなんだろうな。

 やはり、アリア社長の年齢が分らない。

シムーン
 なんというか、やっぱり色んな事を実験してみるレアンドラが面白いわけで。OPの一瞬見せる愁いも悪くない。
 ネヴィリルはまだ浮かぬ顔。そりゃそうだよね。艦長は無精ひげをはやしてるな。いったん、地上に降りて艦艇整備。
「冒さざるもの」
 おや、ワポーリスがシャワーを浴びているとモリナスが入ってきた。ワポーリスは不器用そうだな。で、ワポーリスとフロエの関係はフロエがそう言えと言っていたのね。さすが、休んでいる時に漁なんかしているとさすがマミーナだな。さて、ドミヌーラがワポーリスを呼び出したよ。おや、ワポーリスはシムーンはただの機械だと思っているのか。謎はあるにしても、ドミヌーラは分解依頼を。それに対してはさすがにワポーリフは冒涜だと。「二人しないなければ多数決にならない」その通りだ。昔経験した。
 ほお、ワポーリスが昔壊れたアムリアのシムーンの機体を見たときにアムリアの体は操縦席になかったのか。不思議なことがあったものだ。さて、解体の決心はついたかと。

 ユンにパライエッタはパルを組んで欲しいと。ユンは案外手厳しい事を言うな。おや、昔モリナスも解体を考えていたのか。でも、今は乗機だと分ったと。レアンドラって案外、皆が内心思っていることを表に曝すタイプなのだな。まだ、アーエル達は戻ってこない。艦長はドミヌーラの経歴を調べたのか。さて、ワポーリフはまだ迷ってるな。おっと艦に戻ってきてワポーリフはモリナスに涙を流しながらキス。とうとう解体を決心したんだな。
 解体しました。ドミヌーラはシムーンのワポーリフ曰く、「何もない螺旋」の中を見て涙を流している。あまりに深い悲しみと恐怖。見える人には何かが見える。艦長が調べた時に話に出ていた、なかったことにされたコールにいた事と関係があるんだろうか。安直ならドミヌーラが属していたそのなかった事にされたコール時代のパル、あるいはそのコールの仲間の姿が映っているとか(どういう姿かは知らないが)。絶叫。甲板に上がってきた皆さんには艦長は戻るようにと。アポーリフがモリナスの前にいるが、モリナスの答えの予想とアポーリフの答えは違うんだろうな。一番まっとうそうだったドミヌーラが壊れかかってる。帰還途中のアーエルは誰かが泣いている声が聞こえたと。

 確かに機械でもあったが、人智を超えた存在でもあったのだろう。

 困ったなあ。半分、ここまで彼女がストーリーを引っ張ってきた部分もあったのに。

ストロベリー・パニック!
 最初、これが2クールアニメだとは思わなかった。うわ、OPがエロくなった。歌はまるで80年アイドルポップみたいだ。OPを見る限りだとル・リムの生徒会長は切れ者っぽいけど(そりゃこういうアニメの生徒会長は切れ者がやるんだよな)、手下(笑)がなあ。

「親友以上」
 夜々だけが夜中のお茶会に来た。光莉は寝てる。光莉の事になると夜々は元気がなくなる。何か頼みごとをしてみたいだ。というか夜々は渚砂と玉青の部屋で寝たのね。いや、キスの後、そんな事をしたのね。服の上からではあっても。突き飛ばされて正気には戻ったが、光莉は拒絶。さて、朝からものすごい物音が。横のルームメイト同士の大喧嘩。はあ、年に一度はあるのね。
 光莉は聖歌隊の練習に身が入っていないし、夜々は天音のところへ。半分にらみつけるように見てるけど、彼女がいなくなったらほっとしたような顔をしていたな。おや、渚砂が何か思い当たったよ。水の抜けたプールに来たが。ほお、やはり玉青がくれたリボンをね。あ、寮監以外に先生が出てきたな。

 リボンを見つけた。やっとね。でも、それってエトワール様の事とつながるんだが、でも、玉青はそれについては気にしない事にしてるのか。タフだね。さて、お隣さんの仲良くなったお話を挿入。はい?渚砂と玉青はまだ小指をリボンで結んだままなのね。夜々はまた練習に来ない。蕾が心配している。そこへ渚砂がやってきて。夜々は玉青に御堂の裏の誰も来ないところに連れてきた。ここが最初に光莉と夜々が出会った場所か。さて、この二人は親友との思い出の場所へ光莉と夜々を連れて行かせるのか。なるほどね。夜々は来ないと思ってる。いやあ、想像通り来ましたよ。出会った最初。もう、一目ぼれ。さて、転んだよ。二人はお互いに謝って仲直りか。あれ?蕾は昨日も調理実習だったような(笑)。

 うわ、EDも変わったけど、実写でやるのを止める気はないんだな。力が抜ける・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年7月第1週のアニメ1.0

南の島の小さな飛行機 バーディー
「恐怖のばくだん」
 ばくだんが「ばくだん」と書いてあるところが恐ろしい。
 がさつもののパトリックがでかい荷物を運んでる。ビッグパパの言う事もあんまり聞いていないようだが。さて、うるさい昆虫系飛行機が絡んできた。爆弾だとさ。で、適当な事を言って逃げちゃった。揺らしちゃいけないんだって。煙も出てきたぞ。で、なんとか嵐から逃れたら鳥達が荷物をいじるし。コンテナのフタが開いた。中身はドライアイスに包まれたバースデーケーキなのね。

BLOOD+
 荒涼とした感じの島。ディーヴァがいる。厳しい顔をしていると思ったら何も考えてない様な顔か。ジェイムズに守ってくれるねと問いかけ。ディーヴァになったりリクになったり。
「決戦の島」
 港で考え事をしている。まだ、一人でどうにかしようとしている。クリスティーナ島へは誰も行きたくないと。カイ達への協力は頼まないつもりか。誰も傷つけないために。でも、来るわけだよな。ジョエルが船を用意してあるそうだ。結局、縁というやつなんだろうな。
 さて、その出航の夜。シフの子達もいるんだな。ほお、そんな核廃棄物の埋設場所でディーヴァのプロモビデオを撮るのか。えらい話だ。結局、来たわけだ。ブンヤとカイの彼女は戻るのね。伝言を伝えた小夜に伝言ではなくて面と向かってちゃんと言えと。いい励ましだな。シフ達は自分達で動くと。やはり連中の兵士達は強いな。プロトタイプよりも量産型の方が優秀というわけだ。さて、ジェイムズ君だ。

 お、本体が出てきた。鋼のような体を持ってるな。さて、リクはジェイムズと対峙する小夜のところへ。ハジを貸して欲しいと。ちょっとの間持ち堪えて欲しいと。なるほど、コープスは一人づつやる気だと思ったら、リクとハジが助けに来た。ちょっと意外。あ、ディーヴァはおひげのおじさんと一緒で島にはいなかったのか。シフ達は「信頼」を手に入れた。あ、鋼の皮膚でも肉を突かれればやられるのか。埋設穴に落ちた助けようとしたリクも含めて3人で皆落ちる。ソロモンが助けに来た。そしてジェイムズだけ落ちた。ソロモンはまたアンシェルを裏切った。ソロモンはかっこいいよな。最後の敵になりそうだが。リクも本当にかっこいい事を言う様になったな。ひゅー


ひまわりっ!

 とうとう最終回なんだが。謎解きとかしなくてもいいや。あのハヤト先生を付け狙う三人組とか。
 今更だけど電蔵さんって誰?あ、ひまわりが草むらに引きずり込まれた。
「命あっての家来です」
 亀に誘拐の脅迫文が。で、例の3人が何かやったということに。ハヤト一人でどうにかしろと。で、ひまわりちゃんは亀甲縛りされてる。さすがに彼女も亀甲縛りは知ってる様だ。おや、つきよ姫もひまわりを探すはやとに冷たい。一人でやれって。困ったもんだ。なんだ、周囲はくっつけたいだけか(笑)お頭は言う事だけは立派だが、間抜け。それにしても「忍びの者達」ってどんな話だったんだろう。見てみたいな。
 さて、逃げるのはどうにかなりそうだな

 どうした、この旅の者は。で、捨て子二人。お頭とわび助、さび助なんだな。さて、脱出成功かと思ったが、わび助が邪魔を。でも、倒れた。さて、ハヤトが来たぞ。お頭・・・弱い。なるほど、信長の子孫だから恨んでるのか。主従で助けあっているが。あ、甲賀じゃなくて甲羅忍者なのか。今気づいた。で、お頭とひまわりはお互い意地を張り合ってるという感じだな。あ、しきみ達が来た。主従の契りというのは美しいものだ。
 で、やっぱりかよ。お頭は勘違いしてハヤトを追い回していたんだな。そりゃそうだよな。家計図に書いてあったというが・・・あのもんじゃ焼き屋のオヤジが書いたんだろうな。そうなのかよ・・・。人騒がせだな。お頭が完全に脱欲。わびさびも倒れそうだ。わび助が倒れた。単なる空腹か・・・人騒がせだ。お頭は仇討ちは中止だって。さて、この3人はどこへ行くのか。で、ハヤトには何をしてもらうと。
 え?ハヤトとひまわりで婚儀か。主従の契りか。本当に婚儀みたいだ。

 ま、いい話だったじゃないですか。ひまわりの出自について特に言及がなかったところもいさぎよくていい。

 あれ?終わってない。戦いは始まる・・・と。2期があるとも思えないのだが・・・


西の善き魔女

 とうとう真昼の星が怒って光を地上に向けて放った。世界のバランスが崩れ始め、グラールが大波で沈むかもしれないと。さて、レアンドラがハイグラリオンに戻ってきたぞ。裏切り者を倒すと。さすが、レアンドラは腕が立つ。
 リイズを諌める警告か。で、光で津波を起こすと。フィリエルは女王試金石を持つものの役目とか。で、国を救うためには女王に会わせて欲しいと。レアンドラは最後の広間へ。裏で動いているメニエールと会った。白のヘルメス・トリスメギストスか。
 さて、竜はいるし、敵国の軍も襲ってきた。アデイルは手があると。さて、フィリエルとルーンとルー坊を目的の場所へ飛ばして欲しいと。わ、目的の場所はレアンドラの元だ。ん?竜と戦っている中でバードがアデイルに呼んでいると。あのおばさんは蛙は苦手か。さて、女王は星の広間にいると。さて、アデイルも来た。そして、女王の下へ。

 女王は全てを見ていると。3人の娘は何もしない女王をなじるが。怠慢により全てを受け入れると言ってはいる。その中で娘達は必死に戦う者達の事を語る。レアンドラのお付きの者達も竜退治へ。ほお、彼女達は昔の話はどうでもいいと。フィリエルは津波の人たちを助けると。バードはこの娘達に未来を託すと。ハイグラリオンから力が。真昼の星は遠ざかり、海はいつもの穏やかな海へ。バードはフィリエルを女王に推す。でも、やはりフィリエルにはそんな事は興味がなくて、ルーンと一緒であればと願うわけだ。そして、彼女は祈り、天文台にルーと会いに行く生活へ戻る。手紙が来た。アデイルからだ。さて、エヴァンジェリンとして物語を書き、レアンドラは私兵を鍛えている。近況連絡ね。女王争いは続いているが、まあ、フィリエルにとっては終わった話だな。確かアデイルが言う様に幸せな人生だな。ルーと一緒に天文台にいるアデイルは真昼の星に人が生きるという事を見せてあげようと。

 バードが語る3人の女王候補の争いの物語はおしまい。今が続き。

 原作を読むと真昼の星にしろユニコーンにしろ、竜にしろ、ロストテクノロジーなんだろうな。しかし、真昼の星のデザインはうーんだったな。悪い意味じゃなくて。

「大事なもの、守りたいもの」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年6月第5週のアニメ1.5

いぬかみっ!
 ようこボロボロ。でもセバスチャンは元気だな。セバスチャンは元々先代を守るために来たのか。一度、逃げたのか。セバスチャン・・・。だからようこの弱気も理解できる。でも、もう逃げないのか。啓太は何か考えてるな。ハケ登場。ひえ、宗家とハケより強いのか。でも、負ける気がしないと。命令は「おし、死神倒すぞ」か。
「だけど俺にはお前の歌っ!」
 飛行船にリング。ケイお嬢様だ。得意種目で戦うって・・・ボクシングやったことないよな。セバスチャンがもう死にたいというケイお嬢様を怒る。へえ、お母さんと旦那さんは戦って二人して死んだのか。ほお、啓太君、なかなかかっこいいじゃないか。セバスチャンも感涙。と、いい所に死神登場。ケイは飛行船に残ると。予定変更というのは啓太だけか。あ、結界を張った。死神を逃がさないためね。

 それにしても「たゆね」と「いぐさ」(と啓太)のキャラCDはいかがなものか・・・

 いきなり撃たれた。すごい絵だったな。やられた啓太だけど。ようこはまだ怯えてるな。啓太は怒りで戦うけどそう簡単には死神はやられないよな。うわ、きついのくらったなあ・・・マウスピースも吐き出したと思ったが、あ、あれに仕込んでたか。一矢報いたな。え?あのパンチは当てなかった?あ、ただのパンチじゃなくて霊力込みか。うわ、すげえ、パンツの中の前部にそんなものを仕込んでたのか。暴力の海は丸裸の啓太に攻撃を仕掛けたが、かえってダメージをくらった。
 あ、これが薫か。おとなしい紳士だな。最後は何もないか。ただの殴り合いになってるけど、お、ようこが結界を張ったのか、入れない振りをしてたのか。ようこが本当の姿を見せるのか。え?犬じゃなくて狐?まあ、狐も犬の一種か。ほお、死神がいなくなった途端に新堂家は没落。で、啓太は急いで帰るって。約束の場所って?デートの約束か何かしてたのかな。あ、あのアパートに会場に鳴っていた飛行船が落ちてる。ふーむ、これも死神の最後っ屁か。

 あ、EDの「ケイのうた」が流れない。残念。次回予約が・・・うーん、考えさせられる。いや、分ってはいるのだが。

ゼーガペイン
 うわ、OPがまた変わったぞ。うーむ。うーむ。最初に見たOPで完成形だと思ったけど、そうじゃないのか。OPののキョウとリョーコが自転車に乗って空へ駆け上がってくED(?)だけは変わりませんように。
 さて、ヨーコはおにぎりを作ってる。というかお弁当を作ってる。何でリョーコはこうも健気なんだ。やはり健気系って大好きなんだよな。で、転送された。
「新たなるウィザード」
 司令が正式に迎えると。はい?ウィザード?キョウに訓練を依頼。リョーコがブリッジにいるよ。あはは。で、面白がってる。あはは、お弁当を差し出したよ。生徒会長と副会長に。シズノさんが戸惑ってる。ルーシェンに惹かれてるぞ。いや、リョーコはトリックスターになりそう。おいおい、キョウはどう伝えたんだ?司令は問題ないだろうと。なんだよ。彼女は面白くやってるな。いや、生徒会長がVサイン。リアシートね・・・。
 そういえばこの世界は鳥が飛んでるんだな。ブレードランナーの世界は鳥が最初に死んだのが兆候だったんだよな。ってつか、リョーコさん・・・何だそりゃ?猫人間。リョーコは健気だよな。
 トリガイはロケの待ちぼうけ。うわ、それが問題じゃなくて、トリガイにもサインが出ちゃった。

 いや、確かにキョーコのボディスーツはちょっとエロいな。下半身のボディラインがくっきりで。さすが、キョーコはシズノ先輩のリアシートって気にしてるな。シズノはシミュレーションを見てるけど、いいんじゃないと。絶対にそうは思ってないだろうが。キョウの望みだったんだな。それにしてもリョーコはシズノよりすごいウィザードだったという事か。色々とシズノは思うところがあるようだが。ウィザードじゃなくてウィッチと呼ばれるのか。リョーコはキョウと一緒だから大丈夫。がんばれる。訓練兼実戦の妙に悲しげなBGM。なんだこりゃ。きれいな海だよ。
 さて、ガルゾールもアルティールから奪ったデータを使って平気を作ったみたいだな。で、いきなりの実戦。それにしてもリョーコはすごいや。まるで昔から扱ってるみたいだ。アルティールもキョウ君もね。いや、すぐに何か来るぞ。ガルゾールのゼーガか。いきなりそう来るか。直撃をくらって・・・え?リョーコが消失?いきなりかよ。おい!

 EDがちょっと変わったけど、リョーコもシズノもおまけの副指令の3人ともエロいんだよね。シズノさんは結局、キョウの恋人を探すための戦いに出撃するんだろうな・・・。

 それにしても・・・まだ、受け入れられない・・・

xxxHOLiC
 屋上に誰かいる。ひまわりじゃないな。なんか儚い感じだ。
「ヘンボウ」
 なんだ、四月一日が侑子さんにこきつかわれてるシーンからじゃないや。ひまわりの絵って個性的なんだ・・・。どう個性的なんだろうか?さて、おとなしいいい子なんだが、四月一日が気にするという事はそういうタマなんだろうな。絵の彼女に翼がついた。あ、彼女の背中自体に翼が付いた。でも、友人の頼みを断った。四月一日以外には見えないのだろうか?侑子さんの所に行ったら厳しい表情でポケットの中のものを見せろと。で、その羽根を焼いた。はい?絵にされないように?
 で、彼女の羽根が大きくなった。秋祭り。マルとモロは外へ出られないのか。その理由を二人で話す、二人はちょっと怖い。

 さて、浴衣で出かけた。さて、ひまわりちゃんですよ。ま、百目鬼もいるわけだが。さて、襟の彼女がいるわけだ。凶暴になった。確かに変貌しているようだ。羽根はどんどん大きくなっている。で、今度は四月一日に絡んで謝れと。いや、カッターナイフを百目鬼が掴んだ。彼女から羽根が離れた。四月一日を羽根が狙ってる。怖いなあ。札狐が守ったようだな。喰ってる。「絵」じゃなくて「餌」か。怖いなあ。おとなしい普通の人。いつになく侑子さんが厳しいな。その羽根は心のたがを外してしまうんだな。え?彼女は一つの感情をなくして心のバランスを崩したのか。きつ・・・。で、なくした感情って何だ?その彼女がたがをはめていた暴力的な感情のこと?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

06年6月第5週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 本格的に夏か、前回でもそう思っていたが。合同練習。アリスは一生懸命練習しているようだな。真剣だ。本日の難関。このちょっとだけだが気合が入った絵だったなあ。ここだけ繰り返して見てしまった。操船はうまいけど声が出てないんだな。は?いや、灯里が言わなくてもアリスは子供っぽいところがあって(子供じゃん)、可愛いって。
「その でっかい自分ルールを・・・」
 そういえばまぁ社長はどうした?
 アリス下校。厳しい顔をしているな。おいおい、変な自分ルールだな。影だけ踏んで下校か。つか、自分の下校ルートを知らないというか、変えてるのか。で、ラッキーもあってなんとか。で、あ、片足影から外れた。いいな、彼女のかわいい脚が堪能できた。失敗してとぼとぼ、それをアテナさんに見られた。アリスはがっかりしてアテナさんの歌にも気づいていなかったのか。あ、久しぶりにまぁ社長だ。で、翌日もチャレンジ。今度は石をけって最後までとか、色々考えるが、結局影だけ踏んでに再チャレンジ。灯里と藍華に見られた。で、かなりいい感じだ。

 お、かなりいい感じで、アテナさんも見守ってる。ただ、途中でちょいとな。アリスの顔が。あ、まぁ社長が飛び出していった。バランスを崩したらアテナさんが手を引いた。ぎりぎりセーフ?と言われてちょっと気分を害したみたいだ。アリスらしいなあ。やり直しだって。真剣なデフォルメ顔が笑える。アテナは困った顔をしてるな。で、思わずアテナが手助けしちゃったら本当にアリス怒っちゃった。アテナさんが途方にくれてる。アリスは素直になれないお年頃なんだよね。また、一人でやり直し。何かアリスは自分でも馬鹿みたいと思ってるんだけど、まあ、やるんだよな。ま、ある意味で邪魔ものの灯里と藍華とアテナだ。どうするんだろうな。練習に誘われたけど。まあ、彼女は頑固なんだよな。アテナはゴンドラを寄せた。手助け禁止なんだけどなあ(笑)。まだゴンドラの陰の中。また、アリスが怒ってる。結局ルールをちょっと曲げた。ま、アリスはアリスで色々考えてます。確かにちょっと機嫌も良くなって楽しそうな顔をしている。

シムーン
 ストパニと続けて見るとさあ・・・なんというかねえ。いや、喜んで見てるんだが。
 あれ?前回と同じ事の繰り返しというか、ダイジェストか。
「理(ことわり)」
 何やら不安げなBGM。ドミヌーラはまた波風を立てている。そか、ドミヌーラは祈りが通じなくてもシムーンが動くという事を皆に示唆。元々彼女は知っていたのか。姉妹の一方はパルとしてはこの姉妹のコンビじゃダメだというように意味を取ったが。翠玉のリマージョンについてアーエルはやってみたくなったんだろうな。マミーナとロードレアモンは意外に仲がよくなったみたいだ。マミーナは根っからの召使根性の持ち主なんだろうな。いきなり、アーエルは翠玉のリマージョンをやろうと。ネヴィリルはパニックに陥ってる。いやあ、アーエルちゃん、すごいな。全く空気読まないな。まあ、アムリアも昔、アーエルと同じ事を言ったわけだな。ネヴィリル失神しちゃったよ。

 アーエルとリモネの会社はどっちかというとパイロットの考え方だな。リモネがドミヌーラに帰す。そういう展開か。あ、そうか、彼女は好きならは翠玉のリマージョンをするのに好都合だからだ。
 さて、夜の部屋に空気を読まないアーエルがやってきましたよ。ネヴィリルに外へ出ようと。キスしたのをパライエッタに見られた。出てけってさ。で、あのアーエルの言葉で皆どよーん。困ったもんだなあ。でも、召使マミーナと平和主義者ユンは大丈夫。というか、ロードレアモンのぬいぐるみの破れをフロエが縫って不恰好になって、皆大笑い。メデタシ、メデタシ。アーエルとパライエッタの会話は全くかみ合わない。そうだろうな。
 さて、ドミヌーラは上層部の動きを無視して偵察行動。そうそう、過去を知らないというか無視するドミヌーラはアーエルとネヴィリルに偵察出撃。確かにね。祈りがなくても飛ぶんだよな。これは。おや、今度は祈りは通じたか。うーん、難しいな。個人の感情は無視なシムーンですか?え?ネヴィリルはアーエルを求めてる?惹かれるものがあるんだろうな。うーん、ネヴィリルは確かにこういう異性(?)で破滅するタイプなのかもね。

 うわ、次回もドミヌーラはまたまたとんでもないことを・・・

ストロベリー・パニック!
 さて、光莉さんは天音と会いたいから早く夏休みが終わってほしいと。
「潮騒」
 あの事件以降
 さて、光莉さんは天音と遊びに行く事になった。さて、要さんがそれを知ったようだな。桃実と要はベッドでよからぬ企みを。さて、渚砂と玉青はあれからぎこちない感じ。うまくいってないというか。あれだよな。あれ。光莉さんはこの二人に拉致されました。夜々は忘れ物に気づいたが。いやあ、要さんはかなり変な人だ。で、背中から手を回してブラ外しちゃったんでしょうか?

 さて、もう一人の桃実は天音にエトワール選に出るなと。本当に要さんは変な人だ。いや、ベッドに押し倒しちゃった。夜々登場。愛を止められるのは愛だけか。なるほど、夜々はその言葉に感銘を受けたか。さて、助け出された光莉さんは電車に間に合わなかったか。ま、勿論ホームで天音さんは待ってるわけですな。さて、二人は電車で町とは反対方向へ。海か。
 夜々はやはりさっきの言葉に影響を受けそうだな。さて、にわか雨。ボタンが取れてることに天音が気づいた。さて、桃実と要は一緒にお風呂。もう、性欲と出世欲の塊だね。光莉は夜々さんの気持ちは気づいてないけど、夜々さんはねえ。あ、キスした。結果として夜々さんは桃実と要の思い通りに動いているわけだ。あの二人に色々教えてもらえば良いんじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »