« June 2004 | Main | August 2004 »

04年7月第5週のアニメ1

ビデオを上書きしてしまい「蒼穹のファフナー」と「ふしぎの海のナディア」は見ていない。残念

鉄人28号
「黒龍丸事件」
 最初に平成にも鉄人はどこかにあるという話が。この事件が転換点か。ベラネード財団がもう一方の登場者。ロボットがベラネード財団を襲撃。鉄人28号登場。警視庁の前で殺人事件。ダイイングメッセージが「海底の墓場。黒龍丸。バギウム」。さて、戦犯としての刑期を終えて出所してきたビッグファイヤー博士が敷島重工で鉄人のロケットを修理。彼は敷島重工を自分のために使おうとしているようだが…前半は長い前フリか。
 大爆発に漁船の遭難。そして正太郎がオックスで第3黒龍丸の調査へ。敷島博士は何か知っているようだが、何が隠されているのだろう。しかし、これが二人の別れとはどういう意味なのだろう。謎の男の訪問。そして、待ち合わせに来ない彼。オックスで黒龍丸調査。なんだ?カニロボット?目が大きくて可愛い。正太郎だけではなく、カニロボットも黒龍丸を狙っている。だが、船内にあった正太郎とは何だ?オックスはカニロボットに捕まって自爆させられた。中の正太郎という言葉については「よく判断するように」という敷島博士の言葉が。高見沢秘書はいるが、署長がお払い箱で金髪の男が。その上、村雨健治までいやがるぞ?大塚署長更迭の後は敷島博士は…え?自殺体で発見?おいおい…

魔法少女隊アルス
 今週も「天才びっと君」の1学期ダイジェストだったから…なし?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スチームボーイを見て

無論ネタバレありなので、そこのところはご注意を。
 前日は「いかレスラー」をレイトショーで見て、いー感じで脱力した後に国分寺へ飲みに行く。そして翌日は友人h君と某所で「スチームボーイ」
 結論、二人とも満足。
 つうか、見る前に彼と話していたのだけど、某新聞の映画評やBBSの評判の話をしながら、「別にAKIRAを望んでる訳じゃなくてスチームパンクなんだから、壮麗ならいいんじゃない」と。
 予告編の「ハウルの動く城」を見た。劇場を出た後で「案外、キムタクのハウルって当たりかも」とか話をした。これも見ておこう(笑)。まあ、スチームボーイが公開を早めたのも分らんでもないな(笑)
 さて、本編。紡績工場のピストンとシリンダー、そして歯車。もうこれだけで「おおっ!」という感じ。私はこれでかなりきましたね。
 そりゃ話に深みがあるとかないとかは気にする人にはあるかもしれないけど。ある意味スカッとした話でした。自分ではスチームパンクは日本人にあわない(そもそもh君は『スチームパンクって流行したんだっけ?』とのたまってました)、と思っており、それなりにうまくやったのは「サクラ大戦」くらいで、それも途中伝奇物語的になっているので素のスチームパンクは日本人には難しいんじゃないか、大友克洋のお手並み拝見と思っていたのだが、意外にストレートに扱われると面白いと思えた。多分、かなり時代考証もきちんとやったのではないかとも思われた。テムズ川に浮かぶ万博の初日の船列は、ホーンブロワーシリーズをちょっと連想した(スチーム城を攻撃する砲艦とかも)。それにスチーム城のコントロールルームのレールが黒塗りで金の縁取りがしてあるのも当時の英国風味でよかった。
 h君と話をして、日本のアニメの技術は行くところまで行ったという話になった。そこでまた、基本の脚本や絵コンテに立ち戻るのじゃないかなと真面目な話もしたり。
 ストーリーについて文句を言うと、スコットランドヤードどころかイギリス軍相手にドンパチやるなら落とし前はつけないと…違うか。あそこまで発散させてむちゃくちゃにしてその収拾方法を何も考えていないというのはいかがなものかと。ビクトリア女王一家を避難させるというエピソードを入れたというのに…。

 まあ、話はいい(笑)。登場人物について
 まず、レイ
 いや、予告編を見たときに「なんか、女の子がCVやってるよ。これ、絶対に似合わないよ」とか思っていたのだが、鈴木杏さんですか、よかったと思う。こういう発明少年が出てくるアニメといえばナディアのジャンだけど意外に似たような存在だったかも。でも、自分から考えようとする姿勢が違うかもしれない。
 エディ(親父)とロイド(爺さん)
 うーん、どっちもなんだかんだいってマッド(サイエンティスト)なんだよなあ…スチーム城の崩壊の長いシーンで、結局、父(祖父)と息子(父)で自分の作ったものの自慢合戦をやっているわけで…なんだかなあ…。個人的には祖父の究極の遊園地の絵をもっと長い時間かけてやってほしかったな。押井守ならそれだけで30分はやってくれただろう。
 スカーレット
 パンフレットをh君にみせてもらったら「仮で『スカーレット・オハラ』とつけたが、時間がなくてそのままになった」というくだりに爆笑。でも、なんだかんだいってヒロインなんだよなあ…なんか可愛い。初登場のブルマ姿にはぁはぁ(嘘)。それにおうち(オハラ財団)がやってることについてはレイに無関係である限り絶対正義だと思っているところも潔いな。でも家庭は寂しいのだろうな。でもそれも夜中の水晶宮のシーンだけ。基本的に彼女は爽快。h君いわく「典型的な大友女性キャラ」と言っていたけど私は大友作品(漫画も含めて)で女性が出てきたという記憶がないんだな…(^^;。まあ、アスカ様を始めとして、こういう白人勝気少女って好き(^^;
 その他の人々
 スチーブンスンは、あのジョージ・スティーブンスンの「息子」だったのね。彼はてっきり善人側の代表かと思ったらイギリス海軍をバックにして自分の邪魔になるスチム親子(祖父と父)をデモンストレーションを兼ねながら排除しようとしていたのね。意外だった。それにその弟子のデイビッド。うーん、科学の力に魅入られたという点でレイの父に似ているか。ここらへんの人物が単なる好漢じゃないところがいい。オハラ財団の人はなんだかんだいって狂言回しだったかな。意外に憎めないタイプの悪人だったりして…
 またストーリーに立ち返るが、楽しいジュブナイルスチームパンクストーリーだった。やっぱり、少年はお嬢さんを助けなきゃいけないよね。どちらも大活躍。それに最後はお姫様抱っこだよね。手をつないで二人で空を自由に飛ぶなんて欺瞞(笑)。おてんばな彼女がとても魅力的だった。レイはレイとして魅力的だったけど、スチーム城の制御室からの脱出のあたりで、スカーレットへの思いが多少かたちづけられたかな。個人的にはスカーレットが最後に頬っぺでもいいからキスをするものだと思っていたが…。
 しかし、エンディングロールのスタッフに気を取られていたら、裏に色々と次回作に関わりそうな重要な絵が出ていた。慌ててそちらも見るようにしたが、うーん「スカーレット様、最高です」といわざるを得ない様な絵が。レイがスチームボーイとして様々な場面にいるところや、その中にもう一人のスチームパースンがいることや(多分、スカーレットだよな…)。自信に溢れた表情でスカーレットが足を組んで飛行士の格好をして、その横にオハラの手下どもがいるカットや、塹壕からパラシュート部隊を狙撃するシーンや、エッフェル塔やら、電球とか…。パパは潜水艇で逃げたんだよな。多分。爺さんは次回作で死ぬんだろうな。そういえばこのカットのスカーレットは金髪じゃなくて赤毛だったんだな。

 帰りは焼肉。うーん、酒も食もすすんだ。でもピッチが早すぎたかも(笑)

 「僕は未来をあきらめない」というちょっと欝展開を想像させるキャッチとは裏腹に、とにかく、あまり考えないで機械がゴーゴーと動いてドッカーンと大爆発するのを楽しんでスカーレット様達の表情を楽しむのが吉の映画ですね。楽しかったなあ。次回作も激しく期待です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月23日から25日の酒

吉祥寺にて
KINGFISHER(Indian Beer)

国分寺にて
CANTILLION Rose de Gambrinus(Bergian Beer)
FAIVELEY MARC DE NUITS-SAINT-GEORGES
 香りといい、味といい、ボトルのデザインといい、なんというか女優みたいな雰囲気をもったマール。
WHISKY Galore Glentauchers 12y
 洋ナシみたいな香りのするウィスキー。びっくりした。

(立川にて)
Moosehead(Canadian Beer)
Kilkenny Draught(Irish Beer)

Frankenheim Alt(German Beer)
Watou's Wit Bier(Bergian Beer)
DEPAZ
 ロックで飲むとすうっと飲めるのだが、ストレートで飲むとひっかかりがあるというか…
BALVENIE DOUBLEWOOD
 意外にやさしい酒。二つの樽が絶妙なバランスを醸し出しているとか偉そうなコメントを(笑)
PITTYVAICH CHIEFTAIN'S 14y
 これも拍子抜けするほど普通な感じ。というかこのあたりから、かなり酔ってたかもしれない。
MILTONDUFF 10y
フェルネブランカ メンタのソーダ割り

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年7月第4週のアニメ2

ケロロ軍曹
「ケロロ VS 夏美 水中大決戦! であります」
 ばんざーい、スクール水着が一杯だ!夏美ちゃんも水着だ。夏美の一人後ろの女の子がかわいい。今日はスクール水着の日だ。なんでギロロ伍長さんは萌えまくってるんだろ。小雪さんもかわいい。夏美ちゃんがケロロ軍曹に負けたから涙ぐんでる。これもかわいい。
「冬樹ようこそホラーワールド であります」
 まあ、百物語みたいなもんですね。前半を30分やって欲しかった。怖がる女の子がかわいい。幽霊のお嬢さんもかわいかったな。
 来週は海水浴か。今週の前半と比べればどうか…

カペリート
 あかんぼきのこをあやす事に執心してます。でもノーマルが一番うけた。あの付け鼻ってなんだろう?ところで最後に出てきたあのうさぎにんじんは何だ?

カードキャプターさくら
「さくらと思い出の虹」
 いかん、この話は思い出すだけで泣けるのだよな。白いワンピースのさくらちゃん、かわいい!!本当にいい子だな。だめだ。見てたら泣けてきた。知世ちゃんはお見通し。あと、お父さんもね。紺色のワンピースもかわいいな。表向き会うわけにいかないんだろうな。ひ孫にね。うう、ミラーの回とどちらも優劣をつけがたくいい話だ。かわいいし。この話は漫画版も好きだったんだ。涙腺開きっぱなしだ。来週はスクール水着だ!!ばんざーい。

DearS
「第三話」
 犬型DearSは大バカなんだな。先生はキュートだね。あ、そうかDearSは奴隷宇宙人だっけ。だから、命令されるのがうれしいんだな。

ニニンがシノブ伝
 うわ、騒いでる>光と水のダフネのDVDのCM
「音速丸、怒るの巻」
 うーん、音速丸は気持ち悪い。すきがない妄想だけど、雅ちゃんは強いな。ちょっと佐助の妄想は面白いな。出た!デビル!おい、しゃべってるぞ。また、口の中に突っ込まれてるし。シノブは意外に音速丸にメロメロだな。確かに食べられている様にしか見えないな。というか攻撃をしかけて着地して…飲んじゃった。雅ちゃんは意外に、ワニパワードスーツっていいな。あ、音速丸が二人いる。って事に全然回りが気づいてないし。二人の音速丸はバカだな。というかぽてぽてと殴り合っていて。音速丸がいっぱいいるとちょっと気持ち悪いな。って雅へのお仕置きが忘れられている様な…
「忍、家を出るの巻」
 音速丸とサスケ達の会話(会議)が気味悪いぞ。「女の子天使説」…。むう。面白い言葉だ。平和そうに忍が歩いてます。会議の言葉で忍が衝撃を受けてます。忍の泣き顔がかわいい。忍の楓が言った親友という言葉の反応がかわいい。シノブ袋って胸のことか。お母さん、反応早すぎ。うーん、楓と忍のエプロン姿がかわいい。お母さんキュートすぎます。お父さん登場。おいおい、両親とも「娘が欲しかった」って。何、お風呂という言葉で妙な反応を。入浴妄想。こえええ、うう、音速丸が踏みつけてる。何、照れてるんだよ。忍。音速丸の入浴妄想はいいな。で、マジな入浴シーンだ。乳首は見えないけどお尻は見えた。サスケ達が生ごみ扱い。なんだかな。
 (各シーンを確認しようと思ったら十二国記が録画されてた…。生で見ておいてよかった)

マリア様がみてる~春
「WILL」
 卒業式前。案外、送るほうがさびしがったりするんだよな。卒業式で本当に寂しいとか不安とかを抱いたのは思い出してみれば大学の時くらいか。あとは割にうきうきしてたんだよなあ。ロサ・キネンシスが祐巳に抱きつきました。「遊びに来て」と言われて「そうね」と言うにしても案外現実は遊びに来たりしないものなんだよね。卒業式前の妹への大お姉さまのやり残したことやアドバイスの言葉を遺言というのか。すごい言葉だな。今日のアイキャッチは薔薇のお姉さまがたか。
 お、ロサ・ギガンティアですな。何も頼むことはないか。この人ってちょっとレズの気があるからな。祐巳からキスしちゃった。抱き合ってるし。何、祐巳がプリプリしてるんだろう。うわ、階段のところから祐巳の太ももの裏が…ちょっと素敵だ。
 今回の次回予告はそれなりでした。

二人はプリキュア
「いざ光の園へポポ!私たちも!?」
 女王が巨大だった。びっくり。今日の変身バンクは省略形。ドツクゾーンに二人が拉致された。ジャアクキングが正体を明かしたな。来週は期待できるかも。

マシュマロ通信
「ドーナツ戦争!」
 バジルの家のカナリアドーナツ、大チェーンのコンドルドーナツが出来たから客が来なくなってしまった。う、サンディとクラウドはコンドルドーナツをほめてるなあ。皆結局来てるし。
 バジルがドーナツを作ろうとしているが…。おお、サニーさんがカナリアドーナツに協力だ。おお、カナリアドーナツは材料の状態で配合を変えているのか。すごいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年7月第4週のアニメ

蒼穹のファフナー
「迷 しんじつ 宮」
 う、このOP。気合入ってるよなあ。新国連なんてあるのか。それにしても日常…あまりの普段どおりの生活。なんだかねえ。適合能力があればとは言ってもさ。まあ、地獄へ行く前の平穏か。
 謎の少女登場。というか人じゃないみたいなんだけどね。とりあえず何やら起こったな。よく分らない事が。新国連機がこんな時にやってくるなんてねえ。

ふしぎの海のナディア
「消えた大陸の秘密」
 ブルーウォーターはナディアにとっての呪いだよなあ。なんかこのナディアの内面の対話シーンはエヴァに引き継がれてるな。とうとうアトランティスへ。ジャンは葬儀の途中でも好奇心を失わないね。父の死を知るか。
 不思議な雰囲気だ。特に後半は。

ギャラクシーエンジェル(第3期)
 この訳の分らなさは相変わらずだな。でも、面白いんだよな。生で見ちまった。いや、前半は「ミクロの決死圏」ネタなのは分るが、後半はねえ。なんなんだよ。ただのお見合いネタかと思っていたら異形の生き物と心優しきおぼっちゃまの心の触れ合い、そして、スパイダーマンねたに展開。最後は妙にカッコよかったぜ。うーん、テープの運用がうまくいくなら毎週見たいのになあ。

鉄人28号
「京都燃ゆ」
 最初の前フリにもバックに「なのにあなたは京都へゆくの」がかかる。とりあえず敷島博士は重要参考人として拘置される。綾子さんの寺に家宅捜索。そうか、陰謀団の監視下で人工知能を育てていたのか。妊娠していた?うーん、でもどうして京都を燃やそうとしたのかよく分らない。罪深きもの…自分の意思で戦う、鉄人の頭脳か。敷島博士はこの人工知能計画と鉄人計画の橋渡し役だったのか。人工知能の中に人格を発見したか。そして、人格は正太郎と同じくらいの歳か。「なんか難しいことばっかりね」というのは高見沢秘書の感想だが、ちょっと自分もそう思うのも事実。すかっとしない話が多いな。ちょっと脱線した。
 うーん、お父さんに頼んで殺人の概念を消してもらうと綾子が言うと、ロビーが口ごたえをしている。難しい年頃だ。灯りをつけるとロビー復活。うわ!ロビーが仏像になった。というか仏像の中にロビーを移植していたのか。よし、いい感じで暴れているぜ。ロビー(inside仏像)は反応スピードがいいな。戦争があっても何も変わらないかの様にある京都が憎い、逆に言うと自分も周囲も変わって行ったというのに…ということか。やはり、綾子さんの二人の子供とは生まれてこなかった敷島博士の子供とロビーの事か。なるほど、「犯人は敷島」というのは敷島綾子だったのか。なるほど、ロビーは真実を知る不乱拳の弟子達を殺して母を助けようとしたのか。うーむ、彼女が敷島博士に渡した千人針はロビーの回路図になっていたのか。ロビーを止める事も回路を変えてリモコンで可能。「お母さん」とよびかけるロビー、抱きとめようとする綾子さん…。結果として敷島博士が元妻を殺したような気がしないでもない。
 ところであの陰謀団は…後で出てくるのか?

魔法少女隊アルス
 今週は「天才びっと君」は生放送スペシャルだったから…一回休み?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月13日から19日の酒

CANTILLON Fou' Foune(Bergian Beer)
 久しぶり~。いやあ干し杏の香りがほのかにするよなあ。すっぱ~
JEVER PILSNER(German Beer)
 一転苦く
MIRTO DI SARDEGNA
 ほろ苦く、甘く。
(立川にて)
MOOSEHEAD(Canadian Beer)
Guiness Draught(Irish Beer)

Bass PaleAle(U.K Beer)

(国分寺にて)
GUEUZE FOND TRADITION(Bergian Beer)
 くうう、スティーブ・ウィンウッドの"While You See a Chance"がかかってたぜ。これだけで今日来た価値があったってもんだ。ご飯3杯はいけたぜ。これで"SUKIYAKI '81"とか"Living Inside Myself"がもしかかったら、号泣しただろうな。もし、その上クライマックス・ブルースバンドの"I Love You"がかかったらそのまま絶命していたかもしれない。いやいや、プリンスの"Little Red Corvette"。あや、うーん、曲名忘れたぜ、でも感涙にむせび泣いていたかも。そういう夏らしい曲(俺の中だけの)を聞きながらいい酒で酔っぱらいたい。女子高生(中学生時分でも可)の原田知世ちゃんでもモーマンタイだ!!(むしろ望ましい)。でもそんな時に飲む酒はGUEUZE FOND TRADITIONじゃなくてCantillon Bruocsella(GrandCru)の小瓶であってほしいな。でなきゃ、Marc de Champagne Pommery、はたまたTeaninich (Society '83 15y)か。という3杯で絶命したいものだ(笑)。とか妄想モード発動中。
Echtegem's OUD BRUIN(Bergian Beer)
 酸味もあるブラウンビールだが、苦味が強く出ている。Petrius(無論ビールの方)に比べても苦味がしっかりしている感じ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

04年7月第3週のアニメ2

ケロロ軍曹
「モア 裏モア 降臨!? であります」
 美少女格闘なら一騎当千なみにパンツ見せてくれよ(笑)。無理なのは分ってるけど。
「モア モアモア大パニック であります」
 ほお、空手少女が元ネタなんか。おお、なんでそういうネタになったのか分らんが、オリジナルのコピーが一杯。いやあ、アンゴルモアちゃんハルマゲドン発動ですか。笑える、笑える。趣味ねえ。趣味。活断層の研究がね。
 来週は怪談は別にいい、プールだけでいいからさ。まあそうならんのは分ってるが。

 鉄人28号のサントラを買いに行ったらレジのところに「美鳥の日々」のDVD販促用の等身大(?)美鳥が置いてあった。等身大にすると思っていたより大きいんだな。ちなみにそんな素敵な事をしていた店はアニメイトでもゲーマーズでもありませんので、ハイ。

DearS
「第二話」
 まあ、主人公の夢だろうな。寧々子さんの着替え寸止めは止めてくれ。でもパンツが一瞬見えた。主人公視線じゃないから、だめだぞ。レンを押し倒したところで寧々子に見つかってしまった。途中で挿入される町の風景が…まあ…だな。レンはモノを食べるのが好きなんだな。幸せそうにしている。言語習得能力が図抜けているといっても、翌朝には普通にしゃべれるわけか(というか寧々子の声色まで使うか)
 時錦(?)というからどちらかというか小岩のあたりか、南武線だと思っていたらあれば総武線だったか。ねねこはアーミースタイルっぽいな。一緒にお買い物。かわいい。それにしても可哀想だな。仕送りから服を買っていたか。ところでDearSは何を感知したのか。と思ったら先生が下着試着中だ。レンはおとなしいブラとパンティーだな。好きだけど。押しかけ女房ストーリーは多いなあ。大概出て行けと言って反省するんだな。そういう話みたいだ。レンは武哉の奴隷ですか。というか奴隷星人なのか。オフィシャルにも。

ニニンがシノブ伝
 監督がまついひとゆき。おおっ!「住めば都のコスモス荘」の監督か!!今年の夏も楽しませてくださいよ。
「忍者、花見で浮かれるの巻」
 もう、夏だぞ。まあ、いい。サスケたちが春だからというので、大騒ぎ。春のお花見。準備万全なのはいいけど、雨降ってるし、頭領も含めて落ち込んでる。つうか花見でミュージカルやる気だったのか?お弁当に落雷。チューリップが咲いて、伝説の忍法「花咲かGG」。おお、おにぎりの灰か。しかし、各サスケがやってみると色んなものが生えてくるなあ。頭領様…ラフレシアは止めたほうがいいような。なんか屋敷がジャングルの様になっている。ところでワニは…元からいるのか?いるのか。忍による頭領救出失敗。その上、場所取り係は忘れられている雰囲気だ。
「忍、楓とデートするの巻」
 一緒に隣町までお出かけ。というかサスケとか頭領も一緒に行こうとしているが、簡単に楓に騙されています。楓と手をつないでいたら頭領とサスケにすりかわってる。うーん、友達に見つかった。忍は普通に自己紹介。サスケと音速丸もごく普通に自己紹介だぞ。ファミレスで大騒ぎして…ちなみにご友人は寝ております。うーん、女の子の食べかけのさくらんぼか。そういうネタもいいな。あ、忍が下痢ドバドバなんて薬を入れてるし。今回登場の雅さんが変装していたのか。忍の妹なのか。面白い面白い。おお、雅のCVは釘宮なんだな。
 いい意味で疲れるな。ハイテンションで。

 DearSもニニンがシノブ伝もはやくOPとEDのシングル欲しいな。

マリア様がみてる~春
「いと忙し日日」
 薔薇のお姉さまへの薔薇のさよなら会。ふーん、1年生はかくし芸をやるのか。その準備のための1週間か。というか…本当か?と1年生トリオが…。まあ騙されているとしたら、今年から伝統になってしまうんだろうなあ。がんばって安来節を覚える祐巳ちゃんは偉いなあ。
 とはいえ、疲れてるなあ。目にクマができるまでかんばるか。どうでもいいけど鎖骨がちょっと色っぽいな。あの祐巳が倒れた。自分で自分を責めて泣いちゃった。それにしても青マムシドリンクとはねえ。祐巳には効きそうな気がする。お電話まで頂いて。それに皆いい子だなあ。でも体操着の祐巳さんもいいな。というか由乃さんは上手な手品師だな。祥子さまはお姉さまが笑えば、笑っていいんだな。薔薇様の心配も少しは軽くなったという事か。気になるんだが、蟹名さん出てたっけ?あの合唱か?

 それにしても「マツケンサンバⅡ」は気になるよな。

二人はプリキュア
「決戦!プリキュアvsイルクーボ」
 プリキュアのお二人を除くと皆眠らされてしまったか。舞台は整ったという事だな。前半から変身だ。力に差がありすぎるなという事で前半終了。
 石が引っ張られて取られるとは・・・最初からそうやれよ。イルクーボ君の力だと7つの石の力を抑えられないのか。7つ揃ったら王子が来た。

マシュマロ通信
「テスト大作戦」
 ママと賭けか。まあ前回より成績がよくて2番以下なら何も起きないというわけだ。それにしても、ママ、ラッシュかけてるなあ。待て、とりあえずお前ら勉強しろ。灰になった!うーん、サンディのお掃除セットでママとクラウドが楽しそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年7月第3週のアニメ1

ふしぎの海のナディア
「ノーチラス最大の危機」
 ナディアはすぐに癇癪を起こすけど、ジャンには訳分らないだろうな。でもジャンはジャンで大バカだったりするからなあ。補助機関区閉鎖か。きついネタだよなあ。きつい。最後にフェイトさんのまだ死にたくないという叫び声が聞こえるなんて。

鉄人28号
「不乱拳の弟子たち」
 国宝消失は小型の人工知能か?あの尼僧が綾子さん、昔のシーンはやはり戦時中の敷島博士か、そして博士の横にいたのが綾子さん。というか敷島博士と署長のお二人にも共通のお知り合いなのか。うーん、京都紹介だ。へえ、高見沢さんは京都のお料理屋さんの娘さんだったのか。それも帰省中だなんて。考えたら敷島博士って不乱拳の弟子でもあったんだよな。「君の、君の名は!」と…うーん、戦後だ!さて、綾子さんはどうして尼さんになったのか。特に隠れるでもなく。
 あれ、綾子さんは敷島博士の昔の奥さんだったのか。へえ、出征前に婚礼だけは…と。高見沢さんのお友達でもあったか。ただ、隠れていなくても何も覚えていないとの事か。どてらの高見沢さんが…。寺を預かっていて二人の子供がいると言っていたけど…。う、博士の過去か。人工知能の開発が戦時中。これが研究。げ、不乱拳の弟子はその完成した人工知能にロビーという名前をつけていたのか。で、なんで生き残りの弟子達を警察に呼んだんだ。でも本当に敷島博士が怒っている。綾子さんは何を覚えてるんだ?そして、綾子さんが京都を嫌う理由は?ダイイングメッセージの犯人は敷島?すぐにロビーが鉄人に捕まった。ロビー自爆!ナンなんだ?鉄人になれなかったロビーって。なるほど、やはりロビーは梅小路綾子博士が保持していたのか。新しい入れ物は提供しようという男が…陰謀に巻き込まれるか。記憶喪失は嘘か。
「なのにあなたは京都へゆくの」がEDか…うーん、このシリーズの音楽センスはすごいぜ。

魔法少女隊アルス
 シーラと魔族。魔族とアルス。でもあの彼、なんか気になるなあ。うーん、エヴァは足手まといか。確かにそうではあるけどね。やっぱり彼はエヴァを陥れようとしたか。本当の彼には何の目的があるんだろうねえ。シーラはそこそこ能力があっておまけに純情そうで世間知らずっぽいからなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月10日から11日の酒

水・木・金曜も飲んではいるんだけど、あったのは飲み会で何を飲んだのやら…水曜はそこそこな店だったんだけど。
(立川にて)
MOOSEHEAD(Canadian Beer)
Guiness Draught(Irish Beer)

LOWENBRAU(German Beer)
GEUZE BOON Mariage Parfait(Bergian Beer)

(立川にて)
Anchor Liberty Ale(U.S Beer )
NEW CASTLE BROWN ALE(English Beer)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年7月第2週のアニメ2

ケロロ軍曹
「桃華 裏桃華 降臨 であります」
 ちょっと桃華のパンツが見えそうになった。へえ、裏と表で分離したか。
「裏桃華 裏切りの裏側 であります」
 ギロロ伍長は、まあ、よく分ってるじゃないか(笑)。冬眠?この合いの手がおかしかった。まあ、二人のほうが個人的にはいいな。で、シンクロに戻るわけか。ダブル桃華のシンクロというわけですな。

カスミン
「霞家、ファミレスへ行く」
 思ったより、ファミレスをきちんと研究しているなあ。ヘナモンファミレスが出てくるものかと思っていたのに。
 楓ズ妹のルナとナルも大騒ぎだ。きちゃったからなあ。まあ、おうちでお持ち帰りセットを食べられたからよしという事だな。

カペリート
 「カペリートの映画監督」
 ちっちゃいきのこに映画を作って見せてあげる。カペリートが映画監督。ちょっと洞窟から出てきた恐竜が怖い。うーん、でもうまくいきました。ちっちゃいきのこ達も大喜びだね。

DearS
「第一話」
 うーん、萌えアニメのオープニングだ。UNDER17か。あのタイトルが読めないんだけど…この鉄橋と河沿いの道って絶対に風景の使いまわしだよな。いや、なんというんだろうか。多摩川の大田区あたりのどっかの鉄橋みたいな(南武線が通る鉄橋は多摩川の下流にはないんだけど…)。お、眼鏡っ子。なんか雫に出てきたような…「電波届いた?」くそ、幼馴染か。まあ、下着姿で授業する先生ってのもありなのかな。道端で女の子を拾うのも定番だよね。で、それがDearSという事ね。うーん、デザインとしても女の子に首輪をつけるのはいかがなものかと…。エセピンクフロイドというかなんというかな曲が…
 シャワーシーンあり。乳首は髪で見えず。主人公は自分の運命を受け入れるべきだな。メロンパンをはむはむするシーンが意外に可愛い。幼馴染は来る。先生お手製のテキストはエロなのね。うーん、DearSは何者なんだろうねえ。人に愛される能力を持っている異星人なのかな。で、レンという名前がつきました。おっぱいが揺れています。いいね。
 EDはPoppins。声優さん二人かな?

ニニンがシノブ伝
「見習い忍者、忍見参の巻」
 こういうプニ顔系キャラってそんなに好きじゃないけど。OPを見る限りだと面白そう。「愛と肉欲とポロリ」…いい言葉だ。うう、光と水のダフネのCMが…
 OPなし。主人公は女の子だ。忍はバカ…。というか勝手に入り込んで自己紹介をちゃんとするなんて立派ですね。忍者学部という事は女子大生?女子高生の下着を集めてくるのが試験か…。で、楓さんがターゲット。うーむ。いい感じでトホホだ…。指笛が鳴らない。つか、笑う番組なんだな。おや、可愛い下着だ。また来たね。忍さん。今度はねえ…
「頭領、現るの巻」
 「御機嫌よう」ですって(笑)。あ、パンツが見えた。訳分からない展開ですね。脱力する…。忍者学校って…。確かに帰りたくなるわな。ペットボトルに尻だかなんだかを突っ込んだところに、ふ、不覚にも笑ってしまった。記憶飛ばしの術って…激しく笑った。うわ、脱いだ。楓ちゃんが下を隠している。頭領可愛いな。
 EDはおお、クレイアニメだ。なんかみょうにいいな。エンディングはKaoruという人。

マリア様がみてる~春
「黄薔薇まっしぐら」
 おい、おい、まだ卒業式前なのかよ。ロサ・フェティダの怪しい動きか。歌が…歌が…。ALI PROJECTがお歌を…。これがドリル女か。まて、このネタは朝じゃないだろ…。由乃さんは単純だよな。祐巳さんは面白いな。うーん、高校生で結婚したいなあか。お笑い。紅薔薇は切れそうだなあ。
 ロサ・フェティダとか、色々と問題がある人が多いのね。というかご家族でございますか。確かに恥ずかしい話だ。現代の傘張り職人は化学教師か。まあ、ネタとしそれを匂わせるのも何だよなあ。うーん、2期はお笑い系で進むのか?次回予告はイマイチ。でも祐巳さんはいいな。

二人はプリキュア
「危うし!夏合宿の悪夢」
 校長先生になりたい…教頭先生にはなりたくない…うーむ、やっぱりラスボスは強そうだ。おお、間抜けそうな石の番人だ。

マシュマロ通信
 うお、ビデオをかけっぱなしをしたら、チャンネルが違うじゃない…石塚が…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年7月第2週のアニメ1

蒼穹のファフナー
「楽 はじまり 園」
 空と海がきれいだ。うーん、ちょっちエヴァ入ってるか。もう8年たつからいいか。1時間スペシャル…ビデオは30分しか撮ってないぞ…まずい。なんか劇場版みたいな雰囲気だな。あるいはその予告。人物がギャルゲーっぽいな。なんか真面目なギャルゲみたいな雰囲気。「あなたはそこにいますか?」これがアレだな。島自体が秘密基地。多分、大人は全て構成員なんだろうな。てな事は誰が見ても分るか。お、敵だ。「きれい」という感想が意外に面白い。迎撃機隊全滅。ファフナーはなるべくなら起動させたくないのか。パイロットとスタッフも消滅させられた。ふーん、ジークフリートシステム内とファフナー内の二人の少年が脳波を直接リンクさせているのか。第一話終了!くそ…

ふしぎの海のナディア
「ディニクチスの谷」
 うーむ、ネモ艦長は相手がナディアだと変わるのか。今日はいい感じの海洋冒険アニメ

鉄人28号
「怪盗ブラックマスク」
 ウルトラQよりもダークな雰囲気だ。まあ、大塚署長メインの話(笑)。でも相手はまた普通サイズの人だ。敵のロボットが出てこないなあ。それにしても怪盗ブラックは実はカッコイイとちょっと思っていたりする。あんな無差別事件さえ起こさなければね。おおっ、さすが相手が鉄人だと怪盗ブラックマスクもびっくりするか。うーん、マッドサイエンティスト親子の話か。それにしてもブラックマスクはちんけな部屋に住んでるよなあ。次は鉄人のリモコンか。今日は重機代わりに使われてるなあ。とりあえず逃げたが…やっぱり南極。合掌。

魔法少女隊アルス
 シーラの力の根源がなくなったわけだな。解任。シーラが魔族と話をしているな。母親と同じ道をたどるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月1日から4日の酒

(国分寺にて)
Erdinger Weiss(Deutche Beer)
CANTILLION KRIEK(Bergian Beer)
(立川にて)
ジンライム
ABSINTH

(立川にて)
DIEBELS
NEW CASTLE BROWN ALE
OBAN
GREEN SPOT
ズブロッカ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

光と水のダフネ(最終回)

光と水のダフネ
「光と水のダフネ」
 この最終回は単独記事へ格上げ。
 OPなし。海底のエルピダの廃墟を見て厳しい顔をする5人。でも、ゆうはただの崩壊ではない、妙だと感じる。攻撃された痕跡。穴が開いているな。攻撃?カプセルを探したい…見つからなければ…いずれにしろけじめをつけるか。12時方向から海洋庁の潜水艇。魚雷発射か。命令どおり。誰がいるかないんて考えてないものな。逃げ切った?もう一艇。出た!出た!3バカ+メイがかっこいいというか、なんというかだなあ。おお、そうだよ。メイさん分ってるじゃないか。勢いなんだよな。去年の夏に見ていた「住めば都のコスモス荘」みたいに。そして海洋庁内部の権力抗争だね。その間にYOMOGI-1はどうにかなるかな。何か輝くものがある。
 ネレイスメンバーは・・・いい連中だ。コバンザメでマイアがエルピダの中へ。やはり死の都なのだろうか。浮かんでいるものは破片。様々な破片は多分彼女の心象風景。覚えている記憶。病院。大災害の記憶。生化学プラントの崩壊。ウイルスの感染。海底都市連合の緊急医療チーム。バイオハザード…。祖先の罪・過去の罪への責任か…。起きたことは浮上の失敗じゃない。何故エルピダを…兄の声が…
 昔の家で。過去の回想。緊急医療チームは…嘘。連合はエルピダを見捨て、封鎖することを決意。つまり…浮上の決定はこの事件を隠蔽するためだったのか?父は浮上のためのポッドを使用した脱出を命じる。苦い。兄は行くことを決意。エルピダの子。エルピダの意味は希望。彼女の声が様々なところへ流される。月桂樹のあったであろう跡が…美しいピアノ曲にあわせて彼女はカプセルを回収。カプセルを開けてその中の記録メディアを取り出す。そこに映っているのは幸せなマイアのお誕生日の光景。そうか、あの事故から初めて見るんだな。本当のお父さん、お母さん、お兄ちゃんを。そして、あの兄の手の痣は…祖父のもの。あのお祖父ちゃんから教わったおまじないは兄のおまじない。切ない…大好きなお兄ちゃんは、お祖父ちゃんでもあった(様々なところでの予想であった通りだった)。エルピダのドームの物理的な崩壊…。さよなら…
 兄は口を閉ざすことで自分と会えると信じていたマイアの安全の約束を取り付けたのか。マイアに出会う事がかなえば…。そして、兄が全てを話したというのは…マイアにとっては悲しいことだろうな。おまじないを思い出せなかったのだから。兄はいつか思い出してくれることを願いながら歳を取り、死んだ。エルピダ壊滅の真相を誰もが知る。「素敵ですね。これからって言葉」
 ふふ、今年の海洋庁採用試験の会場の横で無論マイアを含むネレイスメンバーはドンパチかい。いいぜ。「明日のBlue wing」がかかる。エンディングだ。3バカ+メイにまたアグネス号を取られてるのに気づいたいつもの花岡支店長だ。次のあの4人の目標は何かな。青い海と空に囲まれて生き生きとしている最後のマイアの笑顔が素敵だ。爽やかで素敵な終わり方だったな。半年見ておいてよかったと思えた作品だった。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

04年7月第1週のアニメ

魔法少女隊アルス
 最初がよくわからん。へえ、噂を流しまわってるのがいるのか。魔族とシーラだけ戦ってる。当然アルスは戦う気はないとな。うーん、シーラは戦う。アルスは戦わない。分るのだが。さて、中へ降りていった一般魔女の連中は妖精がいないことに気づいてしまった。さて、シーラはどうなるんだろう。

ケロロ軍曹
「五人集結!たぶん史上最大の作戦 であります」
 確かに全員揃った。平和だよなあ。信号機に種を植えちゃいけないと思うな。砂場とか。ああ、巨大植物か。恐れ入った。

カペリート
 「カペリートの人形劇」
 今回はよく分らない話だった。人形劇で受けようとしたのにその当人(?)達はテレビに夢中。でもそれがカペリートの日常を映しているテレビ番組…ということ?

マリア様がみてる~春
 ビデオの録画タイマーが止まってた…

二人はプリキュア
「ウッソー!忠太郎がママになる!?」
 うーん、キリヤ君が二人の前から消えてしまったのか。ラスボス風は強そうだ。

マシュマロ通信
「ミス・マシュマロをさがせ!」
 初代のミス・マシュマロを探せというネタとプラムさんの不思議な動きが。やっぱりあの指輪が…同一人物かい。サンディってこういうところでいい所があるよな。隠れているにはそれなりのわけがあるという事だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年6月第5週のアニメ

LOVE LOVE?
「嵐の中で輝いて」
 八神のパンチラ。おお、DVDでの最終回も作成終了か。どうしてコスプレイヤーショウも中止しちゃったのだろうか?よくわからん。最終回、全員集合。終わった。最後の最後で八神さん、全裸。素晴らしい。

ふしぎの海のナディア
「走れ!マリー」
 まあ思想の問題だな。マリーの行動だけでも面白いかも。「なぜ殺した?」「殺さなければ殺される」というのはアニメでの永遠のやり取りかな。

鉄人28号
 う、戦時中の動物園での動物殺害の回顧。それも殺し方の詳細な記録付きで。殺した動物が彼を見ている。拘束された八木の視点から話が進む。園長殺人?ん?彼?光る物体が彼の友人?
 擬態が可能なのか。そんな物騒な光る物体を動物園に置きやがったのか。うーん、光る物体は餌を求めて人を殺し、彼は猛獣虐殺の罪を負った。そういう暗い仲間同士…。彼だけは殺さない、生き延びさせようと思ったのか。彼を見つめる動物達の姿が怖い。
 戦争の中での生きていてはいけないもの達…か。そして、動物園閉鎖によって園長を殺したいと思ったのか。どうして…彼の部屋にはどうして動物の剥製が。うえ、あの光る物体が…鉄人で役に立つのか?あんなスライムみたいなものに対して。光る物体が象に変身。まさに伸縮自在。それにしても存在が許されない存在というモチーフが多いな。それがこのアニメの主題か。八木に知らせたくない事実とはなんだ?今度こそ守って見せると言っても鉄人に捕まってしまえば…というか彼が光る物体だったのか。本人は死んでしまい、その光る物体に記憶・人格が移されていたのか。そして、檻の向こうから八木を見つめる動物達は彼のことを気遣っていた事に多分、死ぬ直前に気づいたのだろうな。それにしても悲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

光と水のダフネ…最終回に向けての考察と妄想

 少数意見です(笑)
さてさて、私は今回の終わりの方を見て、もしかしたら爽やかで明るいエンディングになるのではと思ったのですわ。
 エルピダの座標を送ったケビンの穏やかな顔(エルピダが本当に悲劇の都だったらあんな顔ができるでしょうか?)、花岡支店長の妙な張り切り方。それにYOMOGI-Iの皆の何か宝探しにでも出かけるかのような前向きな雰囲気。それにあの3バカ+メイが出てくる事を考えると。マイアが真実を知って悲しむシーンもあるかもしれないです。でもきっとマイアは過去に固執するだけでもなく、未来に妄想をするのではなく、今を生きるようになれるんではないかなと。エルピダは希望なのですから。なんか思い出した"That's What Friends are for"。微笑み続ける。光り続ける。
 それにしても本当にエルピダが壊滅してたらどこにあるのか、痕跡がどこにあるのかをを秘密情報にする必要があるのかなあ…大体、皆がエルピダ壊滅を知っているわけだし。海洋庁が深海業務を独占しているのも、もしやエルピダとコンタクトを取っているのではとか。無論、両親が生きているとまでは思っていませんけどね。実はエルピダは寸前の所で浮上を拒絶した派という超少数派の私でありました。つか「アイ~」では今の海洋庁の前身というか政府は浮上派を押さえ込んでいたわけだし。手柄を得た理由を隠したいなんてそんな安直かなあ。もしや、アイ達は光り輝く青い空の先、もっと先の宇宙を目指していたのか?

 天啓が!

 マイアがエルピダの跡へ行く。そこで見たものはすべてのものが死に絶えた廃墟。だがマイア一行は朽ち果てた月桂樹とその根元のカプセルを見つけ出す。カプセルの中に月桂樹が…マイアがそのカプセルを開くと突然月桂樹が眠りから覚めたかの如く生長し始める。呆然とするネレイスメンバー。そこへ3バカ+メイ参上。急にある一角が光りだす。
 「おおっ!エルピダの黄金だ」
 3バカ+メイはそこへ向かって駆け出していく。そして4人がその一角に消えた後に轟音がする。ネレイスメンバーと3バカ+メイのいるエルピダの一角のみ浮上開始。どんどん浮上していってしまいには宇宙へ行ってしまいました。3バカの誰かが発進スイッチを間違えて踏んづけたんでしょうね。3バカ+メイとネレイスメンバーは宇宙でそれは楽しく過ごしましたとさ。そう、エルピダは宇宙への扉だったのです。
 な、わけないな(笑)

 さて、レナ=アイ説はどうですかねえ。そんな雰囲気だけど違う人じゃないかなあ。そもそもお兄ちゃんっぽい人が別人なんてことやりやがるし>製作スタッフ
 でも「空が青いわねえ」というセリフ。もしかしたらアイが空を見た時の事かなと思わせるところもありますね。レナ=アグネスのお母さんだったらどうしよう…
 もしかしたらラストはお祭りの日の回(「世界が浮上した日」)に出てきたニコニコと微笑む、浮上の日を知っているおばあちゃんとダフネの帽子をかぶった女の子なのかなあとか。あ、マイアがいるから海洋庁がわざわざネレイスを警護に雇ったのか。
 おじいちゃん=お兄ちゃん説。これ、某掲示板で読んだときにハッとさせられましたね。そうだとしたら悲しすぎる(確度は高い気がしますが)。「お母さんのスープに比べてしょっぱ過ぎたね」。マイアの幸せを考えると本当の事を言えない辛さ。お母さんが作ってくれたスープを懸命に作るおじいさんになったお兄ちゃん。その割にはお母さんのスープのエピソードがマイアの幼い頃の回想で出なかったのが不審ではあるが、まあこのスタッフならそんなバレバレの事をやるわけないか。「お兄ちゃんだよ。マイア」と言えない悲しさ…悲しすぎる。

 まあ、妄想はいくらでも生まれるけど最終回は来る。でもガサラキをリアルで一緒に見ていたヤシと「まだ、ここなら立て直せる」に比べればラス前一回をとても楽しく見れたのだからよしとしたい。
 正座して見ませう(ブリッジまでする必要はないと思ふ)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »