« January 2006 | Main | March 2006 »

06年2月第4週のアニメ1.5

灼眼のシャナ
 吉田さんは悠二を信じて、シャナは泣いてその場から逃げると・・・
「非常のヴィルヘルミナ」
 ま、彼女は一人で生きろと言った口だからな。そうもなるだろう。平井さんの家にヴィルヘルミナがいる。ああ、いなくなった人だからな。平井さんの家族もか。で、代わりにシャナがいる。吉田さんは何か晴れやかな顔をしているぞ。そうだよね。で、吉田さんと悠二の会話はあれだよ。恥ずかしいセリフ禁止だよ。レージマイゴってのがそのお宝?ヴィルヘルミナは何か不審に思っているのか。さて、悠二君のお母さんにお茶をご馳走になっている。アラストールは黙っている。で、ヴィルヘルミナは母を敵と。でも、予想を覆す反応を母がしてるな。ヴィルヘルミナは敵意を持っているぞ。で、悠二は吉田さんの胸に注目してるが、ペンダントの方か。さて、悠二はこの町が好きだとか言ってるよ。ちょっと前は町を出ようとか言っていたのに。ま、矛盾はしてないが。巻き込みたくないって事ね。まだ、一部残ってる?

 ヴィルヘルミナはアラストールとシャナをなじる。何か二人で言い訳してるよ。さて、ヴィルヘルミナは悠二にも敵意を持ってるよ。で、なぜか、吉田さんが庭に。笑えるなあ。ヴィルヘルミナはお見通し。さて、特訓二人組がマージョリーを呼ぶがいない。さて。あ、ルージュでお別れを書いた。バルマス家のために先手を取るのか。それにしても若いってすごいな。俺があんなの持とうとしたら絶対に腰が抜ける。で、シャナはお風呂。お風呂も楽しそうじゃないな。ヴィルヘルミナはミステス破壊、つまり悠二というトーチの破壊を提案。おいおい、悠二は何を一人で、説明しているように独り言を言っているのだか。ヴィルヘルミナは破壊しようとする。シャナは同意したと言っているが、バスタオルをかけた裸で膝を抱えてるよ。悠二君はマジで危機一髪。危機一髪じゃなくて絶体絶命か。

 うお、カメヤマローソクのCMだ。tvkだとフライスターも捨てがたいが。このカメヤマローソクもなんともはや。

鍵姫物語永久アリス輪舞曲
「Croquet Ground」
 きらはとキスをして、抱かれる事を夢想するきらは。でもその夢から醒めた後で泣いてしまう。おや、その夢を知ってしまうアリス空間の敵ですか。おや、きさのうちにお泊りをしたいと。きさはまあ、運がいいこと。で、有人がありすの彼女風になってる。で、アリス能力者がやってきたんだが。仲間になりたいって。何を企んでるんだろうね。物語がないことで救われる人もいるとは意味深長。で、きらはときさは二人で楽しく。と、思ったら二人にお茶会の招待。もう一人部外者も呼ばれたようだな。で、有人が男と知って彼女は怒り狂っている。有人のピンチを救ったのは。アスカか・・・。

 で、襲った彼女はおぞましい過去の経験から男嫌いになっているのか。で、アスカさんは心の物語はそういう醜い部分であり、一種の現実逃避と主張。その子は心の物語はいらないと。何か皆、暗いな。ありすはもうきらはとは組めないかもと。おお、ここでそうくるか。きらはは物語を奪われるためにアスカの元へ。でも周りが邪魔をする。アスカは本当のきらはを見せたわけだ。確かに有人はきらはの物語は読んでないな。有人は身を呈して彼女をかばう。さて、きらはの気持ちを知ってしまったありすはどう動くか。

 今回は介錯原作のエグ味をメインにした感じだったかな。

マジカノ
 例のドタバタ運動会だね。どう料理するのだろう。OPがちょっと変わった。
 主人公が運動会で大活躍なんて現実じゃないわけで。で、あゆみの意味不明な称号が笑えるし、ご褒美はキス。
「勝利のキスってマジですか?」
 というのはあゆみのシナリオだよな。ネクロノミコンのライト版じゃなくて、ホンマナ・リマーニャって名前になってるや。でもライトバージョンか。で、皆が邪魔を。真鈴までいるな。みんな色々理由を。秋菜のボケ具合も楽しいな。で、言葉がめちゃくちゃに。で、MVPの女子にキスをするという結果に。またゆりさん妄想。さて、4人のMVPバトル。ああ、恐ろしげだころ。校長・・・。素晴らしいお言葉です。超自然科学クラブがあれですか。実況ですか。あのすごい人はゆりさんですか。俵をかついでハードルを越えたり、バーベルをかついで跳び箱をしたり。それにしてもすごい顔をしてるよ。ゆりさんのの妄想も悪くないが。顔が壊れてる(笑)。真鈴も変。だが、彼女はうまくいかない人みたいだな。選択も大切という事で。あゆみは賢いし。で、千秋はとにかく食べるもの競争で勝利。で、4人がウルトラレースに出場申し込み。気合の入り方がガルルル~という感じ。で、魔宮妹は何かしかけてるし。

 あ、校長はペア競技を宣言。ええって感じだ。確かにゆりさんは力強いが。何でビオランテが岩の上にいるんだよ。で、あゆみが先に行っているもんだからゆりを捨てても先に行くと。舞夏がお兄ちゃんを犠牲にするとか。で二人はトラップに引っかかってどこかへ飛んで行っちゃうし。で、ゆりさんは復活。舞夏達も復帰。で、部費とかを増やしたい運動部員も邪魔者として。おお、真鈴は何とかしたんだが。おいおい、ゆりさまのシュートはじき返しもすごいし、で、あゆみさんは卓球部相手か。春夫は親近感を感じてるし。で、ショットの鳥もちはへろへろだし。で、自転車コース。当面のトップは舞夏だけど妄想途中で落雷でリタイア。で、あゆみがトップでゴール。最後にリカが救ったようだが。害虫駆除ね。確かにそれも命令してたね。で、千秋がMVPですな(笑)。という事で春夫がキスしたんですが。あはは。唇だし。ま、何事もなく体育祭は終わったわけで。

ケロロ軍曹
「桃華 駆け落ち大作戦 であります」
 あれ?桃華が吉岡平さんに変な事を言っているが。な、なんだよ。駆け落ちカップルという設定かよ。それも何のために。ああ、冬樹に見せつけるためなのか。でも冬樹は鈍感だからなあ。で、その次は豪華客船ラブラブ大作戦。えーと、最後は私をスキーに連れてってだっけ(笑)。ま、相変わらずのドタバタなんだけど、運良く冬樹が助けに着て。大切な友達ね。うむ。

「ドロロ&小雪 出会いの記憶 であります」
 また、ドロロが泣いてる。小雪が何か思い出してる。小雪が野原で寝ている格好はいいな。で、ムクロに花輪をプレゼント(すごい名前だよな)。ムクロは悩む。外の世界へ出ようとするが滝つぼへ。掟破りか。さて、小雪は河童、つまりドロロを助けた。なるほど、お皿だと思ったのか。おお、ムクロが友達の友達という事で助けてもらう事にしたのか。そして、皆分かれていく。いや、旅立っていくというべきか。友達だと思われてるという事よりも思うと思うことが大切か。いいことだなあ。ああ、ムクロさんも実は同じ街にいるんだな。

 大原さやかさんというと本城レナさんが印象的だな。ああいう少しくぐもったクールビューティーの声の方が好きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第4週のアニメ1.0

よみがえる空
「Bright Side of Life(後編)」
 探索開始なのだが、暗いな。「見てたら息苦しくなってきた」か。この整備長のセリフはきついな。首を吊ったという話を引き合いに出すのだから。浮遊物か。垂直尾翼か?黒塗りの車か・・・。勤務中に事故にあった同期の葬式を思い出す。きついよ。本当に。うわ、死後硬直まで描いている。白黒の絵が本郷空佐の時の話か。5勝8敗か。一人でも助ければ勝ちか。一人は生き残ったのか。なるほどね、その生き残ったほうは一生責め咎を背負って生きるんだよな。

 遺体が収容されたのは独身の方か。さて、めぐみさんだ。電話をする。もう一人は生きていた。やっぱり生きているという事は素晴らしい事なんだ。なるほど、"Bright Side of Life"か。良かったな。確かに1勝か。ファイターはファイターの心配もあるんだろうな。ああ、救助されても命には別状はなかったとはいえ、仕事には復帰できないかもしれないのか。でも組織にバカって必要だよな。ああ、人生の明るい面を見ていくというのも必要だな。"Bright Side of Life"ってそういう意味でもあるんか。本郷三佐って何を歌うのかと思ったら・・・おいおい「ひょっこりひょうたん島」かよ。演出としてやりすぎだとも思う、でも、もしかするとそれは儀式なのかもしれないとか。でも、前編を見ると素直には聞けないな・・・

 それにしても、どうしてこのアニメに出てくる女性って皆疲れ切った表情をしているんだろう。

練馬大根ブラザーズ
「俺ので奏でて!訴えて!」
 空には不気味な大根型の雲…。ヒデキが大根占いをやってる。ヒデキは本当にマコが好きなんだな。おいおい、歌詞の最後が「メモリーズ オブ ラブ」かよ。で、カラクリ刑事登場。おや、畑がゴミ捨て場になってたけど・・・防衛隊までゴミを捨てに来るのか。すごいな。で、裁判ネタね。角浜弁護士・・・どうしようか。確かに調子のいいオヤジだな。でも、この弁護士オヤジは人外じゃないな。おいおい、憲法改正ネタかよ・・・。いやあ、夜だなあ。おいおい、100万円で憲法改正かよ。お、なんは借りちゃいなマネー集団が少々バージョンアップしたような。おい、イチローってマコの膝枕か。で、ヒデキは結婚してくれって。で、ラーメンを食いに来て、あのさ、カラクリのテーマ。微妙にやばくないですか?確かにラーメン食いたくなった。でも、外は寒いし、大体この近所だとどこにやってるんだか。ナルトが残ってる。それがカラクリの眼に映ってる。意味分らなくて好い。さて、クルーザーだ。歌ってるよ。ウクレレで。いい歌だな。やっぱりこのあたりはマッチポンプ弁護士さんって事ね。ロックオンされました。

 あ、エロフリーデさんだ。

 カラクリはエッチしたいのか!パンダと。で、謀議。さて、借りるんだが。イトコ同士で結婚できる(のにできないと思い込んでる彼)ネタで確かに引っ張ってるな。おいおい、聞いてなかったかよ。やるなあ。で、貸してくれないのかよ。と、思ったら2回目。おいおい、二度聞くと飽きるかよ。で、貸してくれたよ。ネックの先っぽ。で、この陰気な音楽は何だよ。あ、角浜が苦しんでる。あ、角浜の過去の悲惨な体験。給食費盗み、自業自得だし、ブルマ盗みもしたのかよ。で、リコーダーを吹いたり、つか、かなりヤバイ小学生だったって事だね。結局、思い出が重過ぎるから船が沈むのかよ。おいおい、思い出に火がついた・・・かよ。すごいなあ。何気に。で、行き着いたのは石神井公園の池。また、カラクリ歌ってるよ。そか、カラクリはやっぱりナルトも好きなんだな。どっちが好きだとかそんなネタ知ったこっちゃねえよ。でも笑えるな。カラクリはタイタニックごっこを。わはは。「燃えちゃった」かよ。次はヒデキが区議会選挙に出て、いとこと結婚できる法律を作るのか。

レモンエンジェルプロジェクト
 どうしてこの人達が選ばれたのか2分くらい考えたのだが、最初から決まってたんだな。考えたら簡単な話だった。サイコホラー展開とかにはならないんだろうな。
 あれ?スチール用のコスチュームがなかなか可愛いんだけど、みるが真ん中に立っているんだが。
「あなたを知りたい」
 ヒロインについては気にしない事にしよう。さて、ラジオ番組を聞きながら誰がメインボーカルをするかの打ち合わせ。お、みるがメインボーカル。自分もやる気があるし。とげがあるというよりは自己主張してるんだよな。とも、そのサインは・・・お前はサインも書けないのか!喝!あ、氷室さんがいる。そういえばこの前の電話ってどうつながるんだろう。いい感じで悪口の言い合いなんだが。さて、メインボーカルのグループ内オーディションだ。あ、オーディションの日が氷室に呼び出された日か。

 自分で帰らないという選択肢。氷室のステージか。さて、オリジナルでやらない理由という事で疑念を生ませているな。で、戻ってこない。なるほどね。あ、美希先輩もお墓に。唯が死んだ真相を知りたいのか。ギリギリセーフで戻ってきやがった。何考えてるんだかねえ。でも本番には強いって設定なんだよな。ほお、唯は自分の作り上げた先代のレモンエンジェルが自分のイメージから遠く離れてしまったのでハッキングをしたのか。ま、氷室の意図するものだけにさせられて、失意の中で、事故で死んじゃったのか。ひどい話だ。おや、智のメインボーカルはみるのお墨付きだ。という事で氷室とは組まない。氷室のお人形レモンエンジェルプロジェクトvs新生レモンエンジェルプロジェクトという事か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第3週のアニメ2.0

BLOOD+
 首筋を噛んだ。エレーヌって過去のロシア編に出てた女の子みたいだ。。
「折れたココロ」
 もう、リクは恥ずかしがりやさんなんだから。リーザお姉さんが一緒にお風呂入ろうって。小夜はシャワー。デヴィッドはいいやつになってるな。確かにやわくなっているか。さて、食事の時にリーザは翼手って何だろうという問いかけだ。やらなければいけないこととやりたいことの混同か。何か疑問を持たせる内容だ。リクが倒れた。

 翼手狩りで周囲の人を傷つけるとか、もう、リーザさんはどうしたいんだろうか。さあて、赤い盾の人達は色々都合よく隠しているとか。何かを思い出させるための方策なのか?ハジが倒させた。やっぱりこのリーザは翼手だった。本当にロシア編の翼手は知性があるな。結構ジワジワと攻め立てる感じだ。強いし。あ、小夜スイッチが入った。あれで遊びかよ。おまけに刀が折れたし。血を分けた本当の妹がディーバだとか言っている。さて、動物園に行って見なさいと。おや、例の三人組が森から見ている。あいつらはリーザ系ではないのね。ロシアローカルの翼手達?森は生きている?「うそつき」。さて、なにげに空母のコンテナの扉が開いているが。

タクティカルロア
 局所的に盛り上がっている「ボク女」。友人からのメールでウルトラマンマックスにも出ていたのを知った(いや、びっくりした。バルタン星人が魔法少女かよ!)。さて、タクティカルロアにもボク女は出ているんだが・・・
 「なら、襲ってみますか?」あのエロテロリスツか?
「エニアック・マニアック」
 副大統領さんお手紙で登場。やはり皆さん、前回の写真で盛り上がってますな。さて綿摘さんは診察を受けている。さて、システムが乗っ取られたようだな。阿古屋さんたちは海里さんが嫌いなのか。分らんでもないが激しく唐突だ。さて、主人公と綿摘さんは暗闇の中で二人っきりですね。

 この操船システムはフライバイワイヤみたいなものか。ホントに唐突に3人でやり始めたぞ。まじで阿古屋達は何か覚悟とか言い出してるぞ。ま、それはともかくこの双子が一番面白いな。おや、ハッキングしたのはあのエロテロリスツじゃないのか、海里さんのお友達?おいおい、綿摘さんはいきなり告白だよ。ま、それはともかくこの3人のやり取りは面白いな。システム復旧。さて、演習海域に紛れ込んだぞ。いや、それも騙されたの?で、例の暗い少女がいるんだが。そして、レーゲン君というのもどう関係するのやら。

落語天女おゆい
 この二人は何を覗いているんだか。お、土方歳三で皆がもめてる。
「第七席 涼覚醒、決闘高田馬場」
 さて、涼さんが襲われている。妖魔らしいが。お、土方歳三が涼さんを救ったぞ。色々あるようだな。美人とか言ってるし。おや、皆で仲良く入浴だ。さて、湯の後でまた例の妖魔が来たぞ。さて、刀で誘い出すのか。

 でも1対4じゃ、苦戦するかと思ったら夢か。さて、行ったが。涼さんは苦戦だ。うーむ、肩口を切られた。さて、どう戦う?お、実体を見破ったようだな。でも涼さんも倒れているが、あ、なるほど死んだふりか。右京登場だ。お、金定を手にして天女として覚醒した。よしよし。おほほ、涼さんの着物姿も悪くない。こういうタイプも悪くない。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

06年2月第2週のアニメ1.0

よみがえる空
 いきなり葬式だとは思わなかった。「ひょっこりひょうたん島」がかかる。凄まじいオープニングだ。F15Jの事故。お、主人公が帰省してきた。
「Bright Side of Life(前編)」
 おや、もう一方、本郷空佐の帰省だ。その事故の犠牲者宅の霊前に線香を捧げる。きついなあ。帰省なのか。千歳へ。窓ガラスにあたってカラスが死んだ。事故の原因はバードストライクか。事故のせいかどうかは別として本郷空佐も戦闘機を降ろされたのか。で、主人公と父だ。確かに酒屋もつらいよな。ああ、本郷空佐はこっちの人だったのか。両親はさすがに鋭いな。辞めるという言葉に反応。

 あれ、めぐみさんのうちは獣医なのか。妹は体育会系?ああ、本来は自衛隊の遭難活動のための組織か。色々あるんだな。めぐみ姉と妹の会話は面白い。
 訓練は相変わらずだな。難しいんだろうな。さて、本郷三佐は内田三尉に飲み会の出席を強制。自衛隊の飲み会ってきつそうだよなあ。並みの体育会なんてもんじゃなさそうだよなあ。本郷三佐はエフテン?ftp転送の事じゃないだろうし。ああ、配置転換の事か。あや、小松所属機がレーダーロストか。雷鳴。本郷三佐は訓練だと思えばいい。と。出動。

 それにしても、ここまで作ると、一切の批判的発言は認められないという感じがしないでもない。いや、これは独り言だ。

練馬大根ブラザーズ
 おいおい、このシングルCDの最後・・・予約した方がいいのか・・・
「俺のウラウラうらない」
 あー、なんか気の抜けたタイトルがいい。で、今度は占い師か。人間には思えない。マコ・・・イチローがすきなのね。うえ、この口移しで食べさせてあげるってかなり気持ち悪いし、で、はたかれてイッチャうし。おいおい、ヒデキのセリフは、鶴光のオナニかよ。おいおい、今度は借りちゃいなマネー集団の出場が速いなあ。占い師は好き勝手言ってるね。で、マコはツボを買う事になったんだが。またまた借りちゃいなマネー集団が出てきた。ところで、どうして近頃岡山が実家ってネタがアニメ界で多いのか?「100万円を超える愛」うーむ。お、カラクリ刑事登場。

 おい、夜中ずっと喧嘩してたのか。で、マコはアイドルだったの?おや、カラクリ刑事の壷はインチキだって。それにしも、この占い師の歌はかなりインパクトあるな。絵も気持ち悪いし。レンタルプリーズは久しぶりの3人だ。お、要求が増えた。おいおい、マコが脱ぐって。はいはい、ナベシンは人妻の方が好きだって。でも3人組は極ツブシの所へ行ったけどなかなかうまくいかないみたいだ。で、カラクリが全員まとめて逮捕だって。イチローが起きた。この妙なエクスタシーシーンはなんだかなあ。それにしもてこの占い師は簡単には倒れないね。で、確かに朝っぱらからユキカが歌い上げてるが、おいおい、パンダは行方不明かよ。おいおい、パンダのゆきかからのメール受信リストの最後の「いつものホ」って何だよ。こいつが一番の悪だ。

レモンエンジェルプロジェクト
 うーん、みるは火事で孤児になってしまったのか。
「Promise you」
 ベルファーレってまだあるのかな?第2次オーディションだ。みるはきれいでいいね。最終オーディションといってもかなりの盛り上がりです。智はここ一番で強いな。

 で、みるなんだが。ずっと黙ってるな。確かに暗いみるがオーディションに残るのは難しそうなんだが。あれ、彼女って巫女さん?で、合格したんだが、なんで?何やら陰謀だ。

灼眼のシャナ
 吉田さんは世界の本当の姿を知ってしまった。。
「戦いの中で」
 皆がそれぞれの事を知った。怪しいけどまだ動きがないか。吉田さんは走り出す。でも、裸足は辛いよな。仕掛けについては皆よく分らない。悠二は怒っている。悠二だって被害者だものな。大切な人。シャナは悲しそうにしているが、まあ、マージョリーさんが現実に引き戻した。カムシンは協力を望む。おや、自在式のせいで調律できないのか。

 さて、本拠に。悠二はシャナと一緒に行かないのか。防御はなかなかよく出来ているようだが、確かにお祭りのヤグラが防御用のロボットになったが。変だ。ふーん、飛行船でやってくるのか。それにしても古風だ。悠二の声が聞こえない事でシャナは不安に思っているんだな。さて、自在砲起動だ。さて、いかれ教授は飛行船を攻撃されて大騒ぎ。確かにこの教授、あんまり意味があることをしていないような。まあ、この小シリーズは敵との戦いというか人間関係の描写だな。吉田さんは告白。悠二は泣いている。シャナはその二人の姿は眼に入っていないのか。吉田さんはきれいだ。そして清冽だ。確かに選び手としては成功だ。で、シャナは泣き出して悠二が一緒に来ないと考え、走り出してしまった。あ、倒れた前にヴィルヘルミナがいる。何だ、教授は下準備しただけか。

鍵姫物語永久アリス輪舞曲
「A Tea Party」
 きらはは悩む。きさはどこぞへ誘っているが。そういえばきさは対人恐怖症の気があるんだっけ。さて、有人はありすを誘ってお茶。あ、有人はうわついた気持ちでしたんじゃないと告白だ。お、結局きさはトリプルをオーダーしたわけで。さて、それにしてもありすと有人はぎこちないな。で、ありすと有人のデートを見てしまったわけだ。さて、アリスバトルはいつものように続くが。きらははありすのピンチが有人によって助けられるのを見て動揺する。

 きらはは落ち込んでいる。さて、有人が電話を取る。きさはどうして電話をかけたのか。まあ、有人にきらはの気持ちに気づいて欲しいという事なんだろうが。さて、きさがありすを呼び出した。きさに対してもありすは彼が好きと告げたか。きさは無力感を。そして、雨の中倒れた。きらはは眠っているきさの部屋へ先に二人がいると入れない。おや、プールだ。きさは飛び込み台の上からダイブ。きらはは兄を忘れるって言ったが、とりあえずは元気になったようだが。アリスバトルもきらはときさの二人で行動するようになったな。元に戻ったわけじゃないよな。おいおい、今度はきらはの来た水着をきさは取得してうっとりしてるよ。

マジカノ
 あまりに気に入ってしまい、コミックを買ってしまったが、アニメ版の暴走加減はこれはこれで面白いとしか言い様がない。
 主人公はあれだよな。お気楽だな。さて、家の中はけむりだらけ。怪しい人もいますが。
「メイドが来たってマジですか?」
 いきなり銃撃。お、3姉妹登場。兄を記憶消去魔法(おいおい)で眠らせちゃった。しかし、三姉妹が銃撃戦に使う銃ってかなり変。冬乃さんのゴルゴ顔も笑えた。さて、魔宮家の実家でも色々あるようで。あーあ、三姉妹はそれぞれトラップに引っかかりそうだな。で、主人公はベッドで裸で寝ている上に、あの怪しい奴が上に乗っかってるんだが。キスしてみたり。主人公は口からよだれを。舞夏はスイッチが入った。さて、あゆみ帰宅。それにしても鼠を前にしたあゆみの顔もすごいな。あ、春夫が倒れた。

 春夫は魔法熱にかかったのか。うーん、記憶消去魔法を使いすぎたな。朝・・・元気になった。舞夏は鼻水とよだれを流して喜んでる。あゆみもすごいな。杏樹リカは強いな。さて、あゆみは余計な事をするなと。リカの主人は春夫か。さて、サービスバトルだって。舞夏も参戦したいだろうな。わはは、腑抜けた春夫の顔は面白いな。あ、リカの服が脱げたり、あゆみのパンツが見えたり。今回はパンツ丸見えでいいな。で、何でこの人はゆりと真鈴の写真も持ってるんだ?おいおい、あゆみがキスしたいって。なるほど、リカがゆりと真鈴の二人を呼び出したのか。さて、この病院に封印されていた精霊が出てきたのか。それにしてもゆりもあゆみもかんがってるね。あ、真鈴の槍の力が・・・と思ったが、やっぱりだめか。真鈴は身をはってでもがんばるのね。で、3人で協力。おいおい、リカが仕組んだのかよ。それにしてもこいつのユーモアって何だよ。リカは帰っちゃうし。先生は難しいことを言ったぞ。リカもだけど。


ケロロ軍曹
「桃華 強敵と書いて”とも”と読む であります」
 それにしてもミュージアムって。おや、月神ちるよさんの愛に満ちた写真ね。ケロロ軍曹のうまい話ってね。月神さんの何でもお金で買えば済むとごもっともなご指摘。桃華は写真が撮れない。眼鏡っ子さんも準レギュラーになってほしいな。

「ケロロ&冬樹 ふたりで・・・」
 しかし、なんちゅう遊びだ。お、おばあちゃんのうちの近所に来た。おばあちゃんのうちでケロロとかくれんぼ。冬樹は小さい頃を思い出して楽しんでるな。おばあちゃんの話が出てくると心温まる話になるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第2週のアニメ2.0

BLOOD+
 ソ連的なアパートだ。灰色と白。老人二人。
「エカテリンブルグの月」
 ジュリアっていい女だな。チュメンか。デヴィッドはいい男だよな。カイはまだ若いな。しかし、今回も音声がこもったような感じだ。結局カイは知恵の輪をやってる。おいおい、アイスランドからの手紙かよ。亡命者か。うわ、リアルなソ連的アパートだよなあ。アンドレイ、月。スベルドロフスク51。

 うわ、アンドレイは封印された翼手なのか。死んでないな。こいつは。さて、ルイス達は悲鳴の聞こえた下へ。「心配するな。すぐに戻る」どんなもんなのか。おいおい、封印は完全じゃないな。おい、デヴィッドに傷がついた。そして翼手を封じ込めていたものが破壊されたか。いやあ、アンドレイが追ってくるぞ。デルタ67は特殊な血液から造られたのか。多分、小夜のそれね。カイ戦う。燃やしたからといって滅びるものではなさそうだが、それなりに時間は稼げたのだろうか。巨大な墓標が出来上がった。デヴィッドの傷は浅くなかったのか。デヴィッドは翼手と出会って全滅した部隊の生き残りか。おいおい、リーザが一緒の列車に乗ってるよ。なんだそりゃ。

タクティカルロア
 リアリティでは「よみがえる空」に勝てないし、エロおばかでは「マジカノ」に勝てない。さて、今回で多少は挽回できるか。
 お、前回の爆破シーンと、海上プラントの廃墟跡を航行。副大統領タソ凛々しい。
「相似形の悪夢」
 うわ、良かった。ちょっとエロエロだよ。良かった~。さて、相似形の悪夢は行動開始だ。お、敵はヘリで襲撃か。お、着弾。確かに丸裸。悪夢はゆったりと攻撃をしている。さて、本体をどうにかしようとするドロップワンがんばれ、で、阿古屋の片方は凛々しいね。さすが悪夢だ。探知される事も予想の範囲内か。

 パスカル・メイジは何とか隠れているが。おいおい、お二人はもう抱き合ってる。おお、お互いにまさぐりあってますな。破壊がエクスタシーね。悪夢姉はヘリをどうにかしようとしてるな。でもステルスがなくなったとしても1機残ってる。おいおい、ミサイルの前を横切るのかよ。とんでもない大技だ。あ、例の少女だ。暗い目をしてるな。クルーの撮影会かよ。さすがアリスブランドだな。阿古屋だ。翼は本当に嫌がっているが、みんな正論だ。おお、某サイト曰くでのツンデレ艦長が生き残った。この主人公は何だか色々いい目にあってるね。副大統領かわいい。

 でも冷静に考えると、まだだめだ。相似形の悪夢でもまだ弱い。

落語天女おゆい
 お正月だ。おお、鈴はポン太に狙われているのか。それに源内だよな。お二人とも嘆いている。
「第六席 恋の行方、それぞれの覚醒」
 浅草寺へ初詣?やはり協調性のない人は出てこない。で、飛鳥山さんの脚本でのお芝居。あ、飛鳥山先生のアイデアは結局ぶち壊しですね。お二人とも男は苦手と見た。おやおや、鬼は着々と進行中。お、内藤さんが見ている落語で頭から桜の花が生えてきているぞ。倒れちゃったし、そして鈴の方は抜け雀で捕らえられたな。お、内藤さんは千石先生じゃない、千石さんの兄と付き合っていたのか。さて、ポン太の爺さんが江戸に出てきたぞ。

 ちなみに爺は誰が声を当てているんだろうか。お、探索成功。さて、見つけられたけどどうやって抜け出すのか。おお、妙さん、ナイスです。キスしろって。はは、妙も小石川さんも妙に協力しているんだがな。あ、やっちゃった。で、鈴なんだが。あ、抜け出したよ。お、鈴も覚醒、計略天女だ。黄色が一番小さい子というのはサクラ大戦からだな。今回の鬼は普通だな。それなりにつおいけど。結局は落語天女二人でやっつけたわけだ。わ、あのついたて鬼は簡単に切られたな。で、飛鳥山の方が唯より面白いんだが。あの再現シーンはポン太だったか。また鈴に嫌われてるよ。

 案外楽しく見られてるかな。


雪の女王
 長い旅も終わりだ・・・。そういえば鏡の破片の災厄の話もあったな。長い旅だった。鏡が戻ってきた。魔王最後の抵抗か。おや、抵抗するまもなく封じ込められたか。
「故郷へ」
 あ、完成したとたんにカイが苦しみ始めたぞ。おお、完成したのではなくカイの心の欠片は戻っていなかったのか。魔王はまだ封印されていなかったのね。さて、魔王の多分、最後の反撃。ホルガーとラギは城の外へ。死に場所を探しにいくのでなければいいのだが。死のうとしているカイだが、バラで少し過去を思い出したのか?カイ・・・いいセリフだね。死にたくないと。あ、欠片が出てきた。あるべき場所へ戻ったが、戦いはまだ終わらない。でも、とうとう封印成功。空にはオーロラ。記憶も戻った。やはり、ラギは自分だけが助かった理由を知りたいと思っているが。部下は既に手遅れだったのか。生かした事で苦しみを与えたと後悔もしているだな。雪の城からも氷の馬車で別れ。長い旅だった。トロル達も寂しがっているなあ。おお、ベーが雪の城の向こう側の草原で他のトナカイ達といる。彼はうなずいている。さすが、文太だ。フリーダも旅に出ている。おお、アモールも戻ってきた。正確にはラギの元へだが。おや、フリーダと一緒に行く事を選択したんだな。ラギさんともお別れ。でも、悪い別れじゃない。さて、息子と娘が帰ってくる。そうだ。質問だ。どうしてカイだったのか。なるほど、カイだけでなく、本当はゲルダと二人を選んだのか。おや、真っ先に部屋へ戻った。前と同じだ。
 ほお、バラが大きくなった日に二人は結婚したのか。いや、あのいかさまハンスもやってきたぞ(笑)。いやあ、よかったよかった。ラギは旅の途中。6月に雪が降る。オープニングの舞踏会ではないにしろ、幸せそうだ。誰もが二人を祝福している。くそ、今日は日曜の夜じゃないから酒で涙もろくなってるわけじゃないのに涙が出てきたぞ。

 長い旅は終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第2週のアニメ1.5

灼眼のシャナ
 吉田さんは浴衣を枕元に置いて悠二の本当の姿について悩んでいる。
「砕ける願い」
 あれ?シャナは街を出るとか言っても浴衣で祭りに行くとか言っている。マージョリーさんグループもがんばってるね。そうだ。祭りには吉田さんと悠二が行くんだっけ。吉田さんは黄色の落ち着いた浴衣だ。シャナは待ちぼうけ。学校から直接祭りに行ったんだ。おお、可哀想に。泣きそうな顔をしている。それにしても母は話をややこしくする役目を持っているな。母の浴衣姿もよしだな。しかし、マージョリーさんの浴衣も素晴らしいな。エロゲにでも出てきそうだ。吉田さんにとっては好きの告白だけじゃなくなったもの名。つらいね。さて、作戦開始。そして、吉田さん・・・とうとう見てしまったか。

 自在式だけ見られるのか。で、吉田さんは固まっている。悠二は吉田さんを気遣うが、シャナはほっとけばいいと。関係ないと。久しぶりに強気のシャナなのだが、悠二はそれでも吉田さんを追うか。シャナは悲しそうにしている。多分、泣いているんだろうが、見せないのがいい。いや、泣いているよ。お、緒方さんが田中君に告白。で、イケ君はどうなんだ?シャナはべそべそ泣いているよ。徒の問題もあるんだが。でも、涙をぬぐって元へ戻したようだな。でも調律が可能な状況じゃないよな。シャナは彼女を連れてくるとか言っているけど。さて、小物つぶしはマージョリーさんの役目。吉田さんの危機にシャナ登場。

 次回は弱気っぽいシャナの顔が見られるのか。やっぱり彼女は強気じゃなきゃだめだな。

鍵姫物語永久アリス輪舞曲
「A Pig」
 タキオンの生家の話。本物かどうか不明という事も。ほお、生き別れた妹がいたとか。有人は案外疑い気味。あれ、お茶会の誘いか。日時場所の記載なしの招待状か。何気に篝木先輩もキサもいるが。お、ありすが呼ばれたよ。次は鏡の中ね。
 物語の中へ入り込んだみたいだが、有人は案外能天気。さて、残りの3人も鏡の中へ。ただし、違う側の方。いやあ、何か可愛らしい獣が3人を襲っているぞ。お、この世界の作者らしい、あの双子の片割れだよ。で、タキオンがそれを眺めているってわけだ。あ、右と左の鏡で世界が違うのか。次はありすが能天気だ。で、有人はアルファベットに襲われて、捕まってしまったが。さて、双子のもう一方がこっちをコントロール。

 ありすが突き刺した鍵は全く効かないね。そりゃゲームの監視者というか外部からの撹乱者だものな。クイズか。心からのキスをしろと。何もしないよりはいいんじゃないって、いい口実が出来ましたな。キスをしちゃったんだ。で、メルヘン空間の3人も大変な事になっているよ。おや、壷の中に何か入っているよ。はあ、ビスケットを食べると獣が消えていくのか。さて、もう一度は試しじゃなくて、心からのキスを。あ、消えた。そして二人は誰かの部屋の中へ。で、3人とも合流。でもきらはを抱きしめる姿を見てかなり悲しそうにしているよ。お、司書さんがいる。アリスマスターへ出会えるのか。タキオンはオルタナイト・エル・タキオンのひ孫なのね。ほお、司書とアリスはメルベイユ能力者じゃないんだね。僕なのか。ほお、タキオンは有人の力を「終わらないアリス」を出版するために借りたいのか。なーんか、罠っぽいし、ありすと有人は急速に接近中。篝木先輩はアルファベットの森から逃れたと聞いて・・・ほお・・・と。そりゃアリスと同じ事が起こるのだから。きらははアリスのそのエピソードを食い入るように見ている。確かに面白い物語の始まりだ。

マジカノ
 おや、病弱猫耳少女登場。
「幽霊が出たってマジですか?」
 お、主人公のプールにまつわる怪談話。さっきの猫耳少女っぽいんだが。で、主人公「というわけで帰ろう」と爽やかな顔で。激しく笑える。魔宮さんの水着はすごいなあ。学校指定かよ。魔宮さんはすごい尻をプリプリなんだが。さて、立ち入り禁止のプールへ。本当に今回はエロい尻に太ももだ。変な先客だ。超自然科学研究会か。3姉妹もそのうち来るんだろうな。今回は変なグッズの通信販売あるのかな。呪いのプールなんだが。二人でいい感じだ。優しい顔をしてプールに突っ込んだよ。可哀想に。尻のドアップ。お、ゆりさんとまりんの登場。意外にまりんも胸があるのか。で、3姉妹。皆プールの底で眼を回している。春夫はペラペラになってるよ。あ、舞夏の妹スイッチが入った。

 さて、魔女っ子とウィッチハンターがプールへ。確かにまりんは箒で飛べないんだよな。あ、超自然科学研究会が変な事をしている。交霊術か。あ、今度は霊体コンタクトセットが通販グッズか。かなり変な絵だ。女の子達はマジメな顔をしているし。出た。多分、霊。わはは、そのコンタクトだけど「我々は地球人だ」だって。そりゃ、彼女は怒るわさ。しかし、魔宮さんは春夫をとんでもないところから出したな。猫耳幽霊強い。また、舞夏の妹スイッチが入った。確かに兄絡みになるとバカっぽいな。あ、猫耳かと思ったらリボンか。妹達はちょっと話を聞いて感動。でも春夫の力が脱げて行くが。で、皆水着に。指定水着と違うバージョンだ。すばらしいな。なかなか気をそらす事ができないね。あ、冬乃が何か気づいた。おお、皆がスク水だ。うーん、幽霊少女のスク水姿も見たかったな。一つ知りたいんだが、眼鏡をつけたまま泳ぐものなのか。で、何か中身だけ抜き出て泳いでるんですが。あ、彼女は人形に封じ込められたのか。スク水だし。


ケロロ軍曹
「モアピーチサマースノー決戦バレンタイン であります」
 バレンタインデーといえばいきなり団子だよな。今度はういろうかよ。お、恋する少女夏美だね。あはは、タイミングを間違って宇宙探偵556に渡しちゃったよ。困ったもんだね。もらったものは絶対返さないよ。この人は。西澤さんはでかいチョコを渡している。なかなかコゴロウは手ごわいな。あまりに安普請だからなあ。それにしても無理のある体勢だな。しかし、変な人だな。作戦失敗。夜だ。ラビィさんだ。チョコを見て不審に思っている。ラビィさんも喜んでる。何だ、ケロロ軍曹がういろうの押し売りか。しかし、バレンタインデーの話の主役がコゴロウというのもねえ。しかし、この4人の歌って80年代ポップみたいでいいね。はい?「出家しちゃいそう」とか歌ってませんか?一日守り通しましたね。えらいです。

「ケロロ 世にも不幸な物語 であります」
 絶対悪運石を押し付ける相手はギロロなんだが。もうケロロに悪運が取り付いているな。さて、コゴロウに押し付けたのだが。ラビィが一杯しゃべってる。あれ?モアが持ってるのに確かにケロロに悪運が。あ、なるほど、おじ様の不幸はモアの不幸なわけね。あ、持ち主登場。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第2週のアニメ1.0

よみがえる空
 あ、東京か。めぐみさんはザラ場回りだな。
「必要なこと」
 お、ちゃんとメールが使えるようになったんだな。しかし、ヘリコプターの操縦もジェット戦闘機のパイロットの免許で出来るのか?イマイチよく分らない。ローターと接触しそうな気がしてならない。そうだよな。「自分なりの」・・・難しいよな。「必要なこと」。メディックの訓練には一番いい時か。それなりに上は考えているのね。それにしても地味な回だな。現実はそういうものかもしれないが。あ、なるほど、内田三尉の荷物はビールね。しかし、品のない会話だな。ああ、いいよね。こういうリアルなシーンってあまり見ないよなあ。何か青年誌のリアル系漫画を読んでるみたいだ。一緒に行っているメンバーが全員内田三尉の経緯を知っているわけじゃないのね。

 さて、本郷空佐宅の冷蔵庫に貼ってあったあの葉書の札幌市って何だ。パイロットにはさせられない。見る事が仕事か。それぞれ役割がある。おや、昨日の老夫婦だ。そうねえ、あの岩場に戻ってピックアップ。もう少し待った方がいいと主人公は反対。だから、今は見る事が仕事なんだって。でも、その反発心が主人公にはあるんだよな。確かに見る事が仕事か。それに信頼。めぐみさんにメール。また、へこんでるよ。


練馬大根ブラザーズ

 またまた近所から文句を言われている。
「俺のを転がせNo.1」
 またからくり刑事登場。この人は準レギュラーになりそうな雰囲気だな。出前ラーメンの歌。イチロー歌舞伎町へ。カラクリはラーメン食ったら帰っていった。さて、逆尾行して歌舞伎町へ出かけるのを邪魔されないようにした。ちょっと賢い。3人で行ったよ。しかし、カブキチョーのホストクラブといっても安っぽいな。これがまたいい。しかし、ナンバーワンホストの極意、女を転がすって、本当に転がすのかよ。さて、イチローにバシっとやられたマコはいっちゃった。ナンバーワンが今回のターゲットだ。

 タクシーで追った。先週出なかった「借りちゃいなマネー」軍団登場。ホスト君も大金持ちのツバメだったのね。ツバメじゃなくて奥さんか。すごいなあ。で、忍び込んだらイチローが捕まった。今回はレンタルプリーズの歌でイチローが板だ。今度は「フランダースの犬」を借りたぞ。で、茶番を演じてやがるよ。そしたらアイアンクローが泣いている。今のうち横取りだって。でも、このホストとアイアンクローの二人って愛し合ってる。おいおい、家族がいれば幸せ・・・このアニメでやられるとなんとも言えず力が抜けるな。さて、カラクリのところへ。ラーメンおごれって。

 段々この番組のノリに慣れてきたけど、それがまた良い。それにしてもOHPで紹介してる中の人三人の実写OPプロモっていいな。本当にシゲル・マツザキはすばらしい。


レモンエンジェルプロジェクト
 確かに気持ち悪い声だ。ダンスもダメなんだよな。
「友達でいいから」
 さて、眼鏡っ子がドーナツを持ってるぞ。ヒロインが勝手に食ってる感じだ。あ、あの意地悪女が眼鏡を呼んでる。意地悪女は早夜をつぶそうとしてるのね。あれは下剤入りでヒロインが飲んじまったのね。それにしても早夜はプロ意識があるよな。意地悪女も取り入ればいいのに。

 シューズの中に画鋲が入っていたり、他にもいやがらせか。と思ったら冬美も一緒にレッスンだとさ。うまく早夜グループに取り込まれそうなんだが。クッキーを踏み潰す奴は許せないよな。全くだ。で、ダンス合戦だ。といことで冬美も仲間に。OHPには冬美とあるんだが、「ゆうみ」としか聞こえないのだが、それでいいのか?あ、レイが春香のダンスを止めさせたんだが。春香負けちゃった。こいつら幼なじみだったのか。春香はツンデレということでいいのかな?本当に辞めちゃったんだ。

 段々慣れてきている自分がいやだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

1月30日から2月5日の酒

(立川にて)
Kilkenny Draught(Irish Beer)
Pilsner Urquel(Czech Beer)
LINIE

(聖蹟桜ヶ丘にて)
カクテルを4杯

(国分寺にて)
WEISSER HIRSCH ALLGAUER WEIZEN(German Beer)
 おちついたヴァイツェンビール。
Weltenburger Kloster Winter-Traum(German Beer)
 冬は一本はこういうのを飲まないとね。前に比べてラベルの星が増えたような気がする(笑)
TARIQUET Le Legendaire
 これは前に飲んだTARIQUETとは違ったな。前のは上品な感じだったんだけど、これはそれだけでなくて本当に力強い感じがする。
Wolfberger Sapin
GAMMEL DANSK

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第1週のアニメ2.0

BLOOD+
 小夜は雪の上で倒れている。凍らないのか?
「約束おぼえてる?」
 ハジに救出された。ハジが少し微笑んでいる。突然、小夜はハジに命令口調。恐ろしく昔からのつながりがあるんだな。まだ、練習した曲を聴いてそんなにうまくなっていないと。というか、目覚めたのか。二人は探す相手は分っているんだな。さて、エカテリンブルグからやってきた薄気味悪い研究をしている学者の娘か。彼女は当たりなんだろうな。父の死因は不気味。背景の林の中の木々がきれいだ。あ、橋が落ちた。3人とも裸なんだね。娘の父の研究は人間を生み出す研究か。外にさっきグレゴリーという男の事を尋ねた老婆がいるな。体が温まる前に襲われたりしませんように。

 おいおい、ハジが杭に射抜かれたよ。で、この娘さんは小夜に一緒に過ごそうと。おお、娘は人間改良には肯定的か。でも、小夜はそれに反論。そんな事を話した事はないんだろうな。げ、いきなり斧で殺されたよ。で、あの老婆が殺された。で、彼女は翼手だったのね。展開速いなあ。待て、これはいつの時代の話だ?それにしてもこいつは強いな。米軍の兵士から改造したのに比べると知性もあるし。小夜は眠いと。約束について語る音が出なかった声はなんだったんだ?「ころして」じゃないな。5文字に見えたのだが。
 夢か。今の小夜は約束を覚えていないんだな。救出された。しかし、ハジは薄手のシャツ一枚だ。そういえば誰から聞いたんだっけ、シベリアでは冬場にティーシャツ1枚でうろうろするラスプーチがいるとか。

タクティカルロア
 おやおや、初回みたいな設定説明だ。読売新聞によると、これも海上自衛隊の協力を得ているようなのだが、先方の担当者はちょっと困っているらしい。笑える。
「ストライクバック」
 おや、副大統領はきれいで可愛い船が好きなのね。主人公が副大統領のご案内を。阿古屋姉妹はやっぱり小悪魔だよな。ついでにアクアノートさんも。この女の子は相手が女性のキス魔。担当者はすみませんという感じだな。おや、高速艇接近だ。

 ステルス高速艇か。おや、このコールマンは案外、アリスブランドとか言っておきながらちゃんとした事を言う人じゃないか。海域離脱だという非常事態なのに副大統領は目の前で起きている事を把握するとか言って司令室へ。。で、エロテロリスツはコールマンを襲撃することに。そして、コールマンは撃沈された。さて、副大統領は戦闘を目の当たりにして政治家らしい事を言っている。テロリストねえ。あの二人はもう陸に上がっているが。で、廃棄プラントの上に何やら女の子がいるが。分った。基本的にこのアニメはドラマシーンが戦闘シーンに比較して、つまらないんだ。次回はエロいシーンが多そうなのでそれが死なない事を希望。

 それにしてもクルーのネーミングが中途半端だなあ。恵美って・・・そもそも綿摘って?

落語天女おゆい
 しかし、困ったコンビで部屋割りという事になったようだ。凛にしろ妙にしろ重苦しいね。さすがにこの二人の百合展開はないだろうな。さて、あいさつしろって言われて、皆大笑いだ。
 大家さんは変な格好をしていても変に思わないようだな。
「第五席 おーっほほほ!落語天女みやび 登場!」
 実は唯と雅は昔からの知り合いだったのね。雅は起きがけが間抜けだね。みやびだけやる事がないみたいですな。源内先生はうぶですねえ。おやおや、どっかの大店風の主人に雅がナンパされたぞ。さて、お菓子を持ってきたけど雅さんは何もやることがない。無力って感じがするよな。

 おや、あのご主人のところに入り浸っている感じだが。おやおや、主人はなるほどな事を言っているな。人を使う側ですが。道具のように使えと。怪しい男だな。雅の眼が変だ。おやおや、何か暗示にかけられている様だが。出た妖魔。げ、みやびさんが捕まって宝珠の力で妖怪をいっぱい生み出してるねえ。いや、敵が沢山って大変だよね。みやびは何かお唯絡みだと覚醒しやすいのね。お、ちゃんと全裸変身シークエンスがあっていいぞ。小さかったけど。雅は金持ちタカビーバカ女でいいね。しかし、あの鬼のまた覚醒してしまったというセリフが笑える。


雪の女王
 考えたら冬至から1ヶ月以上経っているんだな。春も近い。
「迫る魔王」
 魔王の言う事も一理あるな、ラギが女王に協力して戦うなんて簡単にいくのかな。いや、何かそうじゃないような気もする。ラギがゲルダに気づいた。良かったね。うん。トロルまで嬉し涙を流しているよ。それにしても魔王は元気だ。おお、地の底から魔王の使い魔が。ほお、トロルが口から剣を取り出したよ。ラギは・・・おおおっ、炎の剣を真剣白刃取りだよ。すごいなあ。とりあえず一陣は戻ったな。確かにラギは女王を許さないわけだ。戻ってもいいと言ってもゲルダに泣かれたらなあ。ラギはゲルダのいう事なら従うわけだ。で、戦う事を承諾したのか。

 確かにどうしてカイがパズルを解かなければならないのかというのは謎だよな。うわ、女王は髪を解いたぞ。おや、何やら恐ろしげだな。でも、ラギは本心では女王には従ってはいないんだよな。あの部隊の遭難事件を思い出したのか。助けたのは女王か。でも、どうしてなのかね。この戦いのためか。と、考えたが。でも、それも鏡が割れる前の話し出しな。運命か。魔王はちょっとくらいやられても全然平気だ。強いなあ。さて、あと3つのピースでパズルは完成なのだが。シロに魔王が入ってきたぞ。魔王は変幻自在だな。でも、パズルは完成した。さて、これで終わりじゃないんだろうな。やっぱりそうなんだって。

 次回が最終回か・・・長い冬だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年2月第1週のアニメ1.0

灼眼のシャナ
 あら、OPが変わったよ。KOTOKOさんの主題歌で萌えアニメみたいだね(笑)。一瞬演出が受像状態がまた悪くなったせいかと思ったよ。
 プールだ。あれ、まだ夏の話だっけ。佐藤の片割れは相棒がいなくて元気がない。で、シャナは何を考えているやら。で、吉田さんは真剣な顔をしていて。色んな事がある高校生活でこざいます。さて、怪しい少年が現れた。
「新たなる序章」
 具是の輩は連携しているようだな。で、悠二は一人で鍛錬して、へえ、シャナはお弁当作りの鍛錬か。ミサゴ祭り?アラストオルはシャナはお祭りには行きたくないと断言。で、吉田さんだよ。玉子焼き失敗。愛情を込めて作る事が大切との母の教えだ。母はシャナをけしかけてるよ。母の内緒というセリフは後々禍根を生み出すわけだな。あ、吉田さんの弁当は食べられないって言ってるよ。そこへ吉田さん登場。そして祭りに誘ったよ。

 あ、眼鏡のイケ君が悠二と吉田さんが一緒に登校しているのを不審そうに見ている。シャナは楽しみにしてるぞ。で、佐藤が夏風邪で寝てるよ。うーん、佐藤君可愛いなあ。しかしマージョリーさんは眼鏡をかけたまま寝るのか。エライな。さて、吉田さんに例の少年が話しかけている。おや、彼は具是の輩ではなく、フレイムヘイズなのか。この世の本当の姿を見せてあげるって。吉田さんは世界の本当の姿を見て恐ろしくなっている。へたり込んだ。違う。協力者の家族は無事なのか。その協力者と言っているが。さて、マージョリーさんの警告。敵は集団で襲ってくるという事だ。悠二の存在を敵が知り、この街から出ろという事。そして、調律師と呼ばれるのか。吉田さんは悠二の事ばかり心配しているが。調律師さんは本当の事を言わないんだな。悠二はあっさり出ると。お、ヴィルヘルミナが砂漠を歩いている。うーん、吉田さんの運命はどうなるんだ?いや、それよりもイケ君か。


鍵姫物語永久アリス輪舞曲
「A Catapillar」
 この窓辺で植木鉢を見る女の子は誰だ?鍵を開けられた女の子か。やっぱりエロいね。見られる事を拒否するわけじゃないけど、お、違った。開けられた子と窓辺の女の子は違うのか。有人をタキオンと思い込んでいる様だ。雨に降られて雨宿りをしようとしたら、その子がタキオンが来てくれたと。光栄だけど照れくさいか。で、有人はお話をする事を楽しみにしているな。さて、篝木先輩が何やら気づいたようだが。で、篝木先輩まで有人を見失う。デリーラという少女か。病弱みたいだな。あの双子が花言葉について話す。段々表に出てくる様になったな。黄色のバラの花言葉はなんだろうか。さて、主人公はやつれはじめた気がするが。うん、私服の篝木先輩はすごいや。さて、デリーラにタキオンではなくて名前で呼んで欲しいと。実はタキオンじゃないことに不服?ほお、特殊なメルベイユスペースに取り込まれていたのか。

 あ、有人がデリーラのところに3日行っていないという事でいらいらしている。きらはやありすが止めても聞かないぞ。でも、見失った。デリーラはタキオンじゃなくてもいいという結論へ。デリーラは男を待ち続けて死んだ少女か。篝木先輩達が部屋の中へ。さて、戦うことに。変身しないけど。やはり、ご相手はタキオンだったのね。永遠はない。突然姿を見せなくなったのか。確かに身勝手な理由だよな。でも、いい感じでこの鞭使いのデリーラは怖いな。でも、鍵が開かれる。3人とも心が痛い・・・と。誰かに自分の事を知って欲しかったと。その事を有人は伝えると。多分、蝶になれなかった毛虫の事か。タキオンは創作意欲をかきたてるものだけが欲しいんだな。で、最後のカットはちょいエロ。

それにしてもEDを清水愛に歌わせたのはやっぱり失敗だと思うぞ。

各話タイトルは何かの文学作品から取っている気がするのだが、何だろう。

マジカノ
 さて、ウィッチハンターマリンちゃん登場。
「ウィッチハンターってマジですか?」
 魔宮さんはバカな歌歌ってるな。さて、いきなりウィッチハンターが登場・・・やはりドジっ子だ。さて、魔宮さんが戦うことになったが。で、倒れて主人公がまりんちゃんの胸を揉む形になって激昂。そうめんをすすりながら女同士でウィッチハンターの話をするのが変だ。まりんは下級生なのね。こいつ学校へ槍を持ち込んでるよ。確かに変なのという言葉は正しいよな。さて、ゆりさんがまりんと主人公が話しているところを見て、不純異性行為だといきりたっているぞ。困った人だ。3姉妹は面白がって、話をややこしくしようとしているな。さて、体操着でお着替えはなしね。読む前に襲ったら意味ないだろう。で、確かにこの姉ちゃんしつこいな。へえ、あの槍は邪悪なものにしか反応しないのね。で、3姉妹+ゆりさんは傍観者という事で。魔宮さんとまりんじゃ力が違いすぎるね。さて、闖入者主人公登場。あ、主人公が魔宮さんの魔法を撥ね返した。何か変な考えに思い至ったぞ。あーあ、聖者とか思い込む事になったぞ。

 確かに春夫改造計画は進んでないな。で、お弁当に何やら仕掛けをしているぞ。弁当合戦かな。なぜ、ゆりまで加わるんだ?あー、まりんちゃんは主人公にお仕えするって。お弁当を渡すとか言ったら3人が攻撃。やっぱり弁当合戦に参戦してきたな。4者4様。弁当渡し合戦。さて、妹が毒見するって。それぞれの弁当を試食。変な会話。あ、ちっちゃくなってる。なるほど、皆でお弁当に色んなモノをいれてどんな魔法をかけたかの告白合戦。それにしても順番に魔法が作用したようだな。笑える。うわ、ちっちゃい子が下着で走り回ってる。変だなあ。おい、魔法を反作用させるまりんが弁当を捨てたが。あ、あれは罠だったか。主人公がおにぎりを食べたぞ。戻れないかと思ったが、さて、お茶を飲ませると四人は大きくなった。そうだ、今は下着姿だった。エロイな。

やはりマジカノあなどれぬ。

ケロロ軍曹
「夏美 ギロロ 散る?決死の救出作戦 であります」
 ギロロが誘拐された。しかし、モアの衣装はキューティーハニーだな。確かにダダ星人は逆恨みというか、八つ当たりとしか思えないな。ツラミー星人というのか。それにしても残酷な拷問だこと。「始マリハイツモ雨銃」か。結構おいおい。

 ケロロ軍曹のダジャレクイズ王の過去があったのか。そうだ、来週はバレンタインデーね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06年1月第5週のアニメ1.0

よみがえる空
 救難隊のGWの当直は大変だ。あれ?主人公は帰っていないのか。おおっ、主人公の彼女じゃないか。
「大切な人」
 あはは、彼女は行動力があるな。少しは主人公は落ち着いたかな。ふーん、彼女とは高校の時から一緒で眼鏡っ子だったのか。久しぶりに恋人らしく。何だよ、仕事が忙しい事にいらいらしてる。

 抱いたら昔に戻れるか?どうなんだろうね。高校の頃の初々しい二人だ。抱いたんだろうか?それともこれからだろうか。しかし、彼女は文学少女だな。本当にこんな子今もいるんだろうか。「ライ麦畑でつかまえて」・・・確かにキャッチャーが捕まえられなかった時の事は書いてないんだろうな。夜は激しかったんだろうなあ。お互いどういう気持ちだったのかは知らないが。着替えがエロいや。彼女もちょっと逃げてきたという事か。でも、主人公・・・青いな。そして、感受性も豊かだ。小さい街なら職場の人と会うよな。めぐみさんは何やら置いて帰ってきたが、その主人公の嫌いな携帯だ。「おえん」がはやっている。休暇中の予定の虚偽の申告ね。また、「おえん」(笑)。あ、初めて今日はおちついて笑って見られたかな。

練馬大根ブラザーズ
 最初からノリノリな幻想
「俺のカラクリ刑事いでしょ」
 わーいい。出た、前回ちょっと出てた自転車の姉ちゃんだ。あ、本物の警察官のお姉ちゃんだ。ボンキュッボンって関係ないじゃん。カラクリ刑事?おや、過去3件の事件を嗅ぎつけたぞ。歌いながら演技するのって辛いんだな。井上麻里奈さん、えーと、ベテランじゃないけど今度はどんな人が出てくるかしら。その・・・社交界へ行くとか言っている謎の叔母さんは何だ?ああ、あれか。トータル・リコールか。

 さて、きちんと罠にひっかかったぞ。警察襲撃なんだが。確かにカラクリ刑事はセリフが長いな(笑)。歌ってもいいよ。あ、本当に警察署長と暴力団の親分がいたんだが・・・で、二人は逢引って事なんだが。勘弁して欲しいなあ。歌歌ってるし。逃げるって。さて、警官とヤクザの両方にカラクリ刑事がおいかけられて、ブラザーズはお金を持って逃げるわけですな。お、ブラザーズがパトカーに追い詰められたぞ。さて、でも大騒ぎだ。警察VS暴力団。お前、狙い通りなんて思ってなかっただろう。うーん、リサイタルまでやってるし。想像以上に変な刑事だったな。

レモンエンジェルプロジェクト
 合宿だ。
「Smile means love」
 やっぱり"Lemon angel project"とタイトルは書くべきかな。レッスン開始だ。何だ、あの変な声はワザとやっていたんじゃないのか。ま、それはともかくこのヒロインがヒロインだというのはコネだよな。ま、待て、こんな適当にやっていて見ちげえるように成長していったって?こりゃ、すごいや。あ、でも後で否定した。よかったというか、伝説のセリフというわけでもなかった事が残念というか。何かヒロインは病気らしいんだが。

 お、彼女はブラジル出身だったんだな。使われたエリカ可哀想だね。芸能界の先輩はなかなか厳しいな。でも、がんばれって事なんだが、エリカは泣いてるように見えなかったな。仲良くなってきたぞ、あのいやなやつらと対抗グループが出来たみたいね。で、ヒロインの病気の件はどうなったんだっけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »