Main | February 2004 »

1月28日から30日までの酒

1月28日
国分寺にて
Weihenstephaner HEFE WEISSBIER(Beer Deutcheland *1) 
AMARO MONTENEGRO(Italy Liquer*2)
HEBRIDES 18y KINGSBURY'S

*1
軽くスモークした感じがする香り。味はWeissのべたっとした甘みがなくすっきりした感じ。Weissで軽めのものを飲みたい時にはよさそう。
*2
もう少し甘ったるいと思ったら、意外に苦みとハーブ香が強い。

1月29日
銀座にて
覚えている限りで
キリンラガー
シャンディガフ
ロブロイ
パスティスオレンジ
ペルノー
モエエシャンドン
ラガブーリン8y(カスク)

1月30日
国分寺にて
3 Fontainen Kriek(Beer Bellgium)
Heineken
Yarden Muscat

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月25日の酒

立川にて
Diebels (Beer Germany)
OBAN Double matured 1980
Fernet Blanca

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第4週アニメ3

京極夏彦巷説百物語
エロい話。実はストーリーについてはあまり興味がないんだわ。絵の雰囲気とかが見たいんだね。げ、エグ!あ、前言すぐ撤回。今回のストーリーは面白いな。これもU局でしかやらないのがもったいないアニメの一つだな。非関東圏では地上波っぽいけど。

光と水のダフネ
第2話 マイヤの一番長い日(後編)
やっぱり頭の上部でかい。なんか普通の人っぽい人が…。パンツ見えました。胸は小さいけど尻はでかい事はわかった。あや…捕まっちゃった。出ました!例のコスチューム!細かい話だけど水中艇ってもう少し揺れると思うんだがな(演出としてね)。水上に上がったら揺れてる。よく分らないけど劣悪な労働環境みたいですね(^^;。でも、結局追い出されて、なんかかわいそう…。あ!ちゃんとした部屋になってる。リーダーはちょっといい人なんだね。やっぱりこのネレイスって組織には秘密があるな。がんばれ!マイヤの明日はどっちだ!EDは変わらなかったか。EDのマイヤ(だよね)の乳でかすぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第4週アニメ2

ダイバージェンスイブ みさきクロニクル
あれ?意外に面白いかも。それにしてもみさきはなんで色んな姿で出てくるんだ?何がここまでにあったのか?

カレイドスター
「屈辱の すごい 共演」
うーん、今年最初になるのかな。これを見るのは空中ブランコバトルですか。面白いなあ。それにしてもレオンさん…過去に何があったのだろう。ただのライバルストーリーで終わってないところがいいかも。変な話だけどこういうのは安心して見られるな。

魁クロマティ高校
今日は北斗さんメイン。出た!番長選手権かい。やはり細かい部分の脱力感がいいよな。今更なナレーションが楽しいぞ。そもそも北斗の子分って名前の設定あるんか?見た記憶ないぞ

マリア様がみてる
第三話 「月とロザリオ」
うーん、絶対に祐巳は祥子に惹かれてるよな。おおっ!ロサ・ギガンティア…いいな。柏木さんは声が落ち着きすぎな感じが。おおっ!着替えました。ロサ・ギガンティアが妙にスキンシップをとるのがいいかも。でも柏木さんはちょっと調子に乗りすぎだったな。王道だけど、あらら祥子様泣き出しちゃった。学園祭終わり。展開速!ロザリオを受け取る。受け取らないでもう少し引っ張るかと思ったのに。なんか軽すぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第4週アニメ1

超変身∞コスプレイヤー
第二回
PURPLE BEAM
つか、なぜテニスの特訓?というか主人公はラケットを持ってないのですが。スポ根パロディなんだろうけどひどいよなあ。いや、覚悟とか言われてもなあ…。でもなんで「ゴミじゃないもの!」で変身できてしまうんだろ?あまり考えちゃいけないか。
THE CLEAR HEADED GARDEN
また、文句言われてるのかよ。かわいそうにね。いじめられ系で笑えない話って好きじゃないしな。ちなみにED曲のCMはちょっといい。

りぜるまいん傑作選
第二回
いや、初同伴という言葉が笑える。スク水…そんなのアリかよ…エッチくさい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第3週アニメ3

マリア様がみてる
「胸騒ぎの連弾」。うーん、相変わらずのゆったりとした雰囲気。微妙に手を握ったり服を直してあげたり。祐己さん遊ばれてるな。うーん、祥子様が一人で踊ってるシーン、いいなあ。目が合うし。それにしても苦笑いしてしまうなあ。そっか、常識的な当然の結論を自分の中で出せば泣くよな。次回予告ってパロディだよな。最初から最後まで苦笑いして見てた気がする(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第3週アニメ2

Burn up Scramble
第一話。うーん、どうでしょう。近未来ハイパー警察モノ。流して見ていたがあまり印象に残らず。

魁クロマティ高校
「OKコンピュータ」藤本の話。相変わらずの切れたBGM。今日のとほほ度7点。ネットではいい人だよね。確かに。でも、熱くなるなよ>藤本君

京極夏彦巷説百物語
不思議なのだが、とても懐かしい絵だ。CGをうまく使ってる気がする。体験していない経験を刷り込まれているみたいな。
「白蔵王」。カッコいいね。意外にこの主人公残酷だよね。悪意がない分。げ、次は気持ち悪そう。

光と水のダフネ
音楽はランティス。制作J.C.スタッフ。
第一話「マイヤの一番長い日(前編)」。なんかいい感じ。それに結構可愛いじゃん。うん、スタイルもいいね。乳でかすぎないし。でも足太いね(笑)。光の感じがきれい。このまま明るい感じで進んで欲しいな。このコスチューム。めちゃめちゃ色っぽいわ。なんかすげえいいよ。光と水ね。マイヤちゃん、ガンガレ!お、EDはCooRieじゃん。途中のCMもいいな(笑)。

あー雪が降ってる。くそ、ノイズが入ってる。起きられなくてカレイドスターが見られなくて残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月17日の酒

府中にて
一番搾り
モルツ

聖蹟桜ヶ丘にて
Stinger
世界一周

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月16日の酒

国分寺にて
Cantillon Vigneronne(Bellgium小瓶)
YARDEN Muscat*
HEBRIDES 18Y ( TALISKER KINGSBURY)
 
*初 イスラエル、ゴラン高原に醸造所があるワイン。前にマスカットじゃないのを飲んだのだが(名称失念)、それがドイツの高級ワインのように非常に甘かった。それを楽しみにして頼んだのだが、そこまでは甘くなかった。でも一般的な表現としては甘いワインなんだろうな。悪くない。まあ、私もゴラン高原というと血なまぐさいイメージがあるのだが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月第3週アニメ1

超変身∞コスプレイヤー
第一話
主人公のCVさんがほよほよって感じで、イイ!
ちょっといい雰囲気。
コスプレイヤーのプレイヤーってPrayerってことなわけね。コスってコスモポリタンか。そういえば出雲大社って一度行ったけど、いいところだったよな。アジアと日本が渾然としていて。服装の体系がよく見えないな。いや、水着っぽい格好の意味とか。
大股開きから姫が現れたのが笑えた。さて、これは多少は見ておこうかな。15分というのもよし。

りぜるまいん傑作選
第一回
うーん、可愛いなあ。ちょっと面白かった「若くて美人のママたちならな」
それに大人たちの会話が笑える。大人の事情ってやつで。以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月13日

Erdinger weisse(Beer Deutcheland)
マティーニ
Fernet Blanca with tea and a little mint flavor

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月11日の酒

自宅にて
サッポロ黒生

立川にて
SAMUEL ADAMS (Beer U.S)
OBAN Double matured 1980
G.E. Massnez Eau de Vie Mirebelle*
ジンと洋ナシのカクテル
James Macathur's Highland Malt 12y(Highland Park)*

*初:
G.E. Massnez Eau de Vie Mirebelleはカルバドス系のすもものリキュール
これのフランボワーズは飲んだことがあり、糊のような味がすると思ったが、フランボワーズほどではないにしろ近い感じがある。
Jame's Macathur's Highland Malt 12yは力強い感じ。Highland Park自体でもかなり強いイメージがあるが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月10日

サッポロ黒生
Hewitts

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04年1月第2週

君が望む永遠
最終回
微妙なところもあったけど(例えば画面の2分割の意味だと)色々なサイトで叩かれているほど、そこまで悪くはない気がする。
最終話らしくまとまったかな。とはいえ水月エンドにするなら「ほんとうのたからもの」ははしょらないで欲しかった。それに原作に比べてエンディングに感情移入しずらかったな。ってなんか批判気味(笑)

ヤミと帽子と本の旅人
最終回
うーん、最後までよく分りませんでした。妙にエロッぽかったけど言うならば昔のライト官能映画のセックスシーンがないやつみたいだった。
というかなんで最後の最後に妙に体操着シーンだしまくりになるんだ?

で、ここから03年度4クール

マリア様がみてる
第一話
うーん、禁断の園ですな。なんかよく分らないけど小恥ずかしい雰囲気のあるアニメだよなあ。げ、「マリア様の心」がかかるとは思わなかった。
(あれ?この歌詞にうぐいすなんて出てたんだ。完全に忘れてた)でもなんでサファイヤなんだっけ。確かに謎だ。
きれいだからしばらく見るか。BGVとしては悪くないか。なんかEDに少し(ほんの少し)退廃的な雰囲気が。

十兵衛ちゃん2 シベリア柳生の逆襲
第一話
すげえ、シベリア柳生…この設定結構すごいな。なんだよ。300年間冷凍保存。シベリア柳生の人達、マジメにやればいいのに。
ああ、このアニメのギャグのセンス。個人的にはダメだ。合わない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月6日

(国分寺にて)
Schneider Weisse(Beer Deutcheland)
Braulio with Soda

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天罰!エンジェルラビィ

あー、この主題歌のフレーズが頭に残る。天使の設定としては面白いなあ。地上に行くためのマシンが結構かっこよかったり。それに降臨シークエンスも結構よかったりして。幼女よりは少女ですわ(笑)。それに天罰を下す流れも面白かった。いや、それにしても「天罰」って強烈。まあ続きは見てみたいな(無料なら(笑))
あ、この円盤皇女ワるきゅーレの2期版DVDのCMいいぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月1日+3日

1月1日
(国分寺にて)
GrottenBier(Bellgium)
Cantillon Vigneronne(Bellgium小瓶)
CHEHALEM 1996(オレゴン、ピノ・ノワール種)
みつ宝(焼酎だっけ??)
Highland Park 12y

1月3日
(立川にて)
(早朝)
DAIQURI
BLACK RUSSIAN
Ron Zacapa
パスティス オレンジ(PERNOD with Orange)
Fernet Blanca(with Tea)
(夕方)
Red Back (Beer Australia)
Lion Red(Beer New Zealand)
Highland Park 18y
(自宅)
エビスビール
Hewitts
角ビン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003年度第3クールアニメ

(点数をつけてるけど気にしないように(笑)適当だから)

D.C.ダ・カーポ 8.5点
いや、「2クールやるようなアニメかよ」とか「どうせエロゲ原作のアニメなんて大した事ないわな」なんて思いながら、例えば第2クールなら住めば都のコスモス荘が始まる前に、時間つぶしで見ていたわけだ。でもいい出来だと思える回があるなと思いながら見ていたが(例えば12回の眞子メインの回とか、キャラパートとか)、12月くらいからなんか雰囲気が違うなと思った。音夢の驚愕の表情。さくらが桜の木を枯らそうと決意するシーン。EDが「存在」に代わり、頼子さん、ことり、美春のエンド。そして最終2回。さくらの望みをかなえるためにおばあちゃんが残してくれた魔法の桜の木が彼女の思いから離れても作用すること。そのための絶望。音夢とさくらとの内面での葛藤が非常によく描かれていた。原作より総合的にはよかったんじゃないか?ギャルゲ原作アニメって結局人気キャラを同程度に扱おうとして、中途半端になっていることが多いと思うのだが、キャラパートで盛り上げておいて逆にメインストーリーですっぱりといったのが成功だったかな(ことりファンには納得がいかないかもしれないが)。DVD欲しいんだけど声優のPVやおまけなんかいらないよなあ…

円盤皇女ワるきゅーレ 12月の夜想曲 6点
今回は1期に比べてドラマ性が高かったな。コーラスがただの電波皇女じゃなくて、人の心を感じ取れる優しい子だというのが分った。4皇女と同じようにメームもある意味で囚われの人だったのだろう(「メーム夜間飛行」なんて回はそれを表すための回だったんだろうな)。それからワルキューレ・ゴースト。うーん、最終回で和人と二人でいる時の優しい表情を見せるなんて卑怯だわな(笑)。秋菜もハイドラもキャラがたっててよかったかな。1期が好きな人には1期と比較するとどうだろうかという感想を読んだけど、1期もそれなりに卑怯な(悪い意味で言っているんじゃないので念のため)エンディングだったからな。まあ、いいんじゃないかな(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2004 »