« 06年3月第4週のアニメ1.0 | Main | 06年3月第4週のアニメ2.0 »

06年3月第4週のアニメ1.5

灼眼のシャナ
 最初の方は「どうかねえ」という感じで見ていたけど、なかなか楽しむことができたかな。
 ヴィルヘルミナは派手に戦っているけどベルベオルにやられそう。マージョリーは楽しく派手にやっている。
「紅蓮の想い」
 そして、ヘカテーと対峙するシャナ。ヘカテーは悠二に自分のものだと。うお、シャナはパンツを派手に見せて飛んでいる。最終回あたりになるとパンチラとかなくなる番組が多い中で立派です。ヘカテーは悠二から存在の力を吸い取る事で興奮しているようだ。ヴィルヘルミナはやられるのか?最後の抵抗か。マージョリー達は互角か。悠二はヘカテーと対話してみる。人の想いで満たしても意味がないと。でも、シャナの力によって解放。君は最初からからっぽのまま、と。正確には満たされたつもりになっていても、実際は一度も満たされてなどいないということか。悠二が剣を取った。星黎殿の存在の力を噴出させる機構を破壊する。

 終わったか。シャナと再会。ヘカテーはパニックになる。何もなかった空っぽの事実を気づいてパニックか。で、溜め込んだ存在の力をストレートに吐き出している。アラストオルの顕現だけが街の破壊を止めるのか、そうなると器であるフレイムヘイズの破壊は不可避。ヴィルヘルミナはシャナの元へ。もう、悠二を逃がす余裕もないと。シャナと一緒に行くと。一緒に手をつなぎ、進む。シャアンは微笑んでいる。そして、悠二も。ヴィルヘルミナも起きたことを理解した。それにマージョリーも。マージョリーは呆然とするヴィルヘルミナを助け出した。
 二人の声がする。屋上で寝ているよ。器の大きさがアラストオルの存在を全部受け止めたのか。いやあ、シーツがはだけて裸だ。すごい。最後は「うるさい、うるさい、うるさい」か。ああ、そうだよな。シャナはそうじゃなくちゃ。で、口うるさいお姉さんこと、ヴィルヘルミナが厳しい顔でやってきたが、本当にほっとした顔をしてシャナを抱きとめた。大団円だ。もう、二人の付き合いはヴィルヘルミナ公認になったのかな。いや、あのプライドの高いヴィルヘルミナのことだから母をライバル視するんだろうな。さて、シャナと悠二の関係はイケ公認かな。いや、勝負か。勝負はまだついてないんだな。2回戦スタートか。簡単なのはイケと吉田さんがくっつくことなのだが(笑)

 劇場版作るって・・・え?

鍵姫物語永久アリス輪舞曲
 考えてみればタキオンの心の物語が全ての源泉だものな。
 リデルさん、怪しい。
「The Evidence」
 まだ、タキオンは何が起きているのか分らない。リデルは彼の事を役目がない登場人物と言い切ったぞ。リデルは物語を作るのを止めたのか。リデルは退屈そう。そうそう、リデルもタキオンに捨てられる事が怖かったのか。そういう話もあったな。ほお、リデルが終わらないアリスという物語があるとタキオンに吹き込んだのか。タキオンが逆に聞きたがって、話を作ったのか。設定のベースはタキオンが作ったのね。タキオンは上機嫌だ。そして現実と物語を混同するようになった。そして、リデルは彼の才能がなかったと見切り、そして、リデルは代わりを待ったのか。有人を見出したという事。ほお、あの双子よりもありすの方が成長した、それが才能の力か。「作者が消えても物語は残る」結構ぞっとする言葉だ。タキオンの心の鍵が開かれて、老いて消えてしまった。確かにリデルも現実と物語を混同している。そこできらはに攻撃をしかける。なるほど、最後はリデルがこの世界のマスターなのか。結局きらはとありすは両立できないんだな。とうとう捕まった。背中合わせのありすときらは。きらははありすへの想いを語り、ありすのために物語を書いて欲しいと望む。

 有人が物語を書いている。自分が書きたい話か。一方でリデルは鍵を開ける。読んでいく度にきらはの服が破けるのはご愛嬌だ。有人が書いた事によってありす復活。本を戻したら服も戻った。これもご愛嬌だ。そして、きらはとありすは戦う。リデルも必死だね。とうとう、リデルの胸に鍵が差し込まれた。ありすはリデルの物語を奪わない。そうありすは思い、有人はそう書いた。どうしてそう思ったのかよく分らない。つまり、物語の世界は現実のきらはを侵食しないという事か?

 待て、これは最終回じゃなかったのか!?

マジカノ
 正月かよ。春夫は偉そうだ。春夫はお年玉配り係なのか。お、あゆみにもお年玉が。あ、真鈴、ゆりも年始に来た。
「目覚めの刻ってマジですか?」
 でも、この二人いきなり揉めてる。でも春夫が出てきたら態度いっぺん。舞夏がおせち料理を作ったのか。さすがだ。おいおい、あゆみさん・・・それってイモリの黒焼きか何か?赤いけど。うまいのか。やっぱ舞夏は怖いな。ゆりさまは割烹着姿なのだが。で、料理じゃなくてお前本体かよ。えらい色っぽいし。また元旦から妄想だ。あ、真鈴もおにぎりを持ってきたけど。あゆみに邪魔された。塩こんぶが入ってるのか。で、初詣だ。春夫が変なことを思ってるぞ。先生が何か気づいた。いつのまにか超自然科学研究会の皆さんも出てる。ん?風船が飛んでいったが。春夫から何か出た。風船を捕まえた。記憶喪失魔法をかけてみたが。やはり妹が裏で監視しているわけだ。え?春夫って魔王?おいおい、こいつは世界を滅ぼしかけたのか。あゆみパパは心配してるけど確かにあゆみは何も考えてないな。というか知らんのだろうな。

 真鈴の所詮異教の神という言い方が笑えた。で、何だかよく分らないが、次女は魔法の事を口にしたので、縛られてる。で、あゆみは春夫を連れて行ったぞ。で、ミラクルハウス?怪しいな。どうせ妹の差し金なんだが。で、ゆりがあゆみを押さえつけた。いいな。ミラクルハウスに入るんだけど、あゆみ・・・本当に怖いよ~。顔変だし。で、皆入る事になったんだが。しかし、あゆみは二人きりになりたいようだけど中々チャンスがないみたいで。あ、ガラスで春夫と引き離された。特別ショー?ピエロはやっぱり妹だ。とうとう妹参戦。さて、皆さん変身。役に立っていないらしき真鈴のセリフが笑えたぞ。みちるちゃん強引過ぎ。何かゴーレム達・・・変なセリフを言ってませんでしたか?さて、ピンチに役に立つ本もののメイドさん、リカ登場ですか。舞夏は知ってるのか、知らないのか。みちるは春夫にキスして帰っていった。先生は魔界に連れて行ったのを見て、「なんと無知な」と。ん?

 飛ぶのか・・・

 カメヤマは線香のCMもやってるのか。前の職場の近所に本社があったから何だか親近感があるんだよねえ~

ケロロ軍曹
「ケロロ小隊 ペコポン!!滅び行くか愛の星よ!! であります」
 クルル曹長の防御プログラムが則られた。どっかへ行っちゃった。本気モードだ。あ、サブローが対抗。夏美達を転送してやられたな。あ、おばあちゃんのうちに転送された。おばあちゃんも止まってる。モアもモアとして復活。でもタルルが攻撃をしかけたけど、消えた・・・。夏美変身。

 アンゴルストーンとかまであるのか。消えたんじゃなくてしばらく眠ってもらうのか。ケロロ降伏。日向家の人の生命の保証を求めたが、その条件は抵抗をしないこと。でも夏美パワードスーツは強そうだ。軍曹はケロボールの引渡し拒否。え?隊長が必要?隊長って中尉よりももっとすごいの?夏美の戦い。学校の中の動きすごいな。ケロボールは冬樹が持っていたのか。夏美が戻ってきた。「ただいま!」かよ。で、夏美のパワードスーツの機能停止だ。ケロロ大尉?変なカブトを被ってるし。冬樹登場。ケロボールを持ってきた。

 それにしても、相変わらずだな。次回タイトルをマジでああやるとは。

|

« 06年3月第4週のアニメ1.0 | Main | 06年3月第4週のアニメ2.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/9276903

Listed below are links to weblogs that reference 06年3月第4週のアニメ1.5:

« 06年3月第4週のアニメ1.0 | Main | 06年3月第4週のアニメ2.0 »