« 4月29日から5月14日の酒 | Main | 06年5月第3週のアニメ1.5 »

06年5月第3週のアニメ1.0

ARIA The Natural
 ARIAって朝から話が始まる事多いなあ。あ、社長がお着替えの夏服を持ってきた。
 もう、夏か。お着替え。別にそれだけだけど。テレビ東京だし。
 それにしてもユーフォリアって全部通して聞くと本当にいい曲だ。
「その 猫たちの王国へ…」
 あれ?社長がいない。アリスと藍華の3人で練習というか、なんというか。和んでるな。アリスは会社の人達とも練習するのか。アリス野望表明。藍華が難しい水路にいった。社長がゴンドラで通った。藍華は最初はノリが悪いんだよな。細かい水路だな。いつも閉まっている水門が開いている。アリスは学校か。追いかけないで引き返したのか。猫の王国は人間は入れないそうです。社長は夜になって戻ってきた。そのまま灯里のベッドで寝てしまった。疲れてるんだろうか。さて、藍華と灯里の二人で、例の水路へ。また社長は同じ水路を辿っている。で、水門の中へ。風車が窓の中に沢山。

 な、何故、楽太郎師匠なんだ・・・何故?

 見失ったか?一本道なんだが。まっすぐ道の迷宮か。なるほどね。出口だ。建物の中へ。猫の集会所ということだが、開拓初期の建物らしい。藍華は本番で怖がりだ。社長が先にいる。猫が窓辺に一杯。二人は気づいていないが。いや、そこらに猫が一杯だ。おや、戻ってきたかな。で、猫も追いかけている。出口を出たらさっきの建物の中。寒色系の絵で面白いなあ。いくら漕いでも同じところに出て、ちょっと二人とも不安になっているみたい。来て欲しくないのかなと思ってるけど、灯里は呼ばれている。で、また同じ場所。社長のゴンドラがすれ違おうとする。何か指差している。社長は帰らないって。藍華は怖いからか、理解したからか分らないけど出口を目指す。振り向いた先にはケットシーを中心にした猫の王国があった。ケットシーは御機嫌よう、さよならと。戻った。藍華には見えなかったけど、まあ、見えなかったものが全て惜しいものでもないだろうし。社長はいつもどおりでした。おいおい、アリスは合同練習を休んで本気で練習をして良かったと。ま、例の閉じた水門の事はアリスは知らなくていいってわけだ。アイちゃんの言葉は・・・それもあるのかなあ。

シムーン
 おや、他のコールの人たちとちょっともめてる。タンポポのリマージョンの練習。なかなか面白い名前だ。
「公海上空にて」
 きれいになっているシムーンって血塗られたあれだと思ったらアーエルのシヴュラ(といっていたよなあ、シムーンじゃないの?)で、おじいちゃんのか。あ、おじいちゃんでいいのか。夜間訓練。あと2名補充が必要ということね。向こうから大きな船が来た。さて、向こうの船から来たシムーンが出てきた。向こうの船は男形だな。外交使節を乗せた船・・・じゃなくて、こちら側の船か。

 何で夜中にダンスをしているんだ。さて、向こう側には元使用人の娘。ロードレアモンお嬢様がちょっと動揺している。マミーナともう一人が補充要員。そのもう一人は「戦争は嫌い」と。ネヴィリルの父親登場。どういうわけか、マミーナがネヴィリルの新しいパルということに。父は期待している。で、泉にも行かない。乗らない。どうするんだと。さて、マミーナの猛一人は戦争は嫌い。でも、自分は逃げないと。死にたいみたいだというアーエルの言葉にむっとしている。アーエルはお目覚めの時は可愛いものだ。あ、ネヴィリルのシャワーシーンだ。うわ、そのマミーナがパルになると。裸でシャワーだよ。さて、マミーナは肩紐の片方が外れたままおいてきぼりだ。アーエルがマミーナがマージュしているところにきたか。勝負じゃないってどういう意味か?服を脱がすっていうなかなかすごい争いだな。この二人は仲良くなりそうだ。さて、喧嘩の失態でコールテンペストは会談後に解散と。マミーナはいきなりの大失敗で(そりゃ、肉弾攻撃だものなあ)本当に落ち込んでるが、がんばれ。さて、最後に映っていた神官の女の子は誰?

 あ、向こう側の国の神官か。

ストロベリー・パニック!
 で、馬術部の練習には人が一杯来ているわけだ。
「荊の罠」
 おお、天音と光莉の微かな恋。噂になってる。玉青まで知ってるものな。おお、天音様のシャワーシーンだ。さて、冬森会長は何やら取引をしようとしているが。南都さんはそういう邪心と別に光莉を応援している。でも、光莉の気持ちを要に向けさせてエトワール戦に出られないようにすればいいと。ん?エトワールは誰かからのプレゼントをもらったことがあるというのが資格か?桃実は乳がでかいなあ。で、ミツバチになって欲しいと言われたあとは蜜が欲しいって。で、ミツバチさんに何やら渡されたぞ。

 さて、天音達馬術部への壮行会。天音が来るという予定らしいのだが、南都さんは何か不安に思ってるな。さて、呼び出されたのが嘘だというのがやっと分ったようです。イカロスは太陽に近づいて落ちちゃったと言って脅している。要さんは逃げた光莉について、それでこそ自分が見込んだ人だと思っている。で、天音は光莉が来ない事で失望している。でも、冬森会長も光莉がいないことを疑問に思っている。さて、レズ二人組みに挟まれた。約束どおり逃げて、こけた。南都さんは間に合うのか。要さんはテクで光莉を落とそうとしている。あ、馬が、馬が!銀星号(英訳StarBright)、駆けろ!来ました。白馬の王子様。おお、天音がプレゼントのスカーフを受け取った。でも、それを見ていた南都さんは可哀想だな。彼女も光莉が好きだったんだな。もう、副生徒会長と書記さんは二人ともスキモノですな。

|

« 4月29日から5月14日の酒 | Main | 06年5月第3週のアニメ1.5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/10105286

Listed below are links to weblogs that reference 06年5月第3週のアニメ1.0:

« 4月29日から5月14日の酒 | Main | 06年5月第3週のアニメ1.5 »