« 光と水のダフネ…最終回に向けての考察と妄想 | Main | 04年7月第1週のアニメ »

04年6月第5週のアニメ

LOVE LOVE?
「嵐の中で輝いて」
 八神のパンチラ。おお、DVDでの最終回も作成終了か。どうしてコスプレイヤーショウも中止しちゃったのだろうか?よくわからん。最終回、全員集合。終わった。最後の最後で八神さん、全裸。素晴らしい。

ふしぎの海のナディア
「走れ!マリー」
 まあ思想の問題だな。マリーの行動だけでも面白いかも。「なぜ殺した?」「殺さなければ殺される」というのはアニメでの永遠のやり取りかな。

鉄人28号
 う、戦時中の動物園での動物殺害の回顧。それも殺し方の詳細な記録付きで。殺した動物が彼を見ている。拘束された八木の視点から話が進む。園長殺人?ん?彼?光る物体が彼の友人?
 擬態が可能なのか。そんな物騒な光る物体を動物園に置きやがったのか。うーん、光る物体は餌を求めて人を殺し、彼は猛獣虐殺の罪を負った。そういう暗い仲間同士…。彼だけは殺さない、生き延びさせようと思ったのか。彼を見つめる動物達の姿が怖い。
 戦争の中での生きていてはいけないもの達…か。そして、動物園閉鎖によって園長を殺したいと思ったのか。どうして…彼の部屋にはどうして動物の剥製が。うえ、あの光る物体が…鉄人で役に立つのか?あんなスライムみたいなものに対して。光る物体が象に変身。まさに伸縮自在。それにしても存在が許されない存在というモチーフが多いな。それがこのアニメの主題か。八木に知らせたくない事実とはなんだ?今度こそ守って見せると言っても鉄人に捕まってしまえば…というか彼が光る物体だったのか。本人は死んでしまい、その光る物体に記憶・人格が移されていたのか。そして、檻の向こうから八木を見つめる動物達は彼のことを気遣っていた事に多分、死ぬ直前に気づいたのだろうな。それにしても悲しい。

|

« 光と水のダフネ…最終回に向けての考察と妄想 | Main | 04年7月第1週のアニメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/892717

Listed below are links to weblogs that reference 04年6月第5週のアニメ:

« 光と水のダフネ…最終回に向けての考察と妄想 | Main | 04年7月第1週のアニメ »