« 04年6月第4週のアニメ1 | Main | 6月21日から27日の酒 »

04年6月第4週のアニメ2

ケロロ軍曹
 ミスター味っ子がDVDボックスになるのか…
「ドロロ忘れられた戦士 であります」
 タマちゃんのパロディがゲスちゃんかよ。ちょっと気持ち悪い。一応シャワーシーン。小雪ちゃんはかわいい。体操着姿が健康的だ。一応全員揃ったのか?
「ドロロ&小雪 友情は美しき哉 であります」
 ナレーションでベタってあったけど確かにヴァイパーってベタだったな。「トラウマに変なスイッチが入った」って面白いな。ヴァイパーって戦隊特撮オタクなのか。

カスミン
「カスミ、飛ぶ」
 カスミンがスチュワーデスさんです。結構似合ってます。今回のヘナモンは白物家電。飛行機ヘナモンとかスチュワーデスヘナモン。なぜにポトポットがいるんだ。と思ったら福引であたったんだね。うう、冷蔵庫と扇風機の身分違いの恋物語。というか飛行機ネタがたんまり。今日は激しくファンキーだぜ。その上、いい話だし。それにしてもEDソングってどうにかならんか。

カペリート
 「カペリートの魔法」
 製作は間違いなくラテンだよな。その血を感じる。なんか原稿を捨てるところだけ作家然としてるな。あっちの人は意外にアルファベットパスタをスープに入れて食事として食べる事が多いらしいんだよね。

カードキャプターさくら
「さくらの終わらない一日」
 あら、小狼は席に立ってさくらパパの講演へスタンディングオベーションだ。さくらちゃんがリコーダーを吹いている。むろん、小狼も。さくらちゃんの夏服だけでご飯三杯はいけるよなあ。

美鳥の日々
「二人no日々」
 OPなし。前回の抱きついた綾瀬のシーンから。う、綾瀬の肩に手を置いて。でも綾瀬の心は通じなかった。正治はそういう気持ちになれなかったか。綾瀬に好きという気持ちを教えられる。綾瀬は諦めがついた…か。でも編んだセーターをどうしようかと。やさしいよな。さて、窓辺にたたずむ美鳥。
 耕太(ブリーフ野郎)登場。え?美鳥は眠っていた間の事を何も覚えていないのか。でも楽しかった感じだけが残っているのか。耕太はその間の事を話すとまた戻るかもしれないと思っている。姉登場。姉に美鳥がいないことを責められる。ギブアップしてるし。美鳥の日記を読んでしまった。とうとう、美鳥のお屋敷の門前へ。耕太を通じて美鳥の日記を返そうとする。右手の頃の記憶がない事を伝えられる。ふう。
 日記は渡さないほうがいいんだろうか?記憶がなくてもまた戻りたい気持ちがあるとも。起きてからも浮かない顔ばかりですな。沢村さんというキーワードに反応。何かしら反応するんだろうな。記憶がなくても心の奥で。行かせてあげると…どうなるんだろう(だからといって右手に戻るとも思えないけど)。ちなみにメイドさんの私服姿は可愛い。あれだけ長期間寝ていると多分、まともには走れないと思うのだけど…まあ、いいや。正治による彼女(右手)との思い出の回顧。そして、美鳥の告白。うまく説明はできないのだろうけど。良かったじゃないか。雪が降ってきた。寒くなるな。ちなみに今は6月末でもうかなり暑いのだが。新しい恋の始まり。EDにはセンチメンタルが。あ、綾瀬さんも明るく。高見沢君もリアルの例の彼女に追い掛け回されている。とにかくハッピーエンドでよかったな。原作ではまだ右手にいるようだけど。

 らいむいろ戦奇譚はメンバー一新で2期をやるそうだが…アニメもやるのだろうか?

光と水のダフネ
「エスケープ・フロム・カムチャッカ」
 かなり間抜けなDVDのCMのナレーション(テロップの「花岡さんも大活躍」が笑える)
 マイアが手錠を付けられて拘束されている。海洋庁での治療中に世話をしてくれていたケビンさんに本当の記憶を取り戻したと告げる彼女。ケビンさんは生きるためにはマイアの記憶が邪魔だと。ケビンは事実を伝える。彼女の両親に関わる嘘、そしてエルピダについて話そうとする。…そうなると情報局局員が介入。
 静香さん、ネレイスへ復帰。マイアの事になると皆黙ってしまう。死んだわけではないけど、行方不明という事で。さて、トニーさんがネレイスへ。マイアがエルピダの生き残りと聞いて呆然とするが、レナらしく、海洋庁のゴタゴタは相手にはしないとな。また、3バカ悪人とメイ登場。げ、連中も盗聴によってマイアがエルピダの生き残りという事を知ってしまった。静香さんは熱くなってる。グロリア・ゆうもむっとしている。そこへバカに明るいツカサ登場(静香さんに拉致された)。ツカサさんが囮になって静香さんと共に海洋庁に入り込み、情報を入手。マイアが記憶消去手術処置予定になっている事を知る。お、ミリィさん頭に包帯を巻いて登場。マイアがおじいちゃんの寂しげな笑顔を思い出した。そして、「ダフネ」。やった!静香とツカサがマイアの部屋へ侵入成功!ズラをつけてる。レナは機嫌が悪そうだ。支店長も本当は色々言いたいんだろうけどお茶を入れてる。「空が本当に青いね」どういう意味だろうな。
 走ってミリィのホバーまで逃げようとしたが、包囲された。来た!グロリアさん達だ。無茶するからなあ。彼女は。でも今回はかっこよすぎるぜ。逃走。偶然に八木警部も巡回中。止まらないと撃つぞと言っても乗ってるのがなあ…見逃すよな(笑)。ホバーでチェイスしてもグロリアはかっこいいな。反対側のホバーで逃げていたのか。ミリィとマイアか(一人足りないんじゃないか?ツカサは?)。くそ、本当に包囲された。と思ったらツカサがズラをかぶっていて、ネレイスメンバーのホバーの方にマイアは隠れていたのか(そういえばツカサは男装したこともあったっけ)。今度は特殊部隊登場。しかし、ゆうの格闘術の方が強いのか。でも抵抗むなしく被弾。停船。なんか出てきたと思ったら…YOMOGI-1だな。レナさんが登場。まあ、情がないわけじゃないが、他のメンバーみたいに直情的じゃないという事なんだろな。3バカ+メイがまた潜水艇を持っていかれ、追いかけようとやいのやいのやっているところに怪しげなトニーが(「ちょっといいかな」ってナンパじゃないんだから…)。今度はマイアがエルピダへ行きたいと。それに対してレナは金は給料から払えと。で、エルピダの座標データが送られてきた。ケビン…最後にいい事をしたな。花岡さんも妙に張り切ってる(留守番だけど)。ここまでの登場人物が勢揃いだった(出てないのは花岡支店長の娘くらいか)。この回だけでもここまでの登場人物の魅力を描き出していて、十分に面白かった。
 最終回。なんかわくわくしてきたぞ。3バカ+メイも最終回でお役目がありそうだし。そして次回予告は彼女の祈りの言葉。最後の謎は彼女の祈りの言葉、エルピダの真実、そしておじいちゃんの正体といったところか。
 それにしてもツカサはあんな大立ち回りをしてしまって…ツカサの明日はどっちだ?
 
マシュマロ通信
「どしゃ降りサニーさん」
 意地を張って傘を差してレインコートまで着ているサンディがおかしい。ペットがいなくなったらダメダメになってしまうのか。サンディ以外はのってこないな。見つけたと思ったら、うお!あんなでっかい白いへびだと思わなかった。

|

« 04年6月第4週のアニメ1 | Main | 6月21日から27日の酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11227/850414

Listed below are links to weblogs that reference 04年6月第4週のアニメ2:

» 光と水のダフネ -DAPHNE IN THE BRILLIANT BLUE- 第23話「エスケープ・フロム・カムチャッカ」これでも書きかけ版+ [070-アーステイル-呼出し中]
今までタイトルをちょっと長いからと「光と水のダフネ」としか書いていませんでしたが。 「光と水のダフネ -DAPHNE IN THE BRILLIANT BLUE... [Read More]

Tracked on 2004.06.28 at 11:53 PM

» 光と水のダフネ -DAPHNE IN THE BRILLIANT BLUE- 第23話「エスケープ・フロム・カムチャッカ」これでも書きかけ版+ [070-アーステイル-呼出し中]
今までタイトルをちょっと長いからと「光と水のダフネ」としか書いていませんでしたが。 「光と水のダフネ -DAPHNE IN THE BRILLIANT BLUE... [Read More]

Tracked on 2004.06.28 at 11:59 PM

« 04年6月第4週のアニメ1 | Main | 6月21日から27日の酒 »