« 05年1月第2週のアニメ1.0 | Main | 05年1月第3週のアニメ1.0 »

05年1月第2週のアニメ2.0

BLOOD+
 沖縄へ戻ってきた。オープニングが変わった。
「さいごの日曜日」
 カール行方不明。小夜達には休息が必要とのこと。そうか、考えたら父のお葬式ってしてないんだな。沖縄式の墓の中の繭みたいなものは何だろうか。小夜は香里と会えたのか。

 何か、小夜と香里の会話って痛々しいな。誰も傷つけないためにもっと強くなりたいか。それから学校で走り高跳び、浜辺でバーベキュー。あ、何気にハジがいる。さいごの日曜日は終わりに近づいているのか。花火。楽しい花火のBGMにしては陰気なチェロの演奏だな。お別れ。お友達や日常との。次はロシアか。カイの彼女は一足遅かったようですな。ほお、中島美嘉がED曲か。

タクティカルロア
 ミサイルガンガン。お、すげえ、一発しか当たらなかった。嵐の中を入れば確かに小型艇ならやりずらいよな。おお、ひげのおじさんの部下にも女の子がいるよ。頼む、yozuca*さんというかU曲系アニメソングのアレンジはちょっとは考えてよ。それなりに地上(?)シーンよりは艦上シーンの方がましだな、と思った俺。
「彼女の理由」
 なんというか船の動きってアナログ絵の方が雰囲気出る気がするんだな。おお、敵は最新鋭ね。女の子は多分プロって感じの雰囲気を出してるね。お、意外におひげ面白い奴じゃない。こういう境界線を越える時にはマニュアルでやるんじゃないかなってちょっとした突込み。確かに彼女の理由

 港に戻れば暇人ばかり。阿古屋達はかなり変な奴だな。主人公も変な奴だな。で、阿古屋達は面白いな。確かに二人は小悪魔だ。おや、あの艦の女の子だな。パンツ丸見えだし。お、いいテロリスト。あの艦にのっていた奴とは違うや。おお、メイド服テロリストとあの艦に乗っていたテロリストのちょっとした百合。艦長がなんか泣いてる。何だこいつ。

 おやおや、次回予告はやっぱり旧来的道徳観念だね。

落語天女おゆい
 学園祭か。
「第二席 学園祭で唯、反省!」
 さて、江戸へ転送されたメンバー二人。質屋へ入ってきたが150年後の洋装で入ってくればびっくりだな。へえ、携帯を質に入れるのか。あ、客がシーンとしているが、飛鳥山の計略で笑わない人をセレクトしたか。ついでに言うと千石さんとかもいるのね。谷中さんは寒がっているが。おお、小遊三師匠登場だ。本物の落語を見せてやると。この小遊三もかっこいいな。そういえばラジオ寄席なんてあるけどアニメ寄席なんてあっても面白いと思うのだが(俺だけか)。おお、千石さんも谷中さんも笑っている。ついでに言うと飛鳥山さんも。唯、反省。

 お風呂だ。小石川と内藤さんも和んでいるが。内藤さんの乳丸出しはないのね。落語芸術協会だものな。さて、円朝師匠だ。う、師匠が切られたが、天女達登場。江戸の天女達はどうなるんだろうな?どういう関係なんだろう。やられて宝珠が離れていったぞ。ああ、そういう事か。

雪の女王
 文太だよな。文太だよ。
「賢者と風使い」
 賢者って雰囲気じゃないけど。でも、いい人かな。ベーは賢者の遠い友達なんだろうな。トナカイの部下たちもいいやつらだよな。変な歌がついたのはおいておいて。そうか、仲間と出あったのは確かに不幸の前兆かもな。でもベーは引き上げられた。めでたし、めでたし。風使いは偏屈そうだな。

 雪の女王の城へは教えたくないのか。雪の迷路ってのが前に立ちはだかるんだな。いや、風使いは別に偏屈じゃないのか。雪の迷路にゲルダが行けばベーも道連れになるという事か。でも、ベーは勇者だな。雪の迷路はベーさえも叩き、ゲルダも吹き飛ばされる。でも、ゲルダは前へ。赤い実のなる木までがべーとの同行。そこから先は一人だ。氷の城か?

|

« 05年1月第2週のアニメ1.0 | Main | 05年1月第3週のアニメ1.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/8182419

Listed below are links to weblogs that reference 05年1月第2週のアニメ2.0:

» 声の想い出 [銀河後悔日誌]
 『雪の女王』を観た。まあ、毎週観ているが。  今日のゲストは賢者役の川原亜矢子さん。  主役のゲルダは、川澄綾子さんだから、お二人は名前が似てる。  とは言え、やはり“役者”が違うようだ。  一緒に収録しているかどうかは分からないが、川原さんのセリフは、問いかけに対して、台本を読みながら返答している感じ。つまり、お互いに顔を見ながらの会話ではない、と言うこと。  まあ、しょうがない�... [Read More]

Tracked on 2006.01.16 at 02:21 AM

« 05年1月第2週のアニメ1.0 | Main | 05年1月第3週のアニメ1.0 »