« May 2005 | Main | July 2005 »

05年6月第5週のアニメ1.0

こいこい7
 「南国天国!全裸で戦え!決戦場はトラトラトラです~」
 おや、セロニアス28号のライバルみたいな存在が?ま、そんなことどうでもよくなるこの能天気さ。あの山田・佐藤達もいやがるよ。おいおい、何でこの二人もいるんだよ。アニメで乳揺れを見せるための乳揺れがあるアニメはほぼ99%の確率でバカアニメだという意見に賛同せざるをえない。おお、デコ達って宇宙戦艦ヤマトの中の人みたいだ。おいおい、笑っちゃったじゃないかよ。こんなバカアニメで。しかし、この間の抜けた長閑なBGMなんだよ?宮様一派って何気に楽しむ被害者だよなあ。
 このアニメって佐藤さんと山田さんのお色気が売りだったんだよな、な。宮様一派・・・もういいです。で、次は温泉。そんなおいしい展開かよ。バカすぎ。で、佐藤と山田もいるよ。おいしすぎる・・・しかし、乳首見えないなあ。多少不満。それにしても戦闘バカ過ぎ。火山大爆発。あのお、これ、もしかしてオチだったんですか?いい感じで訳分らないよ。おいおい。すばらしいよ。間違えなくミヤ様達も生きてるはずだし。

 教訓。おバカアニメは最後まで見ると慣れるし、おまけに許せる。そんなもんだ。

創聖のアクエリオン
 過去と今のパートナーとの対峙。でも、ぬうっとトウマさん登場。何でもありのアクエリオンに乗っていてもさすがにビビるアポロ。
「一万二千年のラブレター」
 根幹に触れるタイトルだ。
 何か素晴らしいなあ。一万二千年前の二人のお楽しみだ。でも、こういうのって好きだな。人間が知らない世界を旅した記憶の話。ブレードランナーのTDKの看板のビルでの戦いのシーンといい、好きなんです。でもアポロはバロンの事を尋ね、トウマは忘れ去れていた事を悲しむか。全然覚えてないとなるとバロンを目の前に出す。回収なんてされないさ。アポロはバロンの忠告を聞いても、まだ力が足りないのか。ピエール。そうだな。男には友のためにという困った言い訳があるのだ。災いがやってきたと?麗花。バロンの籠は強烈な爆弾か。最終結界崩壊。司令。強い。「友を思わぬものはこの世にはいらぬ。即刻立ち去れ」とそうじゃなくっちゃ。。え?あの爆撃でバロンは灰になったのか?アポロ衝撃。おお、友を失ったアポロの思いがアクエリオンに涙と血を流させたのか。3人の後ろにアポロウスの姿が。
 シルヴィアもトウマが何者か分ったわけか。さて、トウマは冷静だ。研究エリアへ侵入。おいおい、アポロが追いかけって行ったよ。麗花とツグミは走ってアクエリオンの下へ。なるほどね。さて、鬱気味のシリウス君もいたわけですが。さて、侵入したトウマとアポロ。シリウスがトウマに剣を突きつけたが。はじかれたか。とうとう、麗花とツグミの合体が見られるんだな。さて、アポロがなにやら気づいたな。さて、シルヴィアとシリウスを生贄にすればバロンを生き返らせるか。うーん。二人の招待?ほお、この二人も堕天翅の一族だったか。それは知っていたのか。でも「俺の仲間だ」という宣言。こうじゃなくちゃいけないよな。羽根のあった裏切り者の一族と、羽根のない一族が同じ側に立ち戦う。案外、アポロ達なし、まあサブキャラだけでの戦闘シーンもよかったな。羽根が焼けた。トウマとオトハは脱出。アポロ意外に優しいな。シルヴィアは励ましているつもりだったんだろうけど。でもよ、アポロは本当にバロンを失っちまったんだよな。
 シリウスについては一つ謎が解けた。でも、リーナは分らないな。副司令がアポロニアスの生まれ変わり・・・最初から信じませんが(笑)

勇者王ガオガイガーFINAL
ベターマンはサクラとラミアの話だけじゃないと言っておく。蛍太とかカエデさんとか。。
「神話!!!」
 うわ、裸だとシェイドがかかる。セリフも世界観もどうでもいい。このアクション。面白いな。神の力は完全に滅ぼす力か。いいシーンで命にシェイドをかけるなよな。ちなみに乳揺れしてもバカじゃないアニメの一つだな。これは。
 ラミアが入るとしまるな。表現技法としてすごいよな。そんなかっこいい物言いしなくてもいいと思うけど。だから、命にシェイドをかけるなってのよ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

05年6月第4週のアニメ2.0

ツバサ・クロニクル
「暖かなエガオ」
 新たな世界。湖の中に羽根が?今回はえらくはっきり存在がわかったな。ところであの水中眼鏡は誰のものだったんだろう?この前の夢の話をサクラがする。小龍の側でも同じ日を覚えているのが。サクラに4月1日を誕生日にしてもらったという話を聞いた藤隆さんの少し驚いた表情は何なのだろ。それに小龍も過去の記憶が一部ないのね。さて、湖のなかから何か出てきたが。さて、それが話しかけるとまた、小龍との記憶を思い出したが、でも誰だかわからない。そして、倒れてしまった。ところでこの湖の中って空気がある・・・わきゃないか。
 モコナモドキの声真似が面白かった。姫は夢の続きというわけじゃなかったのか。黒鋼の反応は相変わらずいい。さて、手をつなぐし、湖の中に入るし。で、着衣のままなんだよなあ。サクラ姫のふりふりの服なんだけど・・・空中みたいに広がってる。ま、いいか、別の世界だしね。湖の中に町があったのか。それを見ているサクラが口を開けたりしていて、リアルじゃないけど、いいか。で、モコナモドキの勘違いでここにはなかった?という事でまた違う世界へ。

英国戀物語エマ
 やっちまった・・・先週が最終回。本来なら正座して見た後で速攻で単独記事にしてあげなきゃならないはずのものを・・・読めてなかった。鬱。また、改めて全部を見たいな。そういえば、地上波TBSで特集をやるみたいだ。

ウィッチ ビレッジ ストーリー
「気弱なマジシャン 後編」
 JUNJIはふられたかなとか。よく見たらスタジャンにNO PETSってあった。で、TAKKが上がり性のマジシャンを和ませようとしてます。JUNJIはピザの宣伝で来たのね。失敗したと思ったら何も考えてないJUNJIがミネラルウォーターを机の端で飲んでいて大笑い。それにしても楽しそうに仕事してるなあ。いーなー

雪の女王
「えんどう豆と少女」
 つおい、おっかさん。でも、カイの絵を見ておっかさんが涙を浮かべてる。もう、こういうんだけで涙腺ボロボロ。こんな日曜日は電脳オヤジ以来だよお。
 アーニャはきっと働き者でしっかしりたおっかさんだ。情にもろくてね。アーニャさんは色々あるんだろうね。何かリアルな生活が描かれていていいなあ。墓場。アーニャさんの心。お人形が悲しすぎる。色々と考えさせられる。夜中から仕事だものな。女一人、疲れているけどいい女。ゲルダのお人形劇。とてもいいね。これで床を踏み鳴らす子供達二人の靴音が聞こえたらすごいんだけどね。ま、いいや。うまく言えないけどファンタジーじゃないんだよね。だからいいのかも。
 辛いよ。リーネも不治の病か。えんどう豆。リーネ知ってるのか。自分の運命を、そんなすがすがしい笑顔で。辛いよ。アーニャさん。春なんかこなければいい。それって、多分、北欧の人にとっては死刑宣告、あるいは流刑みたいなんもんだろうな。リーネは幽霊のように。エンドウ豆のおっちゃんはあのおっちゃんか。でも、正直者。ほお、カイは氷の宮殿で氷の笛を吹いている。てか、氷の女王ってめちゃめちゃいい人やん。ああ、えんどう豆が芽ぶいたよ。えんどう豆。種は知っててもうれしいマジックってのもあるわけさ。騙されるのがうれしいマジックもあるのさ。さあ、枝豆にビールだ。

 うわーん、このアニメを見るようになってから日曜の深夜だけはいい人になってるよお~

| | Comments (0) | TrackBack (2)

05年6月第4週のアニメ1.5

光希桃 Anime Station 主催 「アニメ感想率調査2005春 結果発表」ですが、今回当ブログも参加させていただきました。半分、押しかけみたいな感じで参加してしまいました。しかし、このページは毎度ですが、読み応えありますね。

さて、アニメ感想へ

魔法先生 ネギま!

 暗い期待感でこのアニメを見ている。大きな船や飛行機が遭難する映画を見るようなものかもしれないが。
 巷では明日菜嬢の事を火葬ヒロインと呼ぶらしい・・・
 うわ、あっ。ハッピーマテリアルがかかっている。恐れ入りました。
「Mors certa,hora incenrta, XXV」
 ほのかが夕映との関係を聞かれて怯えてる。ネギ先生は自分の世界に没頭。明日菜以外の残りの生徒達の事を基本的に無視。おいおい、死んだ原因を取り除くと生き返るのかよ。そりゃすごいや。ああ、タイムマシンか恐れ入りました。そういえば、最先端の科学である魔法で人格を生き返らせるなんていう20世紀初頭のSFを読んだな。滑稽で不気味な話だった。タイムマシン発動で幼明日菜が出てきました。過去の世界へ逆戻り成功。死んだ原因を除去する可能性が。さて、父、ナギが目の前に。
 9年前のドイツだそうです。あら、びっくり。皆で来ていると楽しい冒険旅行だな。さて、明日菜の秘密も分って、明日菜を守っていた父はやられてしまったのか。実に中途半端。まあ最終回では中学生の下着姿のミュージカルを突っ込まないといけないしな。うまくやらないと空中分解。「私たちセリフあるかな」という次回予告が痛い。

 機首から激突するか、失速して棒立ちになって後部から落ちるか、主翼が地上にひっかかるか、それとも・・・無事着陸できるか。

極上生徒会
「それは雨の日に」
 リノが表に出てこない回、つまり、キャラの一人の回は面白いかもしれない。
 そういえばミスターポピットっていたよな。忘れてました。忘れてもしばらく問題ないだろうな。ところでリリアンって何?編み物の事?今回は面白くないなあ。とか思ったら和泉さんが水をはねた会長が乗ったリムジンに向かって「呪われてしまええ」だって。ちょっと笑った。さて、神宮司のお屋敷。びっくりした。おじいさまってマジでお殿様みたいじゃないか。はい?神宮司ってのは能力があるから神宮司?能力がなくなればただの人?それはそれで面白いな。ちょっと意外な設定。金城家ってのは神宮司家を守る一族。へえ。自由にしていいって言われて信じてしまう奈々穂も単純だな。でも実際それが手に入ったか。確かに犬と奏を結び付けてしまうのは唐突。驚かされる。
 こう感情を露にする奏お嬢様も意外。まあ、小さい頃の話だとしても。1兄は意外にまとも。というか大人なんだろうな。へえ、学校に行った事がないから作っちゃったのか。それもすごいねえ。なるほどね。やはり、最初から生徒会長なんだな。自分の学校だからか。そういう理由ね。とても納得。この二人の関係はいいかもしれない。で、終わってせいぜい言って生徒会の皆様がはしゃぎすぎていたかなとか想像していたら生徒会の建物がめちゃめちゃ。何が起きた。建物はめちゃくちゃ。桂みなもっていう転入生がいる。何をやらかしたのか?展開読めないな。

フタコイ オルタナティブ
 「フタコイ オルタナティブ」のBGMは全般的にいいな。
 OPなし。城の中に沙羅は一人いる。沙羅の思い。胡散臭い人間が一杯。武器ブローカーが沙羅の結婚式に出るのか。あの城はワダツミキャッスルなのね。ウェディングドレスの沙羅が本当に可哀想だ。
 「光ある場所へ」
 なるほど公彦と沙羅の二人が結合すると真のイカルスシリーズが完成するのか。公彦も全部の事情が分っている。ある意味彼も被害者だよな。ワダツミ機関の運命の。でも、公彦は誠実だったりする。沙羅は誓うと言ったか。言ったのね。で、桜月のじい様。おお、双子魂川商店街にはイカファイヤーの量産工場を作る事になってるのか。商店街の人達は座り込みをしてる。へえ、あのブルドーザーってロボットかよ。そりゃすごいや。さて、二人の結婚式に恋太郎たちの複葉機が突っ込む。本当に3人に戻るのか?ある意味、選択をしたような、しなかったような公彦さんは被害者だよな。
 公彦は双樹達の元に行こうとする沙羅を止める。ワダツミ機関についてのスクープ記事。うーん、ニコスポなんてあるのかよ。公彦と沙羅は別の場所へ、参列者皆がイカファイヤーか。沙羅と公彦の前にいるのはたくさんのイカファイヤー。商店街の立ち退き処分のために来てたはずのハリー達や若頭も囲まれたな。玄さんが杉作精肉店の若おかみさんに、何気にトンデモない事を言い出したが。しかーし、あのオヤジの義手がブルドーザーの1台を叩き壊した。桜月のオヤジもワダツミ機関にはむかう。子分達はそれに従う。しかし、不幸は恋太郎が公彦の気持ちに気づいていない事だな。沙羅はどう思っているのか。お、助っ人にゴスロリ仮面inドイツ。それにおお、霜島さんまで登場。拍手。拍手。公彦さんが倒れた。ワダツミキャッスル自爆へ。双樹と恋太郎は楽しい事を考えようと、うん、それはいいんだ。それはそれで。一方、公彦はこの結婚は間違いだったと、だから二人の元へ行けと。でも、沙羅は行けないと。城は次第に崩壊していく。爆風から沙羅をかばった。そして、双樹を救いに・・・終わり。恋太郎は助け出せるのか?本当に双樹は戻るのか?いや、もし、今回が最終回でも「そう終わらせたか」と思わせるような雰囲気だった。来週が最終回。オルタナティブはどうなるんだ?

 下の一文はアニメとは違うな・・・でも久しぶりに日本酒(佐渡の天領盃だよ!)を飲んだ勢いで書いてしまった。載せよう。

 I'veサウンドよりはアコースティックな方が好き。単純にそれだけですげえって思うな。自分は単純だから。おっとこれも別の話だ。ああ、HOLYLAND 面白かったよ。だからさ、30分番組でもここまで緊迫感と引き込む展開が作れるんだよ。涙が出た。黒田脚本と金子修介すげえ。 
 HOLYLAND。hIROSHIが深夜アニメやドラマの現役なら見せたかったな。いや、あいつが現役だったら俺が言うま でもなく気づいてたな。G3で金子監督に興味をもったNさんはどう思うだろうか?アンダーティーンorローティーンの美少女が出てこなかったからパスかな(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

6月13日から19日の酒

(大塚にて)
 ヴァイツェン
 クリアヴァイツェン
 ブラウンエール
 多摩ビール園(レストランビア倶楽部)にて。昼間から飲んだヴァイツェンのウルトラジョッキは効いた。おかげで夕方に帰って夜中まで寝てた。

(国分寺にて)
OUDE KRIEK VIEILLE Oud Beersel(Bergian Beer)
 なんか微妙・・・
Yamazaki (Society 13y)
 "Vanilla ice cream and strawberry sauce"なんだって。前者は分るけど、"strawberry sauce"って理解できない。余市なら"raspberry sauce"じゃないかとバーテンダーさんが笑っていたが。口に含んだ感じは「家に帰ってきた」って感じがしたんだよな。Societyの余市ってどんな味がするんだろう。ホントに。
OUZO 12
 アニス風味ばっちりの楽しめる酒かな。

(神田にて)
Belle-Vue Kriek(Bergian Beer)
DUPONT III Bon Vaeux(Bergian Beer)
 蜂蜜の様な甘い香りがする。9%のアルコールの高さを感じさせない、甘くて高級感のある味。これが生なんだからねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年6月第4週のアニメ1.0

こいこい7
 間違えて12チャンネルを録画してしまいました。ということで今週は見ませんでした。

創聖のアクエリオン
 川?謎の神殿。羽根が潜んでいる。あ、EDの結晶らしきものは琥珀か。
「琥珀の時」
 琥珀の中に羽根が潜んでいる。1万2千年前というフレーズが本編で出てきた。司令は「1万2千年前の思いしかと受け止めねばならぬ」か。微妙に日常。スペインとかフランスとかイタリアとか。何気にピエールも麗花ちゃんを狙ってるのね。シルヴィアはお誕生日プレゼントをシリウスお兄様に狙ってる。そこへアポロ惨状。アポロは大人の毛ぐらいあるぞと衝撃の発言(笑)。腋毛じゃん。あ、ジュンとツグミが琥珀発見。あの琥珀は堕天翅の封印か。羽根は堕天翅にとっての神聖なメッセージなのか。取り出したのはジュンとツグミ。ああ、リーナとシリウスは反応、二人は向こう側の人間なのか?シリウスは拠り代という事か。シルヴィアも少しづつバロンへのアポロの思いが理解できるようになったのかな。
 さて、あっち側。さて、トウマ御大出撃。その前に御大はバロンに挨拶。さて、茶屋。あれ?茶は実写?またまた司令は簡単なことを難しく言ってるよ。ただのねずみ。放って置かれるのはアポロ達。赤外線で発生したイオンも嗅ぎ取れるのか。嗅覚だけでもとんでもないネタだよな。で、二人の前に羽根。やっぱり匂いを嗅いでるよ。うわ、過去生が甦った。羽根の跡が。それに触れたシルヴィアも。二人はどこに。過去生が二人の意識の中に具現化した。「君に出会わなければ」アポロらしくねえ~。ああ、シルヴィアこと、セリアは人でアポロニアスは堕天翅であったか。いわゆる禁断の恋ってやつね。で、トウマが処刑役だったのか。え?やっぱり過去生のアポロニアスの声ってシリウスの声じゃないのか?アポロニアス裏切り者となったわけか。そして、今の世で裏切り者として戦った。おや、二人は現実にも抱き合っていましたか。そして、とうとうアポロ・シルヴィア(とおまけのピエール)vsトウマ。トウマ出てきたよ(というか入ってきたよ)。うーむ。新しい展開へ。特訓の季節は過ぎたか?
 ここで疑問が出てきたな。シリウスとリーナって何者?羽根に共鳴するという共通項があるとは思っていなかった。さっきシリウスを拠り代と書いたが保留。いや、拠り代という考えは放棄しないが、もっと意味があるような。

勇者王ガオガイガーFINAL
「命を超える者」
 戦いは局地的には互角か。でも、世界各地で何とか凌ぎきって攻勢に転じた感じだな。歌も一杯で豪勢だ。
 さてさて、遊星種の最後の抵抗だな。地球の皆の思いが通じたか。そして、最後にラミアの呼びかけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年6月第3週のアニメ2.0

 メイトかアポロ(第一デパート内)で英国戀物語エマのサントラを買おうとしたらどっちでも売切れていた。かなりショック。もしかするとゲマズでは売っていたかもしれないが、タイムアップ。明日、時間があればアキバに寄ろう。同じ事かもしれないが。

ツバサ・クロニクル

「選ばれたアシタ」
 うーん、町の人達の痛みを彼女達に味合わせるのか。つらいね。サクラが助けてというのが意外だったりする。なるほど、小龍と呼ばないか。今のサクラは。つまりあの閉じ込められたものは偽物。領主達への反撃。恋しくても会いたくても死んだものとは会えない。だからチュニャンは領主の肩を持たない。でも、敵討ちをするほどの価値があるものか。という展開になるとは思わなかった。
 まあ、そうだよねえ。領主に恨みをもっているのはあの妖しい女もそうだったものね。そして、羽根は小龍の元に、そして、町の人が元の姿に戻る。戻った記憶の中に小龍がいないのか。サクラ姫は悲しんでいる。さて、裏側の二人もなにやらやっているようだ。今頃密偵衆が町に登場。さて、小龍達は次の世界へ。

英国戀物語エマ
「スズラン」
 OPなし。確かにあの賑やかで華やかなロンドンの光景は今の展開にそぐわないところもあるからね。ケリー邸から。エマの元に朝からアルが訪れた。アルの話でウィリアムは怖気づいたかと。まあ、エマはそうは思っていないが。エマの出発の日。ケリー婦人の墓参り。ケリー婦人とエマとの出会い。初メイド服。文字も読み書きも教わったのか。
 さて、ジョーンズ家の兄弟姉妹の皆さん勉強中。ウィリアムは落ち込んでるのだね。ウィリアムは引きこもり気味。まだ、父は怒っているようだ。ウィリアムにハキムはきついことを。まあ、ウィリアム自体が思っていることを口にしただけか、でも自分が思ってることを人に言われるとショックを受ける事はあるよな。あれ?ウィリアムはエマが故郷に帰るって聞いてなかったのか。「本当は言う気はなかった」って。ハキムが言わなかったら完全に会えないままだったのだが。本当にすれ違いで終わるのか。エマは旅立つ。さて、ウィリアムが馬車を出そうとすると、エレノア嬢が遠乗りの誘いでジョーンズ家に来ていたのか。ウィリアムが言おうとする言葉をさえぎって、エレノア嬢は「待っています」と。エレノア嬢が可哀想だ。彼女なりの必死の抵抗なんだろうな。メイド風情に負けたくない。そして素敵な恋人同士になりたいという彼女の心の現われなんだろうな。ビクトリア朝風の。
 エマは乗り合い馬車へ。ウィリアムも馬車で。馬車がすれ違うが・・・ああ、あの男の子の落としたオレンジに気を取られて、彼女はウィリアムの馬車に気づかなかったか。なるほど、そういう仕掛けね。ドアにはウィリアムへの手紙が。ふーん、キングスクロス駅の雑踏というのはこうなっていたのね。彼女は2等じゃなくて3等に乗りたかったのか。確かに無職だものな。彼女の手紙の内容。駅のホームで花売りの少女から花を買う。キングスクロス駅は広い。ジョーンズは追いつけるのか。追いついた。エマさんは「ありがとうございました」と言って客車に乗る。汽車は出て行く。ウィリアムは呆然としながら追いかける。エマは振り向かない。花売りの少女から呆然と駅のベンチに座るウィリアムが買う花はスズラン。そして、エマが持つのもスズラン。花言葉は「幸せが戻ってくる」そういう事にいつかなるのだろうか。汽車は北部イングランドの田園風景の中を走っていく。

 次回予告がなかった。来週が多分、最終回だよな・・・これが最終回でもおかしくないと思える雰囲気だった。

 追記:今回が最終回でした。呆然。単独記事にすべき番組の最終回だったのに・・・

IZUMO-猛き剣の閃記-
 なんだかんだ言って最終回だ。
「二つの魂」
 スサノオの完全復活はどちらに起きるのか。あれ?半分半分になっていたのじゃなくて?そういえばミナカタ殺しが初の殺し?タケルVSタケシでいうと可哀想にタケシはヒミコ以外に協力者がいないんだな。あ、ヒミコを押し倒した。タケシはヒミコにはスサノオと言われるし、本当に相手にされていない。ライバル同士でここまでむげに扱われる登場人物も珍しい様な。スサノオになるのはどちらか一人。タケシは戦いを望むか。
 悪意はないようだが、タケルは結局タケシから全て奪っているよな。そしてスサノオ復活。おいおい、オオナムジはスサノオがとりあえず復活したもので戦いをやめて帰って行ったよ。タケルは戻ってきたけど、タケシはどうなったんだよ。結局、タケシはヒミコとネの国に残った。うーん。

 タケシは最後はヒミコとくっついたけどほとんどの期間を空回りキャラで終わった様に思える。可哀想なタケシ。タケル達からは完全に忘れられた存在に見えたし。

ウィッチ ビレッジ ストーリー
 へえ、アニてんのスピードグラファーの紹介のBGMで"Girls On Film"がかかっていたけど、実際にスピードグラファーのBGMで使ってるのかな。確かにあってるかも。
「気弱なマジシャン 前編」
 もし、ポパイだのホットドッグプレスを読んでいた中学生時代にこのアニメに出会っていたら「アニメにも面白いのあるじゃない」とか言ってたかも(笑)。
 レイナさんは女性のマジシャンなんだね。気弱ってどんな意味なんだろう。で、JUNJIだ。なんかうまくいかない感じ。で、マジックショーとJUNJIの関係は?

雪の女王
「はじめての道」
 確かにナレーションはなんとなくよくない。
 怪しい、おっちゃんだ。怪しいだけでいい人かもしれない。雨、霰。露店のザリガニ。うーん、北欧っぽいね。で、あのおっちゃんだ。ゲルダは大切なお財布をあの廃屋に忘れてし合ったのか。でも中身はない。ふう。
 ところであの豪華なホテルは何?転んだし・・・。なんというか19世紀的博愛精神で満ち溢れてるしね。おいしいものが食べられる。多分、家では食べられないようなものを。そして労働。このアニメは労働が描かれていていい。エマもそう思ったけどね。無論、エマ側で。おっとっと話がそれた。あのおっちゃん、詐欺師だな。全般の。5時。海を見るんだったと思ったら、洗い場の水をためるのか。で、あのおっちゃんだ。でも、そのおっちゃんの眼前に涙をうかべたゲルダが。ゲルダ・・・とてもいい子だ。海が近いんだな。カモメが飛んでる。こういう話は酒をたらふく飲んだ後に見ちゃいけないんだよお~。そして、海。おお、ホテルの若夫婦も給金をくれた。それにあのおっちゃんが地図を・・・くれた。本当におっちゃんの娘の名はゲルダなんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05年6月第3週のアニメ1.5

魔法先生 ネギま!
 OPが明日菜追悼バージョンへ。死んでる。火葬しちゃった。頼むから安直に生き返らせたりしないでな。やるなら地球を逆回転くらいはさせてくれ。単なる身代わりの可能性も否定しないが。身代わりで死んだ人がいたら可哀想だ。
「Et arma et verva vulrierant, XXIV」
 それにしても死んでる。色んな反応だ。子供には難しい事だよな。あやかは文化祭にやる気あり。ああ、楽しい事を考えている間は忘れられるかな。夕映はミュージカルを提案。何か企んでる予感。図書委員は企んでいる。さて、お嬢様は侍女兼ボディガードを部屋に呼ぶ。あの部屋に一人でいたくないとのこと。でも、お嬢様は一人でしょいこんでる。侍女兼ボディガードはその言葉に珍しく被りをふっている。学園長の机にあるものは何?へその緒?じゃなくて、あのリボンの鈴か。エヴァンジェリンに頼む。生き返らせる魔法はないと否定。
 それにしても急にほのかにスポットライトが当たったような。おせっかいが過ぎた。もう夕映はあきらめたんだろうな。さて、桜崎さんは去った。木乃香はまた一人になった。夕映さんは、真剣なんですけどね。あ、夕映がキスをしようとしかけたところにのどかさんがやってきましたよ。あーあ。見つかった夕映はのどかに耳の痛いことを。のどかちゃん、責められてるよ。テンパイで流してもいいななんて考えていて、アンパイだと思って切ったらロン、役満という感じか。冷や汗まで流して。おまけにキスしちゃった。おお、個人的には夕映好き。エヴァンジェリンも準レギュラーではいいがね。それにしても夕映はおせっかいの度が過ぎるというか。突き抜けちゃったというか。最後の最後になって面白い展開になったかな。ま、来週のAパートかBパート7分までだろうけど。

 来週はハッピーマテリアルがかかるのかなあ~。かけてみろや。

極上生徒会
「ウィニングファイブ」
 えーと、ワールドカップのせいでしょうか。サッカーネタ。正確にはフットサルか。絢爛学園生徒会の皆さん登場。なんか笑った。今度の被害者は絢爛学園の皆さんですね。一度被害を受けた様な雰囲気も。それに生徒会会長が激しく怒っているようだが。ちなみにシンディはいい。いや、生徒会長のレスポンスがいい。へえ、先生は元女子サッカーの代表か。うーん。すまん。前半は面白かった。
 お約束ならこのくらいはやってほしいよな。隠密って何気に陰険。前からだった気もするが。この審判もとても楽しいなあ。何か変な奴が助っ人に来たぞ。さて、最終兵器は管理人さんだが。すごいんだけど。あ、JAPANのユニフォーム着てる。お約束すぎるぜ。てっきり食い物で助っ人を釣るのかとおもった。え?隠密の変装だったのかよ。次はラクロスですか?うーん。すまんが後半も面白かった。ついでに次回予告も何気にツボ。

フタコイ オルタナティブ
 ?GHQの財閥解体が最初?財閥のトップ達の設立したわだつみ機関なる秘密結社のイカルス計画。おいおい、そこで生まれた研究結果がイカと人間のDNA結合かよ。それがイカファイヤーの正体か。
 「燃える双子魂川」
 とりあえずイカファイヤーVS警察。ハリーの拳銃命中。なかなかハリーすごいじゃないか。やられたと思っても(思わないけど)やられてないな。ハリーも倒された。でも、次の狙いはあの息子の恋太郎。大事なもの双子魂川の商店街、双樹も燃やすと。霜島への回答。恋太郎は双樹へ電話。双樹は2人でやろう。でも、恋太郎は3人じゃなきゃダメだって。まさか、イカファイヤーと恋太郎と双樹じゃないよな。お、自衛隊がバリケードを派手に突破。その後を恋太郎も追う。あのイカはミサイルを発射するし、その後に発射したペプチドグルタンってイカスミの成分?それを浴びてバイク転倒。うーむ。
 霜島はテレビで様子を見ている。恋太郎はバイクを置いて歩く。ハリー達はパトカーで恋太郎を探す。それにしてもハリーって不死身だね。恋太郎が映らなくなったから商店街の人は電話してみたらと言ってみるが、信じて待つか。ハリーはバイクに乗れと、でも、助けの車。おお、恋太郎ってヤンキーだったって話あったな。暴走族時代の仲間か。ワンナイトカーニバルって久しぶりにそんな言葉を聞いたよ。恋太郎は自分を肯定。3人でいるときの。なんかイカファイヤーをやっつける事よりも自己肯定で満足しているような。恋太郎は病院のベッドの上。勝ったのか。でも、イカファイヤーは逃げてしまったのか。霜島さんが見舞いに。イカファイヤーの生まれた経緯を説明するのか。そして、霜島は今からでも夢は叶うか?と。3人でいるために公彦から取り返すのか。と、思ったらイカファイヤーが親分の家の庭の池から。でも、霜島がイカファイヤーをてなづける道具を渡したのか。なんか草野球を見るネクタイを外した霜島さんがいい。そして、複葉機で双樹を取り戻しに、らら・るるは煙突の上からそれを見守る。行き先はドイツか。もうメチャメチャなオーソドックスな展開だけどとりあえず終末へ。

 ああ、早く来週が見たい。

ケロロ軍曹
「ケロロ 教師ゲロゲロ物語! であります」
 ケロロ軍曹が冬樹達の学校へ先生として赴任(笑)。なんかギロロとかタマちゃんとかまでクラスにいるし。でも、レポートと関係あるんでしょうか?うーん、体力測定。ゲロゲロは意味不明。なんかみんなでゲロゲロいいながらカエル飛び、気持ち悪い。さて、おわかれ、月神さんは眼鏡を取ったら美人という事を想像させる。ゲロロってよく放置されるね。無論、レポートは書けるわけはなく。

「ケロロ 再会、父よ であります」
 田舎の父いきなり。こういうネタは懐かしいね。おお、見舞い、もとい見合いの写真を持ってきたのか。で、夏美に助けを・・・婚約したとか言ってるし。で、横で聞いていたモア様大ショック。自暴自棄でハルマゲドン起こそうとしてるし。まあ、父は認めるけど共鳴しなきゃいけないのな。へへへ。周囲は妙にいきり立ってるし。夏美泣きながらやってるし。父はNG出しまくり。でも最終的に共鳴(笑)。夏美さん、いつ切れるのか。この結婚ネタって何だっけ。色々あった気がするが。父は全部お見通しか。夏美が髪を下ろしてる。あ、そもそも緒方賢一さんって福岡出身だったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05年6月第3週のアニメ1.0

こいこい7
「酒池肉林!?ミヤ様炸裂!!砂の嵐のカトレア城です~」
 ミヤ様はこいこい7撲滅へ。哲子のため。で、眼帯ちゃんを砂漠に連れてきたんだって。って、バベルの塔の事か。まあ、そこそこ部下思いみたいなところもあるし。帰るって言ったら来いって。なんだかなあという感想は同じ。あのこいこいの皆さんの妄想での眼帯ちゃんの裸エプロン・・・うーん。お年頃って言ってもさ、相手は幼女だよ。幼女。3つのシモベネタか。でも中も意外にいい体してるじゃん。お、佐藤VS山田。
 ロプロススーツは和。おや、屁糞蔓の君も通信を受けている。でも、意外に屁糞蔓の君はミヤ様の事がすきなのね。洋はネコミミで、ロデムスーツだ。笑えるよなあ。眼帯は楽しくごちそうを食べてる。へえ、ミヤ様って敬愛されているん(単純に好かれてるでもいいか)だな。なんでだろ。おお、ミヤ様にこの世界を守って欲しいとな。

創聖のアクエリオン
 今回は不幸を呼ぶ筋子ちゃんこと麗花の話。
「水底のしあわせ」
 中国っぽいところ(後でディーヴァの基地の近くから列車に乗れるところだと分るが)。川から高波が(川ではなくて湖だった)。子供達が飲み込まれた。何気に根暗にタロットをやっていたり。引いたカードは運命の別れ。黒猫が前を横切るし。司令は前に立っているし(笑)。もう、何か言われると顔を赤らめるんだから。で、司令は気づくと消えるわけで。何気に麗花の肩を持つシリウス。シルヴィアは雷が鳴ったら抱きついたりして。とりあえずジュンがその麗花のわけの分らない装置(CDプレイヤーみたいなもの?)を動かすと、停電が。でも、モニターから引き込もうとする腕が。あの遭難した子供達か。で、ツグミが爆発させたらピエール達の部屋はスプリンクラーで水浸し。落ち込む彼女は探さないでって。で、アポロと遭遇。麗花のせいでアポロは獲物が取れなかったのか。ふーん、いい香りがするんだろうな。で、何気に列車で一人旅。ああ、あの初回の戦闘で負傷したグレンは好意を示していたのか。この水では茶は立てられないとは。で、とりあえず発進命令が出たのだけど、麗花いないし。代わりにアポロが。
 さて、湖からプラーナが湧き上がったのに気づいたが。そこへベクターマシン登場。さて、止まった列車の前方から岩。湖は巨大化していたそうだ。うーん、近所に麗花がいるからベクターマシンも落ちたのか?ベクターマシンの制御不能。でも、不動司令は不動。アポロが匂いで麗花の存在に気づいた(おいおい、すごい鼻だよな)。何故、不動司令が鼻でふふんと笑う。橋が落ちて彼女はなんとか落ちずに引っかかったが。アポロが麗花の不幸自慢を怒ってるぞ。おいおい、「この不幸、とことん極めてみせる」かよ。麗花いいな。するとシリウスが湖底から脱出。お、シリウスの代わりに麗花が乗った。おお、あの子供たちがバスごとこの湖底にいたのか。湖が神話獣かよ。「古池に水は満ちた」か。どうなるんだ。さて、ヘッドは麗花。うーん、麗花との合体はこんなに気持ち悪いのか。思わず笑ってしまった。「いやあ、気持ち悪い」。シルヴィアの反応にも大笑い。奥の底を抜けと言って司令はテーブルをぶち抜くし、麗花は麗花で不幸快楽モードとでも言うのでしょうか?生き生きとしてますが。「不幸最底拳」・・・はあ。いや、笑いが止まらなかった。いや、とてもいいシーンだと思うんだけどね。あれ?シリウスと麗花がグレンを見舞いに行くと、新国連軍のメディカルセンターに移送か。かわいそうに、運命の別れか。やっぱり不幸だ。
 そういえば、トウマ達出てこなかったな。

 「さて、来週も合体しちゃうぞ」(By シリウス)「え?」(By シルヴィア)が微笑ましい。

勇者王ガオガイガーFINAL
「超勇者黙示録」
 さて、地球人の反撃だ。おや、敵は敵で戦力分断だったか。とはいえ、マモルが戦うと。さて、ルネが責められてる。Jとルネは分かり合い、ほお、不死鳥は炎の中から甦ったのか。GとJが合体。つまり、GJって事か?
 戦力分散。とはいえ、様々な形のドッキングがそれぞれで発生しているが。それでも結局分断が元で苦戦してるか?全部が合体するにはどうすればいいか。という事か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月6日から6月12日までの酒

(立川にて)
Kilkenny Draught(Irish Beer)
Connemara(Irish Whiskey)
Sunday Sound
ABSOLUTE Kurant

(国分寺にて)
CANTILLON Lou Pepe Gueuze 2002(Bergian Beer)
 CANTILLONのグーズの高級なのってとろみがある感じがする。これは意外に泡が立った。ちょっと意外。酸味も通常品に比べて控えめで、これも悪くない。

(立川にて)
ALBERTA SPRINGS

(神田にて)
Grisette(Bergian Beer)
Floreffe Double(Bergian Beer)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年6月第2週のアニメ2.0

ツバサ・クロニクル
「別離のカガミ」
 城攻めが始まった。サクラはチュニャンを連れて行くのだが、妙にキッパリとした口調で。黒鋼達も妖しいオンナと戦っているが、ファイは追いつかれないように逃げなきゃならないのだね。ただ、あの女強いな。小龍もピンチ。黒鋼もやられたかと思ったが、やられてはいないし、それに小龍も優勢。女も秘術の封印が解けてめでたし。という事だ。羽根を封じている玉も壊れかけてきたが。
 サクラが話をしているわけではなく、その体を使って話をしているのだな。チュニャンは秘術のカガミを手に入れた。でも、それがあの扇と同じ様に形見になるのだな。秘術で命を取り戻すとチュニャンが言うが、母はそれは無理だと。確かにそうだろう。と思ったが、額にレイの秘術の印がついているが、どうなるか。さて、サクラとチュニャンは拘束。領主が何を言おうが、小龍は無視。その方が好きだが。秘術で操られた町の人達が小龍をとり囲むが、さて、小龍はどう戦う?

英国戀物語エマ
 第一次大戦で名誉の戦死を遂げたコリン・ジョーンズ少尉を悼んだビビアンはその後、英国産業婦人協会を設立して第2次世界大戦で銃後の守りを固めるべく活発な教宣活動を行うって所かな。
 アルとエマの会話。これからの話だ。アルはケリー夫人の思いをエマに話したのだが。エマはもうロンドンから離れるのが一番いいと考えている。
「過去」
 もう屋敷中の噂だよな。父はまだウィリアムを説得。エマも不幸になるかもしれないと諭すが(あの喩えって有名な警句か何かなんだろうか?)。ジョーンズ家の問題はキャンベル家でも噂に。エレノアの侍女も心配気味。エマは最後のロンドンを。キャンベル婦人は知ってか知らずか。一方、ウィリアムは出て行ってしまった。スティーブンスはどうして止めなかったのか。意外。さて、アルにウィリアムが見つかった。アルはウィリアムを家へ。半分はアルの家のある場所も半ば貧民街の様なものだ。緊張しているのか何なのかコップには口をつけがたい様だ。
 エマにしたって想いは絶ちがたい。孤児時代のエマの生活。親戚に引き取られたのか。や、人攫いに捕まったのか。そんな子供ばかり。あ、エマは売春宿に売られようとしていたのか。あのエマさんとは思えないようなおぞましい大冒険を経験していたのね。確かにお涙頂戴ではあるんだけど、ストリートチルドレンの日々を思ったより淡々と表現。作者は本当によく調べたんだろうな。ウィリアムにとってはこの話は衝撃だったんだろうな。彼には今の彼女しか見えていなかったわけだから。

 ちなみに雰囲気をぶち壊すあのコミックビームのCMは次回予告の後に。

IZUMO-猛き剣の閃記-
「猛る命」
 ヒミコへの憎悪。女性達もヒミコ憎しで一致。猛は妙にはやってるが。タケシ達は謀られてしまったか。ミナカタVS猛の対決。
 戦えば例の琴乃の笛。悪霊兵はヘロヘロ。さて、とうとうタケシとタケルが戦った。お、タケシがやられた。お、ミナカタが二人は親友だろうって?ちょっと意外な展開。北河が自害しようとしたが、オオナムジが止めた。あっちの世界の人同士の戦い。とりあえず終局に向けて。

ウィッチ ビレッジ ストーリー
「ピザセットで恋のリセット!?後編」
 JUNJIはペット嫌い?げ、一瞬だけダイアーストレイツがかかった。もう、不思議すぎるミネラルウォーターだ。それにしてもこのアニメってスポンサーが押し込んだにしても、なんでこんなの流してるんだろう。いや、好きとか嫌いの問題じゃなくて。見るたびに悩む。今日も休憩室で3分くらい悩んだし。

雪の女王
「旅立ち」
 雪の女王は何でこんな光景を見せるのだろう。ちょっとこの女王の声が少し気になるな。あまり好きじゃない。ちなみにOPは好きだな。きらきらしてて。
 ナレーションの評判は悪いが、まあ、これでもいいんじゃない。それにしても父は筋骨隆々だ。父の声はまあ、いいかな。ゲルダはまだカイを探す。父の懸念どおり氷が割れた。でも、なんとか助け出したか。ゲルダは本当に不安に苛まれているんだ。おお、吟遊詩人ラギだ。おばあさんは雪の女王に言及。冬にいなくなった人は雪の女王に連れて行かれたと言うのか。ほお、この聖なる酔っ払いは雪の女王の馬車を見たというのか。ラギはどうして厳しい目をしたのだろう。
 遺体のないカイの葬儀。ゲルダは泣いていない。酔っ払いは酔っ払い。頑なに白い馬車を否定する酔っ払い。何故?でも、結局言い訳をする様に話し始めた。ゲルダは喪服のまま走り始めた。でも、何かラギの声って、ダメだ、シリアスなシーンなのに笑える。ゲルダは結局一月たって旅立ったのか。マチルダおばあさんは喜んでる。ちょっと意外だった。嘆くかと思ったのだが。
 ちなみに、小田和正の北海道シチューのEDは、これはこれでやり過ぎな気がする。そもそも小田和正は好きじゃないし。見ていくうちに好きになるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年6月第2週のアニメ1.5

魔法先生 ネギま!
 さて、明日菜のトラウマから。涙ぐんでる。なんか美春っぽい。
「Memento mori, XXIII」
 明日菜はバイトも学校も休み。というか遅刻か。夕映のスカートの中に顔を突っ込んでたな。さて、委員長だけは心配してる。夕映は相談されることは嬉しいんだろうけど、でも自分の心配じゃないんだものな。うお、いきなり高畑先生に告白。
 さて、明日菜の今日で終わりって何だろうな。明日菜ずっと泣きっぱなし。明日菜は今日で終わりなんだって。何か唐突だよなあ。もっと前から怯えそうな気がするんだけど。そんな様子を全然見せないし。何か切ないな。このパーティーのBGMの様な曲って妙にいいな。明日菜は膝ががくがくしてるようだが。さて、何が起こるのか。やっと終局に近づいた気がする。このまま52週続くのかと思ったよ。おっと、エンディングの後に明日菜が木の上で佇んでいる。とうとうネギの前で泣いてしまったし、あ、本当に倒れて正気を失った。というか、死んでるんですけど。それに一瞬でネギは気づいたが、分っていたのか?あるいは見慣れてる?のどかちゃんは全然出てこなかったようなもので。

 それにしても前半は作画で叩かれてたけど、後半のシナリオもなかなかだぞ。JINKI:EXTEND化か?

極上生徒会
 えーと、ワールドカップのせいだったのでしょうか?録画されてませんでした。あ、違った。この日は何と巨人戦だったんですね。野球が伸びたんですね。あーあバレンタインロッテは負けちゃったし。それも関係ないのかな?よく知らん。
 水着の回だったんだよな。

フタコイ オルタナティブ
 ゲームのトンデモ度は高そうだが、アニメはしっかりした鬱展開続行中。
 ゴミ置き場や銭湯に似つかわしくないベンツ登場。風呂に入ってるのは恋太郎と双樹。後ろにパオーンのおじ様が。霜島さんだ
「クマのように舞い、イカのように刺す」
 お金の無意味なやり取り。大人の対応って言う事だな。霜島さん的リアル。聞こえてないのか聞いてないのかよく分らない双樹。恋太郎は責められているが、聞いてないふりをしてたのか。まだ、ゆるゆるしてるのね。意思はあるけど見えないって事か。商店街の店の閉店の張り紙が悲しい。杉作精肉店のおばちゃんと同じ様に。おや、何気に桜月姉妹がオヤジに考え直せって。色々あるんだね。裏で。杉作精肉店と玄さんがコロッケ作ったけど。ああ、また櫛の歯が抜けるのか。何気に商店街ものとして面白いかも。ちなみに杉作精肉店のおばちゃんって、なんかレトロだよな。でクマの着ぐるみか。これがタイトル。さて、また、双樹が私を探してって。おい、イカファイヤーが恋太郎に話しかけてきたよ。こいつが勝利の鍵か?
 あの跨線橋は世田谷かな、目黒だったっけ?昔の上司が住んでた場所の近くだった気がする。おっと別の番組の話だ。
 イカとクマの対峙。イカ強いぜ。へろへろ絵のくまちゃんだけど動くぜ。まあ、白鐘姉妹はいいとして目の前のイカだろうイカ。と思ったら警官コンビに水を差された。げ、イカファイヤーにもお前いらねえよって。きついねえ。結局、双樹も一人きりにされてる。あ、2代目襲名2周年記念パーティーか。こんな事やってる場合じゃないでしょ。皆きっと分ってるんだ。恋太郎。何をしてるんだ!!誰も2代目にそんな答えを求めてないんだけど、ばあさんは…父親そっくりのうぬぼれな思考回路だって。なるほどねえ。恋太郎は玄さんのヴェスパを走らせる。うわ、バイクでこけた。脚を折ったか。らら・るるが何気に怪しい事を。運命の日だそうだ。いたのは双樹。あの制服じゃない。彼女は川の方へ。それにしてもとてつもなく双樹は我がままだと思う。後ろから抱きとめて。「捕まっちゃった。」おいおい、またイカファイヤーが双子魂川を火に包む。恋太郎はイカファイヤーと戦うのだ!!それにしても沙羅は・・・。また、EDが変わってる。うむむ。今度はインストだよ。あ、EDは別角度から撮ったオヤジさんの勇姿か。そして息子。次回予告のパターンも変わっている。

 うわあ、テレビの受像ダメダメすぎる。

ケロロ軍曹
「桃華&夏美&モア 怪盗モアピーチサマー であります」
 確かになんでモアピーチサマーがキャッツアイとなっているんだ?それにしもこういうタイプのレオタードって見ないよね。西澤さん、大切なの後に「お友達」という言葉が抜けてたぞ。ところで、なんでこんな怪盗ものをやってるんだ?やっぱりモアちゃんは豪快だね。それに大好きな小雪ちゃんがちょっと出てきたが。

「ケロロ 必勝!水中大決戦 であります」
 お、モアも猫も泳いでる。うーん、夏美姉ちゃん水着だ。弟も。おお、前回ちょっとだった小雪も水着で登場。ついでに桃華も。おお、ママ殿はいいねえ。どうでもいいけど。オイル塗りとか。脈絡なくていいなあ。キンキンケロン波か。懐かしい名前だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年6月第2週のアニメ1.0

こいこい7
「桃色吐息!!ヒフミちゃん舞ううたかたの一日…です~」
 ヒフミちゃん…すごく好き。眼鏡っ子だから。パンツが見えたのはいいけど鳥の雛を見たことないのかな。アニメーターは(笑)。マンドラゴラネタ…恐ろしく並にディープな気がするのだが。それにしても和洋中はキャラが立ってきて、何気に裏で和洋中の回なのか?このあたりの回は。いや、あの山田の姉ちゃんは思い切りなのだが。
 ああ、いずれにしろ五光会の皆さんというか和洋中が素敵だ。飯田橋さん、素敵すぎます。意味不明だし。どうでもいいけど、まさかセロニアス28号ってクレール様のパロディじゃないよな。あの黒い羽根。

創聖のアクエリオン
 お、過去の経緯。トーマ以外にも太陽の翼と戦いたいモノがいるのか。ふううん、複製の儀というのを行うのね。原型師ねえ。
「空に星、地に花」
 お、ちゃんとした剣術での格闘訓練。剣でシリウスにアポロが勝つという事だろうな。「地上の花を見失う事もある」またまた司令深いお言葉。地上の花とは。アポロはルール違反で勝ったとさ。確かに噛み付いた?んだものな。さて、出動しても相変わらずアポロは勝手に。おお、ピエールとシルヴィアとアポロね。おお、司令はなんかアポロを無視。ほお、あの神話獣には堕天翅が乗ってるのね。シルヴィアいっちゃった!!止めを刺さずに消えた。何者だ?司令は撤退はさせないと。アクエリオンとエレメントは待機か。シルヴィアは輸血が必要か。ピエールって好きだな。兄は妹を思うのか・・・だけじゃないようだな。アポロは戦闘の結末に深く悔しむ。で滋養のあるトカゲをシリウスに持っていったのだが・・・拒否されるよな。そりゃ。
 お、過去の戦いを見た記憶がシルヴィアに。シルヴィアとアポロはマジの喧嘩(といっていいのか?)。シルヴィアはシリウスを慕っているが。シリウスが倒したか?でもアポロは這い立つ。ガチバトルだ。ちょっと待て。今回のお題は?さて、神話獣登場。と、思ったら勝手にヘッドになろうとしてるよ。紅さん、持たないって。お、2匹か。こうして松葉杖で立ってるシルヴィアは女の子だよね。シルヴィアはアポロの名前を呼んでしまった事に気づいたが。さて、アクエリオンの足元に、そう、あのシルヴィアが。ああ、地の花とはシルヴィアのことだったか。「全てを見渡せ!アクエリオン」ねえ。考えたら野郎同士合体なのね。へえ、争う拳と心が無限交差拳を呼んだか。シリウスは内心どう思っているのだろう。ははは、アポロはシルヴィアの見舞いにやっぱりトカゲを持ってきたよ。で、シリウスは止めるかと思ったら、「明日にしてくれ」か。屈辱感があるんだろうな。トーマ(・オトハ)は冷たい微笑を。プロデューサに昇格かな?

おいおい、紅さん、次回予告で「だぴょーん」だなんて、何が起きるんですか。

勇者王ガオガイガーFINAL
 さて、マモルの話から。
「我が名はG(ジェネック)!」
 皆苦戦。八方塞っぽい。でも、ガイ復活。で、ジェネシックガイガーとしてフュージョン。おお、敵も強いが、マモルも必死だ。誰が命に語りかけているのか?ほお、命は宇宙へ飛び出してジェネシックドライブ起動か。なるほどね。本物のジェネシックマシーン登場。
 敵さんも結構必死だね。へえ、あの光があれば全てが再生されるのか。再生しても再生しても破壊する。うーん、どうなんだ?それにしても敵もすごいロボットを繰り出してきたな。お、皆起きたな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

5月30日から6月5日までの酒

(立川にて)
Guiness Draught(Irish Beer)
Anchor Liberty Ale(U.S.Beer)
ISLAY FUSION(Vatted Whiskey)

(吉祥寺にて)
EFES Pilsner(Turkish Beer)
Yeni raki
 トルコ料理屋で。せっかくラキを出してくれるんなら、氷は別にして欲しかった…向こうはサービスのつもりだったんだろうが。ちなみにトルコのほうれん草のピザとヨーグルトのペーストは美味。ラムのトマト煮もかなりうまかったが、昼飯で食べたイタリア料理屋のラムソテーの方がうまかった(笑)
 しかし、同伴者が酒を飲めるならトルコのワインは飲んでおきたかったなあ。とはいえ、さすがに一人でフルボトルを開けるだけの呑ん兵衛じゃありませんので。他の友人も「保守的」だしなあ。

Bass PALE ALE Draught(U.K Beer)

(国分寺にて)
LINDEMANS CUVEE RENE(Bergian Beer)
シルバーブリッツ
 ジン+キュンメル(KUMMEL)+レモンのカクテル。何となく弾丸ツアーに行った同胞達を思い(笑)。勝って良かった。とか。それにしてもキュンメルは常温で飲むものじゃないね。
AMARO PRESOLANA

(立川にて)
PICON
Trois Rivieres(Rum Martinique)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

05年6月第1週のアニメ2.0

ツバサ・クロニクル
「妖しきオンナ」
 お、密偵衆がやってきたが、なるほど翼の秘術でバリアを張ってるんだね。モコナモドキを通して侑子と直接話してる様になっているのか。で、ファイは城の秘術を破るためのものをもらうのか。さて、城門の秘術は破ったか。
 ほお、あの女の正体はチュニャンの母でも御せなかった存在か。なるほど、羽そのものじゃなかったか。意外にバカ息子は強そうな体をしてるかと思ったが、それも秘術か。

英国戀物語エマ
「すれ違い」
 ハキムはまったりしてるが。何をしにきたんだっけ?エマがやってきた。エマの様な格好だとこういう上流階級の家には入れないんだろうな。いかにも下層民の格好なんだろうか?感覚的によく分らないが。で、屋敷の中へ入ったけど様々な視線が厳しいんだな。ハキムの好意ってのは決して言われる側にとって常に優しいものではないな。やっとウィリアムがケリー夫人の死を知ったのか。さて、エマを覗いていたコリンが見つかってしまった。で、ハキムがエマのいる部屋へ。エマは生まれた村へ戻るって事を告げるために来たのか。
 ビビアンはエマを疑ってるな。エマのいる部屋に殴りこみ(?)をかけるんだものな。それにしても彼女はおてんばを絵に描いた様な女の子だね。ビビアンの大冒険なんて面白いかも(笑)。さて、ウィリアムはケリー夫人の家へ行ったが、もぬけの殻。一方で、ビビアンは連れ戻された。おお、エレノア嬢は恋の病か。エマの言う「つい、同じところにいる気がして」なるほどねえ。同じ空気を吸っていても全く違う場所、つまり二つの国という事か。ハキムはウィリアムが戻るまで帰るなと。エマが退出したと思ったらウィリアムが戻ってきた。父は見てる。抱きとめたのも見てるんだろうな。というか屋敷中の人間が見てるじゃないか。おいおい。みんな呆然。父はウィリアムを平手打ち。父はエマにお引取りを願い、何がしかの埋め合わせはすると。つまり、金をやるから帰れってことか。さて、戻ってきた。アルはエマにとって最後の拠り所だものな。

IZUMO-猛き剣の閃記-
「黄泉比良坂」
 まあ、人の姿をしている色々なものが。ふーん、生きていたときの姿格好への執着や未練の場所なのね。どんどん色々なものを捨てる場所の奥に入り込んでおりますな。
 奥の場所で琴乃さんを発見。したが、かなり薄くなりかけてる。なるほどね。最終的に記憶を捨てる場所か。消えたと思ったらタケシも反応。問題の元凶は彼女か?さて、琴乃をヨミの世界から取り戻すまで、絶対に振り向かないと約束させるのね。ああ、なるほど。さて、出口へ来た、なんかあっさりだったなあ。さて、番人いるけど通さないって。ちょっとずるいなあ。タケシがタケルにアドバイスを・・・はぁ?で、戻ってきた。さて、タケシはスサノオの魂がタケルとタケシの二人に転生してると気づいたのか。で、タケシはヒミコを詰問。ちょっと分らないなあ。ヒミコを抱きしめてしまうし。ヒミコを理解した所でヒミコに対してちょっとタケルより優位か?

ウィッチ ビレッジ ストーリー
「ピザセットで恋のリセット!?前編」
 例のミネラルウォーターネタが続いてる。JUNJIがピザハウスのメニューに採用。ついでに言うとペットネタも微妙に。


雪の女王

「鏡のかけら」
 ダイヤモンドダストじゃなくて、あの鏡の破片か。冬ならまだいわゆる夕方のような時間でも暗くなるのだろうな。雪の女王って、なんとなく冷たい感じがしたり、しなかったり。カイはどうしてしまったんだろう。ゲルダはどうなってしまうのだろう。吟遊詩人の言葉通りの事が起きた。カイの心は鏡のかけらで。ま、出崎節はめちゃめちゃ健在という感じだ。
 声はどうかと思うが、基本的に絵は好き。やっぱり光だ。それに止め絵。なんかやり過ぎでてんこ盛りという感じもしないでもないが。おや、馬車の扉が開き女王がカイを招きいれた。性根の優しい人達はゲルダを探す。うーん、「家なき子」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05年6月第1週のアニメ1.0

魔法先生 ネギま!
 6月のお歌。
「Difficile est nisti nixgere men e jocunil XXII」
 1このわけの分らないラテン語は考えたら背景だ。背景にそんなにリキ入れる必要ないよな。
 余韻か。お、小夜ちゃんも写ってる。さて、京都の件でエヴァに魔法を習おうと。な。おお、「足をなめろ」と「永遠の忠誠を誓え」とな(明日菜に邪魔されたが)。おお、素敵。でも、のどかさんは少し孤独風味。さて、明日菜の謎とな。なんか気づいた人が。言われて見ればそうだな。熱があるようだね。
 おお、桜崎さんと近衛さんはラブラブ(?)。もう百合展開を作ればどうにかなると思ってるのか?おや、茶々丸が人が来ないように見張っていたのに、明日菜はそばで見てたんだよなあ。お、何でしょう?の茶々丸も可愛いな。百合の後は爽やか展開ね。高畑先生発見。お、この人はタバコを吸うんだ。へえ、保健の先生と付き合ってたのか。明日菜は衝撃。彼女とあの二人を隔てるのは「しあわせ特急便」なのね。明日菜はもう涙も枯れたか?というより熱が上がってるんだけど。

極上生徒会
「好きはとまらない」
 何だ?この黒髪の生徒会長の姉妹みたいな奴。すごい!ぷっちゃんにもイカサマが見抜けなかったのか。と、思ったら小百合さんのライバル君塚優子さんだ。お、真実だ。確かに色んな人を傷つけてるよな。生徒会のメンバーは。あ、れいんは何か知ってるんだな。眼鏡っ子が泣いてる。うん、うん。
 本当に剣道の試合で倒しちゃったのね。何だ。生きてたのか(おいおい)。いや、ただの眼鏡っ子がいいんだが。さすが活殺流だね。エルボーもありか。やっぱり君塚さんは負けてるよ。もしかすると周りの生徒会メンバーにリンチされたのかな?なんてわけでもないか。なるほど、あの一騎打ちのせいで学内の治安向上。なるほど、恐怖政治ということね。

 ちなみに曲はOPもEDも好きだったりするわけで。

フタコイ オルタナティブ
 二人でしりとり。
「ふたこい」
 ごはん食かパン食か、とか双樹との意味不明なしりとり。双樹。彼らは多分一度も外へ出てなかったのかな。どこに行こうかで国立→調布は俺でもありかな。その後でフロリダは無理だが。下手すると毎日いや、ぶっ続けでやることなくなるとセックスでもしてたのか?双樹は一人だけ戻ってきたのか。沙羅は公彦の所へ。公彦と恋太郎は連絡を取っていたが、連絡はもうお互い取らないという事ね。なぜかララとルル登場。無意味な双樹と恋太郎のバカ騒ぎ。屋上サーキット?ショッピングカートグランプリか。双樹はスクール水着姿。それでカーとで飛んでいった。なんてのも多分、仮定というか二人の共同幻想。いまだに抱いていたらどうだったのかって悩んでる。
 あ、白鐘姉妹が一人のアイキャッチ。
 玄さんがバイクで事故。事務所が火事で全焼。恋太郎は「やりなおし」だって。ガソリン検出されてたって?事務所兼自宅が放火されたのか?イカ星人が連続放火魔として指名手配中でハリー達は露骨に相手をしてる暇はないと。ハリー達相手に苦しいとつぶやく。ゲンさんや杉作精肉店のおくさんも運が悪いと思っているようだが。ふー。「もしもなんてない。」という結論へ。SURUME GRILLでお食事。始めるしかないということで。正三角形などというもしもはないって事か。珍しく歌舞伎町という具体的な外の町の光景。そして、ホテルへ。二人で入るのではなく先に沙羅に入ってもらうのか。で、シャワーシーン。沙羅は泣いている。別の屋根の下で双樹も。「もしも、空を飛べたらハッピーになれるのだろうか?」どうなのだろうか?

 しばらく鬱展開が続くのだろうか。まあ、それでもいい。

ケロロ軍曹
「冬樹 謎の転校少女にナニが起こったか? であります」
 当然、転校生もオカルトクラブへ。しかし、不幸を呼び込みやすい体質というか、いい感じのギャグなんだが。しかし、ケロロ軍曹がゴミ出ししたけど、そんなに一度に捨てるな。桃華にも対抗できない。そうか、あの絶対幸運石とあの転校生。アタール星人だったのか。それを持ってないと不運を呼び寄せるのね。ほお、転がった絶対幸運石を拾った西澤さんと超接近。そして、星へと帰っていったのですが。そうか、実に覚えのない大量の宝くじねえ。

「夏美&サブロー 戻れないフ・タ・リ であります」
 さて、この二人が秘密基地をうろうろしてたら侵入者として捕まってしまってロケットの中に二人で閉じ込められてしまった。さて、ギロロさんはエキサイト。で、打ち上げられたけど当然の如くギロロはロケットにしがみついた。なんだあの二人はトイレに閉じ込められていたのか。ギロロは星になってしまいましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年5月第5週のアニメ1.0

こいこい7
「幼女降臨!!ガンタイちゃん、初めてのお散歩です~」
 とうとうセロニアス28号はガンタイちゃんになっちまった。オフィシャルネームなのか?ヒフミって体操着とブルマででかけるのか。で、ガンタイちゃんはつまんないって(パンツが見えた)。ガンタイちゃん始めての学校。記憶が完全になくなっているわけでもないのね。
 和洋中がガンタイちゃん発見。なんか和洋中ってエライじゃない。デコもベタベタな反応。おお、デコがピカピカ。ガンタイちゃんがデコを磨いてるよ!!あら?屁糞蔓の君もセロニアス28号を知ってるんだな。逃げてきちゃった。おいおい、デコとガンタイちゃんの絡みってこれで終わりかよ。げ、山田さん、犬にバターって名前をつけてたんですか?いや、いいんだけど。うん、アンパンマンが元ネタだよね。よく舐めるのね。ははは。

 これでデコ様とガンタイちゃんことセロニアス28号の絡みって終わりかよ。もうっ!

創聖のアクエリオン
 「お兄ちゃん、ここ、どこ?」青い鳥みたいだ。あれ?兄?シリウスとシルヴィアは仲睦まじい兄妹なんだけど。シリウスの瞳には月の狂気らしきものが?え?兄妹ではなくて兄弟?人間狩りの犠牲者?どう関連する?
「夢のかよひじ」
 あ、司令がお茶を立てている。ああ、冒頭の夢ってのが異常事態の一例だったのか。「夢のかよひじが開かれた。」と。で、寝る特訓だ。ツグミは紅さんと寝たいって。おいおい、まくら投げやるとは思わなかったよ。さて、堕天翅族。夢を通ってプラーナを採取するのね。あ、皆寝てる。ピエールってハーレム志向なのか。リーナとええ?あのジュンも女装して寄り添ってるし。ツグミはジュンが好きなのか?ジュンってもてもてだな。ああ、みんなの夢。お、神話獣とアポロ接触。げ、皆が夢に囚われたのか。起きてる人達もいるな。そして、難しい事を司令が。夢の通い路を見つけろって。「よし、寝るぞ」って妙にツボ。シリアスなシーンなのに。もしや、夢の中でアクエリオンが戦うのか?
 おお、寝ながら戦おうとしてる。すげえ、まぬけ。でも夢の中はかっこいいよね。おお、夢の中ではシリウスは囚われて敵なのか。夢は明らかに肉体に影響を与えてるな。シルヴィアの声が夢の中に。現実が傷つくとなると辛いな。でも、アクエリオンは夢の中にやってきた。残りの二人もベクターを呼ぶのか。なるほどね。「正夢」だ。すげえなあ。夢の中へ実体のベクターマシンが飛んで行ったよ。クロエの反応意外にいいな。へえ。夢の中へ。ああ、今回の神話獣は気持ち悪いなあ。アポロ達大苦戦。シリウスが夢から覚めたのか。寝言か?「月の向こうに夢がある」意外にすげえ、シルヴィアのクロエとの交代って頭ぶつけて無理やり寝ちゃったって事か(それは気絶って言うんですが、そんなのありかよ。コテコテ過ぎる)。レム睡眠ってどうなんだ?。もう合体シーンのシルヴィアの反応ヤバ過ぎ。ほお、ぶつけて月のような痕が。珍しくシルヴィア主導権。夢に打ち勝った。プラーナになった子供達は帰っていったのか。え?帰れなくなった?司令「夢に迷う」?とは。司令のご託宣強烈過ぎる。「メシだ!!」それも大盛りの白米にドンブリからほかほかとあがる湯気。これ、最強。司令すごいなあ。確かに腹が減ったら起きるよな。いや、確かに腹が減るから起きるのだ。今回も深すぎる!

勇者王ガオガイガーFINAL
 J。アベルの戦士か。ソルダードJねえ。
「ねがい星、かなえ星」
 地球も大変な事が起きている。GGGの人達でケミカル攻撃を受けた人達はまだ楽しく寝てるや。ガイはまだ目覚めないが。お、ロボット達が目覚めた。AIへのコントロールは不完全だったのね。本当にロボット達は光にあんった。さて、ラミアが語りかけるが。
 お、ソルダートJががんばってる。へえ、凍結コマンドなんてあるのか。はあy区目覚めろ。うお、Jアークもやられた。Gストーン発動ね。ギャレオン復活。でも、どうにかなりそうな雰囲気だな。EDが変わった。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

« May 2005 | Main | July 2005 »