« 04年9月第3週のアニメ2 | Main | 04年9月第4週のアニメ2 »

04年9月第4週のアニメ1

ふしぎの海のナディア
「はじめてのキス」
 あーあ、ナディア怖いなあ。喧嘩してるし。ナディアってエロくていいよな。ああ、3人組もピンチなのか、なんなのか。ネモのお葬式だ。ジャンはとことんお人よしで優しいよな。カーテンを開いて見ているキング。

鉄人28号
「黒部の危機」
 げ、本物のクロロホルムは操車場で殺されてたのか?所長正義の鉄拳!!泣くな男よ。ねんねしな。さて、ブラックオックスは働いておるわけですが、で、ベラネードとビッグファイヤー博士は黒部でブラックオックスを使うのか。探偵事務所で敷島博士、大塚、それに官房長官までいるや。それにすき焼きだ!!まあ、にぎやかで楽しいな。みんないるね。正太郎、良かったな。ああ、いなくなった時の事を話し出すか。ほお、やはりあのスパイが綾子への資金提供もしていたのか。バギウムの事もすべて話すか。バギウムを消滅させようとしたか。まあ、確かにほぼ全て消したけど、PX団を消し去ろうとして、その上、へえ、オックスの大量生産は彼の仕業だったのか。で、あの男の正体は…戦時中からいたスパイか。次の戦争のための。そうか、次の戦争か…。重いな。戦後という言葉。敷島は鉄人はない方がいいと。あの戦争の本当の終結は鉄人が存在しないこと…それは確かに論理的な帰結だろうな。それは理解できる。
 さて、ベラネードさん、オックス出動だ。ビッグファイヤーも間に合ったか。戦争開始!!鉄人のある灯りの消えた町の光景。そして鉄人のない華やかな街の姿。悲しみと熱さ。よき明日か。バギウムさえなければ…それ自体が不可能なのか。我らの罪を忘れさせないためのものと思ったのか、官房長官は。罰ですか。ほお、生き続けるべきだと言ったのはPX団か。突然量産型ブラックオックスが全て停止。逃げられたか。ブラックオックスが出た。ファイヤー3世とブラックオックスの対峙。そして、ブラックオックスが再起動してファイヤー博士とベラネードを…、うまいな。ラス前に官房長官、最後に高見沢秘書。出た!関刑事だ。そして、関刑事は黒部の異変を察知。わ、事務所が逆に探知されたか。オックスのエネルギーが切れかけ、官房長官の日本の発展のために黒部を守りたいとの言葉。黒部。ああ、この今川監督は実は偉い人には偉い人として考えて欲しいと思っているのかな。
 ほお、勝てるかもしれないという敷島博士の言葉…。とりあえず逃げ出した。げ、鉄人の中にバギウムを入れるのか。そうすると鉄人は信じられない力を手に入れるのか?そうなると鉄人はどうなるのか?スーパーパワーを手に入れる…その代わりバギウムと太陽爆弾の両方を始末するには溶鉱炉に入れるしかないのか。鉄人は戦後生まれなのか。正太郎の気持ちじゃない、村雨の言葉はいいな。「どっちにも使わないなら俺が決める」か。高見沢さんに「じゃあな」。漢!!

魔法少女隊アルス
 雲が流れてる…アンニュイなシーラ。で、聖地って何よ。グランドマスターってどうなのかねえ。シーラの顔にアテリアの顔がかぶさる。おや、アルスは違う意味でポジティブ。さて、シーラが呼ばれました。市民の動揺。魔族と通じる魔女は誰なのかなってお話。どうして、シーラちゃん、ニコニコ明るいんだろうな。でも、ぶっきらぼうなシーラの方がかわいいな。あ、一芝居打ったのか。シーラ。

|

« 04年9月第3週のアニメ2 | Main | 04年9月第4週のアニメ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/1517317

Listed below are links to weblogs that reference 04年9月第4週のアニメ1:

« 04年9月第3週のアニメ2 | Main | 04年9月第4週のアニメ2 »