« 7月13日から19日の酒 | Main | 04年7月第4週のアニメ2 »

04年7月第4週のアニメ

蒼穹のファフナー
「迷 しんじつ 宮」
 う、このOP。気合入ってるよなあ。新国連なんてあるのか。それにしても日常…あまりの普段どおりの生活。なんだかねえ。適合能力があればとは言ってもさ。まあ、地獄へ行く前の平穏か。
 謎の少女登場。というか人じゃないみたいなんだけどね。とりあえず何やら起こったな。よく分らない事が。新国連機がこんな時にやってくるなんてねえ。

ふしぎの海のナディア
「消えた大陸の秘密」
 ブルーウォーターはナディアにとっての呪いだよなあ。なんかこのナディアの内面の対話シーンはエヴァに引き継がれてるな。とうとうアトランティスへ。ジャンは葬儀の途中でも好奇心を失わないね。父の死を知るか。
 不思議な雰囲気だ。特に後半は。

ギャラクシーエンジェル(第3期)
 この訳の分らなさは相変わらずだな。でも、面白いんだよな。生で見ちまった。いや、前半は「ミクロの決死圏」ネタなのは分るが、後半はねえ。なんなんだよ。ただのお見合いネタかと思っていたら異形の生き物と心優しきおぼっちゃまの心の触れ合い、そして、スパイダーマンねたに展開。最後は妙にカッコよかったぜ。うーん、テープの運用がうまくいくなら毎週見たいのになあ。

鉄人28号
「京都燃ゆ」
 最初の前フリにもバックに「なのにあなたは京都へゆくの」がかかる。とりあえず敷島博士は重要参考人として拘置される。綾子さんの寺に家宅捜索。そうか、陰謀団の監視下で人工知能を育てていたのか。妊娠していた?うーん、でもどうして京都を燃やそうとしたのかよく分らない。罪深きもの…自分の意思で戦う、鉄人の頭脳か。敷島博士はこの人工知能計画と鉄人計画の橋渡し役だったのか。人工知能の中に人格を発見したか。そして、人格は正太郎と同じくらいの歳か。「なんか難しいことばっかりね」というのは高見沢秘書の感想だが、ちょっと自分もそう思うのも事実。すかっとしない話が多いな。ちょっと脱線した。
 うーん、お父さんに頼んで殺人の概念を消してもらうと綾子が言うと、ロビーが口ごたえをしている。難しい年頃だ。灯りをつけるとロビー復活。うわ!ロビーが仏像になった。というか仏像の中にロビーを移植していたのか。よし、いい感じで暴れているぜ。ロビー(inside仏像)は反応スピードがいいな。戦争があっても何も変わらないかの様にある京都が憎い、逆に言うと自分も周囲も変わって行ったというのに…ということか。やはり、綾子さんの二人の子供とは生まれてこなかった敷島博士の子供とロビーの事か。なるほど、「犯人は敷島」というのは敷島綾子だったのか。なるほど、ロビーは真実を知る不乱拳の弟子達を殺して母を助けようとしたのか。うーむ、彼女が敷島博士に渡した千人針はロビーの回路図になっていたのか。ロビーを止める事も回路を変えてリモコンで可能。「お母さん」とよびかけるロビー、抱きとめようとする綾子さん…。結果として敷島博士が元妻を殺したような気がしないでもない。
 ところであの陰謀団は…後で出てくるのか?

魔法少女隊アルス
 今週は「天才びっと君」は生放送スペシャルだったから…一回休み?

|

« 7月13日から19日の酒 | Main | 04年7月第4週のアニメ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/1037882

Listed below are links to weblogs that reference 04年7月第4週のアニメ:

« 7月13日から19日の酒 | Main | 04年7月第4週のアニメ2 »