« 04年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 04年11月第5週のアニメ1 »

04年11月第4週のアニメ2

ケロロ軍曹
「極秘!夏美のお誕生日大作戦 であります」
 夏美さんの誕生日といえばギロロが反応しないわけないな。で、冬樹君は西澤さんに相談。何をやらかすのだろう。裏が今回は派手にデコレートしたけど、。夏美さんには子供っぽいのはダメなのにね。
 作戦当日。確かに着々と進んでますなあ。皆さん参加だ。しかし、この食い物怖い。しかし、お姉さんは友達とお勉強で遅くなったのか。良かった。喜んでる。涙ぐんでるし。ギロロ伍長は夏美への誕生プレゼントを宇宙に行って取ってきたのか。で、ケロロ軍曹は自分の誕生日についてもちゃっかり宣伝してるな。

Alive & Kickingって誰の曲のタイトルだったっけ?と思ったが、Alive And KickingはSimple Mindsか忘れてたな。大元気なんて意味があるのか。ネットの英和辞書に載ってたのだが、そもそも「大元気」なんて日本語があるのか(笑)?

うた∽かた
 昔、「果てしなく青い、この空の下で…」ってゲームがあった。パッケージ見て「これはちょっと辛いシーンがあるかもしれないけど、基本線はラブラブハートフルゲームなんだ」と勝手に思い込んでプレイしたら…。私の苦手なシビアでホラー風味なゲームだった(ちなみにこのゲームは自分の中では名作だが)。それに近い感じを受けている。「うた∽かた」がそこまでの作品かどうかはまだこれからだけど。
 BGM集のCMが平和すぎる…
「恋愛の痛痒」
 蛍子ちゃんからのメールだ。一夏が吐いてる。舞夏も苦しいんだろうな。なんだかよく分らないけど上着の首のところを引っ張って胸の形が。お互いに隠している事は何だろう。仲良し4人組+舞夏で江ノ電で江ノ島へお出かけ。ホームには小暮さんが。あの二人って未知子の妹なのか。初デートなのね。未知子とのお別れのときに一瞬目が赤くなった。気づかれたな。おや、蛍子には連絡なしか。ふられたのかな。食べないのはダイエットって事にしてるけど、手遅れじゃないって不穏な言葉。小暮さんがもう喉に何も通らないから可哀想とか言ってる。表情は変わってないけど楽しいんだろうな。さて誓唯の間に合ったって?
 舞夏は怖がりの本領発揮。中で悲鳴。当然舞夏だろうな。恋愛成就の神社へ。その小さいお二人も神社へ。ひっこしをしなくて済むように、離れたくないって言葉が…。恋人の丘ってのがあるのか。その、花火の日のこの前の彼氏が新しい彼女と来てました。さよなら…か。小暮さんも何気にいる。あ、本当は間違えメールの内容を確認したかんったのか。目が赤くなってる。蛍子の心の慟哭が聞こえるのか。ジンの力で見えるだけじゃなくて感じるのか。勝手にジンの力が発動。停電まで発動させるようになった。ひえ、作り物の電気で人と人の関係を…とか言ってるよ。病院の電気まで止めたのか。さて、舞夏と一夏がいない間に蛍子の「泣いてもいい?」ってのってこの前の花火の逆。でも、皐月のセリフって…ひどい体験をしていたの?小暮さんは一夏の元に歩んでいく誓唯を止めない。小暮さんのギリギリセーフって何だ?サングラスをかけてる。赤い目が治らなくなっているのか。誓唯の本当の事って…。おお。今回のEDイラストは吉崎観音か。

神無月の巫女
 大神兄弟がソウマを発見。そして屋敷の中では姫子が膝を抱えてる。自分の身に起きた事が、信じられないみたいだ。
「黄泉平良坂へ」
 ソウマは自室。天の叢雲の復活を望んでいないのは…千歌音。青いものはうろこ、オロチに裏切った事への呪いなのか。最終的には全てうろこで覆われる。うええ、気持ち悪い。知りえた事実。長兄はやるべき事をやり、ソウマにはお前がすべき事をしろと。そして、姫子には一人でやれと。千歌音はオロチの元にいる。ギロチの手の甲へ短刀一発。姫子は千歌音の屋敷へ。どういうわけだが、千歌音が彼女を待っている。と思ったのは夢か。千歌音は邪魔するなって。おまけにギロチを石化させたり。レーコ、コロナ、ネココが腹を立てて攻撃。でも、全然効いてないやい。そして、学校ではまたあそこにいるかもという事で姫子が例の木陰へ向かうと。いじわる三人組に止められて責められてる。そこへ真子登場。
 真子は有無を言わさず姫子を連れて行く。さて、結局オロチの皆さんはミヤコを除いて石化。ツバサは不明。ミヤコは応戦しているが。まあ、実際は敵ではないんだろうな。やられた。とりあえずツバサは復活か?さて、今度は姫子が真子に支えられている。姫宮さんの所に乙羽さんからの手紙。ソウマは修行中か。で、姫子は屋敷のピアノに触れる。姫子にはやっぱり千歌音が忘れられないんだ。オロチの元では千歌音とツバサが戦っている。乙羽の手紙では千歌音は姫子を待っていると。さて、激しい戦いを終えたツバサによると今の千歌音は一人にして八人を兼ねる、そして、千歌音は自分に似ていると。姫子は再度日の巫女として、千歌音の気持ちを知るために。ソウマの元には兄の剣、そして、ツバサの謀に乗って楽しそうな千歌音。この四人はどう絡み合ってエンディングに向かうのだろう。とりあえず千歌音と姫子は次回には再開するようだが。

プリンセスアワー
<Φなる・あぷろーち>
「大決戦!!愛と銃撃の彼方」
 兄と妹が勤務する例の喫茶店。そこへスーツの3人組が登場。中の一人は兄か。笑穂とは付き合うなと。西守歌は主人公のために。ほお、金持ち同士か。面白い婚約者だ。で、豪華クルーザーでの結納。そこへ主人公と西守歌乱入。主人公は笑穂と逃げます。西守歌は暴れまくり。もう、ぶち壊しです。西守歌強い。兄もなかなかやるタイプみたいだ。で、西守歌に惚れちゃったよ(笑)。その笑穂の婚約者が。妹と美紀が救出に来ました。おお、主人公と笑穂のキスは西守歌によって阻止。最後までドタバタだ。で、主人公の気持ちがどうなのかっていう事になるわけね。ゲームだと既に十分バッドルートだと思うのだが…

<W ウイッシュ>
「隠された過去」
 朝だ。生足で膝を抱えている泉奈が暗い(寝てないんだろうな)。脚はきれいだ。幼い顔をしているけどスタイルはいいよな。主人公は泉奈の苦しみをどうにかしようと思っているのだが。主人公頭痛。大学の人が尋ねた謎の文字盤。その裏にはアルバムが。さて、その中には春陽ばかり写っていて泉奈はいない。文字盤反応。じゃあ、泉奈って何者?という当然の疑問が。春陽は可愛い格好で寝てるな。何故か(笑)春陽の家の前。で、カフェでお茶。泉奈がいない理由を春陽に…春陽も話せない内容なのか。で、例の不思議系少女智は何か知っておるのか。あ、泉奈の黒のパンツらしきものが見えた。この際本当はブルマだとしても構わない。でも泉奈は黒パンツって感じじゃないんだけどなあ…。なら、次は春陽のパンツを見せないと不公平だよな。とにかく春陽は泉奈はいてはいけない(穿いてはいけない…ではない)、本当の妹は自分だといきなり結論を言い出すし、泉奈も兄が知った事を知ってショックを受けている。

|

« 04年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 04年11月第5週のアニメ1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/2090930

Listed below are links to weblogs that reference 04年11月第4週のアニメ2:

« 04年11月第4週のアニメ1.5 | Main | 04年11月第5週のアニメ1 »