« February 2005 | Main | April 2005 »

05年3月第4週のアニメ2・0

ケロロ軍曹
「ケロロ小隊 撤退!さらばペコポンよ」
 あと一日で侵略せよなんて無理だよね。なんかすげえ軍曹のやってることって身につまされるんだけど。ほとんど地球最後の日とかと変わらんネタだよな。
 本当に記憶消去したなあ。うう、冬樹がジオングのガンプラを見つけた所は感動系エロゲの最終シーンみたい。しかし、健康診断か。バックアップは大切だなあ。放送日と時間帯変わるんだっけ。パパと一緒に見るならこの時間帯が一番いいと思うのだけど。


好きなものは好きだからしょうがない!!
「#12 救出」
 ちびっこ達はいいなあ。さて、逃げたときには空に裏切らせたのか。それも実験のうちだったのね。ちょっと直の方が足りなかったか。ある意味人格操作がうまくいったって事ね。存在理由の否定か。次は直が壊れる番か。さて、直の電話番号からの着信だが。相沢ね。相沢は直を手に入れたいんだな。なんとかして。祭は守護者だね。うんうん。うわお、直が縛られてるよ!まだ空は知らないんだな。さて、相沢父登場。
 ほお、ライターの光で人格操作発動というか、相沢父は詰めが甘すぎるんだが。おや、これも実験のチャンスか。おお、再現。でも、2回目は違うってわけだ。笑顔で意思の力で勝ったという事だ。ここで待てと言われてもね。おや、息子が立ちはだかる。うむ、この二人の対峙かっこいいかも。待ちくたびれていた皆のところへ二人が戻ってきた。夜とらんの面影もほんの少し現れて。学園生活はまた戻る。祭はポニーテールになってる。

意外に出来よくなかったか?それとも物珍しかったからそう思ってる?


グレネーダー ほほえみの閃士
「旅で身につけたもの」
 こちら(グレネーダー ほほえみの閃士 最終回)で独立記事にしています。

まじかるカナン
 さて、ベルガモットだ。かっこつけてる。敵に囲まれたぞ。
「闇の世界」
 セプティムとカーマインの話から。セプティムはねえ、微妙な表情。しゃあないなあという感じで異空間へ。とはいえフェンネルの種の変形体にやられてるんだが、一発で開放された。そのセプティムも捕まった。さて、カーマイン発動。一発でやっつけた。そして、闇の世界へ。
 で、カーマインは捕まりました。ベルガモットも捕まってますね。さて、フェンネルは篭絡しようとしてるのだが、おお、セプティムとナツキ登場。ベルガモットの剣を使って戦ってるが、でもセプティムやられまくり。さて、光る剣がセプティムの乳の間に刺さって倒れてしまった。消えちゃった。ママも例の植物で・・・あ、やっぱりちはやにも植えつけられていた。カーマイン凶暴形態か?
「永遠の大樹」
 続き(2話連続)。羽が生えたよカーマインに。
 しっかりしたというか起き上がったカーマインはこの世のものとは思えないなあ。ナツキがんばれ、女王様も見守ってるぞ。ツユハもナツキも辛いよねえ。それにしても交じり合わないものが混ざっちゃったって事なのね。お、人形態へ。兄と弟のゆるやかな対峙か。さて、ちはやはエンジェルキッスへやってきたわけだが。なるほど、最後の手段はナツキ消滅によってちはやを救うのか。救えないよなあ。
 なつきの心は通じるか。なんとかなりそうだな。そして、消えるのか。思いは通じて浄化されたのか。なんか案外なほどしんみりした最終回じゃないですか。こういうのって決して嫌いじゃない。で、ちはやは元に戻ったのだが、セプティムは愚かと。セプティム創造主化。姿は消えても、なつきは剣の中で一緒に。最終変身シークエンスか。惜しいなあ。最終回だけか。父との最後の出会い。寂しいんだよね。多分、ママはお見通しなんだろうけど。絵美さんとベルガモットは大樹になったのか。そして、なつきともまた出会えた。最終回だけでも決してつまらない回じゃなくて、きれいな終わり方だったので良しとしたいな。


マシュマロ通信
「幸せの鐘を鳴らそう」
 こちら(マシュマロ通信 最終回)で独立記事にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第4週のアニメ1.5

BECK
 祭りもそろそろ終わり。
「Slip Out」
 さて、レオン達も視察に来たな。本物って認められた?あ、泉さんだよね。彼女も向こうで、町で聞いている。竜介消えるって。おいおい。で、ヨシトは負けか?真帆を連れて森の中へ。うわ、コユキが真帆を抱きしめたよ。キスだよ。なんかエロエロ。ドカドカうるさいロックバンド達がまだ演奏を続けている。なんかサクとコユキはまるでモンゴリアン・チョップ・スクワッドは他人の話みたいにしてる。さて、あのおばさんだ。会いたいって言ってるのはなるほど、レオン・サイクスか。
 お受けできないってどういう理由?釣堀には誰もいない。竜介は始末か。千葉君はラーメン屋を目指すか。サクは引越しか。それに音楽もやめるかもしれないって。そりゃヘルプで出ても満足できないだろうねえ。ということでサクと二人でスタジオで練習。お、サクや真帆、高岡さんと皆で遊び。あ、サクが送って帰るんだ。にやにや。サクがコユキの部屋へ。なんだよ、サクは晩熟だねえ。なんか寂しいな。おお、春には戻ってくるってか。しばらくとはいえ、別れ。なんかEDの"Moon On The Water"が寂しい。千葉の予告も今週で終わりか。

 なーんてな。


JINKI:EXTEND
 かなり途中経過をはしょってるもので訳分らん。大体、なんでルイと青葉がこんなにお布団の中でじゃれあうくらいに仲が良くなったのかとか。この構成でワンクールに押し込んだのはさすがに無理があったような気がする。赤緒発動。
「青と赤」
 えーと、赤は僧で、青は官僚だったっけ。
 決戦前日。意外なほど破壊されていない街。モノローグはルイか。青葉が選んだ道を否定するために赤緒を救うために戦うのか。さて、赤緒のキリビト発動。で、戦闘準備っと。モリビト2号には静香が作った隠し機能があるのね。1号の暴走を止めるためのものなのね。静香が作った機能を信じられるかってなかなか難しいよね。
 お約束の東京タワー破壊・・・されなかった。あ、ここらへんが、初回のシーンなのね。うお、すごいパワーだ。皆吹っ飛ばされちゃった。あ、青葉が力を発揮。とうとう消すって結論に達したのだが。市街地を避けて山までって高尾山とかそこまでいかなくても多摩丘陵とか生田緑地か?うーん、また分りずらい過去の話か。訳分らないや。シバも出てくるし、赤菜も出てくるし。そしたら静香だ。ああ、静香が黒将にレイプされて生まれた子が青葉だったんか。難しいよ。静香いい人になってるけど、ええと、これが策略だったってことなのか、どうなのか。おお、赤緒がこっちへ戻ってきた。戦いは終わり。このアニメも終わり。しかし、まあ・・・To be extendedなの?


らいむいろ流奇譚 X CROSS ~恋、オシヘテクダサイ
「第十二話 よみがえる魔卵」
 そういえば日露戦争がモチーフだった。忘れてた。せめてロシアっぽい名前にしようよ。ダークエッグだなんて。さて、そのファーデン公爵夫人なんですが。カシミアは疑ってるなあ。シフォン不要。うーん、そう来たか。つか、ここまで来て何故疑うか、この子は。でもキスされた。その後が問題なんだってば。強志郎はがんばってるんだけど、今回は強いねえ。何か皆も苦戦してるし。え?ドンドコアタック?聞き違いだよな。また、城に突っ込むんだ。
 おお、ファーデン公爵夫人は女性兵士達の魂色を吸い取ってるんだな。ほぼ、戦わずして強志郎はカシミアに勝った。で、強志郎は何に気づけば九鬼様の力であの子達をダークエッグへ送れるんだ?で、カシミアの魂色も吸い取られた。その正体はやはりリネンか。ま、そんな所だと思ったが。おお、強志郎の魂まで吸い取るのか。礼武になると言うか。でも、九鬼様がの言いたい事も難しいよなあ。ええ。なるほど、力を貸してくれって事か。あ、消えた。終わったぞ。うお、九鬼様が倒れた。待て、待て、真のエッグか。最終回じゃなかった。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

フィンランド旅行メモ

IMG_0508
2005年3月に旅行したときのメモなので、あしからず。

日本での情報収集
 「世界の歩き方 北欧」、旅行会社のパンフレット、それとフィンランド観光局のホームページとそこが出している雑誌。ただ、この雑誌は帰国後に見直して「こんな事が書いてあったのか」と思ったのだが、実際行くまではあまりピンとこなかったのも正直なところ。旅行中にタンペレとハーメリンナに行こうか、エストニアのタリンまで行こうか考えたのだが、その2箇所に絞ったのは「世界の歩き方 北欧」と観光局のホームページによるところが大きい。後はネット。フィンランド関係の掲示板はそんなに出てくるものじゃないので絞りやすかった様に思う。あるページではフィンランドのインターネット事情についてかなり教えていただいた。

入国
 特に何も聞かれる事もなくパスポートを提示しただけ。損害保険証書を見せるように言われたという話があったが、全く何もなし。

現地での情報収集
 ツーリストインフォメーションが各町にあるので、まあ、そこで地図とかもらう。タンペレ・ヘルシンキには日本語の市内紹介も置いてあった。ヘルシンキ市内で役に立ちそうなのは(あまり活用できなかったか)、「Helsinki This Week」かな。まあ、ポケット版タウンページ兼イベント紹介誌といったところ。ホテルで見ていて行ってみたい店もいくつもあった。

言葉
 駅、駅構内の売店、それに都市部の大型店(含む飲食店)では英語がまず通用する様だ。ヘルシンキでは1箇所だけ英語が通じないウェイトレスがいた店があったが、そこくらいだった。年配の人はあまり得意ではないようで、ハーメリンナでおばさんに英語で道を聞いたらパニックになっていた。バーで話をした壮年の男性もかなり下手だった。結局フィンランド語で使ったのはkitos(ありがとう)くらいだった。その点はちょっと反省したが、こっちだってとっさには片言の英語しか出てこないんだもの。ちなみに店の営業時間が曜日によって違い、それが大概店の入り口に書いてある事が多いので、フィンランド語の曜日(略語)は分るようにしておいたほうがいいと思う。

お金
 実際はほとんど現金を使用しなくても良かったのかもしれない。駅のビアパブで一杯ビールを飲むのにクレジットカードでOKだったし、電話もクレジットカード使用可能。それこそ博物館やマクドナルド、フィンランド国内線の中でだって使用可能。その割にはOTTOというキャッシング&キャッシュディスペンサーみたいな機械に並んでいるフィンランド人が多かったのは何かしら理由があるのだろうが。VISA・MASTERは大概のところで使用可能。JCB・アメックスはどこでも使えるという感じではなかった様だ。観光客相手のところなら使える雰囲気だったが。まあ、JCBが使える所はアメックスも使えるという感じ(逆も真かどうかはよく分らないが)。とはいえ、クレジットカードが使用できない所もあるのでその場合はユーロで払う事になる。最初は何でもかんでもクレジットカードを使っていたが、さすがに途中から小物を買うとかちょっとしたものを食べる、飲むだのするときはユーロを使うようになった。両替はヘルシンキ市内ならFOREXなどの両替所が何箇所かあるのでそこで可能でしょう(市内の両替所は使わなかったのでレートは知らない)。ヘルシンキ・ヴァンター空港でもできるし。円・ドルは通用しないみたい。どっかの店で「外国通貨でのお支払いはお断りします」と書いてあった。

物価
 はっきり言って日本より割高な感じ。生ビール(500ml)が大体5ユーロ(700円程度)くらい。昼飯をROSSOという日本で言えばファミレスみたいなチェーンで生ビールを一杯飲んで一皿食べると13ユーロ(1700円程度)くらいにはなる。ハンバーガーやホットドッグもセットで500円くらいはしたかなあ。22%の税率もあるが、それを差っ引いても高いんじゃないかなあ。とはいえ、途中で手袋をなくしたとか、下着が足りなくなったとかで"SOKOS"や"DRESSMANN"とかの「お買い得品」のコーナーで買ったが、無論、日本よりは高いけど意外に安かった気がする。手袋(多分、合皮)が3000円。というかフィンランド物価に慣れただけか(笑)

服装
 まあ、ドレスコードを気にしなきゃならないような高級レストランに入ろうとは考えていなかったので、下はジーパン、上は普通のシャツにセーター、それとスノボの上ジャケットでOKだった。まあ、スノボのジャケットとはいっても街中でも着られる様なやつだったが。オーロラ観測の服装は旅行ガイド等を参照のこと。指先が痛くなるので携帯カイロは必須だった(持ってくの忘れた)。下着には、上は長袖のTシャツ、下はスポーツタイツ、あるいはズボン下(股引ってやつね、くるぶしの上まであるやつ)。そこらへんは北海道出身者の話を参考にした。フリースのジャケットの下はTシャツで帰省しましたよって話は無視したが。

トイレ
 基本的にきれいだった。ブルーの蛍光灯を灯りにしているところが何箇所かであって、びびったが。ショッピングセンターの共有トイレは店内で買い物や食事をしないと使えないようになっている。ヘルシンキ市内で使えたのはアカデミア書店かな。ここはただだった(笑)。大体、公衆便所は1ユーロ。ただ、入り口のところでお金を入れるので前の人がお金を払って扉が開いていると(笑)

ファーストフード
 マクドナルドと地元資本のHESBURGERが2大ハンバーガーチェーン(後者は店の雰囲気としてはロッテリアみたいなものか)。それ以外にもケバブやピザ、サンドイッチのチェーンもあるのでそういうジャンクフードには困らない雰囲気。他に地元系のコーヒー&サンドイッチチェーンではざらめを上にトッピングした菓子パンやカレリアパイを売っていて朝食にはもってこい。

交通
 さすがにトラムの運転手さんは英語が分らない雰囲気だったが、券売機には英語の表示がある。タクシーもきちんとしているんじゃないかな。一回しか乗らなかったが、英語も通じたし、親切だった。それとイギリスに行った友人の話を聞いてびびってはいたが、少なくともフィンランド国鉄の特急(IC等)は時間には正確のようだ。というかイギリスがひどすぎるだけなのか?

出国
 免税店にヘルシンキ市内にもあるデパートのストックマン(STOCKMANN)があるので一般的なフィンランド土産を買うならそこでいいかな。免税ポイントも結局そこで使った。

どーでもいいこと
 カフェテリア等でセルフでジュースを入れて飲める場合があるのだが、量り売り(?)で自分で350mlとか500mlとか選ぶことが出来る。
 ヘルシンキカードは私みたいな適当に街中を大した目的なくぶらぶらして満足するタイプにはちょっと高いかな。シングルチケットも乗車から1時間有効だし、市街地も南部ならトラムでちょっと行っても帰りは歩いて帰れる気もするし。とはいえタリンへ行く船便とかもヘルシンキカードで割引があるし、博物館とかも無料になったりする。まあ、夏場にガンガン美術館とか博物館とかを回ったり、目一杯色んなところに行くような人のためのものかな。
 タバコは5ユーロもするが、まあ、そこらじゅう禁煙というわけでもないので楽。パイプ用の葉やシガリロもキオスクで売っているのでそれはある意味でいいかも。パイプを持って行けば良かったな。

それ以外のオタ話その他はまた別に。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

グレネーダー ほほえみの閃士 最終回

「旅で身につけたもの」
 おい、なんでみかんが桃華楼の無料宿泊券を持ってるんだ。まあ、でもその方が兵隊さんたちはハッピーだ。高い塔。開山道士は弥次郎が相手をする。確かに開山道士も綺麗事を言っているな。おお、桃華さん登場。でも、桃華さんは引いたか。昔の仲間とのカタをつけるって事でね。で、おっぱい揺らして琉朱菜が天子様の下へ。あ、本物は霞姉さんが口封じしているのか。でも偽物の刹那さんは分るのね。女の戦い。お、鉄破君。案外色男で通りそうだね。あ、せつなさんは乳がでかすぎるというか、あ、中身の武器ね。さて、戦闘装束。この鉄破にメロメロになっている霞姉さんって何者よ。琉朱菜も影武者の一人だったのか。琉朱菜は胸を揺らして刹那と戦う。
 さて、刹那と対峙。おお、刹那さんもオッパイリロード可能でしたか!!さて、開山道士対弥次郎。何?どうやってあの銃を切った?琉朱菜は撃たなかったから傷ついた。弥次郎は剣を収め、琉朱菜は残りの弾丸を捨てて、刹那を胸に抱きしめて。弥次郎は開山道士に抱きついて(間違ってないよな)。でも、開山道士は最後に。でも、どうにもならずに桃華さんにね。せつなさんは寂しそうだな。負けたからかな。でも、負けを認めたのかな。琉朱菜が最後は刹那の胸に抱かれている。おっぱい、おっぱい。そして、弥次郎はお風呂とおっぱいの記憶。ほお、琴だったり、天子様だったり。じゃなくて、琉朱菜か。でも、最後はおっぱいだよね。うん、おっぱいだよ。ま、いい話じゃないですか。霞姉さん、うま過ぎ。また、旅か。乱世はまだ終わっていないものな。ほお、最後のこのタイトルの称号か。その方がいいね。天下の「て」を取るか。で、みかんもついてきちゃったよ。いいな、サバサバとした感じで。「花のように」ではなく、最終回ED用の曲「悲しみにまけないで」か。ははは、このEDアニメ結構いい感じだね(BSの時のEDだという事が後で分った)。

素晴らしいおっぱいアニメでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マシュマロ通信 最終回

 微妙な話とか二段落ちで楽しませてくれて意外なほど楽しませてくれたマシュマロ通信も終わり。今回はミモザ先生の婚約者のライオネルが式当日に行方不明か。
「幸せの鐘を鳴らそう」
 ところで、ナッツは正装をしているけど裸足なんだろうか。ライムはいい事言ったな。しかし、バジルはねえ。やっぱりサンディはひねくれた言い方をするよなあ。あ、靴履いてる。おいおい、列車の中に閉じ込められたぞ。一体どんなオチになるんだよ。こらこら、クラウドが初めての電車だって。な、なんだよ。追いかけたらそのライオネルさんが一杯って。また微妙なギャグを入れるんだから。ナッツはまともな事を言ってるし、うーん、こいつらが結婚式遅刻か。やっぱりバジルだよ。全員こけて轢かれるぞ、君たち。
 あ、ヴァイオレット達が車でやってきた。それも正装だ。サンディはヴァイオレットに頭を下げるのが条件で車に乗せるのか。そりゃ、サンディの性格なら頭を下げるよね。でも車は乗らないときたか。あ、そうしたらサンディに皆ついていって。で、バスに乗ったって訳か。は?ヴァイオレットの持ってる指輪って。ああ、そうか、渡してくれって言ったんだっけ。どうも、ライオネルさんは燕尾服を交換した挙句、さっき彼らが乗っていたバスに乗ったって。ので、どうして誰もクラウドに気づかなかったのかと思ったら、ウサギイヌ登場だよ。それも財布をするし。で、学園へ。何気にスネイル君。ヴァイオレットが陰に隠れてる。最後までクラウドの事を怒るんだなあ。なるほど、ライオネルさんのカバンの中で眠らせてもらっていたわけね。遅れて着いたけど結婚式も遅らせたんだな。まあ、ヴァイオレットが最後の最後に気を利かせたって事ね。うん、うん。で、ライオネルだよ。また、指輪が転げていった。顔映らなかった。やっぱり微妙だ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

05年3月第4週のアニメ1.0

月詠 MOON PHASE
 シュヴァルツ・クベレ城登場。ジェダは使命達成か。光は解放された。
「第24話 サヨナラのおにいさま、私、ホントに帰っちゃうよ?帰っちゃうよ?」
 あのチュチュの様な白い服で広間に戻ってきた。1話はそうだったなあ。まだ耕平パニック。ばあちゃんの術はどうなのだろうか?ハイジは御堂の側か。ルナは嫌いか。アルトは可哀想だな。確かにアルトが持ってないものをルナが持ってるのか。さて、光と薫が動くから、弥生さんも。そして、謎の怪人と淑女は城が消えるのを防ぐのか。ジェダはいやな奴だねえ。ルナに戻す儀式を司るのか。全ての因果はルナに戻るのか。ネコミミをうちすてて。
 何で簡単に入れて、おまけに弥生はジェダを吹き飛ばした。うーん、あの絵はルナの裸婦像みたいだ。ルナの絵。来る?って。おお、中のスパッツが見えた。アルトも含めて葉月とジェダ以外は皆で落ちちゃった。ペンダントは着けたらダメ。おばあちゃんは倒れてしまったが。バルガスはアルトを守って消えてしまった。かわいそう。一人になっちゃった。でも、薫が手を取って助けたか。とはいえ、葉月はペンダントをつけて耕平は城へ乗り込んできたのだが。それにしても耕平がネコミミつけてどうするんだか。確かにネコミミは葉月に似合う。ほお、白い羽が葉月についている様に見えるのか。おお、血をって。ジェダおしまいなんだけど「ダミダこりゃ」って。おいおい。
 EDイラストはいづなよしつね。


魔法先生 ネギま!
「Aut disce aut discede XII」
 夏服モード。開襟シャツ好き。期末試験、勉強くらいちゃんとやれよ。最下位になったら先生失格ね。意外に賢い人がいたり、でもバカは大バカなのね。ほお、点数が二桁になってる。明日菜さん、偉いなあ。さて、ネギ先生も魔法封印。エヴァンジェリン登場。読めば頭が良くなる本なんてあるのか。でも、そんな本をほのかちゃんは読まなくてもいいと思うのだが。ああ、図書館探検部とバカレンジャーの回か。
 ああ、匍匐前進はあれじゃできないな。まあ、いいや。魔法の本の安置室か。お、英単語TWISTERか。うーん、またテレ東パンチラ禁止コードのおかげでなあ。せっかくのツイスターゲームなのに。困ったものだ。地下図書室か。そんなとこでも、メシ食えるならいいけどなあ。地上班は賢そうだ。さて、あやかさんなのだが、勝手な妄想。はあ、なるほど、勉強しようというのは確かにそうだねえ。で、お気楽バカレンジャー。うーん、水着みたいだ。いいな。で、終わりかよ。来週に続いたのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第3週のアニメ2.0

好きなものは好きだからしょうがない!!
「#11 復讐」
 おかしくなった空。直と真一郎。直は何をやらかしたのか。あ、直が七海に復讐といったところか。余計な事したんだなってことか。ふーん、空は逃げるときに手を振りほどいたんだ。なんだかねえ。でもどういう訳か鬱展開って感じがしないんだよなあ。さて、空の意識の中、夜が空を止めている。難しい展開だ。さて、鎖がひきちぎれて扉が開いてしまったが。開いたのは過去の記憶の扉か。直はそれが分ったのね。ふーん、直の望みは真一郎を空が殺すことなのか。真一郎は自ら刃に刺さって空を守ったのか。
 祭もちっちゃいものクラブも空の病床へ。あ、前の空に戻った。そう、真一郎か。「今はゆっくり休め」って少し引っかかるよな。で、ちっちゃいものクラブは行かせたんだな。綾野先生もかたなし。まあ、生きていて良かったよ。ソウシが現れた。きつい事を言っているが、真一郎サイドだな。さて、相沢の青いバラの園。直は復讐終了という事だね。おや、相沢は実は直ではなく、空を選んでいたのか。どういう意味だ?さて、夜が思っていたほど、空は弱くないようだな。ふーん、夜はらんに会えなくなるのが残念とな。

 うーん、来週も楽しみだ。

グレネーダー ほほえみの閃士
グレネーダー・殲滅閃士の称号を得た彼女。
「天子との対決」
 おや、その意図とは別に名は売れてしまったわけだ。確かに宮廷の敵だものな。銃を捨てたが。敵に回したくないと来たか。全部、明日分るとな。さて、弥次郎。とりあえず琉朱菜はお風呂・・・と。人一人通れる石ってのもでかいな。さて、幽閉されているのは多分、本物の天子か。で、弥次郎はあせってるんだけど。やはり、琉朱菜という名前に反応するか。お、兵隊さん、一緒にお風呂にって・・・そこまで琉朱菜はいい人じゃなかったか。開山道士が宮中に現れてからおかしくなったのか。かすみ姉さんは弥次郎を狙ってますが。さて、官女だったころの琉朱菜が歩いた庭。そして、天子なのだが。
 確かに囚われの天子とちょっと違うよな。さて、その「天子」の言葉で琉朱菜は衝撃を受けておるわけだ。お、偽物だって気づいたか。影武者だって分ったのか。花の枝を手折るという事で分ったのか。同じ修行をした仲間か。琉朱菜は弾をよけて逃げ回る。お、かっこよく鉄破登場。さて、空からミサイルが。ほお、桃華姉さん登場。おお、あの雅なオヤジが作ったのか。一般の人は動揺するよな。さて、みかんがリボルバーを琉朱菜に渡して登場。弥次郎と本物の天子様登場というところで、かすみ姉さん後ろから銃を突きつけて登場。天子さん捕まったけど。うまいねえ。鉄破は。


まじかるカナン
 さて、対峙シーンだ。で、パパと気づいたようだな。だが、カレンデュラは逃げてしまったし、捕まえなければとも。
「カレンデュラ」
 さすがに二人の魔法戦士とも消耗してしまったようだ。ナツキもね。で、怪しいセプティムなんだけど。でも、ベルガモットが出てくるとうれしそうだな。ナツキに起きろとソコハ様が登場。何を伝えたのだろうか。お着替えだ。うーん、ちはやだけだとなあ。なつきは人間モードで守れって事か。お、開脚回転。今回の前半部は悪くないなあ。あ、絵美さんこと、セプティム登場。体操服だ。カレンデュラはどうしたのだろうか。仕上げだって。ちはやを連れて来いってのが指令か。
 カーマインが覚醒したらそれを使わなきゃならないらしいんだけど。首の石が光ってるんだけど。なつきのやるきのなさはなんなんだろう。で、理事長の屋敷という極めて展開どおりなんだけど、ふーん、これ以上力を使わせてはいけないのか。無理やりセプティムは止めるのかと思ったら「もうっ」だけか。セプティム登場。激しくやられてるんだけど、変身はさせないって事か。ほお、カレンデュラは種二重化。カレンデュラとセプティムは同類?それぞれがフェンネルとベルガモットに作られた存在って事かな。あーあ、変身させちゃった。でも、種二重化に無理があったのか。カレンデュラ崩壊。あーあ、セプティムはベルガモットにちはやを守るように命令されていたのか。全部話をしちゃったし。

 個人的には横田絵よりこのアニメ絵の方が好きだったりする。というか横田絵があまり好きじゃないのか。


マシュマロ通信
「おやすみクラウド」
 帰国して最初に見たアニメ。もうっ、こんなタイトルだから、今週で最終回かと思ったじゃないか。
 サンディはなんかクラウドに冷たいぞ。で、クラウドは疲れ気味。サンディがこき使ってるってみんな言ってるけど。はい?クラウドの健康状態はサイアクで成人病?バイオレットの手伝いをしてるけど、その訳は?無論、実際はサンディも心配しているけど。クラウドが起きない。さて、パンジーにクラウドの秘密を聞こうとしてるんだけど。あ、工場に聞いてみろってか。歩いてしゃべる羊がいる?3号棟なんだが。
 で、その3号棟なんですが。あ、バイオレットの執事がいるけど。へえ、製造元はバイオレットのオヤジの会社の一つなんだけど、さて、ダジャレというか聞き間違いなんだが。さて、クラウド人形の製造元へ。ふーん、嵐の夜に雷が落ちて命が授かったというのか。で、サンディは落雷実験をするんだけど。うわ、クラウドが落ちて、クラウド人形の山の中に落ちたんだけど。バジルはあのねえ。やっぱり3号棟はダジャレじゃないんだな。それにしてもクラウドはどうしてこの工場で働いてるんだ?さて、クラウドの身代わり発見。本物は避雷針にくくりつけられているんだけど。ほお、クラウドはお手伝いでお金を出してサンディの欲しがってるお人形を買ってあげようとしてたんだね。サンディはクラウドが無事で泣いてる。そりゃ、そうだよな。サンディも本当はとってもいい子なんだよねえ。
それにしてもクラウドがサンディのところに来て1周年か。もうそうそろそろ終わりなんだよなあ。次回が最終回か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第3週のアニメ1.5

BECK
 年少組がんばってる。それに平君も登場。ま、冷静に聞くとまあなんちゅうかだけどさ(笑)いいじゃん。シャツに泥水が滲み込んでくる。
「サードステージ」
 竜平はやっぱりルシールを抱えてやってきた。竜介ステージへ登場。ルシール発現!!おい、ボーカリストはどうしたよ。ボーカリストはよ。千葉君あせってる(笑)。千葉の辛い過去か。ほお、他のステージは雨で中断か。千葉、お前も早く上がらんか。ははは、あの邪魔した連中だ。で、さすがというからしい登場の千葉君だ!年長組はケジメをつけるとか、バンド解散だって。で、ブレインストームだ。もうっ!こんなとこでCM入れるない!
 で、再開。奇跡が起きてるってことだな。お、マリアもいるし。さて、レオン。おばさん、見てる。レオンはマジでつぶしにかかってくるってことか。さて、メインも再開。ヨシトはいい題材だって。中断中に真帆に電話。ま、それにしても雨に強い機材でよかったな。あーあ、3rdステージの中継をメインでも流しちゃった。おお、あの夢が。ゴミはもって帰ろうか。やさしいし、尊敬の念を持っているんだなロックの偉人たちに対して、コユキは。"Face"来た!!なんか来たよね。さて、メイン復活。でも、人が流れるか。

 なーんてな。


JINKI:EXTEND
 いきなりOP
「家族」
 お、ルイちゃんだ。あ、青葉も前にいなくなったのか。赤緒も消えたのか。タクヤ君?それが心の傷とこの原因の子?赤緒のオリジナルは小河原原太さんに頼ってたのか。げ、タクヤは何をやらかしたんだよ。東京大破壊。赤緒は完全に正体を失ってるわけですか。戦闘はヘビーだったんだな。ルイでさえ息を荒げてる。赤緒は赤いジンキに載せちゃいけなかったのか。ふーん。黒将っておっぱいマニアのタクヤ君だったのか。困ったアニメだね。
 青葉登場。さて、行きたいところってのは、おばあちゃんのお墓か。悪魔の片割れ。とシバに言われたのか。ああ、静香の顔と同じなのか。はい?両兵の母と赤緒は同じなのか。ふーん。難しい話だなあ。シバと青葉キスしたっ!静香からシバが生まれたのか。はい、シバも赤緒に殺される事を望んでるのか。どっちが勝っても地獄か。さつきとか周りの人達も青葉に期待。ルイちゃんは一人。お風呂だ。おおっ!湯気だ。青葉とルイの抱き合い来た!さて、南さんのまるでお神酒を飲むかのような遺影との杯を合わせるのか。最終決戦前。うわーん、お布団の中でじゃれあいだ。なるほどね、擬似的だとしても家族的だ。さて、壊れた赤緒が目覚めたか。


らいむいろ流奇譚 X CROSS ~恋、オシヘテクダサイ
「第十一話 泣かない心」
 ま、どうせロクでない回だったんだろうな。
 カシミアってか公爵夫人もあれだよね。あ、裏側になんとなく気づいた奴が一人。シフォンはあまり考えてないようだが。シュロ捕獲成功。シュロはいいよね。あ、姉妹なんだ。シフォンは。しかし、すごい格好でたったな。ゴリラ?そうか、姉妹だから感じるところも同じなのか・・・まあ、いいや(笑)。錦は凛々しくなったかな。かすり孤立。強志郎があれだ。という事で総集編みたいなもの。綾もそういう事だな。
 シュロ・・・母殺し。で、姉もこの手にかけようと。つか、あせるなよ、シフォン。今日はINあり。シフォンには何があったんだろうなあ。天乃原登場。さて、真エルミタージュが見えた。なるほど、下部がでかいエッグ(まあ、なんて安直な名前だか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第3週のアニメ1.0

さて、日常への復帰もしなきゃ。という事で先週のものから。

月詠 MOON PHASE
 アルト様が線香花火。光は相変わらず拉致状態。そこに裕美さんか。そして、パニくる耕平。葉月は動揺ね。
「第23話 おにいさま、わたしってそんなにヘンですか?」
 しかし、裕美も大変だよね。キンケルにメイドにされるは、アルトの下僕に目を付けられるわ。さて、葉月の事を怖がっていると弥生に言われてるんだが。アルトお嬢様は残忍だよね。ブラフのつもりの木切れを喉につき立てられて。葉月はパニック。だから言いつけは守れって。おや?裕美は何もされずに解放された。ふーん、葉月の姿形ではなく宿縁が見えるのか。さて、謎の二人が見守っているわけです。葉月は花園にいる。今が辛い時期ね。定眼を御する。さて、成児は暗い意思を持ってるんだけど。ジェダとバルガス仲間割れ。ジェダ別行動。うわ、アイキャッチのあかんべえするアルト様かわいい。
 アルトと光の会話。ほお、ルナを一人ぼっちにするか。さて、操られている成児。心理戦だ。エロフリーデさん、もち謎の淑女の妙なポーズがいいね。おお、「たらい」という護符があるんだな。おばあちゃんはお見通しだ。おばあちゃんの力ってすごそうだよなあ。結界崩壊。耕平の血を。さて、守ったのは謎の怪人。弥生を守ったのは謎の淑女。でも、耕平は本当に恐れている。もう、皆捕まってる。葉月泣いてる。笑いながら泣いてる。大好きだって。そして、葉月リターン。葉月戻るって。

EDイラストは・・・げげ、イラストは竹内崇。右手には猫アルクだ!!うーん、こういうのってとってもずるいよな。


魔法先生 ネギま!
「Gum tacent clament XI」
 パソコンに悪戦苦闘。長谷川さん、帰るって。あ、一人だととっても可愛い、ネットアイドルなのね。クラスでホームページ作るって。あ、千雨って「ちう」か。なるほどね。そりゃびっくりするわあん。明日菜が出てきたら。
 ちうのHPにまた大差付けられてる。うわ、眼鏡っ子のまんまで水着の方がよかったな。早乙女さん、あやかさん、えーと、結構そそられますな。あ、のどかちゃんが気持ちを伝える方法にメールを使えってアドバイス。ちうの正体バレちゃった。へへへ。バレてるネットアイドルだって。さて、それはそれでHP終了だって。皆仲良くなってよかったね。

 友人と話をしていたけど、難しい事は分らないけとテレビアニメスタッフは決して有罪じゃないと思うよ。DVD化の時はスタッフ一新するらしいけど。そういう問題じゃないような気がする。難しい事は分らないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィンランドでのお酒

(フィンエアーにて)
LAPIN KULTA(FINNISH BEER)
 OLUTがビールの意味。ラップランドの自然水を使ったと称するビール。なんかモ○ツみたい(笑)。味はキリンラガーとかみたいに苦味が少なく、少し甘い感じがする。

(サーリセルカのホテル)
KOSKENKORVA SALMIAKKI
 かの有名なサルミアッキのリキュール。えーとね。塩味なんですね。後味が。ベリーにハーブ(アニス?)を混ぜた塩まんじゅうをお酒にしましたって感じの味です(知り合いのバーテンダーさんは「ブラックサンブーカ?」と)。でも、ラップランドの林の中で散策するときにこれのミニボトルとペットボトルに水道水を入れたものをナップザックのサイドに放り込んで、気が向いたら飲むとこれがいいんだ。
KARHU IVA(FINNISH BEER)
 5.3%もの。まあ、喉越し爽やか系であります。EU圏内のものでも自国外への輸出が定常的にないものだと外国語での表記はいらないのだろうか?どこかのWEBページで「アサヒスーパードライがうまい」と言ったフィンランド人の話があったが、こういう系統がすきなのか?

(ヘルシンキ駅)
Ayinger Draught(German Beer)
 どういうわけか、これ。というか駅でビールを出すところは色んな生を売りにしているが、国外のものが多い。これを出していたスタンディングバーは当たり前の様にシメイブルーやらベルビューやらを置いていたが、その日は食べすぎでその一杯だけでダウン。

(タンペレ)
KEISARI(FINNISH BEER)
 ノキアの地ビール。ブラウンエール。香ばしさとちょっとした甘みがいい。これがここまで飲んだ中では一番うまいかも。ミュンヘン風だそうです。
(ヘルシンキ駅)
LAPIN KULTA DRAUGHT(FINNISH BEER)
 生です。

(ホテルのバー)
KOFF DRAUGHT(FINNISH BEER)
Oj Meister
 オレンジジュースとライムジュースにjagermeisterをどぼどぼ注いだ(レシピだと4cl)私好みのロングドリンク

(ヘルシンキ)
MAGNERS(IRISH CIDER)
 生のリンゴシードルが切れていて、「ああ、じゃ、この洋ナシでいいや。」って言ったらこっちの方がいいんじゃないですかって勧めてくれたアイルランドのシードル。弱くてドライなお酒を飲むつもりならこの方がいいかも。
KOFF DRAUGHT(FINNISH BEER)
 ま、普通のビール(笑)
Ruisolut(FINNISH BEER)
 ライ麦のビール。苦味と一緒に酸味を感じる。いや、逆かな。酸味と一緒にほのかな苦味を感じるというところでしょうか。
Tervajellona
 タールのお酒。えーと、蚊取り線香を舐めた時と似たような味です(ま、世間一般にはいぶした味ですね)。サルミアッキのリキュールの方が好みに近いです。
HAARTWALL UPCIDER Light Sunny Melon
 えーと、リンゴとスイカのシードルです。はい。案外飲みやすいです。HAARTWALL社はフィンランド系のナンバーワンボトラーの様ですね。

(ヘルシンキにて)
HAARTWALL UPCIDER APPLE
 生、フィンランドでは必ずと言ってもいいほど、生ビールと一緒にCIDERのサーバーがあります(あ、ボトラーがLAPIN KULTAと同じなのか・・・なるほど)。ムーミンの中でスニフがこれを飲みすぎてゲーゲーやったっていうのは「調子こいて飲む割に全然ダメじゃん」って事なのかな。基本的にシードルはノルマン系の飲み物だそうです。なるほど、トーベ・ヤンソンもムーミンを最初はスウェーデン語で書いたというのも分る気がする。

(帰国してから)
TERVA SNAPSI
 これもタールのお酒。ZETORではそのままつまみなしで飲んだのだが、いきつけのバーに持ち込んだら鮭とばを出してくれて、鮭とばの塩を酒の甘みで中和された感じでグッド。ちなみに"KOSKENKORVA SALMIAKKI"も大絶賛。
SALMIAKKIでグラスをウォッシュしてラフロイグを飲んだら「がっぷり四つ」という感じ。バーテンダーさんいわく、「こんなに厚みのある味がするとは思わなかった」と。
ELYSEE No1(Fruit Wine)
 これは実家にもっていった。緑のラベルのやつ。ベリーで作られたスパークリングワインタイプの酒。意外にドライだったが、甘いお酒好きの実家でも評判がよかった。

ああっ!ウォッカと、ロングジンを飲まなかったぁぁぁあ!不覚!!
KOSKENKORVA_SALMIAKKI

| | Comments (64) | TrackBack (0)

最終日。ヘルシンキから日本へ

IMG_0521
 さすがに疲れたので、更新が遅れた。

 昨日の吹雪いた天気とうって変わって晴れ。近所のALCOで買い物をして、ホテルのチェックアウトをしてからウスペンスキ寺院やヘルシンキ大聖堂といった所を観光。ウスペンスキ寺院は風が強くて昨日の雪が地吹雪のようになって結構閉口した。ヴァイキングラインの船着場に行く。いいよなあ。こんな船でクルーズしたら。タリンまでへのロマンチックな(と、トラムの広告に乗っていた)船旅もよさそうだよな。ビールの買出しに(笑)。写真はフィンランド港。凍っている訳ではない様だ。

 中心街でみやげ物を買って、アカデミア書店をぶらぶらして、カフェ・アールトでまたお茶。そこから駅前をブラブラして多国籍料理店のカフェで昼飯。晴れているのに雪が吹いていた。そして、ヴァンダー空港へ。で、緑の制服を着たかっこいい(笑)出国係官にパスポートを見せて、最後まで免税店での買い物で結局何も出来なかった。うーん。まだ"Sonera HomeRun"の無線LAN24時間チケットが残っていたのに。

 フィンエアーに搭乗。NHKの7時のニュースを見て、やはり日本に帰るんだな。と思った。ミスターインクレディブルを観たり、友人から借りた「住めば都のコスモス荘」を読んだりした。そして関空へ。

 入国審査官のいかにもな公務員風の雰囲気を見て日本に帰ってきたよなあって。
 まあ、その後についてだが、関空から伊丹は知ってたら絶対にそのルートは使わなかったな。いや、4時間待ったとしても絶対に大阪市内の交通を考えたら関空で国内連絡便を使うほうが楽。ラウンジで居眠りしてもいいかな。一瞬、国内に着いたから気が抜けたけど、考え直したら大阪よりもヘルシンキよりも治安が良くないんじゃないかな(笑)。気を取り直した。羽田からのエアポートリムジンも運が悪かった。首都高で大事故で1時間半で済むところが、4時間。国内に入ってからのほうが激しく疲れた。

 一応、ライブチックなblogはここまで。色々考えるところもあるがそれはおいおい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

閑話休題@Helsingfors

IMG_0419
 駅のAGFA系写真ショップにはフィンランドで多分2番目の萌えキャラ"フォトポイント"タソ(ちなみに1番はミムラ姉さんだと思う)。これのキャラデザしたの、どこのどいつだよ。褒めてやる(笑)。ちなみに他のEU諸国でもAGFA系列のこういう写真ショップがあるんだろうと思うが、同じキャラを使っているんだろうか。タンペレのフォトポイントにもいた。ああ、考えたらバージョン違いだったんだよなあ。

 そういえば、なんとなくのイメージでヨーロッパは喫煙者は肩身が狭いと思ってたのだが・・・少なくともフィンランドでは違った。確かに自動販売機なんてものはない。サーリセルカのスーパーでも国産のタバコはみかけなくて、それにヘルシンキ・ヴァンター空港にも国産はなし。でも、こっちの人タバコ吸うよ。大体サーリセルカのホテルは室内喫煙可だったし、ヘルシンキのホテルは室内禁煙だったが、思い切り入り口の外にタバコを吸うところがある。駅のホームも灰皿を置いてある。それに大概のバーやビールを飲ませる様なパブ等はまず吸える。それに、老若男女問わず、歩きタバコをしている。比率は日本と同じかな。そういえば軽く一杯と思って入った駅のバーでスーツ姿の男たちが手に手にグラスとタバコを持ってる白黒写真が貼ってあった。横のテーブルに座ったおじさん(多分、50過ぎかな)、が「これが昔のフィンランド人なんだよ。今じゃタバコを吸う人も減ったよ」なんて話しかけてきた。

 そういえばヘルシンキカード。買ったら「必ずヴァリデイトして下さいね」って念を押されて、「地球の歩き方」を参考にしてヴァリデイトしようとしたら・・・あのお、そんなポスト(?)ないんですけど。なら運転手に見せたら・・・ニコニコしながら乗っていいよってジェスチャーをしてくれるんですが。それも日付と時間が刻印されるはずの面を見せてるというのに。よく分かりません。

さて、こうしてヘルシンキからつなげているわけですが、使っているサービスは"Sonera HomeRun"の無線LANサービス。サーリセルカのホテルでは無線LANをオフにしたのを忘れて、おかしいと思っていたのですが、ヘルシンキでそれに気づいて使ってます。部屋で11Mbps出てます。でも24Hカード自体は25ユーロします。ホテルによっては無線LANを使いたいというと24Hカードを無料でくれるそうです。私の泊まったホテル(ヘルシンキのSokos Hotel Vaakuna )は15ユーロに割引してました。カードがなくてもサービスログイン時にクレジットカードで料金支払いもできるそうです。ちなみに設定はSoneraHomeRunサービスが使えるところ(24Hカードを売っている所)で設定方法カードを一緒にくれるのでそれを見れば分かります。英語でも書いてあるのでフィンランド語ができなくても大丈夫。でも暗号化は一切なし。利用エリアを調べるためには隣国スウェーデンのTelia Homerunのカバーエリアマップの方が見やすいです(マークも同じなので同一企業あるいはフィンランドではSoneraというサービス名なのでしょう)。ご利用は自己責任で。

 今日はヘルシンキ駅で「ゴーリキ号」の写真を撮って、郵便局に行って、トラムでまごついて、戦争博物館からヘルシンキ大聖堂、バルトの乙女の像からカフェ・アールト。そしてZetorで晩飯という行程。
 
 ちなみにHelsingforsというのはスウェーデン語でヘルシンキの事。間違いなくスウェーデン語は通じるはず。エヴァの1巻を買ったのだが、スウェーデン語版だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タンペレ~ハーメリンナへの一日旅行(2)

IMG_0448
ハーメリンナへ
 タンペレで想像以上に時間が空いたので、ROSSOというファミレスっぽいとこに入ってノキアの地ビール。流れる川を見ながら2杯。それからインターシティでハーメリンナへ。へえ、売り子が来るんだ。さて、ホームから地下道を通ると直接駅の外へ。うわ、中心街への行き方が分からない。地図・・・正しいのか?とりあえず川の方向は分かるから行ってみるか。あー、行き止まり・・・あのお、川の上を歩いている人がいるんですけど。標識には「歩くな!」「氷が割れるぞ」とあるのだが、前の人はそんなもの無視して、てくてく歩いている。まあ、結構皆さん川の上を歩いたり、スキーをしたり、犬を連れて散歩をしているんですけど。ということで自己責任で凍った川の上を歩きましたよ。そんな事をする東洋人なんて珍しいのか、すれ違ったじいさんが、「やあ」と声をかけてきた。横で氷に穴を開けてつりをしている人もいたりする。

 で、ハメ城と大砲博物館を見学。城は実用一辺倒の様な雰囲気。城というより城塞という雰囲気。大砲博物館は第2次世界大戦、特に冬戦争と呼ばれる戦いに重点がおかれているようだ(そういえば冬戦争をテーマにした映画も絶賛放映中らしく、本屋で関連書籍も何冊か置いてあった)。屋外展示も川から行けばただだが、そんな行儀の悪い事は皆さんしないか。それにしても屋外展示にしても屋内展示にしても実際に使用されていた大砲がずらりと並ぶのは壮観。ネーベルベルファーなんて実物をはじめて見たし。それにソ連軍の傑作砲76.2mm野砲とか。近くに軍の基地があるのだろうか、軍用トラックや制服を着た多分非番の兵士も市内で見かけた。その後街中をぶらぶら。情けない話でパンツの数が足りなかったので、パンツを買う("DRESS MANN"ヘルシンキにもタンペレにもあった紳士もののチェーン店)。トランクスタイプがない。ブリーフでもなくて・・・腿のつけねのところが裾がちょっとある。なんていうタイプなんだろう。シベリウスの生家も見た。てっきりこの時間にはしまってしまったカフェなのかと思った。

 ちなみに「地球の歩き方」のハーメリンナのページに載っている地図で、駅と線路を横切ることになっている大通りの位置関係は逆だと思う。地図を見るとタンペレ側にあるように見えるが、その大通りはヘルシンキ方向にある。それにその大通りと駅はあの地図ほど近くない。まあ、ハーメリンナに行く人がどれだけいるか分からないから、特に問題はないのかもしれないが。それに冬なら自己責任で凍った川を渡ればいいわけだし(多分、夏場は渡し舟もあるんじゃないかな。)

 帰りは普通の(?)特急列車。いかにもな客車。リクライニングなしのシートにちょっと黄色い色になる車内灯。味はあるけどずっとそれに乗り続けたいかと言われればどうかな。食堂車はフィンランド人で一杯で、席がなかったし、売り場にもめちゃめちゃ並んでたので、断念して席で本を読む事とした。ま、1時間だし。
 ホテルに戻って軽く(ビールとイェーガーマイスターをドボドボ入れるカクテルを)バーで飲んでから、こうしてブログの原稿を書いてから寝たわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タンペレ~ハーメリンナへの一日旅行(1)

IMG_0425
 タンペレへ

 自分らしくなく(笑)早起き。こんなに毎日わくわくしながら起きるのって何十年ぶりだろう。

 7:04発のインターシティに乗ってタンペレへ。ヨーロッパの列車には次の停車駅のアナウンスがないというがフィンランドのインターシティについてはそうでもない。ちゃんとフィンランド語とスウェーデン語と英語で1回アナウンスがあってモニターにも表示がある。。駅の表示はフィンランド語とスウェーデン語。時刻表も駅名はフィンランド語とスウェーデン語表記が並列になっている。さて、検札が終わったらもちのロンで食堂車へ。ドアを開けるのはボタンで行う。いや、頼んだのは菓子パンとコーヒーだけだけど、メニューにはビール、ワイン、それにフィンランドではほとんどビールとセットになってメニューにあるシードル、それに食事もきちんとベジタリアン向けのがあったりするんだなあ。列車内には自転車を積む場所やガラス張りのコンパーメントがある。それに乳幼児を遊ばせる場所(表示だけ見て実際は見なかったが、)新幹線なんてもう機能一点張りだし、そんなもんかなと新幹線で日帰り出張が多い自分なんて思うが、どちらかというと観光路線の特急なら食堂車とか車内売店があってもいいんじゃないかなとか。それにヘルシンキ駅に泊まっていた長距離の夜行列車を見ると車を積むための車両が4~5両もつないであった。でも、日本じゃ幹線でそれはきついか・・・この前夜行列車廃止のニュースがあったけど、車を積んで後は寝台なり席なりで寝ていくなんて旅もいいんじゃないかな。目的地の近所に着けばそこからは自分の車で移動。なんてね。そんな事は他の人が何度も言ってるんだろうな。

 地上を見て思うが、森と湖の国じゃなくて、森と氷の国だな。観光ガイドでは絶対に湖だったり川だったりするところが真っ白。

 で、タンペレ。いわゆる普通列車の切符をICの切符に充当。フィンランド第二の都市ということだが、結構駅前は寂しいもの。市立図書館の常設展のムーミン谷へ。トーベヤンソンの直筆のイラストとかあって興味深い。それにしても横のショップは単なるファンシーショップになっている気がする。で、次はレーニン博物館。こいつは演劇アカデミーの3階にある(最初は学生の冗談かと思った)。展示物は結構いい感じの資料だが、あいにくロシア語もフィンランド語もできないもので・・・おみやげには赤い櫛を買っていった(分りますよね?)。昼食はヘスバーガー。中心街をぶらぶら

| | Comments (1) | TrackBack (1)

サーリセルカからヘルシンキへ

IMG_0392
 ホテルを朝6時半くらいに出て、散策。昼間はノルディックスキーの人が多くて、なんか邪魔(自分ができれば話は別だろうが)。うさぎやリスなどの足跡は見えるけどそういうのはいないなあとか思ってたらでかいリスがいた。でも、うさぎや狐、それどころか雷鳥だのってのを見るのは難しいんだろうな。散歩道を下ってきたらどっかの老夫婦が驚いた顔をして挨拶をしてくれた。
 朝食後にチェックアウト前に一休み。ダイアモンドダストが舞ってる。iRiverに入れてきた佐藤裕美の「暁ノ空ヲ翔ル」と「花のように」をかける。家をでかけた時もこれをかけていた。最初はなんか記憶に残らないなあなんて思っていたが、前言撤回。とても明るい希望に満ちたいい曲です。TVK版グリグリは悪夢だと思うことにしよう。「みずいろ」の様な悲壮感が曲になくて、こっちの方がいい曲かも。
 さて、イヴァロ空港からヘルシンキへ。イヴァロ空港の土産物屋の貧弱さに驚く。サーリセルカのホテルやスーパーで雷鳥さんの置物とか買っておくんだったと後悔。さて、この便は日本への連絡がよいのか、やたらと混んでいる。行きののんびりムードとは大違い。北部と南部の違いで分かったのは北部ラップランドは上空から見ると道も白い線なのだが、南部のヘルシンキのあたりは道は黒い線に見える。

 そして、ヴァンダー空港からフィンエアーバスでヘルシンキへ。うーん、ロシア?確かに歴史的にはロシアが19世紀に作った街ではあるわけだよな(訂正:街自体は1550年に設立されています。ロシア皇帝が大公を兼ねる自治国の首都として定めたのが19世紀でした)。なんか「ヨーロッパ」というよりロシアだ。色遣いといい、アパートといい。

 駅で明日の切符を購入。駅にはスタンディングバーやサンドイッチショップ。それにまあ、カフェ&バーもあって、郷土料理とか食べようとかそんな大それた事をかんがえなければ食べ物には困らない。そのカフェバーで食べ過ぎて(というかそんなでかい皿に大盛りのが来るとは思ってなかったし)、メシ類はダウン。

 それにしても、ギャンブル好きなのか?色んなところにスロットがあって誰かしらやってる。駅のカフェバー(日本で言ったら大戸屋とプロントが合体したような店か)でも当然、スロットをやってるおっさんがいて、まあ、当然の如く、そういうちゃんとした所にはポーカー(本物)が出来たりするわけだな。大体、スタンディングバーの片隅に置いてあるゲーム機でもやってるあんちゃんがいる。そういえば競馬はないのでしょうか?と知人に聞かれたが、えーとトロッター(で、いいんだっけ。繋駕(けいが)競争と書けばいいのか)があるんですねえ、テレビをつけたらやってました。走路が白いんですけど・・・。

 ヘルシンキ駅ってのも国際色豊かだ。多分、日本人もいれば、黒人もいる。ラテン系だろうなという人もいれば、ベールを被った少女もいる。フィンランド人の代わりに日本人がいると考えれば別に東京と変わらないか。多分。でも、どういうわけか身構えてしまうんだよなあ。やはり警官が黒の制服だとすごみを感じる。

今日は食いすぎたのでとっとと寝よう。おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サーリセルカにて(3月13日)

 地元のFM局では朝っぱらからドアーズのLA Womanがかかってる。笑った。朝飯のバイキング。なんといってもニシンの酢漬けのマスタードソース和えが最高にうまい。無糖のベリーもおいしかったし、ハムも色んな種類があってよかったが、なんといってもこれでしょう。ビールにあいそうだ。どっかの店で提案してみよう。
 外を歩くと、何やらキラキラ。ああ、これがダイヤモンドダストって言うのか。目の前の丘を見るとえらい標高の高いところみたいだが、フィンランド自体、標高の低い平地がちの地形らしく、ここもアップダウンはあるが決して高い場所に位置している訳じゃないようだ。
 で、スキーリゾートという事でノルディックスキーでそこらへんを歩いている。コースも充実しているようだ。うーん、オプショナルで1日講習があればよかったのにと思った。すべる音が鳥の声みたいだ。
 スーパーに行くと、さすが、外人さんは色んなものを買い込んでいる。それにここのスーパーの軽食コーナーは中の惣菜コーナーで買ったものを食べることもできる。これが後で失敗する元だ(そこまでいかないが)。
 それでそのスーパーマーケットの隅にはロト売り場があって、行った時にはおじさん、おばさんがわあわあ言いながらマークシートに書き込んでいた。そして、その横に妙に真剣にポーカーゲームに取り組んでる若いあんちゃん・・・あ、現金が戻ってくるのか。やってみたが、80セント儲けた。海外ギャンブル初勝利という事にしておこう(笑)

 で、午後もそのあたりをずっとブラブラして、そのスーパーで買ったものをぱくついてからベッドの上で横になっていた。ホテルでディナーといくか、それともさっきのスーパーの軽食コーナーにするか(イートインで食べられる。昼過ぎだったのでかなり混んでいた)。悩んでいるうちに寝てしまって、起きたら9時。ダメじゃん。ちなみにスーパーは夜9時まで。そこからまた、オーロラを見に。オーロラは出ていたけど、昨日の方が良かったかな。今日は昨日みたいに行き当たりばったりじゃなくて、三脚を用意していったが、電池不足で途中で帰ってきた。結局、写真自体撮れたのは2枚。昨日、きちんと三脚を持っていけばよかったな。でも、変な話ちゃんと三脚を持っていくと星がきちんと撮れる事がわかったのが収穫という事にしておこう。
 EUROSPORTという番組で相撲をやってる・・・。まさかフィンランドのホテルで高見盛なんか見るとは。テレビはやっぱりCMが面白いなあ。そうそう、今朝もドイツ圏向けのテレビショッピングを見たけど、やっぱり見入ってしまう。
 うーん、ビール飲みたい・・・SALMIAKKIも一口二口ならいいけど(と、言いながらミニボトルがすでになくなりかけているが)、ミニバーから持ってくる事にしよう。

ちなみにオーロラ。撮れた唯一のそれ
03160003

| | Comments (7) | TrackBack (0)

サーリセルカへ(3月12日)

0503141337今、ヘルシンキのホテルでブログを更新してます。だからアニメやお酒の話は中断です。

 だいたいにおいて、BOEING74* over かエアバス以外でヨーロッパに行くとは思ってなかった。MD11か?ふう。
 で、とりあえずビールだよ。LAPIN KURTAというやつ。で、ランチ(食いすぎ)を取ったから寝よう。ロシア上空来た!ソ連だったらシベリア上空の航路なんて取れなかったんだろうなあ。
 でも寝られない。うとうとしながら結局5時間。疲れた。で、ヘルシンキヴァンター空港でぶらぶら。いかつい顔をしてるけど男の係員はとても親切だ。女性の職員に金髪眼鏡っ子が多くて少しはぁはぁ。フィンランドはアジア系なんて言うけどそれは言葉だけの問題で人種的にはスラブor北欧系ゲルマン。

 ヘルシンキからイヴァロまでの空路。なんちゅうか国内線の方が美人多くありませんか?資質とか経験の違いなのかな。それにフィンランド人は飲んべえだと聞いたが、たった1時間半のフライトでウィスキーのミニボトルをビールで割って飲んでやがる。さて、自由席なので窓際キープ(子供かいな)。下は雪の白とと森の黒。白いのは湖だったり川だったりする。おお、海が凍ってるのか。そして遠くに見えるノルウェーとスウェーデンの国境になる山脈と地平線に平行に数条の光を従えて沈む夕日が印象的。
 さて、イヴァロ空港。空港バスのバス停は喫煙可能。タバコを吸ってたら冷気がズボンの下に。寒いよ…絶対に日本人なら空港の建物にでっかく気温の電光掲示板を作るだろうな。バスは街灯のない雪道を爆走。まさに爆走。

 サーリセルカ。せっかく晴れてるからオーロラ見えないかなって思って、バーでビールを飲んで(IIIと書いてるからthreeと言ったら3杯来た。おかげでへこんだ)、きちんと防寒して見に行きましたよ。スキーウェアの下に、上はボード用のコート。うわ、北極星が真上にあるよ。オリオンなんて前にあるじゃないなんて事に感動。さて、オーロラ。最初は、全然見えなかったけど、山の端のぼんやりした光が気になるなあ。なんて思って(大体こんなところで街灯が雲に反射なんてあるんかいな)。ねばったら、街灯が消えて、動きましたよ。白というか淡い青の光の塊が。ええ、そして、空から降りてくる光のカーテンが何条も。で、アメリカ人のセンスって悪いなと思うけど、オーロラの事をNorthern Lightと呼ぶのはわかるなあ。確かに見たときには北のほうにサーチライト(にしては弱いけど)のような光が空に何条も上がってるのが見えた。うーん、こんな田舎でさえこのくらいか。赤や青や黄色や緑の華やかなのとか動き回るのを見るとしたら本当に山の中じゃなきゃならないんだろうな。大体、こんな田舎でもオーロラが出たら街灯消すってことくらいしてるのに。

 オーロラを見たがるのは日本人とドイツ人だけなんて聞いたけど、確かにいたのは日本人ばかり、いいじゃん別に。フィンランドへ行く前に、フィンランドに行くって話をしてオーロラが見られればなんて言うと、(さすがにブラブラしてくるなんてごく親しい友人にしか話してないから)大概「俺も一度はオーロラ見たいなあ」なんて言ったけど、すばらしく晴れていれば、見えます。

 手の先が痛いくらいになったのでシャワー。なんだ?このスヌーカーの選手権。へえ、ドイツのテレビ番組をそのまま流してるのか。
つまり、ドイツからの観光客も多いのか。ハンドボールの試合で乱闘してるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第2週のアニメ2.0

好きなものは好きだからしょうがない!!
「#10 憎悪」
 さて、過去の真実。あれ?祭って昔から友達だったんだ。永瀬部長の研究材料だったってこと?実は祭は庇護者?直は何をされたんだろ?へえ、昔から夜覚醒してたんだ。2重人格?ほお、夜は相沢の実験に勝つための別人格か。学が祭の部屋へ。
 時間はたっぷりあるようだ。さて、真一郎と七海が幼少のみぎりの二人を救い出そうとしたのか。二人とも若いねえ。でも、直が転んで逃げ切れなかったのか。空が助けてくれるって思ってたのか。頬へのキス。夜に頼るなって事は直であるべきだという事だな。キス。鎖骨へキス・・・やるなあ。押し倒しちゃって・・・。七海だけ一人で去った。祭が部屋にいる。よく見たら裸で寝てるんだな。多分、全裸。ちょっと体が貧弱。がっかり(爆)計画は発動するらしい。空先輩の身に危険が迫ってるとな。さて、七海の秘密。ほお、人格操作で空がその対象。で、七海が相沢の下でその研究をしていたのか。七海先生は嘆く。真一郎の前に素直が。迎えにこなかったって。それに空は壊れかけてるんですが。


グレネーダー ほほえみの閃士
「天都入り」
 弥次郎はやっぱり昔を思い出して悩んでる。船頭も弥次郎に反応かと思ったら、琉朱菜の事か。へえ、船頭は水中閃術の専門家か。おいおい、水中で銃を売ってるし、船頭は船頭で説明をボードでしてるし。しかし、あの胸は浮き袋か?お、みかんが風船を。で、気泡のトンネルかよ。うーん、水と空気が混ざってるならもっと大変な動きしてるけど。あ、ヘリウム入り?面白い声になってる。強い命を探す・・・か。みかんが笑えと知った口を。げ、船頭も道化師にやられた。さて、天子さま、邪魔者はつまり弥次郎。グラサン(?)の姉ちゃんが色仕掛けか?
 鉄破だ。まず風呂。そして、鉄破登場。へえ。弥次郎と鉄破でひそひそ話をしたら妙にノリが良くなったんだけど。みかんは勘がいい子だ。かすみ姉さんってのがグラサン(?)の姉ちゃんでヨタカになったわけね。鉄破は真面目に考えていたのか、それとも単にすけべな事を考えてるのか。みかん、そこだったんだけどね。ああ、最後の守りが桃華だったのか。気づいてたんだ。弥次郎はね。おお、上乳まで脱がしたぜ。もっと見たかったなあ~おお、ドレスアップした琉朱菜いいけど、自分の姿を見たらあら天子の所へ行くって。琉朱菜は真正面から登場だ。鉄破も疑ってる。さて、道化師が。ほお、グレネーダー・殲滅閃士の称号を得たのか。


まじかるカナン
 あ、OPが代わった。最初からこれでやってよ(笑)。
「真実」
 面白い事。ベルガモットの娘が分ったって事か。あのセプティムが感情を露にして。確かにねえ。あなたは私の感情を分ってないって。さて、ちはやとパパ。パパは生きているとの母の告白。さて、セルリアンブルーこと。魔法戦士としては無理か。それぞれ色々あるんだねえ。ちはやは元気ないし。女王も内心いろいろあるんだろうなあ。さすがにナツキも気づいたか。
 みーんなお休みです。まず、城の内先生の所へ。と、思ったら昔からいなかった事になってる。カレンデュラはへらへら。さて、ちはやはナツキを心配してたんだな。で、カレンデュラが出てきて、変身したカーマインを責めてるんだけど。あ、鞭打ちでちはや覚醒というかとても強力なモードに。で、セルリアンブルーに変身しないとと言っている。まあ、覚醒させるのが理事長の意図なんだな。でも、セルリアンブルーに変身しても太刀打ちできないけど、やっと普通のカーマインに戻った。ベルガモットことパパ登場。だからあ、こんな微妙な時期にEDアニメを変えやがって。これ、いいじゃない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第2週のアニメ1.5

魔法先生 ネギま!
「Ubi concordia,ibi victoria Ⅹ」
 まき絵ちゃんたち、バレーボールと思ったら高等部の人にいじめられるわけね。で、戦闘。きょうは運動部なかよし4人組メインの回なのね。高等部はみんなショタか。絵描いてる人違う?+あやかと明日菜。おお、さすがたかみちの力。お、体操着だ。で、バレー合戦だ。と、思ったらドッジボール大会か。
 で、大会みたいな対決だ。結構派手にやってるなあ。高校生も体操服になれよ。しかしなあ。おお、緑ブルマだ。高校生は。お、ねぎ先生がんばる。運動部4人組ががんばる。エヴァンジェリンは無関心。ま、高等部と仲良くなってよかったね。


BECK
「FESTIVAL」
 始まった。グレイトフルサウンド。力也登場。がんばれって。真帆登場。竜介と真帆、関係ないんだ。で、真帆のところにはヨシトから電話。で、竜介は例の夢の話を。でも千葉は見てないんだっけ。と、千葉にお前は夢を見てない、いるべきじゃない人間かもしれないって言ったら、平君が激しく怒ってる。竜介は真剣というか追い込まれてる。年長組はもめそうだ。千葉行方不明。おばはん、悲しんでる。彼女なりに。マリアは誘ってきた。もう直前だってのにぐちゃぐちゃ。千葉は激しく悩んでる。悲しがってる。太陽はまぶしいんだな。何か千葉が動いてる。
 奇跡のために動いてる。竜介だけ、弱気だ。マルコムは何を渡すんだ?雨・・・。千葉は家に帰るって。さて、メインとサブが開演。ベルアームとマルコムだ。ヨシト登場。おばはんと年少組がやる気を見せてる。雨の中500人が待ってる。500人が待ってる。松岡さんも来た。コユキ、行くんだな。行ってらっしゃい。500人のために。"I've Got The Feeling"か。サクはドラムで登場。力也君が俺の知り合いだって、誇らしげに。平君、コユキのテンションにいきなりついてけないか。ま、竜介以外は失うものはないんだよな。

 なーんてな。


JINKI:EXTEND
 赤緒拉致後から。
「赤と黒」
 で、裸で立ち上がっちゃったわけだが。シバ。陵辱というかされかけたのか。で、シバ登場。青葉風なんだけど。で、バネットは怒るのだが、賭けね。硫黄島破壊。とにかくジンキの攻撃を受けてるのか。あ、やっぱりスタンダールか。赤と黒って、シバは青じゃなくて、黒か。で、泳ぎに行ってるよ。いいねえ。さて、黒将らしいやつが。
 まあ、なんかのどかだよな。さて、赤緒達。行けば分るってのは猪木だ。あ、想像通り硫黄島だったのか。赤緒には耐え難いよな。はい?二人はへえ、クローン技術で黒将に作られて、へえ、赤緒vsシバで戦えってのか。「知るのが怖い」ってのも手だよな。ああ、なるほど、シバは青葉or(and?)静香で、赤緒は赤緒か。シバやっぱり殺すって。えーと色とりどり(といってもくすんだ色だけど)のジンキ出撃。いやおうもなしに覚醒。シバ自壊。さて、何が起きたのか、想像力に欠けるメンバー。ついでに赤のジンキに載る赤緒も崩壊か?次回タイトルは「家族」微妙・・・


らいむいろ流奇譚 X CROSS ~恋、オシヘテクダサイ
 どうして、エロエロ期待の回に限って録画を落とすのか・・・鬱。


魔法少女隊アルス
 総集編。うーんEDアニメだけ欲しいんだけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第2週のアニメ1.0

月詠 MOON PHASE
 アルト様が線香花火。光は気を高く持っているのだが。アルト様はルナ殺す宣言なのだけど。耕平をもらう事にした。つまり、耕平を殺す。
「第22話 おにいさま、そんな人だったんですか!?」
 話紹介のイラストがいい感じ。こういうの好き。で、本家。葉月元気ないんだけど、お、耕平が来た。葉月も悩んでるんだな。まあ、喧嘩するほど仲がいい光ちゃんが囚われになったんだものな。葉月が笑ってる。さて、薫。おお、最高会議。じっちゃん、謎の淑女と弥生様か。小次郎?あ、成児が怪しい。弱いなあ。ハイジ・・・そりゃ気を弱くするわさ。さて、首筋の石。裕美さんだ。じょうがん?ほお、封印の話ね。会談の結果が究極の力を開放させるという事ね。で、幼少のみぎりのじいちゃんに連れられてた眼鏡っ子って誰?
 さて、アンニュイな成児。あの眼鏡っ子って成児か。さて、石発動か。さて、解くと。力の制御が出来るまでは葉月と会ってはいけないのか。でも、判ってやれよ、葉月。君のためなんだからさ。薫ならいいんだよね。薫ってそういうのを出せるのね。消せってさ。薫を守るために耕平はできるのか。出来たようだな。葉月夜這い。でも結界くらいは張ってあるわけだ。愛する人とは血の契約を結ぶなって忠告。もっと厳しいのか。あ、裕美さん登場。いまやアジトへ。ついたてを隔てて・・・。会いたいんだな。で、その結末は。で、耕平は避ける。なるほど、全ての意味で自分をコントロールできないと、葉月を見てもそう思えてしまうわけね。化け物って。

うーん、EDの無邪気な葉月は可愛い。だからこそ、この砂浜が寂しく見える。来た~!!EDイラストは西E田のエロフリーデ様!!


魔法先生 ネギま!
「Ubi concordia,ibi victoria Ⅹ」
 まき絵ちゃんたち、バレーボールと思ったら高等部の人にいじめられるわけね。で、戦闘。きょうは運動部なかよし4人組メインの回なのね。高等部はみんなショタか。絵描いてる人違う?+あやかと明日菜。おお、さすがたかみちの力。お、体操着だ。で、バレー合戦だ。と、思ったらドッジボール大会か。
 で、大会みたいな対決だ。結構派手にやってるなあ。高校生も体操服になれよ。しかしなあ。おお、緑ブルマだ。高校生は。お、ねぎ先生がんばる。運動部4人組ががんばる。エヴァンジェリンは無関心。ま、高等部と仲良くなってよかったね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

3月3日から5日までの酒

(立川にて)
WET BY Beefeater
Oban Double Matured

(立川にて)
Georg Schneider's Wiesen Edel-Weisse
 シュナイダーのオクトバーフェストビアだよ(完璧に季節外れ)。オーガニックとか書いてます。通常品に比べて柔らかい味がします。ラベルの上に白黒で書いてある遊園地風がその昔のミュンヘンのオクトバーフェストの会場の絵なのでしょうか。
JEVER
SINGLE MALT Couvreur's Clearach
 ウィスキーの95%は樽で決まるとおっしゃるベルギーのおっさんが熟成させた「モルト」の5年もの。中身は不明だが、そう主張するだけの事はある、香りが良く5年とは思えない優しい「モルト」。

(国分寺にて)
WEIHENSTEPHANER HEFE WEISSBIER
APPLETON
WILKINSON GIN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第1週のアニメ2.0

 うわ、ビューティフル・ジョーって面白かったのか!次回予告でにやっとしてしまった。

ケロロ軍曹
「ケロロ小隊 春のうららの大作戦 であります」
 いきなり秋ママのおっぱいムギュだ。夏美がうらやましがってる。確かに効くよな!ふぬけの力ならこっちもいくらでも提供できるぞ。でも、ケロロ軍曹は相対的に働きものに見られるのか。しょーがねえなあ。エヴァ風なんだけど。コゴロウってふぬけの力なんて手に入れてないじゃん。普通にしか見えないが。あれでやる気がないのか。妹のラビイにはわかるのか。お前らが吸ってどうするんだよ。

 しかし、うた∽かたのCMを朝っぱらから見ると・・・一家四人でDVDを見ちゃったりするのか?ははは

「冬樹ダメダメハザード救出作戦 であります」
 皆日記とか書いてるの?ヘブンズドア・・・さあて、どんなのが出てくるか。歌はいいねえ・・・とか。あはは。ハレルヤ合唱が流れてるし。でっかいレイ風なんで、4人目とか言ったり、わたしは人形じゃないとか。あーあ、いいのかな。マーチインパクトですか。出た、私が死んでも代わりはいるものか。へえ、巨大女は榎本温子だったか。ちょっと意外。


好きなものは好きだからしょうがない!!
「#9 空と直」
 直は何をやってるんだ?怪しいプロジェクト?さて、空はシャワーなのですが。真一郎と七海が登校。うわあ、耳に、耳に!永瀬?カイは息子か。確かに真一郎は大人気ないよな。相沢ってのもいるのか。うーん、難しいな。で、祭りとちっちゃいものくらぶだ。そうだね。ホワイトデーか。で、空は科学部。ひやあ、直が空のシャツの匂いをかいでたりする。うわ、直の迷惑なんだよ発言。直君のもてあましてるってなんだろう。という事で一人部屋へ移るのか。
 おや、らんが夜這い、そして夜モードに。永瀬部長だ。永瀬部長がいやらしい手で学の手をなあ。祭は何を気づいているんだろう。ただの賑やかしじゃないんだろうな。空と直が結ばれると計画が発動しちゃうのか。おいおい、じらしてたのか。学が見てた。学はどうされたんだ?祭の策略で二人で学園に忘れ物を取りに行かされるのか。古典的だなあ。空の頭痛。さて、この建物の上には何がある。空は素直に直の事を考えてるんだな。学は倒れている。


グレネーダー ほほえみの閃士
本当に霊峰なんでしょうか。やっちゃんは経験が色々あるようですが。
「風花、舞う時」
 昔の思い出。仲間の女。みかんと琉朱菜が風呂(サウナ?)に入るって言っても反応なし。下から。弥次郎は色々判っているんだろうけど、みかんの考えている事とは違うような。弥次郎の元にその女が。彼女は谷へ落ちたのか。風花。氷の様に冷たい目をしている。さすが風船だけど、なぜ、みかんはバニーで、琉朱菜はうさぎさんか?銃が取れない。巨大な狙撃。風花か。みかんのおっぱいで温めてるよ。あ、みかんを風花と思ってる。傷口が広がったか。げ、白土風花という狙撃閃士になったのか。でも、何故。
 雪中の戦いは風花の方が強い?と思ったら琉朱菜は風花が弱いって見切ってる。風花が動揺している。道化師登場。でも、やっぱりみかんの雪中バニーは変。最後の命の閃きを魔閃と同化させたのか。魔閃をはげせば風花が死ぬのか。天主の考えはさて、どうなのだろう。どー考えても琉朱菜の考えとは違うんだがなあ。風花は風花で彼女の考え通り。弥次郎は止める。さて、頭上には道化師。で、風花と弥次郎が動揺したのは、道化師が彼らのリーダーだったからなのか。風花は生きている。弥次郎と、そのリーダーだった開山導師か。ふーん、強い命を探していたのか。剣を選んだものの方が強いのか。どうして変わったんだ?そして弥次郎は琉朱菜を正しいと。風花と弥次郎は谷の割れ目へ。繰り返すのか?頼む、もう一度繰り返さないで欲しい。微笑んではダメだ。弥次郎だけまた助かった。辛い。そして、天都が見える。風花。弥次郎の頬を流れたのは溶けた風花か。


まじかるカナン
 お、絵美さんの肩に城の内先生ことベルガモットが。
「セプティム」
 さて、学校だ。さて、女王様が地上へ。眼鏡でいい感じ。城の内先生がちはやの手を引いて。それを見ている絵美さんはむっとしてる。城の内先生は独身でダメダメなのか?うわ、女子生徒に洗濯までしてもらうのか。いいなあ、と思ったら絵美さんムッとしてる。二人の関係はいかに。徹底的な家の中の掃除。で、昔のアルバムを発見したのだが。ほお、ママって絵美さんそっくりなんだ。
 久しぶりの種人間。あれ?浄化自体は簡単に言ったと思ったら、次々復活してくるのか。あ、久しぶりのセルリアンブルー。出た、絵美さん、ことセプティムだ。コスチュームもいい感じだ。お、絵美さんがベルガモットの娘か。つまりちはやの姉妹か。もう、セプティムさんは性格が悪いというかなんというか。おっと、城の内先生と絵美ちゃんは同棲してるのか。こりゃ大変だ。


マシュマロ通信
「しとやかバジル」
 改めてバジルのピンボケ写真について。おいおい、ピンボケは性格の問題かよ。確かに皆が言うようにピンボケ写真が性格の問題って言うのはなあ。でも、サンディは性格があれだと思っていたわけでもないのね。でも、おっちょこちょいって言いたかった結論には達したわけだ。へえ、プラムさんっておっちょこちょいが嫌いなんだな。バジルはプラムさんに弟子入り?でも、ついでに邪な事考えてるんだが。放送部のウォーキングのコネタ。おや、プラムさんは弟子入り拒否。バジルは泣いてるけど・・・嘘泣き?まではいかないか。
 サンディの謝罪。周りはフォロー。でも、バジルは拒否。ほら、サンディ、覗くな。あーあ、気になるんだけどバジルの良いところってどこなんだろう。泣きながら自分の家のドーナツ屋に行くと、皆がいて、読まれてる、読まれてる。でも、安直に戻ると簡単に負けを認めるって事になるわけね。うーん、美少女とまではいかないよなあ。リボンにポニーテールでも。本当にバジルがおしとやかになったかテスト。まあ、バイオレットの浅知恵を露呈しただけだか。おしとやかになってもピンボケ。想像はつくが。単に写真が下手と、クラウドに真っ向から言われたよ(笑)次回は微妙な雰囲気だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05年3月第1週のアニメ1.0

魔法先生 ネギま!
 ちょっと慣れると歌が変わるわけね。代わってるよね。
「Te capiam,cunicule sceleste! Ⅸ」
 明日菜って美術部だったのか。すごい町だなあ。あのバイトしてる町と違うじゃん。バイアスロン部…すごいなあ。日本人で自衛官以外にやってる奴いるんだろうか。鳴滝姉妹の学内探索兼生徒紹介ちょっと。のどかちゃんが図書カードを整理してる。昔やったよなあ。綾瀬さんは冷静。あ、武道四天王ネタなのね(今頃気づくな>俺)
 トイレには付いていけないよなあ。って本当にトイレかよ。さて、モノノケ登場。そりゃ銃持ってるよな。バイアスロン部なら。エヴァンジェリンも含めてバイトって学園結界を守備する事なのね。さて、いい場所って最後にとっておかないとね。世界樹か。大げさな名前だ。うわ、鳴滝姉妹の恋愛ごっこだ。


BECK
「前夜祭」
 コユキ君、何気に学校のヒーローなんだけど。絡まれたけど松岡ちゃんが助けてくれたんだね。で、真面目にやってるよなあ。年長組はすごい気合だ。プレッシャーだね。もう10日しかないのか。あ、斉藤さんだ。げ、桃子さんと旅行するのかよ。それもホーケー手術するとか。プレッシャーかけてるんですけど。斉藤さん。そのハッピー三国志ってなんだよ。あはは、10マイルの蛇って確かにジムモリソンだな(うわ、曲名が出てこない。7マイルだけど。その後ろは「赤いバスが僕たちを呼んでる」が続いていたのかな)。確かに。斉藤さんの詩って聞きたくないけど、マジそうだよな。でも、その歌詞から思うところもあるってか。で、なんで斉藤さんの歌が流れてくるんだMDから流れてくるんだ?すげえおかしい。おいおい、前向きなの?一皮剥けたってのかよ。何か激しく違うぞ。もう、笑いがとまらねえや。ヒトデと一緒だ。町田のどのあたりで飲んでるんだろうなあ。うわ、竜介やりやがったぞ。コユキもやられたしよ。
 さて、お出かけです。そのグレイトフルサウンドの会場へ。疲れて寝てるのか。なんかオリエンテーリングでもしてるみたいなんですが。コユキも、まあ、サクも違う意味で興奮してるんだな。竜介がおにぎりで吐いた。食い物さえ受け付けないのか。レオンの条件は5枚のCDの権利を全て手に入れる事か。プラスアドオン。反対条件って何よ?へえ、一番多く客を集めたらチャラか。レオンも、面白い奴だな。ビジネスって賭けであったりするんだな。コユキとサクはお気楽ですなあ。あ、ヨシトはベンツでやってきて、へえ、真帆がどっちのステージに来るか・・・が、賭けか。で、おばちゃん。で、おばちゃんが仕切ってるんかよ。で、前夜祭にも入れるのか。お、コユキが見つけられたぜ。へえ、誘われたぜ。汗たらたら。ステージに立っているんだけどよ。ろくすっぽ歌えないのか。ヨシトが何か変な通訳をしたな?はい?エイジvs竜介もあったの?落ち込んでるよな。そりゃ。コユキ・・・負けるなよ。

 思い出した。"The End"か。

 なーんてな。


JINKI:EXTEND
 赤緒VSJハーンから。
「ゲームの勝者」
 タイトルは雰囲気が出てるが。しかし、バネットの格好もすごいねえ。はい?Jハーンは兄として慕われてたのか。外れたけど赤緒解放。記憶か・・・バネットと少し分かり合える雰囲気だ。バネットに忌々しい記憶が甦るか。空は嫌い。殺せない・・・さあ、どういう意味か。さて、モリビト2号登場。と、思ったら敵方からも来ました。シュマイザーも登場。でも援護は出られないのね。まだ、戦ってはいけないか。ということで守るわけです。さすると、赤緒の前に。あれ?シバ?静香かと思った。
 まあ、赤緒も勝とうとは思っていないようですが。シバは覚醒させようとしてるんだけど。シュマイザー機墜落。さて、シバは激しく挑発。いや、戦わせると何が起きるのか。抑制が壊れた。で、何をもって勝ったのか。でも、バネットを助けたのか。Jハーンも歪んでるねえ。赤緒はどうしたのか?シバのものってのはどういう意味かな?さて、覚醒したというか、なんというかの赤緒なのですが。赤緒は連れて行かれてしまったのですが。厳しい顔をしているメンバー。そのバネットが仲間入り宣言。さて、ニカラグア(違う)。おっぱいが大きくなった青葉が現太の墓参り。うーん、青葉は貧乳のほうがいいんだけど。あ、シバは青葉じゃなかったんだ。そして、青葉来日決定。で、シバって誰?

 来週はスタンダールだよ(はぁと)


らいむいろ流奇譚 X CROSS ~恋、オシヘテクダサイ
「第九話 子供以上、大人未満」
 なんだよ。前回は皆がスク水だったのか。ちぇっ!あれ?キャラクタソングがあるのか。ほお、惚れ薬の作り方って何か?おお、かすりが先生大好きだって。で、綾が恋の悩みを直す先生か。さて、強志郎が見つけた敵は鹿。で、この遺跡って何やら怪しい。ほお、タタールもライムを持っていたのか。しかし、鹿との拳での分かり合ったシーンは見たかったような。
 綾とカスリは精気を遺跡の中で吸い取られ、タタールのライムを復活させてしまいましたとさ。強志郎が壁を登ろうとして苦戦していると例のわかり合った鹿たちが。で、綾も好きだって告白しちゃいました。ああ、あの鹿(鹿男とか強志郎が呼んでるんだが)、彼も周りに隊を持っているんだな。しかし、エッグ・・・エクかと思ったらそんな安直なネーミングか。次回は時節ネタ(終わった?)百合です。


魔法少女隊アルス
 崩壊が進んでる。あ、エヴァがその裏切り者の魔女だったのか。そりゃびっくりだ。封印された憎悪が開放されるのか。コンプレックスの塊。へえ、あの絶望の底にいたときに仕込んだのか。魔法を使えるようにして。手に入れたものを奪われた時に。うーん、先にエヴァ崩壊。ん?人間界へアルスは戻るって?
 今回も2話連続。戻った。でも、昔の自分を見てる。シーラは光の魔法について何か思い当たったようだけど。さて、アルスは山吹色になって戻ってきた。甘栗は効くか?効いたようだな。アルスそのものが魔法だったんだね。で、グランドマスターはエヴァとシーラに大人になれない魔法を解いたのか。ふーん、アルスって魔法という意味なのか。アルスは魔法界を去るのか。そして、パパがおうちに戻ってきた。これで終わりか・・・まあ、絵は面白かったな。結構アルスにはいらいらさせられたし、違う意味でエヴァにもだけど。でもシーラは最初から最後まで良かった。最後のカットいいな。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

05年2月第5週のアニメ1.0

 今週は月曜だけだから。

月詠 MOON PHASE
 米を研いでるのはおばあちゃん、薫が山を見てる。何か感じるんだろうなあ。何気に3枚目なのだが。
「第21話 おにいさま、それってどこの地方の手まり唄?」
 アルトに似てるのか?投げ飛ばされた光と葉月がキスしてる(笑)。戻れって。で、葉月は案外身軽なのね。ハイジが放置されてるのですが。で、バルガスって案外面白いんですね。パオーンて。弥生がバルガスを結界に封じた。で、耕平だよ。アルトはどんな技をかけたんだ?アルトはぼけだなあ。まずいとか言いながら無心に食ってるよ。アルトはお歌を歌ってるよ。一緒に歌ってるけど、確かにどこの地方の手まり唄?あ、じっちゃんがハイジを止めてる。遊ぼうって。なんかまり付きとか言ってるけど。成児も追いついた。飛んできた耕平がバルガスにナイスヒット。あれ?色っぽいお姉さんが。眼鏡はかけてませんが。
 うわ、アイキャッチすごいなあ。で、耕平はまたあるとの所に戻ったんだけど。手まり唄というよりはお手玉だけど。アルトと葉月対峙。見つかったな。ああ、アルテミスのアルトか。妹ねえ。アルトは影使いか。ばあちゃんも辛いんだな。出て行くなと、黒いベールのエルフリーデさん(すみません、クレジットは「謎の淑女」でした)。やはり妹、姉に嫉妬。何気にすごい力なんだなあ。光が怯えている。「ルナがいたら、私はいらないの?」耕平のバリア。影を消した。なんかアルトがかわいそう・・・さて、葉月が耕平にキス。葉月はハイパー化。ジェダは成児を気絶させて登場。光を連れて行く事にしたのか。次の満月の夜か。じっちゃんは・・・(すみません、クレジットは「謎の怪人」でした)。今度は戦えたけど、また、巻き込んじゃった。彼女が光のために涙を流している。今回のEDイラストはみつみ美里

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2月24日から27日までの酒

アクセス解析が飛んだみたいだ。23時前に見たアクセス解析にはあった04時台以降のアクセス記録がきれいさっぱり抜けている。

(立川にて)
Grolsch(Holand Beer)
JUNIPERO GIN ANCHOR DISTILLING
ビールで有名なANCHORのジン。くせがなくて、とっても飲みやすいぞ。
PENDERYN(Welsh Whiskey)

(国分寺にて)
Liefmans GLUHKRIEK(Bergian Beer)
 まだ、寒いっすよね。
DENIS CHARPENTIER XO
 なかなかよい香りのするコニャックでした。やっぱりコニャックって女性的な雰囲気がするよなあ。アルマニャックと比較してだけど。
JUSTINO'S MADEIRA BOAL 10Y
 BOALがブドウの品種だとは知らなかった…クラスか商品名かだとばかり思ってた。

(立川にて)
DRAMBUIE

(国分寺にて)
ERDINGER Weiss(German Beer)
ORVAL(Bergian Beer)
Fernet Branca Mentha

| | Comments (34) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »